【ダイヤのA】小湊亮介の名言がかっこいい!身長や目が開眼するシーンを調査

「ダイヤのA」は週刊少年マガジンで連載され、アニメ化もされていた大人気漫画です。今回はそんな「ダイヤのA」に登場する小湊亮介というキャラクターについて詳しく解説をしていきます。ピンク髪が特徴的な小湊亮介は、主人公沢村栄純の先輩として登場しました。そんな小湊亮介が「ダイヤのA」で残した名言や、開眼シーン、さらに身長やアニメで小湊亮介を演じた声優について紹介していき小湊亮介の魅力に迫っていきます。

【ダイヤのA】小湊亮介の名言がかっこいい!身長や目が開眼するシーンを調査のイメージ

目次

  1. 小湊亮介とは?
  2. 小湊亮介の名言がかっこいい
  3. 小湊亮介の身長や目が開眼するシーン
  4. 小湊亮介の声優やキャラソン
  5. 小湊亮介に関する感想や評価
  6. 小湊亮介の名言まとめ

小湊亮介とは?

今回は「ダイヤのA」に登場するキャラクター・小湊亮介について紹介をしていきます。小湊亮介は、主人公である沢村栄純が通うことになる野球の強豪校・青道高校の生徒でした。野球部の先輩として沢村栄純や弟にアドバイスを送る姿がかっこいいと言われている小湊亮介ですが、そんな小湊亮介の身長や、開眼姿、作中での名言などについて徹底解説!さらにアニメ版で小湊亮介を演じた声優や、キャラソン情報なども紹介していきます。

ダイヤのAの作品情報

沢村栄純の先輩でもある小湊亮介について紹介をしていく前に、ここからは「ダイヤのA」の作品情報について解説をしていきます。「ダイヤのA」は、寺嶋裕二による少年漫画作品でした。2006年から「週刊少年マガジン」で連載がスタートしています。第一部は、全部で47巻の単行本を発行しています。2015年からは、キャラクター達が進級し、新たなチームとなった姿を描く「ダイヤのA act2」の連載がスタートしていました。

ダイヤのAの概要

「ダイヤのA」は、主人公・沢村栄純と青道高校を通して高校野球の世界を描いています。今回紹介していく小湊亮介も青道高校野球部の選手でした。舞台となったのは、部員数100人を超える強豪の野球部です。第53回小学館漫画賞少年向け部門、第34回講談社少年部門などの賞も受賞しています。2013年からはテレビアニメの放送が開始、2015年には「ダイヤのA」を原作とした舞台公演も上演されていました。

ダイヤのAのあらすじ

沢村栄純の通う中学は統合による廃校が決定していました。沢村栄純は仲間とともに中学の名前を残そうと野球の大会に出場します。沢村はピッチャーを務めていましたが、暴投してしまい試合に負けてしまいました。しかし、そんな試合を強豪校・青道高校のスカウトが見ていたのです。青道のスカウトである高島は、沢村の実力と可能性を見抜き青道高校へのスポーツ推薦を打診しました。そこで沢村は青道を見学しにいきます。

見学に訪れた青道高校で、沢村は天才キャッチャーと呼ばれている御幸と出会いました。中学の仲間の後押しもあり沢村は、青道高校に入学することを決めます。青道に入学した沢村ですが、そこで豪速球を投げる降谷というピッチャーに出会いました。同い年である降谷にライバル意識を抱きつつも、沢村はくせ球を活かして投球フォームを磨いていきます。沢村・降谷の存在は、先輩ピッチャー達の心にも火を付けました。

小湊亮介のプロフィール

「ダイヤのA」に登場するキャラクター・小湊亮介のプロフィールを解説していきます。小湊亮介は、常にニコニコと微笑んでいてあまり開眼しているシーンが描かれていないことが特徴的なキャラクターでした。しかし笑顔とは裏腹に口調はかなり毒舌です。右投げ左打ちの選手で、初登場時は高校三年生でした。穏やかな外見で身長も低く小柄ですが、青道高校野球部の後輩からはかなり恐れられている様子が描かれています。

そんな小湊亮介は、沢村の同級生であり同じく野球部に所属している春市の兄でもありました。そのこともあって沢村からは「お兄さん」と呼ばれています。春市に対し厳しく接していますが、本心では弟の才能と実力を認めているようでした。青道の打者の中では一番の技巧派で、2番打者として活躍しています。守備範囲も広く倉持との二遊間は鉄壁とも言われていました。負けず嫌いな性格で、強豪校のレギュラーを勝ち取っています。

小湊亮介の容姿

小湊亮介はかなり容姿が特徴的なキャラクターでもあります。髪色はピンクで、襟足が長めな髪型をしていました。前髪も長めですが、邪魔にならないよう流されています。口や目は常にニコニコと笑っているような表情をしていました。そのため、開眼したらどのような表情になるのか期待しているファンの方もいたようです。眉は外側に向かって釣り上がり、小柄ながらも気が強いという小湊亮介の性格を表していました。

ダイヤのA actⅡ テレビ東京アニメ公式

小湊亮介の名言がかっこいい

小湊亮介は、青道高校のレギュラーとして試合中でも活躍している姿が描かれていました。毒舌な性格から後輩達に恐れられていたようですが、そんな小湊亮介は「ダイヤのA」で様々な名言を残しています。ここからは小湊亮介の名言について詳しく解説をしていきます。

小湊亮介の名言①「つらかったら休んでてもいいんだぞ…」

小湊亮介の名言の中には「つらかったら休んでてもいんだぞ。おまえと替わってもらいたい奴はたくさんいるからさ」というセリフも挙げられていました。こちらのセリフは、弟である春市に向けて言ったセリフです。小湊亮介と春市は髪色がピンクという点や開眼シーンの少なさなど兄弟として似ている点がかなりあります。自分を追いかけるようにして野球部に入った弟に対するアドバイスがかっこいいと言われていました。

小湊亮介の名言②「いつまでも俺のコピーじゃ…」

小湊亮介が「ダイヤのA」で残した名言の中には「いつまでの俺のコピーじゃ、オリジナルは絶対に超えられない」というものもありました。こちらのセリフは、弟である春市に向けて放たれたセリフです。第17話にて登場していました。春市は、兄である小湊亮介を追いかける形で青道野球部に入部しています。低い身長や髪型など共通点が多い二人ですが、兄の小湊亮介の方が選手として弟よりも先を歩いているようでした。

小湊亮介の名言③「俺にとってはもう叶わない夢…」

小湊亮介の名言の中には「俺にとってはもう叶わない夢、けどお前にはこれからも続く夢。手の届くところまで来てんだろ?だったら手を伸ばせ。その手で掴みとれ」というセリフも挙げられていました。決勝戦前日、春市は兄と共に戦いたいという重いからグローブを貸して欲しいと頼みます。春市は尊敬している兄と甲子園の舞台に立つことが夢だったのです。しかし、小湊亮介はそんな春市の頼みを「やだよ」と断ってしまいます。

そして春市に向かって、甲子園に行くかどうかを決める大事な試合で使い慣れている自分のグローブを使わないでどうするんだときつく叱りました。しかし最後には皮手を春市に渡しています。このセリフは、春市が当日打席に立った時に小湊亮介が心の中で呟いたものでした。卒業式の日、小湊亮介は追いかけるばかりの春市にグローブを渡して「自分の道を突き進め」とアドバイスを送っていました。

ThumbダイヤのAの登場人物一覧!気になる主要キャラの身長から声優まで! | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

小湊亮介の身長や目が開眼するシーン

毒舌で後輩からも恐れられている小湊亮介ですが、数々の名言を作中に残していました。野球に一筋で青道1の技巧派としてレギュラーを勝ち取った小湊亮介は、弟・春市の憧れです。兄弟共に身長が低く小柄な見た目をしていますが、どちらも青道のレギュラーになっていました。ここからは、そんな小湊亮介の身長や普段描かれていない開眼シーン、さらに小湊亮介の髪型に関する予想などについて詳しく解説をしていきます。

小湊亮介の身長

小湊亮介の身長は162cmであるということが明らかになっています。男性の中でも小柄に分類されるほど身長の低い小湊亮介は、入部当初体格について悩んでいたそうです。しかし、負けず嫌いな性格であったため一生懸命努力し、身長のハンデを感じさせないほど選手として成長しました。最終的には強豪と言われている青道高校の野球部で不動の2番打者となり、守備でも小柄な体を生かして軽やかに守っている姿が描かれていました。

小湊亮介の目が開眼するシーン

小湊亮介の特徴として、いつも猫のように細められている目も挙げられていました。ファンの間では、小湊亮介の開眼シーンに注目が集まっています。弟である春市も前髪で隠れているため開眼しているシーンはあまり登場しませんが、極度の集中状態になると開眼している姿が描かれていました。しかし、兄の小湊亮介に関しては未だ開眼シーンは描かれていないようです。今後開眼姿が描かれるのではないかと予想されていました。

小湊亮介は短髪になったらかっこいい?

小湊亮介の弟である春市は、二年生に進級した際長かった前髪をバッサリ切ってイメージチェンジをしています。そのため、兄の小湊亮介も短髪が似合うのではないかと言われていました。小湊亮介のファンの方も、短髪姿を予想したファンアートをネット上に投稿しているようです。今後、弟の春市と同じように短髪姿となった小湊亮介が登場するのではないかと期待している読者の方もいました。

Thumb 【ダイヤのA】川上憲史(ノリ)の名前の由来とモデルは?球種や実力を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

小湊亮介の声優やキャラソン

今回紹介している小湊亮介は、「ダイヤのA」に登場するキャラクターです。少年漫画として、週刊少年マガジンで連載されていた「ダイヤのA」はアニメ化もされていました。アニメ版「ダイヤのA」でも小湊亮介は青道高校野球部の生徒として登場し、活躍をしています。ここからはそんな小湊亮介をアニメで演じた声優・岡本信彦のプロフィールや出演作品、さらに小湊亮介のキャラクターソングについても解説をしていきます。

岡本信彦のプロフィール

岡本信彦は、プロ・フィットに所属している声優です。「スラムダンク」といったアニメが好きだったことや、母親がしていた朗読ボランティアの影響で声優に興味を持つようになったということが明かされています。現在の事務所プロ・フィットの養成所に入り、アルバイトをしながら養成所のレッスンを受けていたそうです。その後「N・H・Kにようこそ」で声優としてアニメデビューを果たしています。

声優としてデビュー後、岡本信彦は様々な作品に出演し幅広い役柄を演じていました。2009年には第3回声優アワードで新人男優賞を受賞しています。その後2011年にも第5回声優アワードで助演男優賞を受賞、2012年からは音楽活動もスタートさせたようです。厳格な家庭で育ったようで、母親からも反抗期が無かったと言われているようでした。また、趣味の将棋ではアマチュア三段を取得しています。

岡本信彦の主な出演作品

岡本信彦の出演作品について紹介をしていきます。出演作品の中には「ゴーストハント」「とある魔術の禁書目録」「青の祓魔師」「夢色パティシエール」「僕のヒーローアカデミア」「バクマン。」「ハイキュー!!」「赤髪の白雪姫」「食戟のソーマ」「三月のライオン」「チア男子」「初恋モンスター」「はたらく細胞」「鬼滅の刃」「終わりのセラフ」「暗殺教室」「魔法戦争」「暁のヨナ」「世界一初恋」などがありました。

小湊亮介のキャラソン

小湊亮介は、キャラクターソングも発売していました。アニメで小湊亮介を演じた声優の岡本信彦が、小湊亮介として楽曲を歌っています。小湊亮介のキャラソンは、TVアニメ「ダイヤのA」キャラクターソングシリーズVol.4に収録されていて「追い風に告ぐ」というタイトルでした。また、キャラクターソングシリーズEXでは、春市とともに「風の中のシーソーゲーム」という楽曲を歌っています。

Thumb【ダイヤのA】成宮鳴は関東No.1サウスポー!稲城実業エースの名言も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

小湊亮介に関する感想や評価

小湊亮介に関する感想や評価の中には、こちらのようなものもありました。毒舌を披露しながらも、小湊亮介はチームや仲間そして弟のことを想いやっています。そんな小湊亮介がかっこよくて好きだと述べられていました。

小湊亮介に関する感想の中には、こちらのような感想もありました。小柄であるということから、小湊亮介は入部当初悩んでいたようです。しかしそんなコンプレックスを抱えながらも乗り越えるために一生懸命努力したところや、強い精神力、そしてストイックに野球に打ち込む姿などが読者から高評価を得ていました。

小湊亮介に関する感想の中には、こちらのような感想もありました。毒舌という性格から後輩からも恐れられている小湊亮介ですが、レギュラーとして誰よりも努力し、ストイックに練習をしています。弟からのプレッシャーを感じつつも全力で野球を取り組む姿勢に多くの読者が惹かれ、小湊亮介についていきたいと言われてました。

Thumb 【ダイヤのA】結城将司の性格やモデルは?結城哲也の弟の実力・活躍シーンを紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

小湊亮介の名言まとめ

今回は「ダイヤのA」に登場するキャラクター・小湊亮介について紹介をしてきました。小湊亮介は、青道高校不動の2番バッターです。守備では倉持とともに二遊間を守り鉄壁とまで評されていました。小柄な外見をしていますが、それを感じさせないほど野球選手として強く努力している姿が名言として現れていました。そんな小湊亮介も登場する「ダイヤのA」一度ご覧になってはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ