四乃森蒼紫は御庭番衆御頭!剣心との関係は?実写映画版の俳優は伊勢谷友介

四乃森蒼紫は御庭番衆御頭として圧倒的な強さを見せている人気漫画『るろうに剣心』に人気キャラクターです。かっこよすぎる見た目と生き方にも注目が集まり、多くのファンがいることでも知られています。今回は人気漫画『るろうに剣心』に登場する御庭番衆御頭の四乃森蒼紫についてプロフィールや戦闘スタイル、小太刀二刀流の技、実写化キャストの伊勢谷友介などを紹介していきましょう。

四乃森蒼紫は御庭番衆御頭!剣心との関係は?実写映画版の俳優は伊勢谷友介のイメージ

目次

  1. 四乃森蒼紫は御庭番衆御頭
  2. 四乃森蒼紫と剣心との関係は?
  3. 四乃森蒼紫の実写映画版の俳優は伊勢谷友介
  4. 四乃森蒼紫の武器は小太刀
  5. 四乃森蒼紫の技を紹介
  6. 四乃森蒼紫に関する感想や評価は?
  7. 四乃森蒼紫は御庭番衆御頭まとめ

四乃森蒼紫は御庭番衆御頭

四乃森蒼紫は人気漫画『るろうに剣心』の人気キャラクターであり、御庭番衆の御頭として圧倒的な強さをを見せていました。四乃森蒼紫は相楽佐之助や斉藤一などと共に剣心の力強い味方としても活躍しています。ここからはまず『四乃森蒼紫』と『るろうに剣心』の基本情報を見ていきましょう。

るろうに剣心の作品情報

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』は圧倒的な人気を誇る歴史漫画であり、それまで歴史漫画は売れないとされてきた『週刊少年ジャンプ』の歴史を変えたとさえ言われる作品となっています。日本人なら知らない人はいないほどの知名度を誇るメガヒット漫画です。

るろうに剣心の概要

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』は『武装錬金』などでも知られる和月伸宏の代表作であり、1994年から5年間『週刊少年ジャンプ』に連載されていた人気漫画です。アニメ化や実写映画もされていたため、高い知名度を誇っています。2017年には正当な続編となる『北海道編』の連載もスタートしたり、2020年には実写映画の続編製作も決定しているなど様々な事が話題となっています。

るろうに剣心のあらすじ

明治11年、廃刀令が出て平和な時代が訪れていました。そんな中、東京では幕末の伝説の人斬り『人斬り抜刀斎』を名乗る辻斬りが出没していました。その辻斬りが名乗っている流派『神谷活心流』の師範代・神谷薫は『辻斬り』を捕まえて、『神谷活心流』とは無関係なことを証明しようとしていました。そして、薫は怪しげな剣客を捕らえますが、捕らわれたのは『流浪人』を名乗る緋村剣心でした。

四乃森蒼紫のプロフィール

ここからは四乃森蒼紫のプロフィールを見ていきましょう。四乃森蒼紫は高荷恵が初登場したエピソードで剣心たちと戦った『御庭番衆御頭』の最年少御頭にして、圧倒的な戦闘センスを持っています。年齢は初登場時で24歳、身長は182センチとかなりの長身となっています。

四乃森蒼紫の生い立ち

四乃森蒼紫は幼少期から特殊な戦闘訓練を積んでおり、この頃から天賦の才を見せていました。15歳という若さで、江戸城において警護を任されていた御庭番衆の御頭を務め大政奉還後にも明治政府から要職が準備されていました。しかし、政府は蒼紫のみにオファーをしたため、部下を想い蒼紫はそうした申し出をすべて断りました。

御庭番衆のモデル

御庭番は実際に江戸時代に存在した組織であり、元々は八代将軍『徳川吉宗』が作った諜報部隊です。実際には、スパイや忍者というよりは大目付けなどの補佐役や情報収集という仕事が多かったと言われています。そういった史実とはかけ離れて、漫画やドラマなどの創作では御庭番衆たちは忍者のように描かれることが多くなっています。

四乃森蒼紫のモデル

四乃森蒼紫のモデルを見ていきましょう。四乃森蒼紫の名前のモデルになっているのは長岡市悠久山にある『蒼柴神社』を含む周辺の名称「蒼柴の杜(あおしのもり)」であることを作者は明かしています。キャラデザインのモデルは新撰組副長『土方歳三』となっています。『るろうに剣心』には新選組をモデルにしたキャラクターが多く登場することでも知られており、蒼紫もそんなキャラクターの一人です。

Thumbるろうに剣心の登場人物一覧!モデルの人物や実写版キャストとの比較画像も | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

四乃森蒼紫と剣心との関係は?

ここからは四乃森蒼紫と剣心との関係を見ていきましょう。二人はライバルであり、良き仲間でもあります。幕末期には顔を合わせることはありませんでしたが、『京都編』以降は良好な関係を築いており互いに連絡を取りあっていると考えられています。当初は敵として出会い、壮絶な戦いを演じた二人の関係性は注目されています。

剣心を追い続ける四乃森蒼紫

完璧な人生を送ってきたと思われている四乃森蒼紫ですが、あるコンプレックスを抱えていました。それは『幕末』の京都で活躍できなかったことです。『御庭番衆』は江戸城警護であったために幕末期には京都におらず、人斬りや維新志士、新選組などのように活躍することができなかったことを明治になっても悔やんでいました。

そのため幕末を象徴する存在である『人斬り抜刀斎』を倒すことで『御庭番衆』の存在意義を証明しようとしていました。特に『観柳邸』で剣心と出会ってからは執拗に追い続けることになります。

観柳邸での対峙

剣心との出会いは『観柳邸』でのことでした。明治になり、実業家であり闇のブローカーをしていた『武田観柳』の護衛兼情報収集役を務めていました。その際に観柳邸で剣心と対峙することになります。剣心は一目見てかなりの手練れであることを見抜き、実際に体術と小太刀を使った戦闘方法に戸惑い苦戦しました。

二人は壮絶な戦いを繰り広げましたが、最終的には剣心に軍配が上がりました。そして、二人の戦いが集結したところに武田観柳に『ガトリングガン』で襲撃されてしまいます。何とか倒すことができたものの、『御庭番』の部下たちは全滅してしまいます。そのことが蒼紫を精神的に追い詰めてしまいました。

最強を目指して再戦

部下たちの墓前に最強の花を添えるために、『最強』を追い求める四乃森蒼紫は剣心との再戦を目指していました。剣心との再戦をするために『修羅』となった四乃森蒼紫は、剣心たちと敵対する志々雄真実側につき剣心たちの前に立ちはだかります。再戦の場所は『京都』の志々雄一派のアジト『百識の間』でした。

四乃森蒼紫は剣心に勝つために編み出した『小太刀二刀流』で剣心を追い詰めます。しかし、戦闘中に剣心の決死の説得で、四乃森蒼紫は『修羅』から抜け出し『御庭番衆』御頭としてのプライドを取り戻します。結果的に、奥義『天翔龍閃』で倒されてしまいますが、この事が剣心と志々雄の戦いに影響を与えてしまいます。

剣心を助けた四乃森蒼紫

数時間後、剣心は志々雄真実に瀕死の傷を負わされて意識を消失していました。剣心が敗れたのは自分との戦いで消耗したせいだと感じた四乃森蒼紫は、自らもボロボロの体でありながら剣心が意識を取り戻すまでの時間稼ぎに志々雄真実と戦うことを決意します。すでに『天翔龍閃』で立っているにもやっとだった蒼紫は敗北しますが、蒼紫が時間を稼ぐ間に剣心が意識を取り戻しました。

敵であり味方であった2人

『京都編』以降、四乃森蒼紫は以前の穏やかさを取り戻し、寺でこれまでの戒めの意味を込めて座禅に勤しんでいました。その後、『人誅編』では薫が殺害されたと思い込まされた剣心が心を壊した際に京都から赴き、薫の死が偽装だと見抜きました。当初は敵でしたが、今では力強い味方となっておりたびたび剣心たちは彼を頼っています。

アニメーション「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」公式サイト

四乃森蒼紫の実写映画版の俳優は伊勢谷友介

近年の空前の実写化ブームの中で最もヒットした作品のひとつと言われている佐藤健主演実写映画『るろうに剣心』ですが、この映画には四乃森蒼紫と登場します。その際に四乃森蒼紫を演じた俳優にも注目か集まっており、『るろうに剣心』ファンにも注目のキャスティングとなっていました。ここでは四乃森蒼紫の実写映画版の俳優を詳しく紹介していきましょう。

実写映画版『るろうに剣心』で四乃森蒼紫演じた俳優は、実力派俳優である伊勢谷友介です。社会現象を巻き起こした映画であり、超豪華キャストでも話題になりました。ここから実写映画版『るろうに剣心』の四乃森蒼紫役俳優・伊勢谷友介についてプロフィールなどを見ていきます。

伊勢谷友介のプロフィール

伊勢谷友介は1976年5月29日生まれの43歳(2019年現在)の俳優であり、映画監督や美術家、実業家など多彩な俳優としても知られています。東京都出身であり、日本を代表するファッションデザイナー・山本寛斎とは異母兄弟となっています。身長は179センチと長身であり、芸能事務所『リバースプロジェクト』に所属しています。

伊勢谷友介の経歴

伊勢谷友介は日本を代表する名門芸大『東京藝術大学美術学部デザイン科』を卒業しており、修士課程にも修了しているなど芸術家としての才能を持っています。ニューヨーク大学に留学経験があり、英語が堪能であることでも知られています。元々は長身を生かして、モデルとして活躍していました。その後、俳優活動をスタートさせ、映画『キャシャーン』で主役を務めたことで一躍注目の俳優となりました。

伊勢谷友介の主な出演作

伊勢谷友介の主な出演作を見ていきましょう。映画デビュー作は是枝裕和監督作品『ワンダフルライフ』であり、その後芸大時代の仲間と初監督作品『カクト』も制作されます。2004年には『赤い月』や『CASSHERN』などの話題作に立て続けに出演して注目を浴びます。さらにNHKドラマ『白洲次郎』でテレビドラ初出演を果たすと、映画『あしたのジョー』や大河ドラマ『龍馬伝』にも出演しています。

近年の伊勢谷友介の主な出演作に『劇場版 MOZU』や『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』などがあり、大作映画や海外映画などにも積極的に出演しています。

Thumbるろうに剣心の実写映画キャスト・あらすじを紹介!評価や原作との違いまとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

四乃森蒼紫の武器は小太刀

ここでは圧倒的な天賦の才で剣心を苦しめた四乃森蒼紫の戦闘スタイルを見ていきしょう。四乃森蒼紫の使用する武器は『小太刀』であり、御庭番衆の御頭として先代から受け継いだ『小太刀』を使っており、先代の戦闘技術を習得しています。その戦い方は特殊であり、戦闘経験が豊富な剣心ですら戸惑い、かなりの苦戦をしてしまいました。

小太刀とは?

ここでは四乃森蒼紫の『小太刀』について見ていきましょう。小太刀は通常の日本刀とは違い刀身が短いことが最大の特徴です。通常、剣客は日本刀と脇差という組み合わせで刀を持っています。しかし蒼紫は小太刀しか持っていません、小太刀は日本刀と脇差の中間の長さの刀であり、防御力や機動力に長けた刀となっています。刃長は二尺であり、約60センチと短い刀となっています。

四乃森蒼紫の戦闘スタイル

四乃森蒼紫の戦闘スタイルを見ていきましょう。四乃森蒼紫は御庭番衆としての体術と先代御頭から受け継いだ小太刀での戦闘術の二つが四乃森蒼紫の戦闘スタイルとなっています。戦闘では小太刀の高速剣術と長い手足を駆使することでヒットアンドアウェイの戦闘が可能となっています。

『京都編』になり、小太刀二刀流に変えてからは『小太刀二刀流』の技を多用する戦闘スタイルになりました。小太刀二刀流になってからは以前よりもさらにスピードが挙がっており、超高速の剣術を完成させました。

小太刀での防御は鉄壁

小太刀は防御力に特化した刀となっており、鉄壁の防御力を見せていました。格闘術「御庭番式拳法」が相手に届く間合いに入るまでは小太刀で防御するというのが基本的な戦闘スタイルです。実際に剣心との戦闘では小太刀の防御をなかなか切り崩すことができずに、かなりの苦戦を強いられていました。小太刀を切り崩すことに集中すれば、体術でのカウンターが待っているという鉄壁の防御力が蒼紫の持ち味となっています。

流水の動きとは?

蒼紫が多用する戦闘テクニックに『流水の動き』があります。これは動きに緩急をつけており、分身したように錯覚させます。スピードに緩急をつけているために、捉えることが難しくその動きから奥義である『回天剣舞』につなげるコンボ技を得意としています。

『流水の動き』は攻撃に転じたり、相手の攻撃を回避したりと攻防一帯の技として強力な戦闘テクニックですが、「静」の動きが特徴の『流水の動き』にも弱点があります。それは一度目の対戦で剣心が編み出したカウンター技です。相手を攻撃しようとする瞬間に「動」の動きになってしまい、カウンターが決まりやすくなってしまうという弱点があることを見破られてしまいました。

Thumbるろうに剣心のキャラの強さランキング!最強なのは誰?【2019最新】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

四乃森蒼紫の技を紹介

ここでは四乃森蒼紫の技を紹介します。四乃森蒼紫は『小太刀二刀流』を編み出しており、様々な多彩な技を繰り出しました。元々の体格や体術などを駆使して、守備に使用される小太刀の殺傷能力を極限まで高めています。特に『京都編』では多くの技を披露しており、『小太刀二刀流』の奥義である「回天剣舞六連」はファンにも人気の高い必殺技となっています。

当初は小太刀一刀で戦っていた蒼紫ですが、剣心との一度目の対決後には先代御頭の『御庭番式小太刀二刀流』を習得し、御庭番式拳法と融合させた蒼紫独自の『御庭番式小太刀二刀流』を極めて先代の技を越えたと言われています。

四乃森蒼紫の技①呉鉤十字

四乃森蒼紫の技①は『呉鉤十字』です。御庭番式小太刀二刀流の技の一つであり、小太刀を十字にクロスさ頸動脈を狙うという技であり、日本の小太刀をハサミの様に使用する技となっています。『京都編』での剣心との戦いでは紙一重で躱されてしまいましたが、クビにはかなりの重傷を負わせました。剣心の神速の動きですら無傷で避けることができないほどの高速技として四乃森蒼紫の代表的な技の一つとなっています。

四乃森蒼紫の技②陰陽撥止

四乃森蒼紫の技②は『陰陽撥止』です。御庭番式小太刀二刀流の技であり、小太刀を飛ばす投げ技となっています。一本目と二本目を縦に連結させて、一本目を避けても一本目の小太刀に隠れた二本目の小太刀を避けることが難しくなっています。剣心との戦いでは二本目を避けた後に、蒼紫が距離を詰めて蹴りを食らわせているので実質的には三連撃となっています。

四乃森蒼紫の技③回天剣舞六連

四乃森蒼紫の技③は『回天剣舞六連』です。『回天剣舞六連』は元々は『回天剣舞』という技であり、小太刀一本での奥義となっていました。最初の剣心との戦いでは『回天剣舞』を使用していました。その後『京都編』では小太刀二刀流による奥義『回天剣舞六連』を使用しています。ここでは二種類の『回天剣舞』を見ていきましょう。

回天剣舞

『回天剣舞』は小太刀一刀流で行う必殺技であり、剣心をもってしても最初の使用では防ぐことができませんでした。逆手の小太刀に持った小太刀から繰り出す超高速の三連攻撃となっています。蒼紫の素早い身のこなしと剣技が揃って初めてできる高等技術であり、『東京編』の段階では蒼紫最強の必殺技となっていました。

回天剣舞六連

回天剣舞にさらなる威力とスピードを加えたのが『回天剣舞六連』です。正式には『御庭番式小太刀二刀流奥義・回天剣舞六連』であり、先代の御頭の小太刀二刀流を超えたことを象徴する技となっています。『京都編』以降の蒼紫の最大の必殺技であり、御庭番衆の手練れである『翁』をも圧倒するほどの強さを見せました。

Thumb【るろうに剣心】飛天御剣流の技一覧!超神速の抜刀術・奥義「天翔龍閃」を検証 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

四乃森蒼紫に関する感想や評価は?

ここからはネット上でも高い人気を誇っている『るろうに剣心』の登場キャラクター四乃森蒼紫に関するネット上の感想や評価を紹介していきましょう。『るろうに剣心』の中では四乃森蒼紫は人気の高いキャラクターなので、四乃森蒼紫の強さやキャラクターデザイン、活躍などに多くの感想や評価などが挙がっています。

四乃森蒼紫がかっこいい

ネット上で最も多いのは四乃森蒼紫がカッコいいという感想です。イケメンキャラクターが多く登場する『るろうに剣心』の中でもトップクラスの人気を誇っており、女性ファンが多いキャラクターとなっています。ネット上には『四乃森蒼紫は容姿も生き方もカッコいい』という声や『四乃森蒼紫のイケメンっぷりがやばい』という声が挙がっています。

小太刀が好きになる人が続出!

これまで普通の日本刀に比べて『小太刀』の知名度はあまり高くありませんでした。蒼紫の小太刀が登場して以来、小太刀の知名度も急上昇しておりネット上でも人気の高い武器の一つとなっています。ネット上には『小太刀二刀流がめっちゃカッコいいんだよ』という声や『子供の頃は小太刀二刀流の真似をしたなぁ』という声など『小太刀二刀流』は大人気の技となっています。

蒼紫が一番好き!

数多くの人気キャラクターを生み出した『るろうに剣心』ですが、四乃森蒼紫を一番好きなキャラクターに挙げる人も多くなっています。クールでイケメンで、部下想いの蒼紫は作品屈指の人気キャラクターとなりました。ネット上には『るろ剣で一番好きなキャラは四乃森蒼紫です』という声や『四乃森蒼紫が一番好きだなぁ』という声が挙がりました。

剣心VS蒼紫は人気の高いバトル!

『京都編』での蒼紫と剣心の戦いを『るろうに剣心』のベストバトルに選ぶ声も多くあります。剣心にとっては数少ない再戦をした敵であり、奥義『天翔龍閃』を初めて実戦で使用した相手としても重要な一戦でした。ネット上には『るろうに剣心は四乃森蒼紫と剣心との戦いが一番好き』という声や『剣心VS蒼紫は最高の一戦』という声などが挙がっています。

伊勢谷友介も好評!

実写映画『るろうに剣心』で四乃森蒼紫を演じた伊勢谷友介もファンには好評を博していました。実写映画化作品はバッシングも多いですが、実写映画『るろうに剣心』はキャスティングもファンに好評な珍しい作品でした。ネット上には『るろ剣の蒼紫も良かったもんなー』という声や『伊勢谷友介の蒼紫は結構イケてる』という声が挙がっています。

四乃森蒼紫は御庭番衆御頭まとめ

今回は人気漫画『るろうに剣心』に登場する御庭番衆御頭の四乃森蒼紫について、プロフィールや戦闘スタイル、小太刀二刀流の技、実写化キャストの伊勢谷友介などを紹介してきました。四乃森蒼紫は作中屈指の実力と人気を兼ね備えており、ネット上でも多くのファンがいるイケメンキャラクターとなっています。四乃森蒼紫に注目して今後も実写映画や『北海道編』など『るろうに剣心』をお楽しみください。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ