【銀魂】沖田ミツバの過去・最期とは?ミツバ篇や土方との恋もネタバレ解説

大人気少年漫画「銀魂」に登場するキャラクターの1人・沖田ミツバは、沖田総悟の実の姉です。沖田ミツバの登場回について復習をしていきましょう。沖田ミツバは、病気を患っており最期のシーンが感動すると話題なのです。また、土方十四郎との恋の行方はどうなったのでしょうか…?また、過去はどのようなものだったのでしょうか…?実写映画が公開されることでdtvにて「ミツバ篇」も制作されていたので見た人もいることでしょう…。実写映画・原作共に感動に包まれていますので是非ご覧ください。

【銀魂】沖田ミツバの過去・最期とは?ミツバ篇や土方との恋もネタバレ解説のイメージ

目次

  1. 沖田ミツバは沖田総悟の実姉
  2. 沖田ミツバの過去と最期
  3. 沖田ミツバの登場回・ミツバ篇のあらすじネタバレ
  4. 沖田ミツバと土方十四郎との恋
  5. 沖田ミツバの病気
  6. 沖田ミツバに関する感想や評価は?
  7. 沖田ミツバの過去・最期まとめ

沖田ミツバは沖田総悟の実姉

沖田ミツバは、沖田総悟の実の姉として『銀魂』に登場するキャラクターの1人です。沖田総悟は姉思いな良い弟です。沖田ミツバの登場回から振り返るとともに最期の様子をご覧ください。土方との恋の行方は…?必見です!

銀魂の作品情報

大人気少年漫画『銀魂』は、2004年から2018年まで「週刊少年ジャンプ」にて連載されていた空知英秋原作の漫画です。『銀魂』のストーリーの軸には、「万事屋(よろずや)」があります。主人公の坂田銀時が江戸を舞台にコメディ感満載に大暴れする様子やシリアスな戦いを繰り広げてくストーリになっているのが特徴的です。

また、『銀魂』は、「週刊少年ジャンプ」で連載されていた『NARUTO-ナルト-』や『BLEACH』などと共にアニメ化されている作品でもあります。アニメの放送期間は、中断期間を挟みながら2006年から2018年まで放送されています。テレビアニメが人気だったこともあり、アニメの映画も2010年と2013年に公開されています。

銀魂の概要

『銀魂』は、全77巻の単行本が販売されており、完結をしていますがいまだに根強い人気を誇っている少年漫画です。コミカルな所、シリアスなところがあり読者の心を惹きつけている漫画なのです。登場キャラクターも個性的で、男性女性を問わず人気です。

銀魂のあらすじ

主人公・坂田銀時は「万事屋(よろずや)」を経営しています。万事屋とは、なんでも屋さんであり、どんな依頼でも受けるというものです。新八と夜兎族の少女・神楽が万事屋の基本メンバーです。彼ら3人は、様々な騒動を解決するために奮闘していくのです。

沖田ミツバのプロフィール

沖田ミツバは、「味覚以外は極めてよく出来た女」と土方十四郎から評価されていた女性です。真選組・沖田総悟の実の姉であり、両親の代わりに唯一の肉親である弟を育ててきました。沖田ミツバ(おきたみつば)は、推定年齢20代。身長は、168cm、体重は、43kgです。誕生日は、5月26日生まれです。ミツバの好物は「辛いもの」です。アニメ版の声優は、島本須美さん、実写版では北乃きいさんが演じています。

沖田ミツバは、登場回数は少なかったものの原作の人気投票で上位になるほど人気のキャラクターでした。性格は大和撫子であり、かわいらしいキャラクターなのです。

沖田総悟のプロフィール

沖田総悟は、唯一の肉親である姉の沖田ミツバが親代わりとして育ててくれていました。武州出身であり、真選組の一番隊隊長を務めている人物です。姉以外の前では、ドSな性格・腹黒・毒舌とベビーフェイスからは似合わないような態度をしている人物です。沖田総悟(おきたそうご)の推定年齢は、18歳。(お酒が好きという表現もあったので20歳は超えている説もあります)身長は170cm、体重は58kg。誕生日は7月8日生まれです。

アニメ声優は鈴村健一さんです。実写映画では、吉沢亮さんが演じています。一人称は「俺」、姉の前では「僕」となっています。

『銀魂』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

沖田ミツバの過去と最期

ここでは、沖田ミツバと土方十四郎の過去と、ミツバの最期についてご覧いただきましょう。沖田ミツバと土方十四郎の過去には、悲しい恋の結末があります。『銀魂』を読破している方は、知っているかもしれませんが、知らない人のためにおさらいをしていきましょう。それでは、2人の過去とミツバの感動の最期をご覧ください。

沖田ミツバと土方十四郎の過去

沖田ミツバと土方十四郎の過去をご紹介します。まず、沖田ミツバと土方十四郎の出会いは、ほぼ一目ぼれの状態でした。相思相愛の2人は、誰が見ても微笑ましい若いカップルです。ミツバも土方もお互いのことが好きでした。ミツバは、土方の態度に「告白をしたら一緒に居られるかもしれない…」と思ったのかもしれません。ミツバは、土方に告白をしますが、土方は、冷たい態度をとるのです。

土方十四郎の複雑な想い

土方十四郎は、過去に沖田ミツバを自分から遠ざけた過去がありました。土方にとっても大切な存在だったため複雑な思いがあったことでしょう。そして、ミツバのことを誰よりも幸せになることを願っていたのにもかかわらず、ミツバの夫となる人物・蔵場当馬が裏で攘夷浪士と繋がりのある武器商人だったことを知り、真選組としては、捕まえなくてはいけない人物だったのです。

表の顔は、「転海屋」を自身で経営している商人であり、礼儀正しく誠実な人物でした。ミツバのことも大切にしている人物でしたが、本当の顔はそうではないのです。姉の幸せを願う弟と土方は、複雑な思いを抱えていたに違いありません。

弟を思い息を引き取った沖田ミツバ

肺の病気を患っていた沖田ミツバは、病気と闘いますが、命の灯が消えようとしていました。急いで病室に駆け付けた弟の沖田総悟にミツバがかけた言葉が感動の名言だったのです。両親が亡くなった後身体が弱く病気をしがちだったミツバは、彼の親代わりとなって育てていました。弟がどんなことをしていても優しく見守ってくれていたのです。

ミツバの前では、ドSな性格な所が出るわけでも無く、一人称がずっと「僕」でした。ミツバが病気で息を引き取る前に初めて一人称が「俺」に変わりました。そんな弟の姿を見てミツバは、「あなたは私の自慢の弟よ」と優しく微笑みながら総悟の顔に手を添えます。そして、彼女は息を静かに引き取ったのでした。最期の最期まで弟のことを想い、そして土方のことも思いながら亡くなっていく姿に感動の嵐です。

Thumb【銀魂】永倉新八が志村新八のモデル?その理由と新撰組二番隊組長との共通点は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

沖田ミツバの登場回・ミツバ篇のあらすじネタバレ

ミツバの登場回は、アニメでは、86話・87話で初登場回を迎えました。ちなみに単行本では、15巻の129訓・130訓で初登場回を迎えています。そして、単行本16巻の131訓・132訓でも登場しています。ここでは、沖田ミツバの登場回・そして『ミツバ篇』のあらすじをネタバレ紹介をしていきます!それではご覧ください。
 

あらすじネタバレ①結婚の報告

ミツバの登場回のあらすじネタバレ1つ目は、「結婚の報告」についてです。「ミツバ篇」は、沖田総悟の姉である沖田ミツバが、真選組の元を訪ねてきたところから話はスタートします。弟の総悟と久しぶりに再会することになったのです。

真選組の隊員の前では一人称が「俺」である総悟が姉の前では「僕」になっています。それには、他の隊員たちが驚き、吹き出してしまうのです。真選組の所にやってきたミツバは、結婚報告のために訪れたのでした。

あらすじネタバレ②不審な船

ミツバの登場回のあらすじネタバレ2つ目は、「不審な船」についてです。江戸に不審な船が入ってきているという情報を掴んだ真選組の土方たちはピリピリとしています。沖田総悟は、姉と再会できたことに少々浮かれ気味になっているのです。その不審な船に居たのは、ミツバの婚約者である蔵場当馬だということも判明しています。武器の密輸を不審な船の中で行っていたことも判明しました。

あらすじネタバレ③倒れたミツバ

ミツバの登場回のあらすじネタバレ3つ目は、「倒れたミツバ」についてです。土方に会うことなく真選組の屯所を出ていくミツバでしたが、そこに丁度、調査から帰ってきた土方と山崎。ミツバは、土方と鉢合わせしてしまう結果になります。土方を見たミツバは、動揺し急に倒れてしまいます。ミツバの身体は、病気に侵されていて、身体は良くない状態だったのです。

あらすじネタバレ④ミツバと十四郎の過去

ミツバの登場回のあらすじネタバレ4つ目は、「ミツバと十四郎の過去」についてです。武州出身のミツバと土方は、昔お互いのことを好き同士だったのです。しかし、近藤を含めた土方たちは、江戸に上京することになります。その時に、ミツバは、土方に告白をしていますが、土方は、酷くミツバを振っているのです。

あらすじネタバレ⑤総悟VS十四郎

ミツバの登場回のあらすじネタバレ5つ目は、「総悟VS土方」です。真選組の道場で稽古をしていた土方のもとに総悟がやってきます。2人の過去を知っている総悟は、ミツバの幸せを願うがために、ミツバの婚約者をいま捕まえないで欲しいと頼むのでした。しかし、土方は、その話に聞く耳を持たなかったのです。蔵場当馬を捕まえる準備をすると伝えたのでした。

総悟は、姉も近藤も土方にすべて横取りされてしまう感覚になっていた過去も明らかになっています。総悟が土方に対しての態度が冷たい理由は、ここにあったことも「ミツバ篇」にて明らかになりました。

あらすじネタバレ⑥土方十四郎の戦い

ミツバの登場回のあらすじネタバレ6つ目は、「土方十四郎の戦い」についてです。土方は、ミツバのことを思っており蔵場当馬をしょっ引くことを決意していたのです。土方の願いは、ミツバには普通に結婚をして、子どもを産んでどこかで幸せになっていて欲しい…というものだったのです。単身で相手の船に乗り込んでいったのでした。全ては、総悟とミツバを守るための土方の行動です。

あらすじネタバレ⑦永遠の別れ

ミツバの登場回のあらすじネタバレ7つ目は、「永遠の別れ」についてです。ミツバの容態が急変してしまいます。土方の真意を知った総悟は、土方は相変わらず癪に障る男だと思いますが、これは、かっこいい行動ができる土方に対しての総悟の思いでしょう。現場に行き、蔵場当馬を倒した総悟。しかし、この時には、ミツバの容態は手の施しようがない状態にまでなってしまいます。

総悟に「そーちゃん、あなたはわたしの自慢の弟よ」と最期の言葉を残しミツバは、逝ってしまいます。その頃の土方は、病院の屋上でミツバが大好きだった激辛のせんべいを食べながら大粒の涙を流していたのです。

Thumb【銀魂】トッシーの正体とは?土方十四郎は二重人格?ヘタレオタクとなる原因を解説| 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

沖田ミツバと土方十四郎との恋

武州出身の2人は、お互いに意気投合していたのです。そして、「相思相愛」な2人だったので、付き合うかと思われました。2人の過去にはいったいどのようなことがあったのでしょうか…?沖田ミツバと土方十四郎との恋の行方は、悲恋となってしまうのですが、お互いを思いやる2人の気持ちがなぜこのような結果になってしまったのでしょうか…?2人の過去について少しだけ詳しくご紹介します!

武州出身の沖田ミツバ

沖田ミツバは、現・真選組の近藤勲と土方十四郎と同じ武州出身です。沖田ミツバと沖田総悟は、実の姉弟ですが、早くに両親を亡くしているため、姉の沖田ミツバが唯一の肉親である沖田総悟の母親兼父親代わりとなっていたのです。沖田総悟が可愛すぎるあまり、過保護に育ててしまい彼は少々わがままな性格に育ってしまったことを少しだけ後悔している…とありました。

弟のことを大事にしすぎていたあまり、自身のことに時間をかけることがなかったと語る沖田ミツバ。「婚期が遅れてしまった…」と本人も言っています。しかし、商人の成功者である蔵場当馬(くらばとうま)と婚約をすることになったのです。そして、結婚後には、江戸に住むことも決まっていたのでその報告をするために沖田ミツバは、真選組の拠点である屯所を訪れていた…という展開がありました。

土方十四郎に想いを寄せていた

実は、沖田ミツバは、土方十四郎に想いを寄せていたのです、だれがどう見ても2人は、相思相愛の関係性でした。沖田ミツバと土方十四郎の過去の出会いとは、武州に居た頃に、ほぼ一目ぼれという形でお互いが出会い、意気投合していた間柄だったのです。

沖田ミツバも土方十四郎のことが大好きで、ずっと一緒にこれから先の未来もいたい…と思っていたので近藤勲らと共に武州から離れていく前に、土方十四郎にある告白をしているのです。

相思相愛だった2人

先ほども上記にて、土方十四郎と沖田ミツバは、「相思相愛」の関係性だったと説明しました。誰が見ても幸せそうな若い2人だったのです。土方十四郎が旅立つ前に夕焼けの中2人で語っている時に、ミツバは、告白をしているのです。「私も連れて行って欲しいな…」「(土方)十四郎さんと一緒に居たいな…」と自身の気持ちを正直に打ち明けています。

しかし、土方十四郎の答えは、OKというものではありませんでした。このミツバの想いに対して冷たい態度をとってしまうのです。本当は、沖田ミツバのことを愛していて、土方自身も一緒に居たいという思いはあったことでしょう。しかし、冷たい態度をった理由は、自分が危険な仕事についていることで、明日どうなるかもわからない。ということがありました。

ミツバに悲しい思いをさせたくなく、仕方なく冷たい態度をとることになってしまったのですが、同時に彼女の心を傷つけてしまう形になってしまったのです。そう、わざと自分のことを嫌いになるかのように仕向けた…と言っても良いでしょう。自分に万一のことがあったら、ミツバを危険な目に合わせてしまうかもしれないから…といろいろ考えた末の土方とミツバの過去になります。

ミツバに幸せになってほしかった土方

土方十四郎は、沖田ミツバのことを心から愛していたのです。だからこそ、一緒になる…という選択はしなかったのですが、離れた場所から幸せを祈っていたのです。『ミツバ篇』の最期には、土方十四郎の「惚れた女にゃ幸せになってほしいだけだ」というかっこいい名言も誕生しています。

大事に想うからこそ、本当に幸せになって欲しいと心の奥底から願っていた土方十四郎。土方と一緒になると不幸になってしまうかもしれないからと別々の道を歩むように仕向けてしまいまいます。それが、ミツバの幸せだと確信していたようです。土方は、ミツバから告白されたことでとても嬉しかったことでしょう。
 

しかし、相手を冷たく突き放してしまいます…。ミツバも土方のことを愛していたから本心でないことが分かったのかもしれません。ミツバの弟である沖田総悟は、土方の選択に理解を示していますが、本当のところは、姉の幸せを願っていたのでかなえてあげて欲しかったと言ったところでしょう。ミツバは、婚約者がいましたが、心の中にはいつも土方十四郎が居たので彼のことを愛し続けていたのです。

Thumb銀魂の土方十四郎がかっこいい!真選組鬼の副長の声優・名言や実写版キャストも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

沖田ミツバの病気

ここでは、沖田ミツバの「病気」について説明をしていきます。沖田ミツバは、弟を両親の代わりに育ててきていた頑張り屋さんです。過去に大変な苦労をしてきていたという理由から病気になってしまったのか…?という理由までは分かっていませんが、無理をしていたことには変わりありません。彼女の病気とは一体何だったのでしょうか…?ご覧ください。

肺を患っていたミツバ

原作において沖田ミツバは、静かに息を引き取ることになるのですが、彼女を蝕んでいた病気はいつからだったのでしょうか…?原作では、「肺を患っている」という表記しかなかったため、いつから病気だったのかなど詳しい説明はありませんでした。しかし、沖田ミツバの過去の回想シーンでは、子供の頃から身体が弱かったというような描写も描かれていたのでもしかすると生まれつきだったのかもしれません。

沖田ミツバの設定は、弟の沖田総悟のモデルとなった沖田総司が病弱だったというところからきています。沖田総司は、結核で亡くなったという情報もあることから、沖田ミツバも結核が死因なのでは…?と言われているようです。病名については、原作においても明言されていませんのでこれはあくまでもファンの間での考察というわけです。

総悟の給与はほぼ治療費へ

姉のことが本当に大好きだった弟の沖田総悟は、真選組の給料のほとんどが、姉の病気の治療費になっていたことも分かっています。姉の病気は、肺を患っていて状態も良くなかったことを知っていたからこそ今まで姉が自分にしてくれていたことの恩返しになるように手助けをしていたのかもしれません。姉弟愛が素晴らしいとファンの間では、話題になっていたストーリーになります!

先は長くなかった

沖田総悟は、姉の病気がよくなっていないことを医者から聞かされていました。婚約者が居ても心の中には、土方十四郎がいつもそばにいました。姉と土方の過去のことを知っていた沖田総悟は、土方に姉の婚約者のを逮捕するのは遅らせて欲しいという話につながっていきます。詳しいストーリーは上記の沖田ミツバのストーリーのネタバレをご覧ください。

先が長くないと知った土方は、ミツバのことをどう思っていたのでしょうか…?ミツバの最期は感動できるものになっているのでハンカチを忘れることなくアニメでも原作でもご覧になってください。

Thumb【銀魂】吉田松陽の正体は虚?謎多きキャラの過去や強さ・名言まとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

沖田ミツバに関する感想や評価は?

沖田ミツバの感動の最期とは?

アニメ『銀魂』でも「ミツバ篇」はありました。「ミツバ篇」は何度見ても泣ける…。ということでファンの間でも話題になっています。弟の総悟と沖田ミツバの最期の会話でも泣け、更には、土方十四郎がミツバのことを想う姿を見て泣けると話題になっています。「ミツバ篇」は、ハンカチ必須なストーリーだということが分かります。

沖田ミツバが病気でありながらも真選組を遠くから優しく見守っている姿は、涙を誘います。ミツバの最期はやはり涙が止まらなくなるという感想がたくさんあります。「幸せにならなくちゃね」というミツバのセリフも感慨深いものがあり、ここでも涙が出てしまうのです。

沖田ミツバの最期のシーンを見ると、『銀魂』を読みたくなったりアニメを見たくなる人もいるようです。沖田ミツバの最期のシーンで感動しない人はいないくらい『銀魂』史上もっとも泣けるストーリーということでも知られています。

Thumb【銀魂】山崎退の年齢は32歳?マウンテン殺鬼時代の過去やモデル・名言も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

沖田ミツバの過去・最期まとめ

今回は、『銀魂』の沖田ミツバの過去や病気で亡くなる最期についてまとめました。いかがでしたでしょうか?沖田ミツバの最期は、『銀魂』ファンだけでなく多くの人の涙を誘う悲しき最期ですが、弟に見守られながら亡くなったミツバは、幸せな人生だったのかもしれません。病院の屋上で泣いている土方十四郎の姿にもグッときた方がいたのではないでしょうか…?

『銀魂』は、子供の頃から慣れ親しんでいる少年漫画の一部かもしれませんが、大人になって『銀魂』を再度読んでみると、ミツバの思いや土方の想いなどに共感できる部分があるかもしれません。病気で亡くなったミツバの最期は、悲しいものかもしれません。ミツバの登場回から見るとより感動できること間違いなしですので是非、一度「ミツバ篇」をご覧になってください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ