七つの大罪・アーサー王の正体を調査!覚醒後の強さ・魔力は?

少年マガジンで絶賛連載中の[七つの大罪]。その中で史実にも登場する[アーサー]を名乗る隣国の王。彼の基本的なプロフィールや未だ解放されていないその魔力や強さなどを徹底解明。七つの大罪本編中アーサーはどのように王になりどんな魔力が隠されているのか。

七つの大罪・アーサー王の正体を調査!覚醒後の強さ・魔力は?のイメージ

目次

  1. 七つの大罪:簡単あらすじ
  2. 七つの大罪のアーサー・ペンドラゴン
  3. 七つの大罪本編中のアーサー王の強さ
  4. 七つの大罪:暴食の罪マーリンとの関係
  5. 史実から知るアーサー王
  6. 史実アーサー王から読み取る七つの大罪アーサー・ペンドラゴンの正体
  7. 七つの大罪:アーサー王のこれから

七つの大罪:簡単あらすじ

週刊少年マガジンで連載中、テレビアニメも第2期が絶賛放送中の七つの大罪。人と人ならざる種族の世界が分かれてはいなかった古(いにしえ)の時代。ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人で組まれた伝説の騎士団〈七つの大罪〉の戦いを描く。今回は七つの大罪作中で史実の本と全く同じ名前を持っているアーサー王について掘り下げていく。

tmaeda13さんの投稿
28430026 347323402429731 5284457559757946880 n

追加情報として2018年3月現在でTBS系列でアニメ第2期が放送中。アニメーション会社はA-1Pictures。また週刊少年マガジンでも連載中であり、単行本は30巻まで発行。またアニメ中でのアーサー・ペンドラゴンのCVは國立幸が務める。

Thumb七つの大罪・十戒メンバーの名前紹介!気になる闘級や戒禁は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

七つの大罪のアーサー・ペンドラゴン

王になった経緯

新興国キャメロットの若すぎる王、アーサー・ペンドラゴン。彼が王になる前突如現れた大岩に突き刺さった剣を発見する。しかしそれはどんな屈強な者でもその剣を引き抜くことが出来なかった。しかしアーサー・ペンドラゴンがその剣に手を伸ばすと大岩から剣が引き抜かれた。誰も引き抜くことが出来なかった剣を引き抜くことが出来る尋常ならざる魔力の持ち主としてアーサー・ペンドラゴンはキャメロット国の王となった。

アーサー王の性格

基本プロフィールとして、身長:170cm、誕生日は8月17日で年齢は16歳であり利き手は右。種族としては人間でありキャメロット国の若き王。七つの大罪本編中でその者の力量を図る闘級数は40000とされている。細かく分類すると魔力が37600、武力900、気力1500という振り分けになっている。

キャメロット国の新王という栄誉ある立場にも関わらず、聡明で気さくであり、礼節を重んずる若き王。王国転覆疑惑をかけられている七つの大罪メリオダスに強い憧れを抱き、自国キャメロット国の聖騎士長に就任するように強く勧誘するという柔軟性も持ち合わせる。

戦闘中は何度壊れても元の形状に戻る宝剣[セクエンス]を用い戦う。また、上記の絵に絵に居るアーサーの頭の上の生物はキャスと名付けられた謎の生物。ドルイドの試験後よりアーサーのそばに存在するようになった。しかしまだその正体は不明とされ謎が多い。この謎の生物キャスがいる限りアーサーは死なないとまで師匠から言われるほどの存在。

予言されていた王への道

アーサーは実はリオネスの国王バルトラとは旧知の仲であった。アーサーが王に即位する前、幼い頃アーサーは聖騎士の家に里子として引き取られリオネス王国で暮らしていた。養父に憧れ聖騎士なることを夢見ていたが、その家の本当の息子たちにひどい嫌がらせを受けていた。

ulya_veraさんの投稿
26066074 179554849445399 3134874179556343808 n

そんなアーサーを助けたのが通りかかったバルトラであった。憧れの聖騎士になれるかと問うアーサーにバルトラは未来を予知する魔力で「君は王になる」と告げる。その予言通り彼はキャメロット王へとなった。このことに多大なる恩義を感じていたアーサー。そのためアニメ第1期では病床のバルトラのもとを訪れ、看病や警護に回っていた。

ここにも彼の純朴な優しさが垣間見える。バルトラの簡単なプロフィールは本名バルトラ・リオネス。身長180cm、体重80キロ。誕生日は2月14日で年齢は60歳。リオネス王国国王でエリザベスの義父。闘級数は530(内訳魔力120、武力230、気力180)となっている。代表的な魔力術は千里眼(ビジョン)
を使う。

七つの大罪本編中のアーサー王の強さ

アーサー・ペンドラゴンの体術

重厚な鎧を装着し尚俊敏に動ける柔軟な肉体であり、その姿で俊敏に駆け抜けることも出来る。初陣では聖騎士長ヘンドリクセン相手に剣技だけで互角に対戦することが出来るほどの強さ。

syouya002さんの投稿
28436282 199617823959435 9202569135123333120 n

その後も鍛錬を続け、別の師匠から教えを乞い現段階では剣術のみでも魔神族と渡り合えるほどの実力になっている。

アーサー・ペンドラゴンの魔力

身のこなし、剣術などは申し分なく強者であるアーサーだが、何かしらの事情により魔力が全く使えない状態にあるアーサー。アーサー自身も己の魔力やその性質は分かっていない。しかし、魔力を使えないアーサーの覚醒後のその正体は実は七つの大罪に匹敵するほどの魔力の持ち主の可能性がある。しかし、いまだその覚醒の時は訪れていない。

Thumb七つの大罪・エスカノールの正体!強すぎる闘級!もしかして最強クラス? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

七つの大罪:暴食の罪マーリンとの関係

七つの大罪のマーリンの正体とは

七つの大罪の一人、暴食の罪のマーリンは王国転覆疑惑によりリオネス王国を追われることに。見た目の綺麗さと美貌の持ち主にも関わらず覚醒された力はブリタニア大陸一の魔術師と呼ばれ、魔法具を多く開発するなど魔術師としての魔力量は一流の存在であった。しかし王国を追われたマーリンはキャメロット王国に身を寄せ姿を隠すことに。その時出逢うのがアーサーであった。その後も新王となったアーサー王の側近として仕えるも未だに謎が多い人物である。

基本プロフィールとして、身長177cm、体重は57キロでやせ型。誕生日は12月3日で年齢は不明されている。闘級数は4710(内訳魔力3540、武力70、気力1100)低い数字であるがしかし、その魔力は無限大とされブリタニア大陸一の魔術師の呼び名に恥じないスペック。アニメ時のCVは坂本真綾が務める。

アーサー・ペンドラゴンとマーリンの関係

teltelbosさんの投稿
27892741 860308190808360 8209727731722616832 n

アーサー曰く「マーリンはなくてはならない存在だ」とかたり、またマーリンは「ブリタニアを先導する定めの王」という認識を持っている。そのためマーリンはアーサーを一人前の王にするため見守り続けているのだが、より深い2人の関係性などは作中でも描かれておらず、2人の過去などは謎に包まれている。これからの進行に着目したい。

史実から知るアーサー王

中世の騎士道物語:アーサー王

七つの大罪のアーサー・ペンドラゴンのは明確なモデルがあるとされている。それはあの有名な[アーサー王伝説]。本書ではブリタニアという地名や、アーサー王の側近に当たる魔術師の名前がマーリンだったりとそのままの固有名詞で登場している。5世紀から6世紀辺りに実在した人物に他の英雄伝などを盛り込んだ物語となっている。

myulondonさんの投稿
26068223 1271178329692193 4714520407510614016 n

この写真の建物はイギリスの伝説の名所[グランストン・ベリー]である。ここには実在したとされるアーサー王埋葬したという伝説が残っている。

本家アーサー王物語のあらすじ

アーサーが生まれる前彼の父は敵国の王妃に恋をした。何とかこの思いを成就させたい彼は魔術師のマーリンに相談する。そうすると、マーリンは彼を敵国の王の姿へと変身させる。そうして城に攻め入り王妃との恋を成就させることに成功。この2人の間に生まれたのがアーサーである。誕生後、アーサーはマーリンに預け育てられ王に即位し、ローマ皇帝を倒し新たな王になってゆくお話。

tomtom0831さんの投稿
19985541 359087671176821 3739415728688726016 n

上記の写真はアーサー王の二つ名として有名な円卓の騎士をモチーフにして作られたもの。七つ大罪本編ではこの様子は描かれていない。

現在読めるアーサー王

簡略化された物語などは書店などでも手に入れることが出来るが、比較的改変されていない状態のアーサー王伝説を読むにはアーサー直系の子孫であるウェールズ人が残した[マビノギオン]があり、アーサー王物語を現代に伝えることのできる唯一の史料となっている。

史実アーサー王から読み取る七つの大罪アーサー・ペンドラゴンの正体

史実の物語と読み比べて

史実のアーサー王ではローマ皇帝を倒し王へ即位している。これを七つの大罪に当てはめると原作中で登場している王という存在がリオネス国王か、魔神王となり、史実のアーサー王物語だとこの二人の対決として物語が進んでいく。そのため考察として、七つの大罪のアーサー王の正体は魔神王である可能性が高い。魔神王であった場合今後リオネスと対立すなわち七つの大罪とも対立することになるのでは。

七つの大罪:アーサー・ペンドラゴンの正体とは

覚醒後のアーサー・ペンドラゴンの正体が魔神王であった場合、現段階でアーサー王が魔力を使えないのにも説明が付けられる。それはまだ覚醒が途中の段階であるという事。

史実通りに物語が進んでいくのなら、リオネスとの対立の時にその覚醒が確かなものになり、真の姿である魔神王という正体を現す可能性が高い。また別の解釈としてブリタニア大陸先導し魔神王を倒す新たな英雄とする考えも出来る。覚醒後のアーサーの魔力がどれほどの力を持っているのか今後の展開に期待したい。

Thumb七つの大罪・ホークの正体とは!?魔神王との関係も徹底考察! | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

七つの大罪:アーサー王のこれから

ここまでアーサー・ペンドラゴンの過去や現在の状況、体術や魔力、または考察として史実をもとに可能性などを探ってきた。しかし週刊少年マガジンの方ではアーサーに大きな動きが発生している模様。

アニメではまだまだ原作に追い付いていないため描かれてはいないが、本誌の方ではだんだんとアーサーの正体や覚醒が垣間見える段階に入ってきている。しかし、明確な覚醒後の魔力数などはまだまだ未知数の模様。今後の展開、アーサーの活躍に期待したい。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ