【ハイキュー】矢巾秀の魅力まとめ!登場シーンや声優・名言を紹介

「ハイキュー」は、週刊少年ジャンプで連載されている大人気スポーツ漫画です。今回はそんな「ハイキュー」に登場するキャラクター・矢巾秀について解説をしていきます。青葉城西で控えのセッターとして活躍をしている矢巾秀の登場シーンや、名言、プロフィール、また矢巾秀のキャラクターとしての魅力についても詳しく解説をしていきます。さらにアニメで矢巾秀を演じた声優も紹介し、矢巾秀の魅力に迫っていきます。

【ハイキュー】矢巾秀の魅力まとめ!登場シーンや声優・名言を紹介のイメージ

目次

  1. 矢巾秀とは?
  2. 矢巾秀の魅力
  3. 矢巾秀の登場シーン
  4. 矢巾秀の声優
  5. 矢巾秀の名言集
  6. 矢巾秀に関する感想や評価は?
  7. 矢巾秀の魅力まとめ

矢巾秀とは?

「ハイキュー」はバレーボールに打ち込む高校生の姿を描いたスポーツ漫画です。今回はそんな「ハイキュー」に登場するキャラクター・矢巾秀について解説をしていきます。青葉城西に通っている矢巾秀のプロフィールから、登場シーン、そして作中で残した名言について詳しく解説をしていきます。さらに、アニメ版で矢巾秀を演じた声優についても紹介をし、矢巾秀の魅力に迫っていきます。

ハイキューの作品情報

青葉城西の控えセッター・矢巾秀の登場シーンや名言について解説をしていく前にここからは矢巾秀も登場する「ハイキュー」について解説をしていきます。週刊少年ジャンプで現在も連載され、アニメ化・そして舞台化もされている大人気スポーツ漫画は古舘春一によるバレーボール漫画でした。劇的青春というキャッチコピーがつけられている「ハイキュー」について詳しく解説をしていきます。

ハイキューの概要

矢巾秀も登場する漫画「ハイキュー」の作品概要について解説をしていきます。「ハイキュー」は2012年から連載が開始された大人気スポーツ漫画でした。宮城県を舞台にバレーボールに焦点が当てられ、高校生たちの青春が描かれています。作者である古舘春一は中高時代バレーボール部に所属しミドルブロッカーを務めていたようでした。このような経験から、古舘春一は以前からバレーボール漫画を連載したいと思っていたようでした。

タイトルである「ハイキュー」はバレーボールを表している熟語排球という単語から由来しています。舞台となった宮城県にある仙台駅や仙台市体育館など実際に存在している建物も作中には登場しています。また、ストーリーの中で選手達が出場している大会も実際に存在している大会です。試合でのプレーは、現実の試合で使われているようなプレーを採用していて、リアリティがあると話題になっていました。

ハイキューのあらすじ

「ハイキュー」のあらすじについて解説をしていきます。主人公の日向はある日春高バレーを中継している様子を偶然見かけます。その年、地元の烏野高校が宮城県代表として春高バレーに出場していました。烏野高校のエースとして活躍をしていたのは「小さな巨人」と呼ばれている選手です。日向はそんな「小さな巨人」に憧れてバレーボールを始めます。しかし、日向の身長はバレーボールには向いていないほど低いものでした。

日向はそんな低身長を持ち前の運動神経で乗り越えていきます。中学には男子バレーボール部の部員が日向以外にはおらずほとんど試合も出れませんでしたが、中学3年の大会でようやくメンバーを集めることに成功します。その大会で戦ったのはコート上の王様こと影山が率いる北川第一中学でした。日向は、北川第一に負け影山へのリベンジを誓いますが、入学した高校にはなんとその影山の姿があったのです。

倒すはずだった影山が烏野の体育館にいたことで日向は大きく動揺します。日向と影山は二人とも烏野高校男子バレーボール部に入部をしようとしますが、馬が合わず大地の指示も聞いていない状態でした。そんな二人を見かねた大地は互いにチームメイトとして認めない限りは練習には参加させないと日向達を体育館から追い出してしまいました。そして日向と影山は他の一年生との3対3で勝てば入部を認めるという試合を提案されます。

日向達のチームには2年生の先輩である田中が加わることになりました。日向と影山は田中や三年の菅原の力を借りながら試合まで練習をします。日向達と試合をする相手は同じ一年生である月島・山口でした。月島は日向とは反対に非常に身長が高い選手で、外で練習をしていた日向達に喧嘩を売ります。しかし、当日日向と影山は変人速攻を披露することで、月島・山口のチームに勝つことができました。

日向達は月島らに勝ったことでバレーボール部に正式に入部することが認められます。そこへある知らせが飛び込んできました。最初の練習試合です。その相手は青葉城西という高校でした。県ベスト4の実力を持ち、影山の中学時代の先輩であるセッター・及川が率いているチームです。そんな練習試合には影山をセッターとしてフル出場させることが条件としてつけられていました。そんな青葉城西に対して変人速攻で烏野は挑みます。

矢巾秀のプロフィール

バレーボール漫画として大人気になった「ハイキュー」に登場するキャラクター・矢巾秀について今回は解説をしていきます。登場シーンや名言の紹介の前に矢巾秀のプロフィールについてここからは解説をしていきます。矢巾秀は、及川なども通っているバレーボールの強豪校青葉城西の選手です。チーム内では控えのセッターを務めています。烏野との試合では及川の代わりとしてセッターポジションで試合に出場していました。

身長は181cmで、好物はいくら丼であるということが明らかになっています。烏野と対戦をするとき「マネージャーが美人ということしか覚えていない」と烏野の印象を語っていました。また、春高の予選で烏野高校と対戦した時には試合の途中でピンチサーバーとして試合に出場しているシーンも描かれています。原作漫画では15巻から髪色が灰色で描かれていましたが、アニメでは薄茶色で描かれていました。

矢巾秀が所属する青葉城西

作中では様々な名言を残していた矢巾秀の通っている青葉城西についてここからは解説をしていきます。青葉城西は、「ハイキュー」に登場する高校で主人公である日向が通っている烏野高校のライバルとして登場します。宮城県にある私立高校という設定だそうです。中学の強豪校である北川第一中学からの進学者が多く、成績の面でも非常に優秀な高校だと説明されていました。制服はブレザータイプで、ブレザーの色は白です。

青葉城西に所属している選手や監督の名前は岩手県にある温泉の名前から由来しているそうです。そんな青葉城西バレーボール部は県ベスト4にもなった強豪校でした。守備・攻撃力共に非常に高く強力なブロックが全国的に有名でした。また、正セッターとしてチームを指揮している及川も全国区の選手であり他校であれば全員がエースになれるという粒揃いの選手が集まっている高校でした。白と緑のユニフォームが特徴的です。

ハイキュー!!.com

矢巾秀の魅力

今回は「ハイキュー」に登場するキャラクター・矢巾秀について解説をしていきます。矢巾秀の通っている青葉城西は県ベスト4の実力を持つ強豪校です。そんな強豪校で控え選手として作中に登場する矢巾秀には一体どのような魅力があるのでしょうか?作中での登場シーンや名言について紹介をしていく前に、ここからは矢巾秀の選手としての魅力や性格について詳しく解説し矢巾秀の魅力に迫っていきます。

矢巾秀の魅力①控えのセッター

矢巾秀の魅力について解説をしていきます。矢巾秀の魅力の一つにはそのポジションが挙げられていました。矢巾秀のチーム内でのポジションはセッターでした。しかし青葉城西の正セッターは及川であるため矢巾秀は控えのセッターとして作中に登場します。背番号は6番で、ジャンプの最高到達点は320cmでした。コントロール力や判断力などを駆使して試合をゲームメイクするセッターポジションも矢巾秀の魅力の一つでした。

矢巾秀の魅力②バレー選手としての能力

青葉城西の選手・矢巾秀の魅力を紹介していきます。矢巾秀の魅力の一つには、バレーボール選手としての能力も挙げられていました。矢巾秀は二年生であるにも関わらず、頭脳やテクニック、スピードに関しては非常に高い能力を示していました。全国区の実力者である及川の後釜になるプレッシャーを感じているようですが、能力が伸びる可能性はまだまだあり今後の青葉城西の鍵を握る人物だと言われていました。

矢巾秀の魅力③お調子者

「ハイキュー」に青葉城西の選手として登場するキャラクター・矢巾秀の魅力について解説をしていきます。矢巾秀の魅力の一つにはそのお調子者な性格が挙げられていました。矢巾秀のお調子者な性格は、烏野との練習試合直前の金田一との会話でも伺えます。この時矢巾秀は烏野についてマネージャーがエロくて美人ということやガラの悪い坊主がいたなど、お調子者らしく烏野の風貌について金田一に語っていました。

矢巾秀の魅力④先輩思い

青葉城西のセッター・矢巾秀について解説をしていきます。矢巾秀の魅力の一つには、先輩思いな一面も挙げられていました。矢巾秀の先輩思いな一面として春高予選の準決勝での出来事が挙げられています。自分勝手に動き、ミスを連発した京谷に矢巾秀は喝を入れます。この試合で負けてしまえば三年生の先輩達は引退してしまうからです。そんな先輩達にとって大切な試合で矢巾秀の先輩思いな一面が描かれ話題となっていました。

Thumbハイキュー・青葉城西高校のメンバー一覧!及川徹などキャラがかっこいい | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

矢巾秀の登場シーン

「ハイキュー」はバレーボールを通して成長する高校生達の姿を描いています。今回はそんな「ハイキュー」に登場するキャラクター・矢巾秀について解説をしています。バレーボールの強豪校青葉城西に通っている矢巾秀は、及川の後釜でありチーム内では控えのセッターというポジションを務めていました。お調子者ですが先輩思いな一面があり読者の心を掴んでいます。ここからはそんな矢巾秀の登場シーンを紹介していきます。

登場シーン①金田一との会話

青葉城西の選手である矢巾秀の登場シーンについて紹介をしていきます。矢巾秀の登場シーンの一つとして金田一との会話のシーンが挙げられます。こちらのシーンは烏野高校が青葉城西と練習試合をした時の場面です。これから対戦する烏野高校について矢巾秀は金田一と話していました。「昔は強かった」「マネージャーがエロくて美人」など、矢巾秀は烏野高校についての印象を後輩である金田一に話しています。

登場シーン②春高予選準決勝の試合前練習

「ハイキュー」に登場するキャラクター・矢巾秀の登場シーンについて解説をしていきます。矢巾秀の登場シーンの中には、春高予選準決勝の試合前練習のシーンが挙げられます。矢巾秀は、準決勝で対戦をする烏野高校に新しく女のマネージャーが入ったという情報を手に入れます。そしてわざとボールを転がして声をかけていました。試合前にも関わらず女子をナンパしようとしているお調子者な一面が伺えるシーンです。

登場シーン③後輩に思いをぶつける

「ハイキュー」で青葉城西の選手として登場するキャラクター・矢巾秀の登場シーンについて紹介をしていきます。矢巾秀の登場シーンの一つには、後輩に想いをぶつけるというシーンも挙げられます。こちらは春高の準決勝本番で描かれたシーンです。自分勝手に動いた挙句ミスを連発し、全く反省の姿勢を見せない京谷に対して、矢巾秀は先輩に対する思いを爆発させ後輩である京谷に想いをぶつけていました。

登場シーン④烏野VS稲荷崎の試合を観戦

「ハイキュー」に登場するキャラクター・矢巾秀の登場シーンについて解説をしていきます。矢巾秀の登場シーンの中には春高本戦の烏野と稲荷崎のシーンが挙げられます。青葉城西のバレーボール部は春高本戦の烏野VS稲荷崎の試合をテレビで観戦します。まだ悔しい気持ちを引きずっていたはずですが、そんな時でも矢巾秀は烏野の良いプレーには大声で歓声を挙げ応援をしていました。

Thumbハイキューの及川徹がかっこいい!青葉城西の最強セッターのイケメン画像 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

矢巾秀の声優

「ハイキュー」は週刊少年ジャンプで連載されている大人気少年漫画です。今回紹介している矢巾秀も「ハイキュー」に登場するキャラクターの一人でした。そんな「ハイキュー」は漫画だけではなくアニメとしても展開されていました。原作同様に様々なキャラクターが登場するアニメ版ですが矢巾秀もアニメ版「ハイキュー」に登場します。ここからはそんなアニメ版で矢巾秀を演じた声優について詳しく解説をしていきます。

矢巾秀の声優は河西健吾

アニメ版「ハイキュー」で青葉城西の選手として登場するキャラクター・矢巾秀を演じた声優は、河西健吾でした。ここからはそんな声優河西健吾について詳しく紹介をしていきます。河西健吾は現在マウスプロモーションに所属をしていました。2005年にはアミューズメントメディア総合学院声優学科を卒業しています。翌年2006年には声優としてデビューをし、現在まで様々な作品に声優として出演をしていました。

河西健吾のプロフィール

アニメ版「ハイキュー」で青葉城西の選手・矢巾秀を演じた声優河西健吾のプロフィールを解説していきます。河西健吾は、2006年に声優としてデビューをした後キャリアを積み、2010年には「スターにアイ・ラブ・ユー」という作品で初主演を果たしていました。2012年まではオフィス薫に所属をしていましたがその後フリーで活動し現在の事務所に入っています。羽海野チカからもその演技力を絶賛されていました。

河西健吾の主な出演作

「ハイキュー」で矢巾秀を演じた声優河西健吾について紹介をしていきます。河西健吾の声優としての出演作品の中には、「あたしンち」「ドラえもん」「蒼い世界の中心で」「アイカツ!」「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンス」「三月のライオン」「カブキブ!」「アイドルマスターSideM」「ぼくたちは勉強ができない」「心が叫びたがってるんだ。」「ニンジャバットマン」「ダイヤのA」などが挙げられていました。

Thumbハイキューの人気投票ランキング!公式のポジション別・ベストメンバーは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

矢巾秀の名言集

スポーツ漫画として有名な「ハイキュー」ではバレーボールが題材となっています。今回はそんな「ハイキュー」に登場するキャラクター・矢巾秀について解説をしています。矢巾秀は、強豪校である青葉城西のメンバーとして登場し、先輩思いな一面などが読者の心を掴んでいました。そんな矢巾秀は作中に様々な名言を残しています。ここからは青葉城西の選手である矢巾秀の名言についていくつか解説をしていきます。

矢巾秀の名言①「先輩の晴れ舞台に泥を塗ったら…」

「ハイキュー」に登場するキャラクター・矢巾秀が作中で残している名言について解説をしていきます。矢巾秀の名言の中には「先輩の晴れ舞台に泥を塗ったら絶対に許さねえからな」というセリフが挙げられていました。こちらは春高予選で、後輩である京谷に向かって放ったセリフの一つです。及川たち三年生はこの試合に負けたら即引退です。そんな先輩達の晴れ舞台を台無しに仕掛けた京谷に矢巾秀は喝を入れました。

矢巾秀の名言②「チャラくたって先輩は…」

青葉城西の選手として登場するキャラクター・矢巾秀が作中で残した名言について解説をしていきます。矢巾秀の名言の中には「チャラくったって、先輩は尊敬すんだよ」というセリフが挙げられていました。こちらの名言は、京谷との会話の中で登場します。先輩に対する熱い想いを語った矢巾秀に対して京谷は「もっとチャラいやつだと思ってた」と発言します。そんな京谷に矢巾秀は、先輩は尊敬すると返したのでした。

矢巾秀の名言③「頼むから力貸して…」

「ハイキュー」に登場するキャラクター・矢巾秀が作中で残した名言について解説をしていきます。矢巾秀の名言の中には「頼むから力貸してくれよ」というセリフが挙げられていました。こちらの名言も京谷との会話の中で登場します。矢巾秀は京谷より先輩なのでもっときつい言い方も出来たはずですが選手として京谷の実力を認めている先輩達を尊重し、このような言い方をしていました。そんなセリフもかっこいいと言われています。

Thumbハイキュー登場人物の誕生日一覧!人気キャラクターの生年月日は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

矢巾秀に関する感想や評価は?

「ハイキュー」に登場するキャラクター・矢巾秀に関する感想や評価について解説をしていきます。矢巾秀に関する感想の中には、先輩を敬う姿が好きだという感想もありました。矢巾秀はお調子者な一面がありますが、三年生である先輩達をきちんと尊敬しています。その結果、先輩達の晴れ舞台を台無しに仕掛けてしまった京谷に喝を入れるというシーンも描かれていました。また今後の活躍も期待されていました。

「ハイキュー」に青葉城西の選手として登場するキャラクター・矢巾秀に関する感想や評価について紹介をしていきます。矢巾秀に関する感想や評価の中には、京谷に喝を入れるシーンがかっこいいというものもありました。普段はお調子者な一面が描かれている矢巾秀ですがこのとき見せた真剣な表情がギャップがあると非常に話題となり、多くの読者の心を掴んでいたようでした。また三年生になった後の活躍も期待できる選手です。

「ハイキュー」に登場するキャラクターである矢巾秀に関する感想や評価について解説をしていきます。矢巾秀に関する感想や評価の中には、可愛いという感想もありました。試合前にも関わらず矢巾秀が烏野のマネージャーをナンパしようとしているシーンが作中にはあります。そんなシーンの矢巾秀が可愛いと話題になっていました。さらに、京谷とのシーンでは感極まって泣いたという感想も述べられていました。

Thumb【ハイキュー】烏野高校のメンバーを一覧で紹介!キャラの特技や能力は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

矢巾秀の魅力まとめ

「ハイキュー」は週刊少年ジャンプに連載されている作品です。バレーボールに焦点が当てられ、バレーボールというスポーツを通じて成長をしていく高校生達の姿が描かれています。今回はそんな「ハイキュー」に登場するキャラクターである矢巾秀について解説をしてきました。矢巾秀は烏野高校のライバル校として登場する青葉城西の選手です。青葉城西は県ベスト4の実力を持ち烏野と何度も対戦をしていく高校です。

そんな青葉城西で矢巾秀は控えのセッターを務めていました。及川の後釜と言われているほどの実力を秘めていて青葉城西の今後の鍵を握っているキャラクターでもあります。そんな矢巾秀について今回は、お調子者であり先輩思いな性格や、登場シーン、そしてアニメで矢巾秀を演じた声優についても解説をしてきました。セッターとしての活躍も期待されている矢巾秀が登場する「ハイキュー」一度ご覧になってはいかがでしょうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ