ワンピースの四皇とは?メンバーの強さ・戦力一覧やラスボスの可能性まで調査

ワンピースと聞いて知らない人は少ないのではないでしょうか。テレビアニメ化、映画化、さらに歌舞伎でも演じられるなど多方面で取り上げられており、大人気な漫画です。そんなワンピースの作中で取り上げられている「四皇」を知っていますが?主人公やそのほかの登場人物が目指している「海賊王」に最も近い存在と言われ、作中ではとてつもない強さを発揮しており、主人公の前に立ちはだかります。そんな「四皇」たちの強さや戦力、最後に主人公の前に立ちはだかるのは誰なのか、「四皇」について紹介していきます。

ワンピースの四皇とは?メンバーの強さ・戦力一覧やラスボスの可能性まで調査のイメージ

目次

  1. ワンピースとは?
  2. ワンピースのあらすじ
  3. ワンピースに近い存在「四皇」とは?
  4. ワンピース四皇:赤髪シャンクス
  5. ワンピース四皇:百獣のカイドウ
  6. ワンピース四皇:ビッグマム
  7. ワンピース四皇:黒ひげのティーチ
  8. ワンピース元四皇:白ひげ
  9. ワンピース四皇の海賊団の戦力を比較
  10. ワンピース四皇海賊団の戦力:赤髪海賊団
  11. ワンピース四皇海賊団の戦力:百獣海賊団
  12. ワンピース四皇海賊団の戦力:ビッグマム海賊団
  13. ワンピース四皇海賊団の戦力:黒ひげ海賊団
  14. ワンピース元四皇:白ひげ海賊団の戦力
  15. 赤髪のシャンクスとルフィの関係
  16. 百獣のカイドウとルフィの因縁
  17. ビッグマムとルフィの因縁
  18. ラスボス?黒ひげとルフィの因縁
  19. 麦わら海賊団VS四皇海賊団・名場面
  20. ルフィは海賊王になれる?今後の四皇との戦いに注目!

ワンピースとは?

ワンピースは尾田栄一郎が集英社から発刊されている週刊少年ジャンプにより1997年から現在まで連載中の漫画です。2018年現在、単行本は88巻まで刊行されており、日本の漫画では最高記録となる3億6000万部を突破しています。海外でも人気で42以上の国と地域で販売されており、累計4億3000万部を突破しています。テレビアニメ化や映画化もされており、知らない人はいないほどの大人気漫画となっています。

Thumbワンピースの歴代映画ランキング!興行収入や最高評価のおすすめ作品など一覧 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ワンピースのあらすじ

ワンピースはかつてこの世界のすべてを手に入れた男、海賊王「ゴールド・ロジャー」が遺した「ひとつなぎ大秘宝(ワンピース)」をめぐって争う「大海賊時代」が舞台の物語です。主人公「モンキー・D・ルフィ」は最弱の海「東の海(イーストブルー)」のフーシャ村に住んでいました。村に滞在中の海賊「赤紙のシャンクス」と仲良くなり、海賊への強いあこがれを抱いていました。

そんなある日ルフィは悪魔の実「ゴムゴムの実」を食べてしまいます。悪魔の実を食べると一生泳げない金づちの体になる代わりに超人的な能力が身に付きます。ルフィは全身ゴムのゴム人間になってしまいます。それから紆余曲折あり、ルフィは村の山賊たちの怒りを買い、海に投げられて巨大魚に食べられそうになります。そんな時、シャンクスがルフィを助け出しますが、片腕をを失ってしまいます。

片腕を無くしたシャンクスは再び海賊としての旅を始めるために村を旅立ちます。その時にトレードマークである麦わら帽子をルフィに託し、将来立派な海賊になって再び会うことを約束します。それから数年後、ルフィは海賊王を目指して冒険をはじめます。

ONE PIECE.com(ワンピース ドットコム)

ワンピースに近い存在「四皇」とは?

ワンピースには「四皇」と呼ばれる、海賊王に最も近い存在と言われている海賊がいます。四皇はグランドラインの後半「新世界」に圧倒的な強さと戦力で君臨する4人の海賊です。ここからはそんな四皇のメンバー、強さ、海賊団の戦力や懸賞金を紹介します。

『ONE PIECE』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

ワンピース四皇:赤髪シャンクス

ワンピース四皇:シャンクスとは?その人物像

主人公ルフィの憧れの人物で四皇メンバーの1人です。赤髪海賊団の大頭であり、懸賞金は不明、悪魔の実は食べていません。若い頃に海賊王ロジャー海賊団に所属しており、この頃にロジャーの麦わら帽子を受け継いでいます。ルフィが小さい頃に巨大魚に襲われたルフィを助けて利き腕である左腕を失います。ルフィの命の恩人であり、今やルフィのトレードマークとなっている麦わら帽子をルフィに託したのもシャンクスです。

ワンピース四皇:シャンクスその強さとは?

四皇のメンバーであるシャンクスは赤髪、黒いマントが特徴の隻腕の剣士であり、「グリフォン」と呼ばれる長剣の使い手です。その強さは世界最強の剣士として知られる王下七武海「鷹の目のミホーク」と互角な戦いを繰り広げる実力者であり、両者はライバルとして認めあっていました。シャンクスが片腕を失ってからはミホークが戦うことに興味を失い、友人関係となっています。

シャンクスの顔には左目の上にかぎ爪でつけられた三本の傷跡があります。これは後述しますが、新たな四皇メンバーである黒ひげにつけられた傷跡で、黒ひげと関わる事件が起こると傷がうずきます。新世界では最悪の世代と呼ばれ、ルフィと同期でもあり懸賞金も高額な海賊たち、キャプテンキッド、アプー、ホーキンスの海賊同盟に標的として狙われています。

ワンピース四皇:百獣のカイドウ

ワンピース四皇:カイドウとは?その人物像

ワンピース四皇メンバーの一人で百獣海賊団の船長で、この世界で最強の生物と呼ばれています。作中では登場回数が少なく、その強さや懸賞金、悪魔の実の能力は謎に包まれています。見た目の特徴は2本の大きな角とナマズのひげ、強靭な肉体、左腕の刺青と右腹部の十字傷が特徴です。かつて新世界でゲッコー・モリアと戦い、勝利したことが作中で明かされています。
 

ワンピース四皇:カイドウその強さとは?

カイドウの強さの一番の特徴はその生命力と耐久力です。過去に海軍や海賊につかまり、1000回を超える拷問や40回死刑を宣告されます。しかしカイドウの強靭な肉体には拷問や死刑は通用せず、だれも殺すことが出来ませんでした。そのため趣味が「自殺」と自分自身でその生命力や耐久力の限界を試しているようです。

ワンピースの中で最大の戦いである「マリンフォードの頂上戦争」では、戦争に割って入ろうとしましたが、シャンクスに止められます。その時の小競り合いで空が二つに割れたりなどシャンクスとカイドウ二人の戦力、強さが際立つシーンもあります。またドフラミンゴとの取引で人造系悪魔の実SMILEを駆使し動物系の悪魔の実の能力者を集めて組織化しています。

ワンピース四皇:ビッグマム

ワンピース四皇:ビッグマムとは?その人物像

ワンピース四皇メンバーの一人ビッグマムは、本名「シャーロット・リンリン」といい、ビッグマム海賊団の首領として登場します。幼少期の懸賞金は5億ベリーと幼さからは破格の懸賞金であり、現在の懸賞金は不明となっていますが、その強さは計り知れません。ビッグマムは四皇メンバーの中で唯一の女性であり、新世界にあるホールケーキアイランドに住んでいます。

四皇ビッグマムことシャーロット・リンリンはとにかく甘いものが大好きであり、魚人島編でも物語に絡んでくるのですが、その他いくつかの島を縄張りにして支配し、お菓子を対価に島の安全を保障するという交換条件をやっています。夫43人、息子46人、娘39人、総勢129人の大家族のママで現在は68歳なのですが、20代から42年間毎年子どもを産み育てていました。

ワンピース四皇:ビッグマムその強さとは?

ワンピースの四皇メンバー「ビッグマム」の悪魔の実の能力は「ソルソルの実」であり、その強さは人から寿命を奪い、無機物などの物にも命を与えることが出来ます。命を与えられた物や動物たちは「ホーミーズ」と呼ばれ、ビッグマムの指示に従順に従い、決して逆らわない兵隊として活躍します。ビッグマム海賊団の強さはホールケーキアイランドにある全ての人、物が敵になるということも強さの一因です。

四皇ビッグマムに取り入ってもらおうという組織も数多くあります。そんな海賊や組織に対してビッグマムは自分の子どもと結婚して家族の一員となることを条件とします。そのため娘たちの多くは海賊に嫁いでいることが多いです。また傘下から抜けたいという海賊や組織にはとても厳しく、命を落としたりその縄張りすべてを壊滅させられたりなど実質抜けることは不可能です。

ワンピース四皇:黒ひげのティーチ

ワンピース四皇:黒ひげとは?その人物像

ワンピース四皇メンバーの一人、黒ひげのティーチは「マーシャル・D・ティーチ」と言い、ワンピースでキーワードとなっており「D」の名前が入っています。元々は元四皇メンバーの白ひげが結成する白ひげ海賊団の2番隊隊長を務めていたが、悪魔の実「ヤミヤミの実」を手に入れるため、親友の4番隊隊長サッチを倒して白ひげ海賊団を抜けて自らが船長として黒ひげ海賊団を結成します。

性格は豪快でずるがしこく、自分の目標に向かってであればなんでもします。作中で四皇になる前にルフィと出会い、海賊としての生き様を語り共感を呼んでいました。自身の名を上げるために能力者狩りを行っており、ルフィがその標的になったこともあります。シャンクスの顔に傷をつけるほど戦力が高く、またエースの処刑にも関わっており、ルフィとの因縁も強くあります。

ワンピース四皇:黒ひげその強さとは?

懸賞金不明の黒ひげですが、七武海にも一時的に所属していたこともありその戦力は新世界の中でも上位だと考えられます。悪魔の実はロギア系最強と言われている「ヤミヤミの実」であり、全てを闇に飲み込む能力を持っています。エースを倒して七武海入りする、脱獄不可能なインペルダウンの囚人を脱獄させるなどその戦力、強さは作中でも目を引きます。

また、マリンフォードの頂上戦争では、元四皇であり、海賊王に最も近かった「白ひげ」の死んだところを襲撃して、「グラグラの実」を吸収して世界にひとりだけの悪魔の実を二つ持つという圧倒的な個人戦力を持つ海賊になります。「ヤミヤミの実」と「グラグラの実」二つの悪魔の実を持つ黒ひげは、懸賞金不明ではありますが、現状最強の強さの海賊と言えるのではないでしょうか。

ワンピース元四皇:白ひげ

ワンピース四皇メンバーだった白ひげとは?

ワンピースの現在の四皇メンバーはは「赤髪のシャンクス」「百獣のカイドウ」「ビッグマム」「黒ひげ」となっており、圧倒的な戦力の海賊団と個人戦力の強さを誇っています。ただ「黒ひげ」が四皇に上り詰める前に四皇メンバーだった人物が「白ひげ」とも呼ばれる海賊「エドワード・ニューゲート」です。そんな元四皇メンバー白ひげの強さとは、人物像とは?というところを紹介します。

ワンピース元四皇:白ひげとは?その人物像

ワンピース元四皇メンバーの白ひげことエドワード・ニューゲートは白ひげ海賊団の船長であり、懸賞金は不明です。海賊王「ゴールド・D・ロジャー」と唯一互角に渡り合ったと言われており、その個人での戦力は世界最強とも言われています。ロジャーがいなくなった後、海賊王に最も近い男と言われ、白ひげ海賊団では船員のことを息子と呼び、船員からは親父と呼ばれ強い絆で結ばれています。

海賊になった当初から財宝や大秘宝にはあまり興味がなく、幼少期に孤独だった影響から家族や仲間を大事にしており、決して仲間を裏切らないことも伝説の海賊と呼ばれる一因になっています。昔、敵であったロジャーとは何度も酒を酌み交わす仲であり、ロジャーから「Dの一族とは何者か?」と既に聞いています。またロジャーからラフテルの行き方を教えるか聞かれますが、興味がなかったため断ります。

ひとつなぎ大秘宝、ワンピースに最も近い男と言われていますが、白ひげは海賊王にも秘宝にも興味がなく、家族や仲間が大事という人柄の偉大さも魅了されます。ルフィーの祖父で海軍の英雄ガープからは「海の王者」と言われていて、エースからは「この時代の名前が白ひげだ」と称賛されています。ドフラミンゴも「海の王者はいないが、白ひげはその王者の椅子の前に君臨した」と語られ、時代の頂点にいた存在といえます。

ワンピース元四皇:白ひげその強さとは?

白ひげは懸賞金不明となっておりますが、大海賊時代の頂点に君臨していたことを考えると圧倒的な戦力を持ち最強の海賊だったと考えられます。悪魔の実は「グラグラの実」であり、悪魔の実の中でも最強クラスの攻撃力を誇ります。振動エネルギーを操り、物だけでなく空気や海などありとあらゆるものを動かす「地震人間」です。

振動をコントロールすることにより地震を引き起こしたり、津波を引き起こしたりします。時には空気を振動させて衝撃波を発生させたり、空気をつかんで島を傾けたりなど規格外の戦力です。その戦力から海軍総大将センゴクから世界を滅ぼす力と称されます。個人ではあまりに強すぎる戦力なため白ひげが戦う際は味方は後退して被害に合わないよう避難します。

しかし、エース救出を目的としたマリンフォードの頂上戦争で海軍の策略と黒ひげ海賊団の襲撃にて致命傷を負ってしまいますが、味方を逃がすために命が尽きるまで戦い、最後は戦いながら立ったまま息を引き取ります。最強の男白ひげの死は世界中を震撼させ、その遺体を巡っても争いが起きかねない状況でありました。そこでシャンクスが仲介し、戦争を終結させて白ひげとエースを新世界のある島に埋葬しています。

ワンピース四皇の海賊団の戦力を比較

ワンピース四皇メンバーもその個人戦力や能力が圧倒的であり新世界の中でも飛びぬけています。そんな四皇メンバーたちが率いる海賊団の戦力も圧倒的な強さを誇っていることは想像がつきますが、果たしてどの程度の戦力なのでしょうか?また四皇メンバーの中で最も戦力の高い海賊団を率いているのは誰なのか比較して紹介します。

ワンピース四皇海賊団の戦力:赤髪海賊団

赤髪海賊団の主要メンバーは四皇メンバーの一人シャンクスの他に「ベン・ベックマン」「ヤソップ」「ラッキー・ルウ」などが所属しています。赤髪海賊団はワンピース初期から登場していますが、能力、懸賞金など謎に包まれていることが多く、これから明かされていくのではないかと思います。そんな赤髪海賊団のメンバーを紹介します。

赤髪海賊団の主要メンバーの強さは明らかになっていませんが、「ベン・ベックマン」は頂上戦争で銃を構えただけで海軍大将「黄猿」の動きを止めるなど、自然系悪魔の実を脅かすほどの覇気の使い手と思われます。「ヤソップ」は麦わら海賊団のメンバーであるウソップの父親であり、狙撃の名手です。狙撃の腕には自信があり、本人談ではありますが、「アリの眉間にも銃弾を撃ち込める」とされています。

「ラッキー・ルウ」は第一話から登場しており、頭に帽子とゴーグルをつけている太ったキャラクターです。今現在、銃を使用した戦いしか描かれておらず、その戦力や懸賞金は不明です。また幹部メンバーではないですが、赤髪海賊団に2年前に入った新入りの「ロック・スター」ですが、懸賞金9400万ベリーでそこそこ強い海賊ですが、シャンクスの使いとして白ひげに会いに行ったときは全く相手にもされませんでした。

能力、強さを図る懸賞金など謎が多い赤髪海賊団とシャンクス、これから物語が進むにつれて詳細が明かされていくのが楽しみです。シャンクスはルフィの憧れの海賊でもあり、いつかワンピースと海賊王を目指すルフィの前に立ちはだかる存在となるのか、ルフィの味方として背中を押してくれるのかどのような展開になるのか期待してしまいます。

ワンピース四皇海賊団の戦力:百獣海賊団

百獣海賊団の主要メンバーはカイドウの他に「ジャック」「シープスヘッド」「ジンラミー」などがいます。海賊団の構成は船長をカイドウ、災害とも称される幹部が3人、ギフターズと呼ばれる戦闘員やプレジャーズと呼ばれる兵士たちと階級分けされています。海賊団員のほぼ全員が角を持っていて、ギフターズは2本、プレジャーズは1本です。能力者も多数いて海賊団としての戦力もとても高いです。

「ジャック」は通称「早害のジャック」と呼ばれ、災害と称される幹部のなかの1人です。懸賞金10億ベリーで悪魔の実は「ゾウゾウの実(モデル・古代種マンモス)」です。幹部であるジャックの強さは群を抜いており、その実力は交代で攻撃してくるイヌアラシ・ネコアラシを相手にして5日間互角に戦っています。

またセンゴク、藤虎、つるが護衛していたドフラミンゴを奪還するため護送車を襲撃します。結果的には同フラミンゴの奪還は失敗するのですが、ジャックはこの三人を相手にしても生きて帰ってきている描写があり、相当な強さであることがわかります。

「シープスヘッド」は戦闘員であるギフターズの1人で人造悪魔の実「SMILEの羊」の能力を持っています。懸賞金は不明ですが、ジャックから部隊を任されており、またミンク族との闘争でも静観しているためかなりの実力者です。「ジンラミー」は能力、懸賞金不明ですが、2本の角を持つため能力者と思われます。詳細不明な百獣海賊団、今後のルフィとの戦いでその能力が明かさるのが楽しみです。

ワンピース四皇海賊団の戦力:ビッグマム海賊団

ビッグマム海賊団は現在、ルフィたちが戦っている四皇海賊団です。新世界ホールケーキアイランドを拠点に世界中から大量のお菓子を貢がせることでその国や地域を支配していますが、お菓子を納期通りに納めないと滅ぼされてしまいます。懸賞金総額37億1350万ベリーとなっており、海賊団としての戦力も最強クラスなことがわかります。

主要メンバーは懸賞金7億ベリーでペロペロの実の能力者で長男の「ペロスペロー」、ビッグマム海賊団の主要幹部でスイート三将星であり、モチモチの実の能力者で懸賞金10億ベリーの次男「カタクリ」、鏡の中に敵を引き込むミラミラの実の能力者である「シャーロット」、サンジの結婚相手として登場する「プリン」、その他カタクリとともに三将星である「クラッカー」「スムージー」がいます。

特にスイート三将星の強さは群を抜いており、懸賞金10億ベリーのカタクリ、懸賞金8億6000万ベリーのクラッカー、懸賞金9億3200万ベリーのスムージーと幹部三人で懸賞金総額27億9200万ベリーと破格の懸賞金からもそのとてつもない強さが想像できます。

特にホールケーキアイランド前半の「ルフィ対三将星クラッカー」、クライマックスの「ルフィ対カタクリ」は必見で、ルフィが自身より懸賞金が高い相手を倒すことができるのか、四皇ビッグマムを相手にどのように戦っていくのか、ワンピースの中では初めての四皇と本格的に戦う相手なので今後海賊王を目指すルフィたちが通用するのか楽しみです。

ワンピース四皇海賊団の戦力:黒ひげ海賊団

黒ひげ海賊団は当初黒ひげを含む5人の少数精鋭で構成されていました。そのメンバーは「ラフィット」「シザース・バージェス」「ヴァン・オーガー」「ドクQ」の4人です。その後インペルダウン襲撃時に仲間になった「シリュウ」「アバロ・ピサロ」「サンファン・ウルフ」「バスコ・ショット」「カタリーナ・デボン」の5人が加わり幹部となっています。そんな黒ひげ海賊団の戦力はどれほど強いのでしょうか?

黒ひげ海賊団メンバーの戦闘もまだ描かれていない部分が多く、その全容は謎に包まれています。しかし結成当初の5人でチョッパーの故郷「ドラム王国」を滅ぼすなど国一つ滅ぼすほどの戦力を持っています。黒ひげ個人でも白ひげ四番隊隊長サッチを倒してヤミヤミの実を手に入れる、ヤミヤミの実を駆使して激闘の末にエースを倒し、王下七武海まで登りつめるなどとてつもない強さであることが想像できます。

さらに七武海として最凶囚人がいる刑務所、インペルダウンレベル6に入り込み、囚人たちを脱獄、仲間に引き入れ七武海を脱退します。頂上戦争でもタイミングよく訪れ、白ひげのグラグラの実を奪いさってしまいます。昔から計画に対して用意周到に準備して行動しており、白ひげ海賊団に所属していたことも七武海に入ったこともすべて計画通りでそのずる賢さも海賊らしく、今後ルフィたちの前に立ちはだかりそうです。

ワンピース元四皇:白ひげ海賊団の戦力

最も海賊王に近かった白ひげ海賊団、16もの部隊に分かれており、傘下の海賊は43海賊団にものぼります。そんな圧倒的な戦力を持つしろひげ海賊団の主要メンバーは白ひげの他に「不死鳥のマルコ」ルフィの兄でもある「火拳のエース」「ダイヤモンド・ジョズ」「花剣のビスタ」など数々の実力者がいます。それぞれの戦いの描写を見ながら紹介していきます。

不死鳥のマルコは一番隊隊長で白ひげ海賊団のナンバー2です。悪魔の実の能力で不死鳥に変身することができ、また武装色の覇気を使うこともできます。頂上戦争では海軍大将黄猿と互角に戦い、エース処刑後はルフィを逃がすため、海軍大将赤犬と戦います。白ひげ海賊団幹部の中でも随一の強さを誇っています。

ダイヤモンド・ジョズは三番隊隊長で悪魔の実で全身ダイヤモンドに変身できます。武装色の覇気を使い、悪魔の実による高い防御力と素早い攻撃で頂上戦争ではミホークとクロコダイルと交戦しました。花剣のビスタは二刀流の剣士で武装色の覇気使いであり、その剣術はミホークにも評価を受けています。頂上戦争ではルフィを逃がすためにミホークと互角に交戦します。

しかし頂上戦争でエースと白ひげは命を落としてしまいます。その後黒ひげに弔い戦争を挑みますが、黒ひげに打ち負かされてしまい、海賊団としてほぼ壊滅状態になってしまいます。エースと白ひげを弔うのに協力してくれたシャンクスたちと協力するのか、物語の中でルフィたちとどのように絡んでくるのか、海賊団としては機能してないかもしれませんが、今後も目が離せません。

赤髪のシャンクスとルフィの関係

ワンピース開始から主人公ルフィの憧れの海賊として登場するシャンクス。ルフィが幼いころにシャンクスがルフィの命を助けます。そこでシャンクスがルフィに麦わら帽子を預けるところから物語は始まります。それからしばらく登場することはありませんが、頂上戦争でシャンクスが戦争を止めた時に2人が会うチャンスはありました。しかし立派な海賊になって再会するという約束を守るためあえて会わないよう過ごします。

それから2年後、成長した麦わら海賊団は新世界へ海賊王を目指し旅を続けます。新世界で名をあげて立派な海賊になった先に、ルフィとシャンクスとの念願の再会も描かれるでしょう。その時がいつくるのか今後が楽しみです。

百獣のカイドウとルフィの因縁

現在ルフィが狙っているのが四皇カイドウです。しかし何故カイドウを狙うことになったのかというと、ローがカイドウを四皇の座から引きずり落とす策があると言い、ルフィと同盟を組むことを提案します。ルフィはあまり内容を理解しておらず面白そうだからと同盟に賛同します。そんなことからルフィとローの同盟が始まり、カイドウを狙うことになります。

ルフィがカイドウに因縁を抱かれる事件は?

海賊同盟を結んだルフィはローの作戦に沿って動き、パンクハザードで「SAD」を破壊してシーザーを捕獲します。「SAD」とはドフラミンゴが製造する人造悪魔の実「SMILE」の原料であり、カイドウに輸出しています。そんなSMILEの原料を破壊され、また作り手のシーザーまで捕獲されたためカイドウはルフィに因縁を抱いております。

またこの事件の後、悪魔の実を作ることができなくなったドフラミンゴと戦うことになり、そこでもローと共闘して倒すことに成功します。カイドウは一気に悪魔の実の原料、製造元二つを失ってしまいます。その原因を作ったルフィ達に怒りを抱いても不思議ではありません。こうしてルフィはカイドウに因縁を抱かれることになります。1対1最強のカイドウと今後どう戦うのか見物です。

ビッグマムとルフィの因縁

現在連載中の週刊少年ジャンプで今まさにビッグマムと激突中です。何故戦うことになったかというと、麦わら海賊団のサンジがビッグマム海賊団の娘プリンの婚約者になってしまい、一味からの離脱を余儀なくされます。ルフィは理不尽な離脱を認めず、当初はカイドウを倒す予定でしたが、サンジを取り返すためにビッグマムのいるホールケーキアイランドへと向かいます。

サンジを取り戻すべく戦いを挑む麦わら海賊団たちは四皇やその幹部の強さに苦戦を強いられますが、死闘の末にルフィはスイーツ三将星のクラッカーとカタクリをなんとか倒すことに成功してサンジを取り戻します。しかし怒ったビッグマムはルフィたちを逃がすまいと追いかけます。果たして麦わら海賊団は無事に逃げ延びることができるのか注目です。

ラスボス?黒ひげとルフィの因縁

四皇であり現在最も勢いのある海賊、黒ひげことマーシャル・D・ティーチ。ワンピースの中でキーワードとなっており、ルフィと同じく「D」の文字が名前に入っていて、「Dの一族」かと考えられます。さらにルフィの兄エースの処刑に直接的にか関わっており、名をあげるため賞金首を倒していた黒ひげの標的がルフィになります。

そんな時白ひげ海賊団として仲間殺しの黒ひげを追っていたエースは黒ひげを見つけます。そこで黒ひげがルフィを狙っていることを知り、弟であるルフィの元へ行かせるわけに行かないため、黒ひげと戦います。死闘の末にエースは負けてしまい、インペルダウンへ幽閉され、処刑が決まります。処刑を止めるためルフィたちも立ち上がりますが、エースは命を落としてしまい、結果的に黒ひげによってエースを失います。

また黒ひげ海賊団はは麦わら海賊団と構成が似ており、さらに白ひげが最後に行っていたことを考えるとロジャーが持っていたものを狙っていると考えられます。それはひとつなぎ大秘宝・ワンピースであり、ルフィと目的が一緒なため、必ずどこかで激突することが考えられます。ルフィと因縁もある黒ひげがラスボスとしてワンピースの前に立ちはだかるのか今後の展開から目が離せません。

麦わら海賊団VS四皇海賊団・名場面

ルフィVSカタクリ

四皇海賊団との中で最も熱い戦いと言っても過言ではありません。カタクリはモチモチの実の能力とともに見分色の覇気に優れており、少し未来が見える程度まで覇気が強いです。相手の攻撃を先読みして全く当たることがありません。攻撃を当てるには同程度の見分色を持っているか先読みを上回る攻撃を繰り出すしかありません。案の定ルフィの攻撃も全く当たらず追い詰められていきます。

しかし戦っているうちにルフィが仲間から信じられている実感を得たことがきっかけとなり、見分色の覇気が少しずつ開花していきます。今まで当たらなかった攻撃が当たるようになり、勝負が互角になった時、ルフィがフランペの毒針により一瞬スキが出来ます。そこへカタクリが攻撃して致命傷を負いますが、カタクリは急にスキが出来たことに疑問を感じ、フランぺの存在に気づきます。

「男の勝負に口を出すな」とカタクリは言い、自らの横腹をえぐりルフィと同じ傷を負います。最初はルフィのことを格下と思っていましたが、覇気に目覚めたルフィを「これからは格下と思わねぇ」と言い真っ向から相手します。ルフィもこの戦いを通してカタクの強さを認め、絶対に倒したいと思います。激闘の末にルフィがカタクリを倒し先へ進みます。ワンピース史上最もハイレベルな肉弾戦にハラハラします。

Thumbワンピースの歴代主題歌(OP・ED)まとめ!人気曲・最新曲まで徹底網羅 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ルフィは海賊王になれる?今後の四皇との戦いに注目!

いかがでしたか?ワンピース四皇はそれぞれとてつもない強さを誇っています。海賊王を目指すルフィにとっては四皇は避けては通れない道です。四皇の中では黒ひげがルフィとの因縁が強く、ラスボスの可能性もありこれからの物語でルフィが四皇を相手にどのように挑むのか、果たして勝つことが出来るのか注目です。皆さんもぜひ四皇の魅力を漫画やアニメで楽しみましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ