【弱虫ペダル】小野田坂道の壮絶な過去や試合結果まとめ!強さの秘密ネタバレ

漫画「弱虫ペダル」は自転車競技を描いた大人気少年漫画です。今回はそんな大人気漫画「弱虫ペダル」に登場するキャラクターであり漫画の主人公の小野田坂道を中心に紹介をしていきます。小野田坂道の過去や、小野田坂道のこれまでの試合の結果。さらには孤独だった過去や、小野田坂道の名言や、その魅力について、そしてアニメで小野田さk道を担当した声優である山下大輝について詳しく解説をしていきます。

【弱虫ペダル】小野田坂道の壮絶な過去や試合結果まとめ!強さの秘密ネタバレのイメージ

目次

  1. 小野田坂道は弱虫ペダルの主人公
  2. 小野田坂道の過去
  3. 小野田坂道のレースや試合の結果
  4. 小野田坂道の強さの秘密
  5. 小野田坂道の名言集
  6. 小野田坂道の声優
  7. 小野田坂道に関する感想や評価は?
  8. 小野田坂道の過去や試合結果まとめ

小野田坂道は弱虫ペダルの主人公

漫画「弱虫ペダル」は自転車競技に打ち込む高校生の姿を描いている大人気少年漫画です。今回はそんな漫画「弱虫ペダル」に登場するキャラクターであり、主人公の小野田坂道について詳しく解説をしていきます。小野田坂道のプロフィールや、名言とその魅力、作中での試合結果や、小野田坂道の過去、そしてアニメで小野田坂道を担当した声優についても詳しく紹介をしていきます。ここからは、作品情報について解説をしていきます。

弱虫ペダルの作品情報

漫画「弱虫ペダル」の主人公である小野田坂道の試合結果や過去、声優について紹介をしていく前に漫画「弱虫ペダル」の作品情報について詳しく紹介をしていきます。漫画「弱虫ペダル」は、週刊少年チャンピョンに連載されている少年漫画です。自転車競技に打ち込んでいる高校生に焦点を当てた漫画で、2018年の時点で1700万部を超えていました。作者はギアをあげて自転車で走ることを弱虫ペダルと呼んでいました。

小野田坂道のプロフィール

漫画「弱虫ペダル」に登場する主人公小野田坂道の試合結果や過去、声優について解説をしていく前に小野田坂道のプロフィールを紹介していきます。小野田坂道は、総北高校自転車競技部に所属しています。チーム内ではクライマーのポジションを務め、一年生ながらインターハイメンバーにも選べれていました。小野田坂道は高校入学当初、アニメ研究会を復活させようとしていましたが、鳴子との出会いによって自転車競技部に入ります。

その体型はとても小柄であることから、運動には向いていないという認識を本人がしていました。しかしママチャリで秋葉原までいくなど、人並み外れた持久力の持ち主でもあります。丸い眼鏡が特徴としてあげられていて、アニメや漫画が大好きな少年です。好きなアニメの主題歌を歌いながら自転車を漕ぐこともありました。上り坂が得意であり、笑顔で坂を登ってくることから生粋のクライマータイプのキャラクターでもありました。

小野田坂道と自転車競技部の出会い

漫画「弱虫ペダル」の主人公である小野田坂道のプロフィールについて詳しく紹介をしていきます。ここからは小野田坂道と、自転車競技の出会いについて解説をしていきます。小野田坂道は、電車賃を浮かすために秋葉原までママチャリで出かけていました。とあるきっかけで自転車競技部に入部することになった小野田坂道ですが、同級生である今泉と勝負をすることになります。今泉は小野田坂道とは違い自転車競技の経験者でした。

今泉は、過去にも輝かしい試合結果をえてきた経験のあるキャラクターです。そんな今泉と素人である小野田坂道は、レースでデッドヒートを繰り広げていました。経験者である今泉と肩を並べるほどの実力を小野田坂道は秘めていたのです。そして、このレースによって、小野田坂道は自転車競技に対して本気で打ち込んでいくことになります。

小野田坂道の憧れは巻島

漫画「弱虫ペダル」の主人公である小野田坂道の試合結果や過去、声優について紹介をしていく前にここでは小野田坂道のプロフィールについて詳しく解説をしていきます。小野田坂道は総北高校の自転車競技部に入部をしましたが、チーム内ではクライマーのポジションにつくことになりました。同じくクライマーとして主人公小野田坂道を教えていくのは巻島です。小野田坂道は、巻島に対してクライマーとして憧れを抱いていました。

TVアニメ『弱虫ペダル GLORY LINE』 公式サイト

小野田坂道の過去

漫画「弱虫ペダル」は主人公小野田坂道を中心にしてそう北高校自転車競技部の成長を描いた大人気少年漫画です。今回はそんな漫画「弱虫ペダル」に登場するキャラクターで主人公でもある小野田坂道についてを中心に紹介をしていきます。ここまでは、小野田坂道のプロフィールや自転車競技との出会い、そして憧れの先輩を解説しました。試合結果について紹介をしていく前に、小野田坂道の過去について詳しく解説をしていきます。

小野田坂道の過去①孤独

「弱虫ペダル」は、自転車競技に打ち込む高校生の成長を描いた大人気少年漫画です。そんな「弱虫ペダル」の主人公である小野田坂道の過去について解説をしていきます。小野田坂道が自転車競技に出会う前の過去としてあげられているのは、孤独だったということです。小野田坂道は作中ではアニメや漫画が大好きなキャラクターとして描かれています。そんな小野田坂道ですが、その趣味が影響してこれまで友達がいませんでした。

小野田坂道は、これまで自分と同じように漫画やアニメが好きだという友達がいませんでした。そのために漫画「弱虫ペダル」の作中では序盤でアニメ研究会を復活させようとしています。そのような孤独な一面がある小野田坂道ですが、誰かと一緒に楽しむということに対して人一倍憧れを抱いていました。しかし、自転車競技部に入り、小野田坂道には多くの仲間ができます。そして小野田坂道は純粋に競技に打ち込んでいきます。

小野田坂道の過去②アニメライフ

漫画「弱虫ペダル」に登場するキャラクターであり、主人公である小野田坂道について、その過去を紹介していきます。過去には孤独に趣味を楽しんでいた小野田坂道ですが、そんな小野田坂道の心の支えは趣味であるアニメライフでした。小野田坂道は作中の中でも無類のアニメと漫画好きなキャラクターです。聖地秋葉原にいくために、子供の頃に買ってもらったママチャリで90kmの距離を走り電車賃を浮かせていました。

そんな聖地秋葉原には週に1回ほど通っていたようです。アニメグッズを少しでも買うために往復90kmの距離を漕いでいた小野田坂道ですが、同級である今泉はそれを聞いて引いているシーンも描かれていました。小野田坂道は過去から現在まで好きなものに対する熱量がとても高いタイプのキャラクターであり、それに向かって一直線に走る傾向があるようです。そんな過去の秋葉原通いのおかげで、人並み外れた体力がつきました。

小野田坂道のレースや試合の結果

漫画「弱虫ペダル」は、総北高校自転車競技部を中心にして少年たちの成長を描いている大人気少年漫画です。今回はそんな漫画「弱虫ペダル」に登場するキャラクターであり主人公の小野田坂道についてを中心に紹介をしていきます。ここまではそんな小野田坂道のプロフィールや、孤独だった過去などについて解説をしてきました。ここからは、小野田坂道の作中でのこれまでの試合結果について詳しく解説をしていきます。

結果①1年生レース

「弱虫ペダル」に登場するキャラクターであり、主人公でもある小野田坂道の試合結果について詳しく紹介をしていきます。ここでは一年生レースについて紹介をしてます。総北高校自転車競技部には、毎年恒例となった行事がありました。それが一年生レースです。その年に入部してきた一年生が対象となった部内のレースで、小野田坂道もそのレースに参加します。初心者はもちろん経験者もその緊張から途中で戦線を離脱していきます。

そんな中、毎週末秋葉原を往復することで鍛えた小野田坂道や、同学年である経験者の今泉、鳴子はデッドヒートを繰り広げていきました。そしてオールラウンダーとしてすでに活躍をしている今泉と小野田は、山で競い合います。経験者である今泉を相手に小野田はケイデンスで戦い、なんと初心者ながら今泉や、スプリンターの鳴子に勝ち、クライマーなら誰もが欲しがる山岳賞を勝ち取ることになりました。

結果②インターハイ合宿

漫画「弱虫ペダル」に登場するキャラクターで、主人公としても活躍をする小野田坂道のこれまでの試合結果について詳しく解説をしていきます。ここでは、インターハイ合宿について詳しく紹介をしていきます。総北高校では、インターハイ合宿が毎年の恒例となっていてそこでの千キロ走は、インターハイメンバーを決めるための重要な行事でした。主人公小野田坂道もこの千キロ走に、挑んでいくことになりました。

インターハイ合宿で行われた千キロ走は、小野田坂道たち一年生だけではなく二年生の手嶋や青八木も参加しています。小野田坂道、今泉、鳴子は先輩である手嶋たちを相手にインターハイメンバーをかけて戦うことになりました。この時点では、自転車競技の経験は三ヶ月程度だと考えられています。そんな小野田坂道ですが、先輩である手嶋たちにも見事に勝利をしました。

結果③一度目のインターハイ

漫画「弱虫ペダル」に登場する主人公小野田坂道のこれまでの試合結果について詳しく紹介をしていきます。小野田坂道は部内での争いに勝ち、インターハイメンバーとしてインターハイに出場しました。そんな小野田坂道にとっての一度目のインターハイは、過酷なものでした。王者箱根学園とデッドヒートを繰り広げる総北高校はレースが進んでいくにつれて、どんどんボロボロになっていきました。

そしてそんなチームを小野田坂道が引っ張っていくというオーダーが出ました。そして小野田坂道はチームを一張り総北高校を二日目の同着1位ゴールへと導きます。さらには、インターハイ三日目で箱根学園のエース真波山岳と一騎打ちになりますが、真波との対決の末にインターハイで優勝をすることができました。

結果④市民レース

漫画「弱虫ペダル」に登場する主人公小野田坂道のこれまでの試合結果について詳しく紹介をしていきます。ここでは、インターハイ後に出場した市民レースについて詳しく解説をしてきました。そして小野田坂道は、この市民レースの大会でも優勝しました。その時にライバル御堂筋のいる学校である京都伏見の一年生から筋肉を触られ、最高の筋肉だと言われていました。インターハイ優勝者としての実力を発揮したレースでした。

結果⑤二度目のインターハイ

漫画「弱虫ペダル」に登場する主人公小野田坂道のこれまでの試合結果について詳しく解説をしていきます。ここでは二度目のインターハイについて詳しく解説をしていきます。二度目のインターハイでは、小野田坂道は、前年の優勝者として目をつけられるようになります。しかしお得意のアニメソングを歌い、なんと先頭集団まで追いつくことができ、インターハイ二日目では箱根学園に負けてしまいましたが本気を出していませんでした。

Thumb弱虫ペダルのインターハイ結果まとめ!一年目・二年目で総合優勝したのは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

小野田坂道の強さの秘密

漫画「弱虫ペダル」に登場する主人公小野田坂道を中心に解説をしています。ここまでは、そんな小野田坂道についてそのプロフィールや自転車競技との出会い、先輩への憧れや孤独だった過去、そしてインターハイをはじめとするこれまでの試合結果について詳しく解説をしてきました。ここからは、声優の紹介の前に小野田坂道の強さの秘密を紹介していきます。

強さの秘密①秋葉原まで自転車で走る

「弱虫ペダル」に登場する主人公小野田坂道の強さの秘密について詳しく紹介をしていきます。小野田坂道の強さの秘密の一つにはママチャリがあげられています。主人公小野田坂道は、「弱虫ペダル」の序盤ママチャリで秋葉原まで往復をしていました。しかし秋葉原までの距離は往復で90kmもあります。小野田坂道はアニメグッズのために毎週その距離を走っていました。そのために、いつの間にか人並み外れた体力を持っていました。

強さの秘密②ママチャリの細工

漫画「弱虫ペダル」に登場する主人公小野田坂道は、いつも乗っているママチャリで秋葉原まで往復90kmの距離を走っていたキャラクターです。そんな小野田坂道のママチャリには小野田坂道を心配した親による細工がされていました。ママチャリには、遠くまで行けないようにとペダルを回しても多く回せないような細工がされていたのです。しかしそんなハンデは効果がなく、坂道は秋葉原まで小学生の頃から通っていました。

強さの秘密③誰かの為に頑張れる

漫画「弱虫ペダル」に登場する主人公小野田坂道の魅力について詳しく紹介をしていきます。小野田坂道の強さの秘密には、誰かのために頑張れるというものがあげられていました。小野田坂道は、インターハイでも描かれているように自分以外の誰かのために頑張る力によってその能力が強化されていきます。誰かのために絶対に負けたくないという気持ちが非常に強く、そんな小野田坂道の一面が強さの秘密だと言われています。

小野田坂道の名言集

漫画「弱虫ペダル」は自転車競技部に打ち込む高校生の姿を描いた大人気少年漫画です。今回はそんな漫画「弱虫ペダル」に登場するキャラクターであり主人公の小野田坂道を中心に紹介をしていきます。ここまではそんな小野田坂道のプロフィールや、小野田坂道の孤独だったという過去、そして小野田坂道の試合結果などについて紹介をしました。小野田坂道を担当した声優の前に、小野田坂道の名言について詳しく解説をしていきます。

ボクは金城さんに全員をつれてチームに合流しろと言われましたから

「弱虫ペダル」に登場する主人公小野田坂道の名言について紹介をしていきます。小野田坂道の名言の中には「ボクは金城さんに全員を連れてチームに合流しとと言われましたkら」というセリフがあげられていました。これは、小野田坂道が一年生だったこと初めて出場したインターハイの二日目で発言したセリフです。小野田坂道は、金城からチームを全員連れて合流するように言われていました。そして指示通りチームに合流しました。

金城さん遅くなりましたね。只今全員を連れてチームに合流しました

漫画「弱虫ペダル」に登場する主人公である小野田坂道の名言について詳しく解説をしていきます。小野田坂道の名言の中には、「金城さん遅くなりましたね。只今全員を連れてチームに合流しました」というセリフがあげられていました。このセリフは、一年生の時のインターハイ二日目のセリフでした。小野田坂道は、体調不良で戦線離脱をした田所を迎えにいき、そして金城のところまで無事に連れて帰ったのです。

僕は君を止める!! そして絶対に

漫画「弱虫ペダル:に登場する主人公である小野田坂道の作中での名言について詳しく紹介をしていきます。そんな小野田坂道の名言の中には「僕は君を止める!!そして絶対に、エースのところへは行かせない」というセリフがあげられていました。これはインターハイでの戦いで、真波山岳と御堂筋に必死でついて行っている時のセリフです。仲間のために頑張るという小野田坂道のチーム思いな一面が見られるセリフでした。

僕はキミを抜いてゴールを獲る

漫画「弱虫ペダル」に登場する主人公の小野田坂道の作中での名言について詳しく紹介をしていきます。小野田坂道の名言の中には「僕はキミを抜いてゴールを獲る」というセリフがあげられていました。このセリフはインターハイで真波山岳と争っている時に発したセリフです。これまで一緒に走ってきた総北高校のチームメイトの思いを背負った小野田坂道は、このセリフ通り真波山岳を抜いてインターハイで優勝します。

小野田坂道の声優

漫画「弱虫ペダル」は主人公小野田坂道の成長を描いた大人気少年漫画です。今回はそんな漫画「弱虫ペダル」に登場するキャラクターであり、主人公の小野田坂道を中心に紹介をしていきます。ここまでは、そんな小野田坂道のプロフィールや、これまでの試合結果、そして作中での名言などについて詳しく解説をしていきます。ここからはそんな小野田坂道をアニメで担当した声優、山下大輝について詳しく解説をしていきます。

小野田坂道の声優は山下大輝

漫画「弱虫ペダル」は、大人気少年漫画であることからもアニメ化がされていました。そんなアニメ「弱虫ペダル」で主人公小野田坂道を担当した声優は、山下大輝です。ここからは声優山下大輝について詳しく解説をしていきます。山下大輝が声優を目指したきっかけは山寺宏一でした。山寺宏一が担当した映画「アラジン」を見て、声優という職業に憧れたそうです。しかしはじめはミュージカルに出演することを目指していました。

山下大輝のプロフィール

声優山下大輝のプロフィールについて詳しく紹介をしていきます。山下大輝は高校を卒業後、音楽専門学校に通いますが専門学校の卒業と同時に二オンナレーション演技研究所に入ります。尊敬している声優は、同じく声優である山口勝平です。その理由としていつまでも少年心を忘れないところと優しくて暖かい人だからということをあげていました。さらに将来は、山口勝平のような声優になることを目指していると発言していました。

山下大輝の他の出演作

ここからは、声優山下大輝の「弱虫ペダル」以外の出演作について詳しく解説をしていきます。アニメでは「リトルバスターズ」「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」「銀の匙」「たまこまーけっと」「凪のあすから」「アオハライド」「グラスリップ」「少年ハリウッド」「ソードアートオンライン」「アルスラーン戦記」「ダイヤのA」「覆面系ノイズ」「ハイスコアガール」などの数々の作品に出演をしていました。

小野田坂道に関する感想や評価は?

「弱虫ペダル」は総北高校自転車競技部が成長していく姿を描いた大人気少年漫画です。今回はそんな漫画「弱虫ペダル」に登場する主人公小野田坂道を中心に紹介をしていきます。ここまではそんな小野田坂道について、これまでに描かれた試合の結果や、過去、そして作中での名言や声優について詳しく紹介をしてきました。ここからはそんな「弱虫ペダル」主人公の小野田坂道に関する感想や、評価について詳しく解説をしていきます。

かっこいい!

漫画「弱虫ペダル」の主人公である小野田坂道に関する感想や評価について詳しく解説をしていきます。小野田坂道に関する感想や評価の中には、かっこいいというものがありました。インターハイ三日目、小野田坂道はチーム全員の気持ちを背負って死闘を繰り広げます。そんな姿がかっこいいという感想が多くありました。

小野田坂道の過去や試合結果まとめ

漫画「弱虫ペダル」は自転車競技に打ち込む高校生の姿を描いた大人気少年漫画です。今回はそんな漫画「弱虫ペダル」の主人公である小野田坂道を中心に紹介をしてきました。小野田坂道はインターハイや市民大会などで優勝をしています。そんな試合結果やさらには担当声優山下大輝、そして名言についても詳しく紹介をしてきました。そんな小野田坂道が主人公の漫画「弱虫ペダル」一度、ご覧になってはいかがでしょうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ