カキン王子の念獣(守護霊獣)一覧!それぞれの系統・能力や王子の念能力も解説

漫画「ハンターハンター」は週間少年ジャン王で長期間連載されている少年漫画です。今回はそんな「ハンターハンター」に登場するカキン帝国について詳しく紹介をしています。カキン帝国の14人の王子たちの念獣と酔われている守護霊獣の強さや系統、念獣の能力を一覧にして詳しく解説をし、王位継承戦を生き残る王子を予想しています。また、王子たちの護衛として登場するキャラクターも紹介しています。

カキン王子の念獣(守護霊獣)一覧!それぞれの系統・能力や王子の念能力も解説のイメージ

目次

  1. カキン王子の念獣(守護霊獣)とは?
  2. カキン王子の念獣(守護霊獣)一覧
  3. カキン王子の念能力一覧!系統も紹介
  4. カキン王子の中で生き残る王子を予想
  5. カキン王子の部下は?
  6. カキン王子の念獣(守護霊獣)に関する感想や評価は?
  7. カキン王子の念獣(守護霊獣)一覧まとめ

カキン王子の念獣(守護霊獣)とは?

漫画「ハンターハンター」は1998年から週刊少年ジャンプに掲載されている大ヒット漫画です。今回はそんな漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国を中心に紹介をしていきます。カキン帝国とハンター協会の会長であるネテロの関係やカキン帝国の王位継承者である王子の念獣である守護霊獣や念能力や系統を一覧で解説していき、生き残る王子を考察していきます。また王子の部下についても詳しく解説をしていきます。

カキン帝国とは?

「ハンターハンター」に登場するカキン帝国について紹介していきます。カキン帝国は、「ハンターハンター」の中に登場する新興国です。カキン帝国は、ナスビ・ホイコーロが国王として指揮していて、最近経済成長が目覚ましく注目されている国でした。その歴史は30年以上前まで遡り帝国社会主義から議会民主主義へと革命を起こしてカキン帝国が誕生しました。V5に夜暗黒大陸への条約を無視して進出しようとした国です。

カキン帝国とネテロの関係

「ハンターハンター」の作中に登場する新興国の一つであるカキン帝国とハンター協会の会長であるネテロの関係について詳しく解説をしていきます。カキン帝国は、V5で決めた条約を無視して暗黒大陸への進出を狙っていました。そのために結成された暗黒大陸探検隊の総指揮者としてカキン帝国はハンター協会の会長、ネテロの息子ビヨンドを指名しました。元会長であるネテロは息子に忠告をしますがビヨンドは大陸へ向かいます。

カキン帝国の王位継承戦

ネテロとも関係していた「ハンターハンター」の作中に登場するカキン帝国ですが、そんなカキン帝国には王位継承戦というものが存在しています。ここではカキン帝国の王位継承戦について解説をしていきます。暗黒大陸へ進出する船に乗り合わせたのは国王とビヨンドそして14人の王子たちです。ナスビ国王は14人の王子に向かって生き残ったものを次期国王とすることを伝え、王子たちの国王の座をかけた王位継承戦が始まりました。

カキン帝国の王子を守るのが念獣

カキン帝国の次期国王の座をかけて王子たちによる王位継承戦が始まります。そんな王子たちを守るのが念獣と呼ばれているものです。王子たちは壺中卵の儀式を行うと、壺の力で自分自身を守ってくれる念獣と呼ばれている守護霊獣を生み出すことができるようになります。念獣という守護霊獣は王子たちのオーラを元に、その人の特徴を汲み取った形や能力に自由自在に変化します。継承戦の前に王子たちはこの儀式をしました。

『HUNTER×HUNTER』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

カキン王子の念獣(守護霊獣)一覧

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国についてここまでは、カキン帝国の誕生の歴史や元ハンター協会の会長であるアイザック=ネテロの息子ビヨンド=ネテロとの関係、そしてナスビ国王が始めた14人の王子たちによる王位継承戦や念獣と呼ばれる守護霊獣について詳しく解説をしてきました。ここからは、14人の王子の念獣と呼ばれる守護霊獣の能力や強さを一覧にして詳しく解説をしていきます。

念獣(守護霊獣)一覧:第1王子ベンジャミン

漫画「ハンターハンター」に登場する王国カキン帝国の王子たちの念獣と呼ばれている守護霊獣について紹介をしていきます。ここではカキン帝国の第1王子であるベンジャミンの念獣(守護霊獣)について詳しく紹介をしていきます。ベンジャミンの母親は第1王妃であるウンマです。そんなベンジャミンは血の気が多く非常に好戦的な性格をしていて王位継承戦が行われる以前から、念獣と呼ばれる守護霊獣を扱えるほどの実力がありました。

そんなカキン帝国の第1王子ベンジャミンが王位継承戦で扱っている念獣(守護霊獣)について紹介をしていきます。念獣と呼ばれている守護霊獣は、主人である王子の人となりや性格を読み取って自由自在に姿や能力を変えることができます。ベンジャミンの念獣(守護霊獣)は、一見人型の形をしているようにも見えますがよく見ると目がありません。まるで人間のような歯があり、口が大きくエイリアンのような風貌をしていました。

念獣(守護霊獣)一覧:第2王子カミーラ

大人気漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国の王子たちが扱っている念獣と呼ばれる守護霊獣について一覧で紹介をしています。ここではカキン帝国の第2王子であるカミーラの扱っている念獣(守護霊獣)について詳しく解説をしていきます。カキン王国の第2王子だるカミーラは、母親が第2王妃であるドゥアズルです。自分で自分のことをカミィと呼ぶほどの傲慢な性格で他の王子には死んでほしいとさえ思っています。

そんなカキン帝国の第2王子であるカミーラが王位継承戦で扱っている念獣(守護霊獣)について、解説をしていきます。カミーラは他の王子には死んでほしいと思っているほどのわがままな娘で、そんなカミーラのオーラを読み取ったカミーラの念獣(守護霊獣)は、全体的に植物のような形をしています。乳房がスカートを履いているようにも見え、操作系強制型の能力もあり、条件を満たしてしまった人物を操れることができます。

念獣(守護霊獣)一覧:第3王子チョウライ

週刊少年ジャンプで連載されている大人気漫画「ハンターハンター」に登場する王国であるカキン帝国について紹介をしています。カキン帝国の王子たちはそれぞれ念獣と呼ばれている守護霊獣を扱うことができます。そんな王子たちの念獣について、ここではカキン帝国の第3王子であるチョウライの念獣(守護霊獣)について詳しく紹介をしていきます。カキン王国の第3王子チョウライは第3王妃トウチョウレイの息子です。

カキン王国の第3王子であるチョウレイは、念について知りませんでした。またチョウレイの部下たちにも念を知っているものがおらずチョウレイはクラピカから念についての情報を仕入れます。そんなカキン王国第3王子であるチョウレイが王位継承戦で扱っている念獣は(守護霊獣)は、顔のついている盾のような形をしています、具現化系複合型の能力を持ち、1日一つ落とすコインの能力者が条件を満たすと能力を発揮します。

念獣(守護霊獣)一覧:第4王子ツェリードニヒ

大人気漫画「ハンターハンター」に登場する暗黒大陸進出を狙っているカキン帝国について紹介をしています。ここではそんなカキン帝国の14人の王子たちが王位継承戦で扱っている念獣と呼ばれている守護霊獣について詳しく解説をしていきます。カキン帝国の第4王子ツェリードニヒは、第1王妃ウンマの息子です。第1王子であるベンジャミンとは互いに殺意を抱いていて、異常なサイコパスとしても知られています。

カキン帝国の第4王子ツェリードニヒは、人体収集家でもありクラピカも狙っている人物でした。ツェリードニヒは、自分の部下である護衛から念についての情報を集め、天才的な能力を発揮します。そんなツェリードニヒが王位継承戦で扱っている念獣(守護霊獣)は、一見馬のような形に見えます。しかし馬の体を持ちながらも顔は人間であり、その顔がイケメンだという感想が読者から上がっていました。

念獣(守護霊獣)一覧:第5王子ツベッバ

週刊少年ジャンプに連載されている「ハンターハンター」に登場するカキン帝国について詳しく解説をしています。カキン帝国の14人の王子たちはナスビ国王から、王位継承戦をするように言われます。そんなカキン帝国の第5王子ツベッパの扱っている念獣(守護霊獣)について解説をしていきます。ツベッパの母親は、第2王妃のドゥアズルです。そんなツベッパは、ツェリードニヒに一緒に戦わないかという話を持ちかけます。

そんなカキン帝国の第5王子ツベッパは、作中ではオネェ風のような風貌で描かれているため性別は不明です。読者の間では、ツベッパは女性かもしれないという声も上がっていました。そんな第5王子ツベッパが王位継承戦で扱っていた念獣(守護霊獣)は、カエルのような外見をしてました。足には、車輪がついていてツベッパの念獣は変化系の能力を持っていて、パートナーが必要不可欠となってしまう共依存型の念獣です。

念獣(守護霊獣)一覧:第6王子タイソン

大ヒットバトル漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国について、そんなカキン帝国に存在している14人の王子たちが扱っている念獣と呼ばれている守護霊獣について詳しく解説をしていきます。カキン帝国の第6王子であるタイソンの母親は、第4王妃であるカットローノです。性格は嫉妬深いということをツェリードニヒに言われています。自分の護衛である部下に誰も近づけたくないと思うほどの嫉妬深さです。

カキン帝国の第6王子タイソンは、護衛として積極的に若い男を採用しています。またタイソン教という愛で世界を救うことを信念としている自分の宗教を広めたいという欲望があります。そんなカキン帝国の第6王子タイソンが王位継承戦で扱っている念獣(守護霊獣)は、天使のような外見をしています。放出系で拡散収集能力がありタイソン教典を受け取ったものには、幸福が訪れます。しかし規則を破ると罰が下されます。

念獣(守護霊獣)一覧:第7王子ルズールス

漫画「ハンターハンター」には、暗黒大陸への進出を狙っているカキン帝国という王国が登場します。そんなカキン帝国には14人の王子がいて、国王によって王位継承戦をすることになりました。ここではそんなカキン帝国の第7王子ルズールスが王位継承戦で扱っていた念獣(守護霊獣)について詳しく解説をしていきます。第7王子ルズールスは、第2王妃のドゥアズルの息子です。第4王子には、先走りな阿保と言われていました。

そんな第7王子ルズールスは、部下として護衛にバショウを従えています。ツェリードニヒに先走っていると言われてしまうルズールスですが、王位継承戦で扱っている念獣(守護霊獣)は、アリや、幼虫のようにも見えるげ意見をしています。能力は、具現化系の半強制型であると判明していて操作系の能力も駆使してターゲットとなった人物の欲望を具現化して、罠を仕掛けます。

念獣(守護霊獣)一覧:第8王子サレサレ

大人気漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国は、ナスビ国王の指揮によって急激な発達を遂げました。そんなカキン帝国には14人の王子がいます。ここでは第8王子であるサレサレが王位継承戦で扱っている念獣(守護霊獣)について詳しく解説をしていきます。第8王子サレサレの母親は、第5王妃であるスィンコスィンコです。サレサレは、何よりも酒と女が好きなようで晩餐会で何か仕掛けようと計画をしています。

カキン帝国の第8王子、サレサレは女と酒が大好きでした。そんなハレハレもカキン帝国の次期国王の座をかけて王位継承戦に参加します。第8王子であるサレサレが王位継承戦で扱っている念獣は、球体の形をしていて複数の口が存在しています。その口からはよだれのようなものをまき散らすことができ、さらには拡散系の能力を使用して口から煙を吐き出し、その煙にかかった人間を操ることができます。

念獣(守護霊獣)一覧:第9王子ハルケンブルグ

大人気漫画「ハンターハンター」に登場するナスビ国王率いるカキン王国には、14人の王子たちがいます。そんな14人の王子たちは、次期国王の座を巡って念獣を使い王位継承戦をしていきます。ここではカキン帝国の第9王子ハルケンブルクが王位継承戦で扱っている念獣について詳しく解説をしていきます。第9王子のハルケンブルクの母親は第2王妃のドゥアズルです。ツェリードニヒの実力を認めていて継承戦には否定的です。

カキン帝国の第9王子であるハルケンブルクは、王位継承戦について否定的でありナスビ国王に王位継承戦を離脱することを伝えに行きます。しかしそのあと自分の念獣が部下を全滅させてしまいました。不思議なことに翌朝には元に戻っていてハルケンブルク自身もわけがわかっていない様子でした。そんなハルケンブルクの念獣は強化系相互協力の一つ目の鬼で羽の刻印の者がいればいるほど威力が上がっていきます。

念獣(守護霊獣)一覧:第10王子カチョウ

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国では、王位継承戦が行われていました。カキン帝国の第10王子であるカチョウの母親は、第6王妃であるセイコです。部下として護衛にはセンリツを雇っていて強気でおてんば娘のように描かれています。第11王子のフウゲツとは姉妹で、二人一緒にいることが多いです。この気の強い性格はダミーなのではないかと言われていて、まだその念獣については明らかになっていません。

念獣(守護霊獣)一覧:第11王子フウゲツ

漫画「ハンターハンター」には、ナスビ国王が指揮をとっているカキン帝国という帝国が登場します。そんなカキン帝国では、王位継承戦が行われていました。カキン帝国の第11王子であるフウゲツの母親は第6王妃であるセイコです。第10王子であるカチョウとは双子の姉妹であり、カチョウのことを非常によく慕っています。フウゲツは、カチョウと二人で一緒に写っている写真を見つめていることが多くまだ念獣は判明していません。

念獣(守護霊獣)一覧:第12王子モモゼ

漫画「ハンターハンター」には、V5の条約を無視して暗黒大陸へ進出しようとしているカキン帝国という帝国が存在しています。そんなカキン帝国では、王位継承戦が行われていました。ナスビ国王による王位継承戦には第12王子であるモモゼも参加しています。モモゼの母親は、第7王妃であるセヴァンチです。モモゼは編み物が趣味で常に編み物をしていて、緊張というものからはかけ離れたような生活をしています。

カキン帝国の第12王子ダルモモゼは、王子であるのにもかかわらず緊張感とは無縁の生活をしているために、他の王子から監視のために送り込まれた部下である護衛兵も、モモゼに対していつでも暗殺できると感じています。そんなモモゼが王位継承戦で扱っていた念獣は、ネズミに見えるようなマスコットでした。ターゲットに「おヒマ?」と聞き、その質問に相手が答えればその相手を操ることができるようになります。

念獣(守護霊獣)一覧:第13王子マラヤーム

大ヒット漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国を中心に解説をしています。カキン帝国は、ナスビ国王が統治してきましたが、次期国王の座を巡って王位継承戦が行われることになりました。ここでは第13王子であるマラヤームの念獣について詳しく解説をしていきます。マラヤームの母親は、第7王妃のセヴァンチです。マラヤームは母親からも溺愛されていて、作中ではまだ発言したことがありません。

母親である第7王妃セヴァンチからも溺愛されているマラヤームの警護はビスケが担当しています。そんな第13王子も、次期国王の座を争う王位継承戦に参加することになります。第13王子マラヤームが王位継承戦で扱うことになった念獣は、ドラゴンのような見た目をしています。その能力や技についてはまだ判明してはいませんが警護をしているビスケやハンゾーはマラヤームの念獣について確実に大きくなっていると言及しています。

Thumbオイト王妃がかわいい!クラピカとの関係や念能力の覚醒を考察【ハンターハンター】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

カキン王子の念能力一覧!系統も紹介

大人気少年漫画「ハンターハンター」に登場する暗黒大陸は元ハンター協会の会長であるアイザック=ネテロでさえも断念した大陸でありV5によって条約が制定されていましたが、そんな条約を無視して大陸へ進出しようとしているカキン帝国という国が登場しました。ここまではそんなカキン王国の14人の王子たちの念獣について解説してきました。ここからは14人の王子たちの念能力や系統についても解説をしていきます。

王子の念能力一覧:第1王子ベンジャミン

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国の王子たちの念能力やその系統について詳しく解説をしていきます。ここではカキン帝国の第1王子ベンジャミンの念能力や系統について紹介をしていきます。ベンジャミンの念能力の系統は「ベンジャミンバトン(星を受け継ぐもの)」です。このベンジャミンの能力はある条件を満たしたベンジャミンの部下がなくなると、ベンジャミンにその能力が受け継がれるというものです。

ベンジャミンが部下の能力を受け継ぐ条件は、カキン王国軍学校を卒業しさらにベンジャミンが設立している私設兵団に所属し、ベンジャミンに忠誠を誓った念能力者であるというものです。この条件を満たすものがなくなると、ベンジャミンの手に星マークがつきます。現在では、ムッセの裏窓の鳥(シークレットウィドウ)、ビンセントの虚空拳(エアブロウ)などの戦いで亡くなった部下の四つの念能力を受け継いでいます。

王子の念能力一覧:第2王子カミーラ

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国の王子たちの念能力やその系統について詳しく紹介をしていきます。ここではそんなカキン帝国の第2王子であるカミーラの念能力やその系統について詳しく解説をしていきます。カミーラの念能力の系統は、「百万回生きた猫(ネコノナマエ)」です。この念能力は迎撃型のものであり、カミーラが殺害されるとその殺害したものの命と引き換えにカミーラの命を蘇らせます。

カミーラが殺害されると黒猫のようなものが現れ、カミーラを殺害したものの命を吸い取るのです。しかしこの無敵と思われている念能力にも、弱点があります。このカミーラの能力がバレてしまうと黒猫が捕獲されてしまいカミーラを死後に生き返らせるという念能力が発動できなくなってしまいます。しかし、この念能力は黒猫に見つかってしまえば逃れることはできなく、カミーラの勝利が確定します。

王子の念能力一覧:第3王子チョウライ

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国にいる14人の王子たちの念能力や、その系統などについて詳しく紹介しています。ここでは、カキン帝国第3王子のチョウライの念能力やその系統について詳しく解説をしていきます。チョウライは、王位継承戦が始まる際、念についての知識自体がなく念について部下などに聞きましたが、誰も知りませんでした。そのためにチョウライは念についてクラピカから情報を仕入れています。

カキン帝国の第3王子ダルチョウライは、念についてクラピカから情報を仕入れているほど念とは無縁の世界で生きてきました。そのため、まだ「ハンターハンター」の作中では第3王子チョウライについての念能力は明かされていません。しかし心の中に野心を抱いていることからも、今後チョウライが念についての知識をここからさらに深めていき念能力を取得する可能性も考えられています。

王子の念能力一覧:第4王子ツェリードニヒ

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン王国の14人の王子たちの念能力や、その系統について解説をしていきます。ここでは、カキン帝国第4王子ツェリードニヒの念能力やその系統について詳しく紹介をしていきます。カキン帝国第4王子は、非常に天才肌の人間でもあります。クラピカからも狙われていた人物でした。ツェリードニヒは、念能力を習得するための修行をしたのちに念能力を取得しました。

現在「ハンターハンター」の作中で明かされているツェリードニヒの念能力は、予知夢です。ツェリードニヒは念能力を使うと10秒先の未来を余地することができ、その上予知夢を見ている10秒の間は周囲に幻覚を見せることができます。この念能力はツェリードニヒ自体が、絶の状態になり目を閉じることで脳裏にノイズが発生し、監視カメラの映像のような予知夢をみることができるのです。これが念能力であると考えられています。

王子の念能力一覧:第5王子ツベッバ

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国の14人の王子達の念能力やその系統について詳しく紹介をしていきます。ここではそんなカキン帝国の第5王子ツベッパの念能力やその系統について詳しく解説をしていきます。ツベッパは現在の体制について強く不満を持っていてさらに政治力も持ち合わせています。また、クラピカのことを高く評価していますが念能力やその系統については、まだ作中では明らかになっていません。

王子の念能力一覧:第6王子タイソン

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国の14人の王子達の念能力やその系統について詳しく紹介をしています。ここではそんなカキン帝国の第6王子であるタイソンの念能力やその系統について詳しく解説をしていきます。タイソンの念能力については、未だに作中では明らかになっていませんがヒソカの性格診断で判断するとその系統は強化系か、あるいはマイペースな性格から操作系でもあるかもしれないと言われています。

王子の念能力一覧:第7王子ルズールス

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国の14人の王子達の念能力やその系統などについて詳しく紹介をしています。ここでは、そんなカキン帝国の第7王子であるルズールスの念能力やその系統について詳しく解説をしていきます。ルズールスの念能力は、未だに作中では明らかになっていません。ヒソカのオーラ別性格診断を元に考えると変化系の能力であると考えられ、モラウのものと似ているのではないかと考察されています。

王子の念能力一覧:第8王子サレサレ

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国の14人の王子達の念能力やその系統について詳しく紹介をしていきます。ここからは、そんなカキン帝国の第8王子のサレサレについて念能力やその系統について詳しく解説していきます。サレサレの念能力やその系統については未だに明らかにされていません、しかしヒソカのオーラ別性格診断で予測すると、サレサレの性格から操作系や放出系の能力であると考えられています。

王子の念能力一覧:第9王子ハルケンブルグ

漫画「ハンターハンター」のカキン帝国の14人の王子達の念能力やその系統について詳しく紹介をしていきます。ここからは、第9王子ハルケンブルグの念能力について詳しく解説をしていきます。ハルケンブルグの念能力は、オーラの弓と呼ばれています。意志が矢として放たれその矢に当たったものは意志が砕けハルケンブルグの部下になってしまうというものです。

王子の念能力一覧:第10王子カチョウ

漫画「ハンターハンター」に登場する14人の王子の念能力や系統について詳しく紹介しています。ここではそんなカキン帝国の第10王子カチョウについて念能力や系統などを紹介していきます。双子の姉であるカチョウですがその念能力についてまだ明らかになってはいません。

王子の念能力一覧:第11王子フウゲツ

漫画「ハンターハンター」に登場している14人の王子の念能力や系統について詳しく紹介をしていきます。ここからはカキン王国の第11王子フウゲツの念能力と系統について紹介していきます。カチョウの双子の妹であるフウゲツですが、その念能力や系統は明らかになっていません。

王子の念能力一覧:第12王子モモゼ

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国第12王子モモゼの念能力について詳しく解説をしていきます。編み物が趣味でマイペースな性格のモモゼですが、作中では念能力を取得しておらずどのような念能力を発揮するのかも明らかになってはいません。

王子の念能力一覧:第13王子マラヤーム

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国の第13王子、マラヤームの念能力や系統について詳しく紹介をしていきます。マラヤームは母親からも溺愛されていて、ハムスターが好きな子供ですが作中では念能力については明かされていません。

王子の念能力一覧:第14王子ワブル

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国の第14王子ワブルの念能力について解説をしていきます。ワブルはクラピカに懐いている赤ん坊で、作中では念能力は明らかになってはいません。今後の成長に注目が集まっています。

カキン王子の中で生き残る王子を予想

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国についてを中心に解説をしています。ここまでは王子達の念能力や念獣について解説をしてきました。ここからは気になる王位継承戦で生き残る王子を予想考察していきます。

生き残る王子予想①ベンジャミン

王位継承戦で生き残ると考えられている王子のうちの一人はベンジャミンです。ベンジャミンの持つ念能は部下がなくなっても能力が継承できるというものです。またカキン帝国軍事最高副顧問というポジションからも、ベンジャミンが生き残ると予想されています。

生き残る王子予想②ツェリードニヒ

王位継承戦で生き残るのではないかと言われている王子の一人が、ツェリードニヒです。ツェリードニヒは非常に天才肌の人間で、ベンジャミンとは互いに殺意を覚えるほど対立しています。現時点で有力候補のベンジャミンを倒せるのは第4王子と言われています。

生き残る王子予想③ハルケンブルグ

王位継承戦で、生き残る王子として名前が挙がっているうちの一人はハルケンブルグです。ハルケンブルグは、継承戦に否定的な意見を持っていますが念能力がとても強く生き残るのではないかと言われています。

Thumb兵器ブリオンが人気?その正体と暗黒大陸の五大厄災を考察【ハンターハンター】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

カキン王子の部下は?

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国の14人の王子達の念能力や念獣について解説をし、王位継承戦の結果についても予想をしてきました。ここからは、カキン王子たちの部下について解説をしていきます。

王子の部下は最大15人

王子たちは、それぞれ15人の部下を従えることができます。しかし、15人を選べるというわけではなく謀反を計画していないかを監視するために下の兄弟に自分の護衛を一人送るというシステムがあります。

部下の戦力が一番強い王子はベンジャミン

部下を選ぶシステム上、下のものになればなるほど不利になっていきます。しかし第1王子であるベンジャミンは15人自分の部下で構成できるため一番部下の戦力が強いと言われています。

代表的な王子の部下①イズナビ

王子たちの部下の中には、主要キャラクターのクラピカの師匠であるイズナビもいます。そんなクラピカの師匠イズナビは、第6王子であるタイソンの護衛の部下として登場していました。

代表的な王子の部下②バショウ

カキン帝国の王子たちの部下の中には、バショウという人物もいます。バショウはクラピカの仲間であり、ハンター協会の人間です。そんなバショウは、ルズールスの護衛として登場しました。

代表的な王子の部下③センリツ

カキン帝国の王子たちの部下として、センリツも登場しています。センリツは、クラピカから信頼されていて他人の心がわかる繊細な心の持ち主です。そんなセンリツも王位継承者戦に部下として参加しています。

代表的な王子の部下④ハンゾー

カキン帝国の王子の部下として登場するハンゾーは、主人公ゴンと同じハンター試験を受験していました。クラピカから頼まれて、今回ハンゾーはカキン帝国の護衛として王位継承者戦に参加をしています。

代表的な王子の部下⑤ビスケ

カキン帝国の王子たちの護衛として、ゴンたちの良き師匠でもあるビスケも部下として登場します。ダブルハンターでもあり、ウイングの師匠でもありました。そんなビスケも部下として王位継承戦に参戦します。

Thumbイズナビ(クラピカの師匠)の念能力・強さは?モデルはB'zの稲葉?【ハンターハンター】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

カキン王子の念獣(守護霊獣)に関する感想や評価は?

カキン帝国の14人の王子たちにはそれぞれの特徴にあった念獣があり、念能力者が存在していることも明らかとなりました。ここからはそんな王子たちに対する感想を紹介していきます。

人数が多い!

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国の王子たちに対する感想を紹介していきます。王子たちは14人さらにその部下がそれぞれ15人ということからとにかく人数が多いという感想がありました。

カキン王子の念獣(守護霊獣)一覧まとめ

漫画「ハンターハンター」に登場するカキン帝国の王子たちについて今回は念能力や念獣などを一覧にして紹介をしてきました。それぞれの特徴が出ている念獣や能力を駆使しながら盛り上がっていく王位継承戦が描かれている「ハンターハンター」一度ご覧になってはいかがでしょうか。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ