【BLEACH】鰻屋育美は何でも屋「うなぎ屋」の女店長!声優や一護との関係は?

『BLEACH』の鰻屋育美は何でも屋「うなぎ屋」の女店長であり、アニメ声優や一護との関係、息子なども注目されています。鰻屋育美は一護にとっても重要なキャラクターなので、多くのファンには絶賛されています。今回はメガヒット漫画『BLEACH(ブリーチ)』の鰻屋育美について基本的な情報や鰻屋育美と一護や月島の関係、アニメ声優、息子、性格や名言、強さや能力、ネット上の感想や評価などを紹介していきましょう。

【BLEACH】鰻屋育美は何でも屋「うなぎ屋」の女店長!声優や一護との関係は?のイメージ

目次

  1. 鰻屋育美は何でも屋「うなぎ屋」の女店長
  2. 鰻屋育美のアニメ声優
  3. 鰻屋育美と一護や月島の関係
  4. 鰻屋育美の性格や名言
  5. 鰻屋育美の強さや能力
  6. 鰻屋育美に関する感想や評価
  7. 鰻屋育美まとめ

鰻屋育美は何でも屋「うなぎ屋」の女店長

鰻屋育美は何でも屋「うなぎ屋」の女店長として登場し、一護にとっては頼れる大人の女性として多くのファンに絶賛されています。2022年にアニメ化する『千年血戦篇』でも登場しますが、活躍がほとんどなかったことで多くのファンに残念がられていました。ここではまず『BLEACH(ブリーチ)』について基本的な情報をまとめていきましょう。

BLEACH(ブリーチ)の作品情報

『BLEACH(ブリーチ)』は圧倒的な人気を獲得している作品であり、数多くのメディアミックスを成功させている作品となっています。アニメもメガヒットを記録し、後のアニメ作品にも大きな影響を与えています。個性的なキャラクターたちも多く登場することが本作の魅力の一つであり、多くの人気キャラクターを生み出しています。

BLEACH(ブリーチ)の概要

『BLEACH(ブリーチ)』は久保帯人が描くダークファンタジーで『週刊少年ジャンプ』で2001年から15年間にわたって連載された作品となっています。2004年10月5日から2012年3月27日までアニメが放送されていて、高い人気を誇り劇場版作品も制作されています。2022年には新作アニメが放送されるのでアニメファンからも注目が集まっています。

BLEACH(ブリーチ)のあらすじ

黒崎一護は圧倒的な霊力を持って生まれたために、幼いころから幽霊が見える体質でした。ある日、これまで見たこともないような悪霊に襲われてしまい、死神である少女・朽木ルキアと出会います。朽木ルキアは一護に死神の力を渡し、一護はルキアに変わって死神代行として空座町を守っていくことになるのでした。

鰻屋育美のプロフィール

鰻屋育美のプロフィールを見ていきましょう。鰻屋育美は黒崎一護が死神の力を失った後にバイトをしていた何でも屋「うなぎ屋」の女性店長です。一護を制圧できる腕っぷしの持ち主であり、その戦闘力には石田雨竜も舌を巻くほどでした。一人息子がいて、シングルマザーとなっています。

鰻屋育美の性格

鰻屋育美は二面性のある性格をしていることでも知られていて、一護の前では粗暴なパワハラ店長ですが、息子の前ではおしとやかな母親を演じています。さらに、一護をやめさせないために必死であり、そのことを見抜かれてしまっています。

鰻屋育美には息子の馨がいる

鰻屋育美には息子の馨がいますが、この息子も癖のある性格をしています。息子である馨は母親の前ではいい子ですが、一護の前では生意気な性格を隠そうとしていませんでした。息子としては母親と一護の関係を嫌っていて、一護には辛辣な発言も多いことでも知られています。母親も息子も同じような二面性のある性格をしています。

BLEACH 千年血戦篇 テレビ東京アニメ公式

鰻屋育美のアニメ声優

ここでは『BLEACH(ブリーチ)』の鰻屋育美のアニメ声優を見ていきましょう。メディアミックスも成功している『BLEACH(ブリーチ)』はアニメも高い人気を獲得していて、キャラクターの声優たちにも絶賛の声が集まっている作品となっています。アニメ『BLEACH(ブリーチ)』で鰻屋育美の声優に起用されたのは数多くの洋画で吹き替えを担当する実力派の声優である甲斐田裕子です。

甲斐田裕子のプロフィール

甲斐田裕子のプロフィールを紹介します。甲斐田裕子(かいだゆうこ)は1980年1月14日生まれの声優であり、舞台女優としても活動しています。神奈川県川崎市出身、現在は賢プロダクションに所属しています。東京メディアアカデミーの声優ボーカル科で声優としての基礎を確立していて、2000年には海外ドラマ『シナリオライターは君だ!』の吹き替えでデビューを果たし、現在でも洋画吹き替えをメインに幅広い分野で活躍しています。

2019年3月9日には「第13回声優アワード」で外国映画・ドラマ賞を受賞するなど名実と共にトップ声優として洋画、アニメ共に数多くの出演作を誇っています。近年のアニメ出演作に『平家物語』の北条政子や『ルパン三世 PART6』のヘイゼルなどがあります。

甲斐田裕子の主な出演作品や演じたキャラ

甲斐田裕子の主な出演作品や演じたキャラを見ていきます。2001年の『あぃまぃみぃ!ストロベリー・エッグ』でアニメ声優デビューを果たし、『一騎当千』の呂蒙子明 や『蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT』の生駒祐未などで知名度を上げます。特にアニメファンに人気なのが『銀魂』の月詠で彼女の代表作となっています。そのほかハリウッド女優であるアン・ハサウェイやレイチェル・ワイズなどがあります。

Thumb【銀魂】月詠の声優は?銀時に片思い中?天然ボケエピソードなど登場回も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鰻屋育美と一護や月島の関係

ここでは鰻屋育美と一護や月島の関係をネタバレ紹介しましょう。一護との関係はファンにも注目ですが、ファンに恐怖を与えたのは鰻屋育美と月島の関係です。月島は一護を精神的に最も追い詰めた敵と言っても過言ではなく、鰻屋育美と月島のシーンはファンにも注目されています。

ネタバレ①鰻屋育美と一護の関係

鰻屋育美と一護や月島の関係ネタバレ①は『鰻屋育美と一護の関係』です。一護は死神の力を失った後に育美の何でも屋で働き始めて、部活などへの応援がないときはバイトに勤しんでいました。二人の関係は店長と部下ですが、兄弟のような関係になっています。育美はかなり強引な性格をしていて、一護ですらも黙って言うことを聞いてしまう程の性格をしています。

一護の周りにいる大人の中では死神とも尸魂界(ソウル・ソサエティ)とも関係ないので、かなり貴重な存在です。一護のことを子ども扱いする大人として様々なアドバイスをしてくれる姉貴的な存在となっています。

ネタバレ②鰻屋育美と月島の関係

鰻屋育美と一護や月島の関係ネタバレ②は『鰻屋育美と月島の関係』です。月島は『過去を挟み込む』という驚異的な能力を持っていて、織姫やチャドたちまでもが過去を変えられて月島が一護たちの恩人という偽りの過去を信じこんでいました。一護の友達や妹たちをも月島は変えていってしまい、一護は逃げ出します。その逃げ込んだ先が鰻屋育美の家でした。

一護は状況は話せませんでしたが、育美は一護をかくまってくれました。しかし、そこへ現れたのは月島であり、育美は『月島さんが迎えに来てくれたぞ』とすでに過去を挟み込まれているという衝撃のシーンが描かれました。一護の絶望をさらに深くするシーンとして多くのファンを戦慄させたシーンとなっています。

Thumbブリーチ月島秀九郎の能力がすごい?性格や目的・強さの秘密とは?【BLEACH】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鰻屋育美の性格や名言

ここでは『BLEACH(ブリーチ)』の鰻屋育美の性格や名言を見ていきましょう。鰻屋育美の名言は多くのファンに支持されていて、一護にも影響を与えました。鰻屋育美の性格も絶望の淵にいた一護を救うことになりました。

鰻屋育美の性格

鰻屋育美の性格は男勝りで豪快と言えます。一護は死神の力を失って無軌道な人生を送ろうとしていましたが、彼女は一護の喪失感などを見抜いていて大人ならではのアドバイスをしていました。

鰻屋育美の名言や名セリフ

鰻屋育美の名言や名セリフは多くのファンに注目されていて、一護にとっては父親や死神以外で唯一と言っていいほど頼れる大人となっています。そして、死神の力を失ったり、自分の出生に悩む一護を優しく包んでくれました。

鰻屋育美の名言や名セリフ①「おとなしく…」

おとなしく攫われろ!

鰻屋育美の名言や名セリフ①は鰻屋育美が初登場した時の名言となっています。一護はバイトをサボろうとしていましたが、一護に絡んでいた不良の大軍を蹴散らして一護をワゴン車に乗せてしまいました。この強烈な初登場シーンは多くのファンに絶賛されています。

鰻屋育美の名言や名セリフ②「前にも言った…」

前にも言ったろ! 子どもは大人を頼ればいいの!

鰻屋育美の名言や名セリフ②は一護に対して言った大人の名言となっています。一護は零番隊との修業で斬魄刀の力を取り戻すことができずに現世に強制送還されてしまいました。そこで絶望したような顔の一護が遭遇したのが鰻屋育美であり、彼女の言葉で一護は気持ちがかなり楽になりました。

ThumbBLEACH(ブリーチ)の名言集!名セリフをランキング形式で紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鰻屋育美の強さや能力

ここでは『BLEACH(ブリーチ)』の鰻屋育美の強さや能力などを見てきましょう。バトル漫画として人気の高い作品なので、鰻屋育美の強さや能力はファンにも注目されています。死神や滅却師、虚などと全く関係ないキャラクターとして作中ではかなり珍しいタイプのキャラクターとして知られています。

強さや能力①霊圧

鰻屋育美の強さや能力①は『霊圧』です。鰻屋育美は霊圧はなく、虚などとは全く縁のないキャラクターです。このころは一護も霊圧がなく、育美と同じ状態になっています。しかし、一護の身近な人間であるものは彼の膨大な霊圧の影響を受けてしまう傾向にあるので、将来影響を受けて霊圧知覚が発現する可能性も少なくありません。少なくとも千年血戦篇の段階では死神などが見えている様子はありませんでした。

強さや能力②速さ

鰻屋育美の強さや能力②は『速さ』です。速さは普通の人間としてはかなりのスピードを持っていると考えられています。初登場時には颯爽と一護の通う高校に登場し、不良たちに囲まれている一護を一瞬で車に乗せて仕事場まで攫うという芸当を見せたほどです。

強さや能力③攻撃力

鰻屋育美の強さや能力③は『攻撃力』です。不良たちを簡単に吹き飛ばすパワーは普通の人間ではないと言われていて、その攻撃力には石田も舌を巻くほどでした。普通の人間の中ではかなりの戦闘力を持っていて、霊圧を失った一護のことも簡単に拘束し攫って行きました。

強さや能力④タフネス

鰻屋育美の強さや能力④は『タフネス』です。戦闘シーンなどはそれほど見えていませんでしたが、特異な能力は持たない普通の人間なのでタフさが分かるシーンなどはありませんでした。しかし、普通の人間としてはかなり高い戦闘力を持つためタフさもあると考えられています。

強さや能力⑤戦闘技術

鰻屋育美の強さや能力⑤は『戦闘技術』です。戦闘技術はかなり高く、不良を一瞬で蹴散らして一護を攫って行くのを石田ですらも止めることができませんでした。流れるように攫って行く動きはかなり慣れていて、何でも屋という女性には危険な職業をしているので戦闘経験もあると考えられています。

ThumbBLEACHの最強キャラは誰?作中の登場人物の強さランキング | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鰻屋育美に関する感想や評価

ここでは『BLEACH(ブリーチ)』の鰻屋育美に関するネット上の感想や評価などを見ていきましょう。圧倒的な人気を獲得している漫画である『BLEACH(ブリーチ)』はネット上でも人気の高い作品であり、鰻屋育美も後半に登場した一護にとっては重要な存在としてファンにも注目されていました。そのため『BLEACH(ブリーチ)』の鰻屋育美に関する感想や評価はネット上にも数多く集まっています。

鰻屋育美は人気キャラ!

鰻屋育美は人気キャラであり、一護にとって頼れる大人であったためにファンにも高い人気を獲得しています。ネット上には『鰻屋育美とかいう巨乳何でも屋おばさん好き』という声や『BLEACHの育美さんとか好きですな』という声、『BLEACHで好きなキャラで息子の前ではいいママで喧嘩くっそ強い育美さん置いときます』という声が挙がっています。

声優も好評!

鰻屋育美のアニメ声優も好評を博しています。ネット上には『育美さんの声の甲斐田裕子は最高だったね。合ってたし。』という声や『そういやBLEACHの鰻屋育美さん(一護のバイト先「うなぎ屋(なんでも屋)」の店長)の声は甲斐田裕子さんだったな』という声、『育美さんが甲斐田さんも納得。BLEACHはホントにいいキャスティングだ』という声が挙がっています。

意味がないキャラ?

鰻屋育美はストーリー上でも意味がないキャラと言われていて、重要なキャラクターと思われていましたが、ほとんど活躍しなかったキャラクターとして逆にファンに注目されています。ネット上には『育美さんは代行証見えるの?一心見えてるの?てか重要キャラなの?』という声や『BLEACHなんだったのか大賞 重要キャラに見えて何もなかった鰻屋育美さん』という声が挙がっています。

Thumbブリーチをネタバレまとめ!あらすじ・感想や最終回の結末まで解説【BLEACH】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

鰻屋育美まとめ

今回はメガヒット漫画『BLEACH(ブリーチ)』の鰻屋育美について基本的な情報や鰻屋育美と一護や月島の関係、アニメ声優、息子、性格や名言、強さや能力、ネット上の感想や評価などを紹介してきました。鰻屋育美はアニメ化も決まっている千年血戦篇でも登場しているので、多くのファンに注目されています。今回紹介した鰻屋育美にも注目して、メガヒット漫画『BLEACH(ブリーチ)』をお楽しみください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ