【BLEACH】涅マユリの斬魄刀と卍解・金色疋殺地蔵の能力とは?強さや技を考察

BLEACH(ブリーチ)作中でも最後まで異色の雰囲気を醸し出し続けたのが涅マユリです。その考え方はもちろん、その斬魄刀の卍解、金色疋殺地蔵は見た目も能力も他の隊長格が持つ斬魄刀と比較しても異質な能力として研究者である涅マユリを象徴するような卍解になっています。今回は涅マユリの斬魄刀の卍解、金色疋殺地蔵について、その能力や使用する技などをまとめて紹介していきます。

【BLEACH】涅マユリの斬魄刀と卍解・金色疋殺地蔵の能力とは?強さや技を考察のイメージ

目次

  1. 涅マユリとは?
  2. 涅マユリの斬魄刀とは?
  3. 涅マユリの卍解・金色疋殺地蔵の能力とは?
  4. 涅マユリの強さや技を考察
  5. 涅マユリの素顔とは?卯ノ花とは同世代?
  6. 涅マユリの卍解と斬魄刀に関する感想や評価
  7. 涅マユリの卍解と斬魄刀まとめ

涅マユリとは?

BLEACH(ブリーチ)の作品情報

涅マユリについて紹介する前に涅マユリが活躍するBLEACH(ブリーチ)についても簡単に説明しておきます。

BLEACH(ブリーチ)の概要

BLEACH(ブリーチ)は2001年から2016年にかけて週刊少年ジャンプにて久保帯人先生が連載していた死神を題材としたバトル漫画です。和風を意識した世界観と豊富で個性的なキャラクターにより高い人気を集め、日本国内はもちろん、日本国外でも高い人気を集め、世界累計で1億2000万部も発行した人気作品です。同時に第50回小学館漫画賞少年向け部門を受賞するなど確かな評価を受けている作品でもあります。

BLEACH(ブリーチ)メディアミックス展開も豊富でアニメBLEACH(ブリーチ)は2004年から2012年の長きに渡って展開、原作にはないアニメオリジナルストーリーも上手く展開する事でキャラクターの深堀りなどが行われさらに深みのある作品になっています。また小説版もBLEACH(ブリーチ)も本編を補完するような内容が多く、久保帯人公認の設定も多く登場するなどしています。

BLEACH(ブリーチ)のあらすじ

超A級の霊媒体質である黒崎一護は死神の朽木ルキアと出会った事で人の魂を襲う悪霊、虚(ホロウ)の存在とそれらと戦う死神の存在を知る事になります。半信半疑だった一護ですが、家族が虚に襲われてしまった事で信じざるを得なくなります。家族を助けようとした一護を庇って重傷を負ったルキアから力を借り受ける形で死神となった一護はなんとか虚を倒す事に成功します。

死神代行としてルキアの仕事を手伝う一護でしたが、死神の力の譲渡の罪でルキアは死神の世界、尸魂界(ソウル・ソサエティ)に連行される事になります。一護は異能に目覚めた仲間達と共にルキアを救出する為に尸魂界に潜入する事になります。一護の仲間として共に潜伏した織姫と石田が死神に扮して潜伏する場に現れ敵対する形で登場したのが今回紹介する涅マユリです。

涅マユリのプロフィール

涅マユリは護廷十三隊十二番隊の隊長を務めると同時に技術開発局二代目局長を務めるキャラクターです。どちらかと言えば研究者としての側面が強いキャラクターですが、隊長として前線に出る事も多く、自身の研究を様々な形で利用、その研究っぷりは自身の肉体の至る所を改造しており、他者を実験材料にする事もいとわないマットサイエンティストと呼ぶにふさわしい性格をしています。

独特の考え方を持っている事から同じ護廷十三隊の中でも良好な関係を築いているといえるキャラクターは少なく、過去にはその思想故に危険分子と判断されて蛆虫の巣と呼ばれる勾留施設に囚われていた事もありました。研究者であるという側面が強い事もあり、身体能力的には身長は174cm、体重は54kgと特筆するべき点は持ち合わせておらず、自身の技術と知識、事前準備を持って戦うキャラクターです。

ブリーチ作中では戦闘での活躍はもちろん、それぞれのエピソードで発生した事件などの収束に際して活躍する場面も多くなっているのが特徴であり、また情報収集も欠かさず事前に対策をたてて相手に挑む、必要とあればその情報を護廷十三隊に共有するなど本編に直接絡む事は少ないながらも大枠で活躍する機会が多いキャラクターになっています。

『BLEACH』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

涅マユリの斬魄刀とは?

涅マユリの斬魄刀「疋殺地蔵」

涅マユリの持つ斬魄刀の疋殺地蔵は持ち主である涅マユリの思想を強く反映した斬魄刀であり、涅マユリによって作中様々な改造が施される斬魄刀です。その為、涅マユリによって常に能力が変化させられており、基本的に固有の能力しか持たない斬魄刀において異質といえる存在になっています。

刀状態もブリーチ作中では変化しており、当初は普通の刀の形状をしていたものの、千年血戦篇では鞘が手術痕のある臓物のような禍々しい雰囲気の物に変化していました。

涅マユリの始解「疋殺地蔵」

疋殺地蔵(あしぞぎじぞう)は始解を持つと刀の鍔に赤子の顔が浮かび上がり、その赤子の頭から三本の刀身が伸びる形に変化します。斬魄刀として元々所有していた能力としては、斬りつけた相手の脳信号に干渉し、「四肢を動かす」という命令のみを切断するという能力です。相手は身体を動かす事ができなくなる一方、麻痺とは違う為に痛覚は残っているという非常にイヤラシイ攻撃になっています。

自動で攻撃する

上記のような能力を持つ疋殺地蔵ですが、千年血戦篇では涅マユリによってさらに改造が加えられ、センサーを搭載した事で涅マユリの周囲2尺(およそ60cm)以内に侵入してきた相手に自動で攻撃するという能力が付与されています。しかも相手の死角を付くように角度をつけて攻撃される為、接近戦を主体として戦う相手に非常に有効に働く能力になっています。

Thumb【BLEACH】阿近と涅マユリの関係は?声優や漫画・アニメの登場回も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

涅マユリの卍解・金色疋殺地蔵の能力とは?

涅マユリの卍解「金色疋殺地蔵」

疋殺地蔵が卍解すると金色疋殺地蔵(こんじきあしそぎじぞう)へと変化し、鞘から芋虫のような身体を持つ顔は赤子のような不思議な生物を召喚します。能力としては周囲100間(およそ182メートル)に致死性の毒を撒き散らすという能力です。初登場時から既に涅マユリによって改造が加えられており、致死性の毒を涅マユリの血液から生成する事で自身、及び同じ血を持つネムに効果が及ばないようにされています。

涅マユリは研究によって自身の卍解を生み出している為様々な改造が可能で、千年血戦篇では改造卍解「金色疋殺地蔵・魔胎伏印症体(こんじきあしそぎじぞう・またいふくいんしょうたい)」という形態も披露しています。こちらは妊婦のような姿をした異形の生物を生み出し、加えて涅マユリが交戦する相手の情報を随時送り込む事で相手にするのに最適な金色疋殺地蔵を生み出すという能力を保持しています。

余談ですが、実はブリーチ作中、一番始めに登場した卍解はこの金色疋殺地蔵だったりします。

涅マユリの卍解「金色疋殺地蔵」の能力

金色疋殺地蔵は登場の度に改造が加えられている為、ブリーチ作中で実に様々な能力を披露しています。

能力①相手を捕食

金色疋殺地蔵は卍解でありながら生物の形を取っている為、攻撃方法として相手を捕食してしまうという攻撃方法も持っています。その他にもその巨体を生かした圧殺なども行う事が出来ます。

能力②刃で攻撃

生物的な見た目の金色疋殺地蔵ですが、元が斬魄刀という事もあって腹部から無数の刃を生やして斬撃を加えると言った攻撃方法も可能です。

能力③毒で攻撃

金色疋殺地蔵の能力で一番オーソドックスと言えるのがやはり毒で攻撃するという方法です。致死性である事、範囲が比較的広範囲で、もちろん移動すれば範囲が広がる為に相手を徐々に追い詰める事ができる攻撃になっています。

しかもこの毒はカスタマイズが可能で涅マユリは戦闘の度に毒を作り直して変化させる事で相手に耐性を作らせないという研究者らしい工夫も加えています。これによって相手は常にこの毒を受けないように立ち回る必要があります。また余談ですが涅マユリはこれらの毒攻撃を含め自身の持つ薬関連に対して全て自身に耐性をつける事で相手に利用されて不利に陥る事を防いでいます。

能力④自爆する

涅マユリは部下に対して常に上下関係を意識した発言が多い事でも知られていますが、その対象は自身の斬魄刀である金色疋殺地蔵も同様です。金色疋殺地蔵が相手に操られ自身を攻撃してくる場合に備え、涅マユリを攻撃したら自爆するように改造されているのです。この自爆能力は破損対策も兼ねています。

能力⑤作り直す

金色疋殺地蔵は卍解として異質な存在であるといえるのは上記の自爆能力を含めて破壊されても作り直す事ができるという稀有な能力を持っている事にあります。再生するわけではありませんが破壊されると基本的に修復が不可能である斬魄刀の卍解において作り直す事ができるというのは強力なメリットと言えます。

能力⑥眠五號

上下関係や作り直す能力の元になっているのが眠五號です。眠五號は涅マユリが技術開発局第三席の阿近と共に進める眠計画で生み出された人工死神的存在であり、涅マユリの卍解金色疋殺地蔵は彼女を生み出す研究の過程で手に入れた技術で斬魄刀を改造を繰り返す事で生まれた存在なのです。そういう意味で言えば金色疋殺地蔵は厳密には他の卍解とは違った存在と言えます。

Thumb【BLEACH】涅マユリの魅力と名言まとめ!卍解やネムとの関係・素顔を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

涅マユリの強さや技を考察

涅マユリの強さ①石田雨竜との戦い

涅マユリの強さが遺憾なく発揮されたといえるのが初登場時の石田雨竜との戦いです。疋殺地蔵の能力を使用して戦いを有利にすすめています。金色疋殺地蔵も発動して石田雨竜を追い詰めますが、彼が涅マユリにとってデータの少ない滅却師であった事が影響して最終的には戦線離脱しています。敗北とも言えますが、素直に引けるあたりが涅マユリが単純な戦闘マニアとは違う点を現していると言えます。

涅マユリの強さ②無数の刃は名残?

金色疋殺地蔵は非常に様々な能力を持っていますが、その中でも異質な能力といえるのが腹部から無数の刃を生み出す能力です。斬魄刀である事を考えれば打倒な能力とも言えますが、元々金色疋殺地蔵が改造して生み出された卍解である事から或いはこの無数の刃を生み出す能力こそが本来の卍解の能力の名残なのではないかとも考察されています。

涅マユリの強さ③神経伝達を断絶

始解の時点で持っている脳信号の遮断という能力は相手の体内で起こる事なので見た目は非常に地味な能力ながら他の斬魄刀と比較しても非常に強力な能力と言えます。しかもこの能力も一種の毒を利用しているので斬る場所はどこでも良く1度体内に毒が侵入してしまえば能力を発揮できるという点も非常に大きいです。相手は一度も攻撃を受けずに涅マユリを倒す事を強いられると考えればその強さの証明といえるのではないでしょうか?

涅マユリの技一覧

涅マユリは研究者なので斬魄刀で戦う事にこだわりがなく斬魄刀以外にも様々な技を持っています。

技①肉飛沫

斬魄刀で斬りつけた相手を液体化させてしまう能力です。主に自身の離脱用に使用される技で、一切の攻撃が出来ない代わりに相手の攻撃を受ける事もなくなります。ただし使用すると一週間元に戻れないというデメリットももっています。

技②蛇腹腕

涅マユリは自身の肉体も改造しており、攻撃用に改造されている腕をロケットパンチのように飛ばす事ができるのが蛇腹腕(じゃばらかいな)です。ワイヤーを仕込んで飛ばしていますが、自在に戻す事はできない技です。

技③肉爆弾

涅マユリの性格の残忍さが体現しているのが肉爆弾です。他人に爆弾を仕掛けて対象に近づけさせ爆破させるという非人道的な技になっています。

技④贋膚

涅マユリは研究対象を観察する為に隠密行動をする時にもありその際に使用されるのが贋膚(にせはだ)です。周囲の壁や地面と同じ質感・色の皮膚を作り出す事で背景に溶け込む技になっています。

技⑤虫喰玉

虫喰玉(むしくいだま)はバレーボール程の大きさのある霊弾を作り出し周囲に球状の被害を与える技です。

技⑥飛廉脚

ブリーチ作中にはそれぞれの勢力に歩法が存在しており、飛廉脚(ひれんきゃく)は本来滅却師の持つ歩法です。しかし涅マユリは過去に滅却師を研究した過程でこの技を習得しています。ただし全てを自身では行えないのか、発動には靴にあるスイッチを入れる必要があるなど完璧に模倣したというわけではなく涅マユリなりに飛廉脚を再現した技と言えます。

技⑦監視用の菌

正確には技ではありませんが、涅マユリが戦闘において有利に進める場面が多い理由になっているのがこの監視用の菌です。1度戦った相手には必ずと言っていいほどこの菌を感染させており、感染者及び感染者が戦った相手の情報を収集しています。この菌により相手の能力を丸裸にした上で戦う事も多く、事前情報のある相手に対して苦戦した事はありません。

ThumbBLEACHの護廷十三隊の隊長・隊員一覧!強さとプロフィールまとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

涅マユリの素顔とは?卯ノ花とは同世代?

涅マユリの年齢

ブリーチ作中では年齢不詳のキャラクターも多いですが、その1人が涅マユリです。ブリーチ作中では1度だけ素顔を晒していますが、元々ブリーチは見た目と年齢が伴わない世界観であり、加えて涅マユリ自身が自身の身体さえも実験材料としている為、見た目から年齢を考察する事ができません。出来事や事象から考察するしかありません。

涅マユリと卯ノ花は同世代?

涅マユリの年齢考察の1つとされているのが四番隊の隊長である卯の花隊長と同世代なのではないかとする考察です。

涅マユリは収監されていた

涅マユリは110年前、蛆虫の巣に危険分子として拘束されていました。しかも110年前の時点で長い間収監されていたと描写されているのです。まずこの事実だけで護廷十三隊の隊長格の中でも比較的年齢層が高くなる事が推察できます。拘束されるという事はそれまでの行動が判断された結果なのでそれ以前から活動していたと言えます。

涅マユリは零番隊を知っている

千年血戦篇にて零番隊が登場した際、零番隊の人物像について知っていたキャラクターとして卯の花、京楽と共に涅マユリもいます。同時に110年前の時点で隊長をしていたはずの平子真子さえその姿を知らなかった事が明かされており、彼よりも間違いなく年上である事が示唆されています。

加えて零番隊の修多羅千手丸と何か関係性があった事が明らかになっています。関係性については不明ながら技術開発局を指して修多羅千手丸が「妾の居った頃よりも随分と鍵は緩かったのぉ」という発言をしており、技術開発局或いはその前身組織で共に研究をしていたと考察されます。滅多に姿を見せない零番隊所属の人物と浅からぬ関係があるという事はそれ相応の年齢にあった事が考察できます。

滅却師の実験をしていた過去がある

また過去の出来事として滅却師を捉えて実験していたという過去を持っておりその実験が隊長就任前、およそ200年前に行われていた事も示唆されています。涅マユリの危険思想を示す1つのエピソードとも言えますが、年齢という意味で見ても当時から相応の力を持っていた事が分かります。また或いはこの研究を行っていたのが上記でも触れた修多羅千手丸との関わりに繋がるのではないかとも考察されています。

涅マユリは山本装隊長へも強気

さらに涅マユリは見えざる帝国が尸魂界に侵攻してきた際、総隊長である山本元柳斎重國に対して詰問するような発言をしています。その発言の中では山本元柳斎重國が千年前にユーハバッハを殺し損ねた事に言及するセリフもあります。研究者である涅マユリなので過去の事を知っていたとも考えられますが或いは当時から関与していた可能性も0ではありません。

加えてこのような苦言に対しても山本元柳斎重國は喝を加える事もなくその言葉を受け入れています。強気に発言する事自体は涅マユリはいつもの事ですが、周囲の対応からも涅マユリは或いは1000歳を超える山本元柳斎重國にも迫る程に高齢である可能性も高いのです。

ThumbBLEACHの最強キャラは誰?作中の登場人物の強さランキング | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

涅マユリの卍解と斬魄刀に関する感想や評価

ここからは既にブリーチを視聴した人の涅マユリ、及び涅マユリの斬魄刀についての感想を紹介していきます。涅マユリは常にいつ裏切るかと考察される程に危険な思想を持っているキャラクターですが、同時にしっかりと自身の芯を持ったキャラクターであり、その思想を元に涅マユリなりに護廷十三隊、尸魂界を守ろうとしているのがかっこいいとする声も多くなっています。

また研究者として完璧を目指しつつも作り出した物を完璧だと思ってはいけないという思想には非常に説得力があり感銘を受けたとする声も多くなっています。見た目に反して研究者として見れば正しいといえる行動も多く人道的ではないという点を除けばブリーチ作中の中でも特に非常に優れたキャラクターであるという声も多いです。

卍解の金色疋殺地蔵に関してはその見た目から気持ち悪いとする声が多い一方で涅マユリのようなキャラクターが卍解を習得している事に驚きを覚えるという声、同時にその使いこなしっぷりには驚きを覚えるという声も多くなっています。魔改造といえる程の改造が加えられている事も斬魄刀の可能性を色々広げたという声が多くなっています。

また金色疋殺地蔵が改造によって卍解した稀有な存在である事も納得という声が多い一方で改造を加えずに卍解したらどのような能力だったのか気になるという声も多くなっています。他の卍解のように対話をしたわけでもない事からどのような関係性になっているのか、他の隊長達がそのやり方についてどう思っているのかなど気になるという声も多くなっています。

Thumb【BLEACH】黒崎一心の正体と過去とは?一護の父親の強さや斬魄刀・卍解も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

涅マユリの卍解と斬魄刀まとめ

涅マユリの卍解は涅マユリのキャラクター性を強く反映した斬魄刀で、涅マユリによって改造を繰り返した結果卍解へと至り、卍解後も様々な改造を加えられた卍解です。ブリーチ作中でも様々な改造が加えられており、千年血戦篇ではその姿を大きく変える程でした。見た目も誕生の経緯も異様というのが相応しい涅マユリらしい斬魄刀になっていると言えます。

涅マユリが研究者である事も能力に強く反映されており、その見た目は様々なキャラクター、斬魄刀が登場するブリーチ作中でも強烈なインパクトを持っています。まだブリーチを視聴した事がないという人は涅マユリとその斬魄刀の卍解、金色疋殺地蔵に注目しながら視聴してみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ