【鋼の錬金術師】ランファンは美しきリン・ヤオの忠臣!名シーンや声優を紹介

アニメ「ハガレン」の中でも人気のあるキャラクターの「ランファン」は、声優や強さなどが注目されています。アニメ「鋼の錬金術師」では、「ランファン」と一緒に行動している「リン・ヤオ」とのペアが特に人気です。この記事では、アニメ「鋼の錬金術師」の「ランファン」の強さやかっこいい活躍だけでなく、リン・ヤオとの関係や目的や声優のプロフィールやかわいい魅力や「ランファン」に関する感想や評価を紹介していきます。

【鋼の錬金術師】ランファンは美しきリン・ヤオの忠臣!名シーンや声優を紹介のイメージ

目次

  1. ランファンは美しきリン・ヤオの忠臣
  2. ランファンの名シーン
  3. ランファンの声優
  4. ランファンのかわいい魅力
  5. ランファンに関する感想や評価
  6. ランファンについてまとめ

ランファンは美しきリン・ヤオの忠臣

アニメ「鋼の錬金術師」の中でも人気のある「ランファン」は、強さやかわいさを兼ね備えたキャラクターです。アニメ「ハガレン」の作品情報や「ランファン」の目的などを紹介していきます。

鋼の錬金術師(ハガレン)の作品情報

鋼の錬金術師(ハガレン)の概要

アニメ「鋼の錬金術師」の概要は、原作のコミックスが全27巻で完結しています。幅広い年代に男女関係なく人気があり、アニメ「ハガレン」の第1弾と第2弾では、結末が違っている事でも有名です。コミックスは、完全版も発売されていてガイドブックの番外編や劇場版作品なども人気があります。

鋼の錬金術師(ハガレン)のあらすじ

豪華な声優がキャスティングされているアニメ「ハガレン」のあらすじは、主人公の「エドワード・エルリック」と弟の「アルフォンス・エルリック」が賢者の石を探し旅に出る冒険ストーリーになっています。国家錬金術師の資格を取った「エドワード」は、賢者の石を求めている間に色々な事に巻き込まれ、衝撃の事実を知る事になるのです。

ランファンはリン・ヤオの忠臣

アニメ「ハガレン」の人気のあるキャラクター「ランファン」は、「リン・ヤオ」の忠臣です。「リン・ヤオ」は、シン国の王子で「ランファン」と「フー」は「ヤオ家」に代々仕えている家系だと明かされていました。

ランファンやリン・ヤオの目的

アニメ「鋼の錬金術師」の中でも人気のあるキャラクター「ランファン」と「リン・ヤオ」の目的は、「不老不死」です。シン国の次期王になる為に「リン・ヤオ」は、不老不死を求めて「ランファン」と「フー」と国を渡って来ました。リン・ヤオとランファンは、一族を繁栄させる事が目的です。

TVアニメ「鋼の錬金術師」公式サイト

ランファンの名シーン

名シーン①ブラッドレイ戦

アニメ「鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST」の中でも人気のある登場キャラクター「ランファン」の名シーン➀は、ホムンクルスで大総統の「ブラッドレイ」との戦いです。主人公の「エドワード・エルリック」と「アルフォンス・エルリック」は、スカーが「ウィンリィ」の両親の仇だと知り仇を撃とうと考えていました。ですが、一瞬でやられた事もあり2人では無理だと「アルフォンス」は「エドワード」を止めます。

アルフォンスが、スカーはほとんど「不死身」だと言った瞬間に、窓のカーテンが開き「リン・ヤオ」と「ランファン」が「不老不死」の情報だと思って食いついて来ました。作戦を聞いた「リン・ヤオ」は、自分たちが探している「不老不死」に繋がると思い「ランファン」と一緒に協力を申し出ます。驚くエドワードでしたが、ホムンクルスが関係しているなら自分たちも同行すると言いました。

申し出を断ろうとするエドワードでしたが、真剣なリン・ヤオとランファンに押され承諾します。エドワードは、ホムンクルスやスカーに見つかる為に街中で人々を助け目立つ行動を取っていました。その時に通りかかったマスタングは、エドワードたちを注意します。すると、狙い通りにスカーが現れエドワードたちに攻撃を仕掛けました。エドワードは、ホムンクルスにとって重要な存在なのでスカーと戦いおびき出す作戦だったのです。

無茶苦茶な作戦でしたが、マスタングの協力もありホムンクルスがやってきます。リン・ヤオとランファンは、建物の上からホムンクルスが来るのを待っていました。駆けつけたキング・ブラッドレイは、グラトニーを連れてエドワードの元へ行きます。ランファンとリン・ヤオは、ホムンクルスの気配を察知しグラトニーを迎え撃ちました。ランファンは、グラトニーの独特の気配を感知していたのです。

すると、反対の方向からキング・ブラッドレイが歩いて来て「気配がわかるのかね?」と剣を抜きながらランファンたちに尋ねました。焦るリン・ヤオとランファンでしたが、キング・ブラッドレイはランファンの能力を邪魔だと感じ「排除する」と宣言して一気に間合いを詰めて攻撃します。リン・ヤオは、ランファンに逃げるように言いましたが、間に合わずランファンは叫び声を上げ仮面が破壊されてしまいました。

攻撃を受けたランファンでしたが、寸前の所で苦無を使って斬撃をそらし致命傷を避けます。ブラッドレイは、自分の剣を折られてしまいました。見ていたグラトニーは、ランファンを食べても良いか聞きます。良いと言われたグラトニーは、弾き飛ばされ倒れたランファンに飛び掛かろうとしました。すると、激怒したリン・ヤオがグラトニーの頭を真っ二つに斬り、ランファンを抱え逃げようとします。

ですが、キング・ブラッドレイが立ちはだかりリン・ヤオに攻撃を仕掛けました。リン・ヤオは、ランファンを抱えたままキング・ブラッドレイに応戦していましたが、回復したグラトニーが隙を見て攻撃し2人は吹き飛ばされてしまいます。建物の中に吹き飛ばされたリン・ヤオは、キング・ブラッドレイに何故ホムンクルスの中身がわかるかを尋ねました。そして、キング・ブラッドレイはランファンを捨てれば逃げれると言います。

リン・ヤオは、ランファンを荷物をと言われ激怒しました。そして、キング・ブラッドレイに民を捨てるお前は真の王にはなれないと言い放ちます。ですが、ブラッドレイは真の王などどこにもいないと言い返しました。その隙にランファンは、閃光弾を投げて視界を妨げようとします。逃げるリン・ヤオでしたが、キング・ブラッドレイの左目によって邪魔されてしまいました。

何とか逃げたしたリン・ヤオとランファンでしたが、血の跡でキング・ブラッドレイが後を付けて来ていたのです。リン・ヤオに担がれて逃げるランファンでしたが、自分の左腕がもう使い物にならない事に気づきました。そして、もう役に立つ事が出来ないとリン・ヤオに告げ自分を置いて逃げるように言います。一族や国の為にもリン・ヤオに逃げて欲しいと言ったランファンでしたが、リン・ヤオはその言葉に怒りました。

ランファンは、右腕で苦無を取り出し「大義の為に捨てるモノなどいくらでもありましょう」と言います。その言葉を聞いたリン・ヤオは、辞めろと叫びました。追いかけていたブラッドレイは、立ち止まり剣を抜き驚きます。そこには、ランファンの切り落とされた左手が犬に括り付けてあったのです。ブラッドレイは、見事にランファンに出し抜かれ追跡を諦めました。そして、その後オートメイルを付ける決心をします。

名シーン②グラトニー戦

声優も人気のアニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」の登場キャラクター「ランファン」の名シーン②は、ホムンクルスの「グラトニー」との戦いです。体内にホムンクルスの「グリード」を入れたリン・ヤオは、ランファンと別行動をしていました。リン・ヤオは、エドワードたちと一緒にホムンクルスを討伐しようと考えていたのです。歩いていたエドワードたちは、セリムに操られた「アルフォンス」に会います。

異変に気付いたリン・ヤオは、急いでエドワードに助言しました。エドワードは、ホムンクルスのプライドをグリードと一緒に倒そうとします。ですが、プライドは強く手詰まりになってしまいました。エドワードは、光を消しプライドの動きを封じます。森の中にいたプライドは、ハインデルに攻撃されていましたが、グラトニーが現れました。グラトニーは、グリードたちの匂いを付けて居場所を見つけたのです。

グリードから体を返してもらったリン・ヤオですが、グリードが暴走しそうになります。すると、暗闇から影が現れ一気にグラトニーに攻撃を仕掛けました。何度もグラトニーを攻撃し、投げ飛ばした人物はオートメイルを付けたランファンだったのです。リン・ヤオは、ランファンが復活し喜んで「待っていたぞ」と声を掛けます。グラトニーは、この匂い知っていると恐怖を感じました。

匂いしか感知できないグラトニーは、ランファンの攻撃を受けて何度も死んでしまいます。ランファンは、休む事無く何度もグラトニーに攻撃を仕掛けていき、リン・ヤオも応戦しました。リン・ヤオの中にいたグリードは、ランファンの事を誉めます。リン・ヤオとランファンは、ホムンクルスを感知する事が出来るので、見えないグラトニーよりも圧倒的に有利だったのです。グラトニーは、ボコボコにやられてしまいます。

シン国の王は、リュウ脈という流れを読む事が出来るという能力があり、使えているランファンたち一族にもその能力が備わっていたのです。やって来た「フー」は、エドワードたちにグラトニーの事はランファンに任せておけば良いと言いました。エドワードは、オートメイルを付けて半年しか経っていないのに無茶だと言いましたが、ランファンは武器や爆弾などを使って攻撃しグラトニーを追い込んでいきます。

グラトニーは、ランファンとリン・ヤオから逃げだしてしまいました。ランファンは、グラトニーに連続攻撃をした事でオートメイルに痛みを感じていたのです。そして、ランファンが閃光弾を使った事でグラトニーだけでなく、プライドの攻撃からアルフォンスを取り換えしました。追い込まれたプライドは、グラトニーの残っている命を取り込む為に食べてしまいます。再びランファンたちは、追い込まれてしまいました。

Thumb【鋼の錬金術師】お父様の結末は?正体や目的・人物像や強さを徹底考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ランファンの声優

水樹奈々のプロフィール

アニメ「鋼の錬金術師」の中でも人気のある「ランファン」の声優をしているのは、女優や歌手やナレーターをしている「水樹奈々」さんです。水樹奈々さんは、愛媛県出身で「シグマ・セブン」に在籍していて1997年にゲームでデビューしています。

水樹奈々の主な出演作品

アニメ「鋼の錬金術師」の声優をしている「水樹奈々」さんの主な出演作は、1998年の「時空探偵ゲンシクン」や2002年の「七人のナナ」や「天地無用!GXP」や「プリンセスチュチュ」や2005年の「バジリスク」や2019年の「マナリアフレンズ」などになっています。

Thumb【鋼の錬金術師】ハガレンのプライドは最強ホムンクルス?強さ・能力や正体を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ランファンのかわいい魅力

かわいい魅力①驚異的な戦闘力や強さ

アニメ「ハガレン」の中でも声優が人気のキャラクター「ランファン」のかわいい魅力➀は、驚異的な戦闘力や強さです。ランファンは、戦闘能力が早く動きも機敏でグラトニーを一方的に攻撃する強さを持っています。メンタル面においても、自分の左腕を切り落としブラッドレイを欺くなどの強さが表現されていました。

かわいい魅力②フーとの関係

アニメ「鋼の錬金術師」の中でも人気のキャラクター「ランファン」のかわいい魅力②は、「フー」との関係です。「フー」は、「リン・ヤオ」に仕えている護衛役でもありますが、「ランファン」の祖父でもあります。ランファンと同じかそれ以上の強さを持っていて、メンタル面でも強さを備えていました。ですが、孫の「ランファン」の左腕を奪ったブラッドレイには、怒りを露わにしています。

かわいい魅力③恥ずかしがり屋な性格

豪華な声優がキャスティングされているアニメ「ハガレン」の人気のキャラクター「ランファン」のかわいい魅力③は、恥ずかしがり屋な性格です。基本的にクールで仮面をしている事も多いので、表情が読み取りずらいですが、赤面しているシーンが多くあります。口数が少なく、少し内気な性格でもあるようです。

Thumb鋼の錬金術師のあらすじまとめ!ネタバレのラスト・結末や感想まで紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ランファンに関する感想や評価

アニメ「鋼の錬金術師」の中でも強さやかわいさが人気のキャラクター「ランファン」に関する感想や評価には、声優を担当している「水樹奈々」さんの他のキャラクターとの比較なども話題になっていました。

強さも話題のアニメ「ハガレン」の登場キャラクター「ランファン」に関する感想や評価には、リン・ヤオとランファンの2ショットが好きだと言うコメントが多くなっています。

声優も人気のアニメ「鋼の錬金術師」のキャラクターの「ランファン」に関する感想や評価には、ストーリーの中での「ランファン」の戦いや強さなどが話題になっていました。

Thumb鋼の錬金術師の実写映画キャスト一覧・あらすじまとめ!原作漫画と徹底比較 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ランファンについてまとめ

この記事では、アニメ「鋼の錬金術師」の中でも人気のあるキャラクターの「ランファン」と「リン・ヤオ」の関係やかっこいい活躍だけでなく、強さやかわいい魅力や声優のプロフィールや「ランファン」に関する感想や評価を紹介していきました。アニメ「ハガレン」の「ランファン」は、強さや活躍なども人気があるので、是非番外編などもチェックしてみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ