【ハイキュー!!】及川徹の名言・名セリフ集!チームメイトへの言葉や活かし方も考察

ハイキュー!!の登場人物の一人である及川徹という人物について、これまで登場した名言の数々をご存知でしょうか?今回は及川徹という人物について、更には及川徹の所属する青葉城西高校バレー部についてもご紹介します。チームメイトの心を動かす主将・及川徹の名言や名セリフとは一体どの様なものなのでしょうか?及川徹のセリフや魅力を確認する事で、その名言も更に胸の奥深くに響いてくるようになるかもしれません。

【ハイキュー!!】及川徹の名言・名セリフ集!チームメイトへの言葉や活かし方も考察のイメージ

目次

  1. 及川徹とは?
  2. 及川徹の名言・名セリフ集
  3. 及川徹のチームメイトへの言葉や活かし方
  4. 及川徹の魅力
  5. 及川徹の声優は浪川大輔
  6. 及川徹に関する感想や評価
  7. 及川徹の名言・名セリフまとめ

及川徹とは?

作中で多くの名言や名セリフを残すハイキュー!!ですが、中でも人気の高い学校の一つである青葉城西の主将を務める及川徹もまた、名言や名セリフを多く残しているキャラクターです。今回はそんなハイキュー!!の及川徹について、名言や名セリフをご紹介すると同時に、チームメイトからの厚い信頼を得ている主将・及川徹という人物の魅力や、ファンからの評価などについてもまとめてご紹介します。

ハイキュー!!の作品情報

ハイキュー!!は2012年から2019年現在まで週刊少年ジャンプにて連載が続いている作品で、バレーボールを題材とした青春漫画です。原作者である古舘春一は学生時代に自らがバレーボールに携わった経験を持ち、満を持しての連載開始となりました。ハイキュー!!というタイトルの由来は、熟語の「排球」から取られたものであり、主人公達が住む宮城県が中心の舞台として描かれる物語となっています。

ハイキュー!!の概要

ハイキュー!!はバレーボール部に所属する高校生の主人公達が、様々なライバル達に出会い切磋琢磨しながら勝利を掴み取っていく青春漫画です。ハイキュー!!という作品の特徴的なポイントは、勝者だけでなく敗者にも焦点が当てられる事です。それは主人公のチームメイトだけでなく、敵対するライバル校の選手でも同様で、学生時代にスポーツをしていた人であれば共感できる点も多い作品となっています。

ハイキュー!!のあらすじ

主人公の日向翔陽は、「小さな巨人」と呼ばれる人物の活躍を偶然テレビで目撃した事をきっかけにバレーボールを始めました。しかし中学最後にして唯一の公式戦では、天才セッターと呼ばれる影山飛雄の所属するチームに敗北し、リベンジを誓い入部した烏野高校排球部で、因縁の再会を果たす事となります。そんな彼らを中心に、堕ちた強豪と呼ばれた烏野高校は少しずつチームとしての強さを身に着けていきます。

及川徹のプロフィール

クラス:青葉城西高校3年6組
誕生日:7月20日
身長:184.3cm
体重:72.2kg
ポジション:セッター
好物:牛乳パン

及川徹が主将を務める青葉城西高校

及川徹が所属しているのは、主人公の所属する烏野高校と同じ宮城県の青葉城西(あおばじょうさい)高校です。通称「青城(せいじょう)」と呼ばれる青葉城西は県ベスト4という実力を持つ強豪校であり、成績も上位をキープするという私立の名門校です。攻撃力、守備力共にバランスの取れたチームであり、名言も多い及川徹が主将として率いる今期のチームはかなり高い攻撃力を有するチームとなっています。

及川徹の意外な過去

ハイキュー!!に登場するキャラクターがバレーに携わる様になったきっかけは様々ですが、及川徹がバレーを始めたきっかけはテレビで試合の中継を観た事でした。幼馴染みであり同じ青葉城西でエースを務めている岩泉一と共に、小学校時代からバレーボールに熱中してきました。北川第一中学に進学した頃には、及川徹はバレー部のスタメン入りを果たすまでの実力を身に着けていました。しかしそこで初めての挫折を味わいます。

牛島若利率いる白鳥沢学園というチームに、何度対戦しても及川徹は勝つ事ができませんでした。更には後輩として入学してきた影山飛雄は、及川徹と同じセッターのポジションでありながら天才と呼べるセンスの持ち主であり、及川徹は焦りを隠す事ができなくなっていきました。やがてはオーバーワークとなり影山飛雄に手を上げる所まで追い込まれていた及川徹は、岩泉一の言葉によってバレーへの向き合い方を改めたのです。

Thumbハイキューの及川徹がかっこいい!青葉城西の最強セッターのイケメン画像 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

及川徹の名言・名セリフ集

ハイキュー!!の中でもイケメンともてはやされる事も多い及川徹ですが、バレーに向き合う姿勢は真摯であり努力を怠らない人物である事もわかっています。続いてはそんな及川徹がハイキュー!!の作中で口にした名言や名セリフについてを、順番にご紹介します。名言や名セリフの多いハイキュー!!の中でも、これらの及川徹の名言や名セリフが好きで頭に残っているという人も多い筈です。登場する度に名言が生み出されています。

及川徹の名言①「え?何?座右の銘を聞きたいって…」

こちらの名言は普段のおちゃらけた調子で会話をしている最中に及川徹が口にした名言ですが、バレーの教えを乞う影山飛雄の言葉を遮る様にして放たれた名言でもあります。人当たりの良い笑みを浮かべながらの名言ではあるものの、影山飛雄に対する聞く耳を持たない姿勢がよくわかる場面でもありました。チームメイトでありながらライバルでもある後輩に対して、容赦をしないという宣言を含む名言とも捉えられるかもしれません。

及川徹の名言②「ただの独裁の王様が…」

こちらの名言は、以前はチームメイトでもあった後輩の影山飛雄が、同じチームでバレーをしていた頃には見せる事のなかった協調性を見せた事で放たれた名言です。まともな王様へと変化を見せている事がわかる影山飛雄に対して、不服さを感じる一方で高揚感も見せた及川徹は、純粋なバレー好きの男子高校生と言えた名言でもあるかもしれません。及川徹にとって、影山飛雄が単なる脅威ではなくなった際の名言です。

及川徹の名言③「君らの思い通りには…」

こちらの名言は試合の流れで士気の上がった敵チームに対して、思い通りに事を運ばせるつもりはないという及川徹の名言です。更に思い通りに試合を流れさせないというだけでなく、この試合の先を見据えて更に高い舞台を目標としている及川徹の志の高さも窺える名言となっています。勝利を確信できるだけの実力が、チームメイトに備わっていると確信させる名言が多いのも及川徹の特徴かもしれません。

及川徹の名言④「俺の笑顔はいつも…」

こちらの名言は本人曰く爽やかで普段通りの笑顔に対して、チームメイトから文句をつけられて真っ直ぐ純粋な笑顔をアピールした際の名言です。真っ直ぐ純粋という名言とも言える響きが既に受け入れられなかったようで、チームメイトにからかわれる及川徹の日常の一場面を垣間見る事のできる名言でもあります。日常で思わず使いたくなる名言が多いのも及川徹の魅力なのかもしれません。

及川徹の名言⑤「ハァイ、落ち着いて。焦ってこっちが崩れて…」

こちらの名言は試合の最中に青葉城西が追い込まれる場面となり、焦りを見せるチームメイトに対して軽い調子で緊張を解そうとする及川徹の名言です。主将であるからこそ追い込まれた場面でもどっしりと構え、普段通りの調子を見せる事でチームメイトを安心させ、本来の調子を出させようとする及川徹の主将としての力が窺える名言です。及川徹の名言の中でも代表的なセリフの一つと言えるかもしれません。

及川徹のチームメイトへの言葉や活かし方

名言や名セリフが多い事がわかった及川徹ですが、その名言は読者の心以外にも響くものがある様です。続いては及川徹が青葉城西のチームメイトに対して向けた名言についてもご紹介します。主将である及川徹がかける言葉は重みが異なり、名言によって士気を高めるチームメイトも少なくありません。こういった名言により積み重ねる信頼が、青葉城西というチームの強さを引き上げる要因の一つとなっているのかもしれません。

チームメイトへの言葉①国見英

青葉城西は強豪校ですが、チームメイト全員が最初から最後までバレーに全力で挑んでいるわけではありません。しかしそんなチームメイトの性格や調子を把握している主将の及川徹は、国見英が手を抜く場面を目にしても怒る事はしませんでした。しかし見放したりするわけではなく、効率良く動くのが国見英のスタイルであると理解している及川徹は、チームメイト達に疲労が見え始める終盤に働いてもらうと宣言した名言です。

チームメイトへの言葉②金田一勇太郎

青葉城西の1年生レギュラーであり、時に気負い過ぎてしまう事もある金田一勇太郎ですが、北川第一中学の出身であり過去には影山飛雄ともチームメイトでした。影山飛雄とコミュニケーションが上手くいかないままだった金田一勇太郎に対して、及川徹はふざけた調子で言葉を掛けながらも、その背中を押しながら「安心してとべ」と一言声をかけました。それにより金田一勇太郎もまた成長した姿を影山飛雄に見せつける事となります。

チームメイトへの言葉③京谷賢太郎

ハイキュー!!では序盤から登場している青葉城西ですが、京谷賢太郎に関しては問題児であり遅れての登場となった人物でもありました。周囲からも扱いに困る様な声が聞こえる中でも主将である及川徹は一切臆する事なく、自分と同じチームでプレイ出来て良かったと思える様にすると宣言します。口調は軽く柔らかいもののその名言の圧力は凄まじく、京谷賢太郎は思わず及川徹の傍から飛びのく場面も見られました。

チームメイトへの言葉④松川一静

及川徹と同じ3年生の一人である松川一静に対しては、もはや名言や言葉も不要なほどのコミュニケーションを築き上げてきています。春高の試合中には焦るチームメイトを落ち着かせようと声を掛ける及川徹でしたが、言われるまでもなくどっしりと構えている松川一静達の姿に頼もしさすら感じられる場面もありました。

チームメイトへの言葉⑤花巻貴大

こちらも及川徹と同じ3年生の一人であり、一つのミスに対しても「今のはしょうがない」とあっさりした切り替えを見せたのが花巻貴大でした。そんな花巻貴大達の様子に、しっかりしすぎていて主将として悲しいとアピールする及川徹ですが、追い込まれた試合中にもこうしたやり取りができる3年生達の絆はかなり固いものである事がわかります。

チームメイトへの言葉⑥岩泉一

主将である及川徹と幼馴染みでもあるチームメイトが岩泉一ですが、度々茶化す言葉を投げかけてはバレーボールを投げつけられるなど制裁を受けているのが及川徹です。しかし試合の最中にはどの様なトスを上げても、岩泉一は大体打ってくれるという一言に強い信頼が垣間見えます。更には言葉すらなく指差しただけでその意図を汲み取る岩泉一と及川徹は、阿吽の呼吸とも称されています。名言と共に名シーンも生み出しました。

チーム全体への活かし方

様々な名言や名セリフを残している及川徹ですが、基本的には軽い調子で言葉をかけて3年生のチームメイトからツッコミを入れられる事で、チーム全体を和ませたり力を抜くといった効果があるものと考えられます。そんな及川徹の主将としての正しさを肯定するかの様な場面が、試合前に及川徹が口にする名言をそのままチームメイトから返された「信じてるぞキャプテン」という一言に集約されています。

Thumbハイキュー・青葉城西高校のメンバー一覧!及川徹などキャラがかっこいい | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

及川徹の魅力

バレーに熱く多くの名言や名セリフを残している及川徹ですが、名言は知っていても肝心の及川徹という人物についてはあまりよく知らないという人もいるかもしれません。続いてはそんな及川徹というキャラクターについて、その魅力を徹底的にご紹介します。ハイキュー!!全体の中でも高い人気を得ていると言っても過言ではない及川徹ですが、ファンを夢中にさせる彼は一体どの様な魅力の持ち主なのでしょうか?

魅力①人当たりが良くイケメン

ハイキュー!!の作中でもファンを持つほどに、及川徹はイケメンという設定のキャラクターです。試合中にも女性からの声援を受ける事もあり、その甘いルックスだけではなく人当たりの良い性格も魅力の一つと言えそうです。彼女がいたと思われる描写もあり、モテる事は間違いないキャラクターですが、チームメイト達からは愛ある毒を吐かれる事も多くイジられキャラクターでもあるのが及川徹です。

魅力②強さ・能力

及川徹は一見するとモデルの様で、汗をかくのが嫌いと言い出しても不自然ではありません。しかし実際にはバレーにひたむきで多くの練習を積んできた事もあり、その実力は自他共に認めるものでもあります。特にかなりの威力があるサーブは作中でどんどん精度も上がっていき、まだまだ上を目指して強さを増している事がわかります。更に試合中に常に冷静に状況を見極める力も持っており、能力の高い人物であるのです。

魅力③自分に正直で意地悪

基本的には他人に対して笑顔を向ける及川徹ですが、自分の嫌いな人物に対しては意地悪な言動をする事もあり、時には子どもの様な態度を見せる場面もあります。それらは特に同じセッターであり後輩の影山飛雄と、ライバルの一人である牛島若利に対して向けられる事が多いものでもあり、余裕のある時とはまるで異なった口の悪さを見せる事もあります。しかし肝心の二人はそれらの態度にあまり影響を受けてはいない様です。

魅力④天才ではなく努力家

能力もありバレーの実力もある及川徹は、一見すると天才の様にも思われがちです。しかし実際には陰で並々ならぬ努力を続けてきた人物であり、天才セッターである影山飛雄とは対照的に努力の天才であるのが及川徹という人物です。ハイキュー!!の作中でも「天才ではない」と明言されている事もあり、名言だけでなくそういった努力を積み重ねている事を知ったファンが心を掴まれてしまうのも頷ける筈です。

魅力⑤ハンガー事件

及川徹のいわゆる「ハンガー事件」も有名です。これはジャンプショップなどで販売される事となったジャージの予約特典として、キャラクターのハンガーが付属してきた事から始まりました。青葉城西のジャージには及川徹のハンガーが付属し、上にジャージを羽織らせると実際にそこに及川徹がいる様な姿となります。しかしこの姿が非常にシュールであり、話題となった事で漫画本編でもハンガーの名が広まる事となりました。

魅力⑥グッズも人気

ハイキュー!!の中でも人気キャラクターの一人である及川徹は、様々なグッズも販売されています。キャラクターの人数が多いのでグッズ化のラインナップの中には加わる事ができないキャラクターも少なくありませんが、及川徹の場合にはねんどろいどといったフィギュアからポスター、ジグソーパズルといったあらゆるグッズに登場しています。今後発売されるハイキュー!!グッズの中にも間違いなく及川徹の姿はある筈です。

及川徹の声優は浪川大輔

青葉城西の主将であり数々の名言を残している及川徹ですが、その魅力を引き立たせる理由の一つは担当している声優にもあると考えられます。続いてはアニメのハイキュー!!で及川徹の声を担当している、人気声優のあの人についても簡単にご紹介します。及川徹というキャラクターから声優を知ったという人もいれば、その逆のパターンもある筈ですが、両者の魅力を知れば更に及川徹という人物の虜になるかもしれません。

浪川大輔のプロフィール

生年月日:1976年4月2日(現在43歳)
出身:東京都
身長:173cm
血液型:B型
職業:声優、ナレーター、俳優、歌手
所属事務所:ステイラック

浪川大輔の主な出演作

ハイキュー!!で及川徹の声を担当している声優の浪川大輔さんは、アニメ作品から洋画の吹き替えまで非常に多くの作品にご出演されています。代表的な作品といえば「GANTZ」の玄野計役、「ツバサ・クロニクル」のファイ・D・フローライト役、「Fate/Zero」のウェイバー・ベルベット役、「K」の伊佐那社役、「ロード・オブ・ザ・リング」のフロド・バギンズ役などが挙げられます。

及川徹に関する感想や評価

ハイキュー!!に登場するキャラクターの中でも人気の高い及川徹ですが、名言や名セリフも多く人気が高い理由も理解できたのではないでしょうか?続いては実際にハイキュー!!を観たファンからの、及川徹に対する評価や感想などについても少しだけご紹介します。ツイッター上では及川徹は一体どの様な評価を得ている人物なのでしょうか?名言を知らずに見た場合でも、これらの評価を知れば及川徹に興味を持つかもしれません。

日常的にチームメイトに鬱陶しがられる様な態度を取るなどする及川徹は、性格がウザイと言われてしまう事も多い様です。しかしそれは貶しているわけではなく、及川徹という人物への愛ゆえの表現である場合も多いのです。更に春高での青葉城西と烏野高校の対戦を目にした後には、各キャラクターに対する印象が変わったという人も多く、それは及川徹に対しても同様のものであったと考えられます。

普段はおちゃらけた姿を見せる事も多い及川徹ですが、バレーに打ち込んでいる時の姿は活き活きとしていてかっこいいと感じる人も多い様です。バレーに対して真剣に向き合うだけでなく、実力が伴っているからこそ更にかっこよく見えてくるものなのかもしれません。特に試合に敗北して涙を見せる様な場面では、青葉城西や及川徹のファンではなかったとしても胸に刺さるものがある筈です。

及川徹という人物を評価するにあたって、岩泉一という人物は不可欠な存在であると考える人も少なくない様です。幼馴染みである為に及川徹の弱い部分や悪い部分なども知っている岩泉一という存在があったからこそ、現在のバレーに向き合う及川徹がいたのだと考えると、そんな二人の関係性が好きだ、憧れるといった意見もありました。青葉城西が敗北となった試合後の二人のやり取りには、胸を打たれたファンも多い筈です。

及川徹の名言・名セリフまとめ

ハイキュー!!に登場する青葉城西バレー部の主将、及川徹という人物について、名言や名セリフ、チームメイトとの関係性などをご紹介しましたが、改めて及川徹というキャラクターの魅力を理解する事ができたのではないでしょうか?作中では青葉城西にとっての大きな試合は終わってしまった為に、どうしても出番が少なくなってしまう青葉城西ですが、時折チームメイト達を含めその姿が描かれる機会もあります。

主人公の属する烏野高校と因縁の深い学校として、今後もメインとして登場する機会が無いとは言い切れません。改めて主将の及川徹を含めた青葉城西のチームメイト達の出番を待ちわびつつ、ハイキュー!!本編を1話から復習してその魅力や名言を再確認するというのも良いのではないでしょうか?最初は気づく事のできなかった新たな発見があったり、ハイキュー!!という作品の奥深さを楽しむ事ができるかもしれません。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ