NARUTO(ナルト)の主題歌一覧!歴代のOP・ED曲人気ランキング

NARUTOは1990年から2014年にかけて週刊少年ジャンプに連載された大人気漫画で、多くのファンに支持されています。アニメNARUTO-ナルト-は2002年から2007年にかけて放送され、主人公のナルトが成長した姿を描く第二部NARUTO-ナルト-疾風伝は2007年から2017年にかけて放送されています。その圧倒的な人気ぶりによって映画化もされました。主題歌を歌う歌手も豪華です。今回はその中からナルトのアニメのOPやEDに使用された曲一覧と、映画の主題歌を一覧できるよう紹介していきます。

NARUTO(ナルト)の主題歌一覧!歴代のOP・ED曲人気ランキングのイメージ

目次

  1. アニメNARUTOの歴代主題歌一覧について
  2. NARUTO-ナルト-少年編の歴代主題歌OPをランキング紹介前編:サンボマスターの登場
  3. NARUTO-ナルト-少年編の歴代主題歌OPをランキング紹介後編:アニソンで有名なFLOW
  4. NARUTO-ナルト-少年編の歴代主題歌EDをランキング紹介前編:ガールズロックバンドのオレスカバンド
  5. NARUTO-ナルト-少年編の歴代主題歌EDをランキング紹介後編:ORANGE RANGEとザ・マスミサイル
  6. NARUTO-ナルト-疾風伝の歴代主題歌OPをランキング紹介前編:FLOWやKANA-BOON
  7. NARUTO-ナルト-疾風伝の歴代主題歌OPをランキング紹介後編:いきものがかりや乃木坂46
  8. NARUTO-ナルト-疾風伝の歴代主題歌EDをランキング紹介前編:氣志團のエンディング!
  9. NARUTO-ナルト- 疾風伝の歴代主題歌EDをランキング紹介後編:ジャニーズの近藤真彦の登場
  10. 劇場版NARUTO-ナルト-大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!の主題歌
  11. 劇場版NARUTO-ナルト-大激突!幻の地底遺跡だってばよの主題歌
  12. 劇場版NARUTO-ナルト-大興奮!みかづき島のアニマル騒動だってばよの主題歌
  13. 劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝の主題歌
  14. 劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝 絆の主題歌
  15. 劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝 火の意志を継ぐ者の主題歌
  16. 劇場版NARUTO-ナルト- 疾風伝ザ・ロストタワーの主題歌
  17. 劇場版NARUTO-ナルト-ブラッド・プリズンの主題歌
  18. ROAD TO NINJA-NARUTO THE MOVIE-の主題歌
  19. THE LAST -NARUTO THE MOVIE-の主題歌
  20. BORUTO-NARUTO THE MOVIE-の主題歌
  21. NARUTO-ナルト-少年編の再放送で流れていた歴代主題歌一覧を紹介
  22. これからアニメNARUTOを見る人は歴代主題歌一覧にある曲を聞いてみよう

アニメNARUTOの歴代主題歌一覧について

ナルトのアニメは非常に人気が高いので、話の数がかなり多く、その分歴代のOP・ED一覧として流れた曲もかなり多いです。ナルトの歴代のOP・ED一覧は全体を通して聞くとアップテンポな曲が大多数です。しっとりとしたバラードもナルトのアニメの世界感にマッチしていて、雰囲気を盛り上げています。OP・EDの数がかなり多いので、この記事ではランキング形式で歴代主題歌一覧にあるOP・ED一覧を紹介していきます。

Thumbナルト(NARUTO)の名シーンランキング!泣ける感動の名場面・名言画像 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

NARUTO-ナルト-少年編の歴代主題歌OPをランキング紹介前編:サンボマスターの登場

ナルト少年編の主題歌OPを歌う歌手一覧にはサンボマスターが登場

5位の曲のタイトルはノーボーイ・ノークライです。歌手はSTANCE PANKSです。この曲はナルトの気持ちを代わりに歌にしているようで、心の叫びが歌詞に表れている曲です。歌詞にテロリストというワードがあるので、必死で前進しようとする主人公うずまきナルトの心情を代弁して歌っているかのようだと言われています。

ちなみにこの曲がOPで流れた時、うずまきナルトはライバルであり親友でもあったサスケと別れて、一旦は悲しい結末を迎えますが、ノーボーイ・ノークライという曲で、そんな悲しい結末を払拭するような、すがすがしい曲になっています。曲のオリコンの順位は33位です。

4位の曲のタイトルは青春狂騒曲です。歌手はサンボマスターです。この曲が流れている時のOP映像はナルトとその仲間がライバルうちはサスケを奪回しようとする映像なので記憶に残っているファンが多いです。青春の時に湧いてくる葛藤や苦悩がうまく歌詞として表現されていて、人気が高い曲です。この曲はロックバンドサンボマスターの初めてのアニメのタイアップソングです。

この曲によりロックバンドサンボマスターは日本で知名度を広めています。ナルトのタイアップを実現させた歌手の中には、後になって日本の大衆的な人気が広がっていく歌手がいます。オリコンの順位は15位です。

NARUTO-ナルト-少年編の歴代主題歌OPをランキング紹介後編:アニソンで有名なFLOW

ナルト少年編の主題歌OPを歌う歌手一覧には邦楽を代表する歌手にはFLOWが登場

3位の曲のタイトルはRe:memberです。歌手はFLOWです。この曲が流れている時の映像はナルトとその仲間達が戦っている映像で、一般的な人気が高いです。とくにFLOWはナルトの曲を担当する事が多く、ナルトの主題歌はFLOWのイメージが強いと言っているファンが多いです。オリコンの順位は12位です。

2位の曲のタイトルは悲しみを優しさにです。歌手はlittle by littleです。この曲は前向きに前進していくような歌詞で、切ない感情も歌詞につづられています。この曲が流れていた時のアニメの展開は、ナルト少年編で重要な展開である中忍試験編、木の葉崩し編なので印象に残っているファンが多いです。

1位の曲はGO!!!です。歌手はFLOWです。この曲は知名度がかなり高く人気が高いノリノリな曲です。この曲を口ずさむ事が出来るファンも多く大衆的な人気もあるヒットソングです。2004年の日本の音楽ランキング一覧を代表する曲でもあります。また音楽ダウンロードサイトであるレコチョクでナルトの主題歌一覧の名曲アンケート一覧で2位にもランクインされています。オリコンの順位は6位です。

NARUTO-ナルト-少年編の歴代主題歌EDをランキング紹介前編:ガールズロックバンドのオレスカバンド

NARUTO-ナルト-少年編の主題歌EDを歌う歴代歌手一覧にはオレスカバンドが登場

5位の曲はピノキオです。歌手はオレスカバンドです。この曲は少し早い感じのテンポで物語のED映像にマッチしています。オレスカバンドは日本のガールズスカロックバンドで海外ツアーも成功させています。オリコンの順位は29位です。

4位の曲はハルモニアです。歌手はRYTHEMです。この曲は物語のシリアスな展開離れたような穏やかな曲調です。ボーカルの歌声も癒し系の声です歌声も癒し系の声です。この曲が流れた時、この曲が流れた時のED映像は少し脱力系の絵柄になっていて、少しユーモアがあります。またこの曲が流れた時のアニメナルトでの展開はキャラクター同士の戦闘や死が多いので、曲とアニメの展開にギャップがあります。

3位の曲は初めて君と喋ったです。歌手はガガガSPです。曲がとにかく元気な感じがして、突き進んでいくメロディーがあり勢いがあります。曲自体はキャッチーですが、歌詞の内容は深くて主人公うずまきナルトの心にマッチしています。この曲が流れた時のED映像はうずまきナルトとライバルうちはサスケとの友情を交わしている様子が流れています。オリコンの順位は28位です。

NARUTO-ナルト-少年編の歴代主題歌EDをランキング紹介後編:ORANGE RANGEとザ・マスミサイル

NARUTO-ナルト-少年編の歴代主題歌EDを歌う歌手一覧にはORANGE RANGEが登場

2位の曲は今まで何度もです。歌手はザ・マスミサイルです。この曲が流れている時のED映像はアニメナルトで出てくる登場人物が勢ぞろいしている様子なので、印象に残ります。歌詞はこれまでナルトとその仲間が協力して戦った青春の日々を連想させます。サビの「今まで何度も」というフレーズは、歴代のナルトの戦闘後の余韻を演出しているかのようです。オリコンの順位は22位です。

1位の曲はビバロックです。歌手はORANGE RANGEです。ラップ調の曲でノリがかなり良いです。音楽バンドORANGE RANGEは2000年代の音楽シーンの一覧を席巻していて、軽みのあるサビをラップやバンドサウンドに合わせて歌うのが特徴的です。ビバロックはナルトの曲一覧の中でもかなり人気がある曲で、歌詞のフレーズを口ずさむ学生もいたほどです。

NARUTO-ナルト-疾風伝の歴代主題歌OPをランキング紹介前編:FLOWやKANA-BOON

NARUTO-ナルト-疾風伝の歴代主題歌OPを歌う歌手一覧には再びFLOWが登場

5位の曲はシルエットです。歌手はKANA-BOONです。KANA-BOONは日本の四人体制のロックバンドでギター、ドラムの音によって曲を奏でています。この曲はアップテンポなナンバーで疾走感があります。オリコンの順位は11位です。

4位の曲はホタルノヒカリです。歌手はいきものがかりです。この曲は相手を想う切ない感情をアップテンポな曲調で奏でています。プロモーションビデオは和風な感じで忍者という感じがします。女性ボーカルが歌っているので、うずまきナルトと共に任務を遂行しようとする春野サクラのテーマソングとしても聞く事が出来ます。ちなみに歌手いきものがかりはナルトの主題歌の担当を2回も手掛けています。オリコンの順位は5位です。

3位の曲はSignです。歌手FLOWです。FLOWはナルトの主題歌を担当する事が多いです。NARUTO -疾風伝-の映像にもマッチしています。また歌詞もうずまきナルトがうちはサスケを友情の仲間として思いやる心を描写していて、劇的に変化する感情もうまく表現しています。

NARUTO-ナルト-疾風伝の歴代主題歌OPをランキング紹介後編:いきものがかりや乃木坂46

NARUTO-ナルト-疾風伝の歴代主題歌OPを歌う歌手一覧にはオリコン一位の乃木坂46が登場

2位の曲はブルーバードです。歌手はいきものがかりです。この曲も相手を思う切ない感情が歌われています。この曲を聞いて、ナルトがサスケを一途に思う様子を感じているファンが多いです。

ブルーバードは直訳すると青い鳥という意味になりますが、幸福の象徴である青い鳥(ブルーバード)歌詞の至る所にあるので、アニメでキャラクターが幸福を追い求めようとする様子が想像出来るようになります。オリコンの順位は3位です。オリコンのランキングで登場した回数は29回です。

1位の曲は月の大きさです。歌手は乃木坂46です。この曲はアニメソングにしては少し珍しくアイドルユニットが歌っています。しかし、曲は忍者に関するフレーズがあり、アニメソングらしくキャッチーな曲調でもあるので、アニメの映像にマッチしています。

歌詞が丁寧でしっかりとした文章でつづられているので、アイドルファンだけでなくナルトファンの心もつかんでいます。ちなみにこの曲のプロモーションビデオは時代劇の様式であり、大昔の日本の様子をうまく演出しているのが特徴です。この曲の歌詞は日本のヒットメーカーである秋元康が手掛けています。オリコンの順位は1位です。

NARUTO-ナルト-疾風伝の歴代主題歌EDをランキング紹介前編:氣志團のエンディング!

NARUTO-ナルト-疾風伝の歴代主題歌EDを歌う歌手一覧には氣志團が登場

5位の曲はおまえだったんだです。歌手は氣志團です。聞いていると体力が自然と出てくるようなフルパワーあふれてくるような曲調が魅力的です。サウンドがしっかりしているので戦闘が続くアニメナルトの映像に合っています。

この曲はバンド氣志團の12枚目のシングルで、シングルさよなら世界のB面の曲として発売されています。A面の曲はさよなら世界という曲です。この曲はナルト少年編が再放送された時のOP映像に起用されています。オリコンの順位は17位です。

4位の曲は真夜中のオーケストラです。歌手はAqua Timezです。この曲はナルトのキャラクターが前向きに進んでいく様子を意味深長な歌詞でつづられています。歌詞は抽象的な表現が多いので、ストレートな元気ソング、応援ソングを多く起用しているアニメナルトの中では少し変わっている曲です。

しかし、それでも曲の人気が高いです。ちなみにこの曲はボーカルの太志が夜中に書いた曲なので、タイトルの真夜中という単語がピッタリと合います。独特な曲の余韻がナルトの映像を盛り上げます。オリコンの順位は12位です。

NARUTO-ナルト- 疾風伝の歴代主題歌EDをランキング紹介後編:ジャニーズの近藤真彦の登場

NARUTO -ナルト-疾風伝の歴代主題歌EDを歌う歌手一覧にはジャニーズ近藤真彦によるバンドメンバーが登場

3位の曲はうたかた花火です。歌手はsupercellです。ロマンチックな光景を鮮やかに歌詞に見事に表現されていて、情緒豊かな曲としてアニメのED映像で流れていました。オリコンの週間順位は9位です。

2位の曲は目覚めろ!野生です。歌手はMATCHY with question?です。日本を代表するアイドル歌手近藤真彦がユニットを組んでいて、曲を奏でています。この曲でだけ近藤真彦と組んでいるバンドであるQUESTION?はジャニーズジュニアのバンドの事です。

野心溢れるパワフルな歌詞と曲はアニメの映像を活気あるものにしています。決め台詞のようなフレーズが歌詞の至る所にあり、とても様になっています。ナルトの曲を大御所歌手が歌っているという事で、驚いたナルトファンがいました。オリコンの順位は5位です。

1位の曲はFLAMEです。歌手はDISH//です。この曲はエネルギッシュな感じの曲で、ナルトを見ている少年の心を捕らえます。英語の歌詞は相手に問いかけたり、心が情熱で燃えるような歌詞になっています。バンドサウンドならではのパワーもあるので、NARUTO-疾風伝-のエンディング曲一覧のランキングで1位を取るのも納得だと言う声が多くありました。

テレビ東京・あにてれ NARUTO-ナルト- 疾風伝

劇場版NARUTO-ナルト-大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!の主題歌

NARUTO-ナルト-の映画の歴代主題歌一覧に採用されている曲を紹介①

アニメナルトの大人気を象徴するように映画が多数製作されています。その映画の中では日本を代表する豪華なアーティストが手掛けています。映画で流れていた歴代主題歌一覧をいくつかの章に分けて紹介します。第1作目で流れていた曲はホーム・スウィート・ホームです。歌手はYUKIです。

映画で雪の国という映画オリジナルの世界が出てきますが、雪の国を暖かくさせるような穏やかなメロディーが印象に残った人が多いです。またボーカルの歌声が高温で可愛い歌声なのでハーモニーがしっかりしています。映画第1作目では見ていて思わず涙を流してしまいそうな場面が数多くあります。

その場面が流れるたびに主題歌であるhome sweet homeという曲が見事に合い、凄みがあると話題になりました。少し疲れた人が、この曲を聞くと癒されるのでとても人気です。聞いて癒されると同時に前向きな気持ちになれるような不思議な魅力がこの曲には詰められています。オリコンの順位は9位です。

Thumbナルトの作者・岸本斉史の出身地・年収や新作は?弟の岸本聖史も漫画家 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

劇場版NARUTO-ナルト-大激突!幻の地底遺跡だってばよの主題歌

NARUTO-ナルト-の映画の歴代主題歌一覧に採用されている曲を紹介②

ナルトの映画第二作目で流れていた主題歌はDing!Dong!Dang!です。歌手はTUBEです。歌手TUBEは日本の夏の名曲を数多く作っていて、日本を代表する歌手の一人です。日本の夏に聞きたい歌手一覧に度々ランクインもされています。男の熱い闘志を歌声にして歌われている様子がとても映画にマッチしています。

ナルトと一緒に忍者の任務を遂行しようとする春野サクラや奈良シカマルの心情を反映しているかのようで迫力ある映像にとてもマッチしています。日本の夏に発売された曲なので、聞いてると日本の夏を連想する人もいます。

TUBEのボーカル前田亘輝はナルトの愛読者で、週間少年ジャンプを読んでいるくらいの大ファンです。根っからのナルトファンの大御所が曲を端正に作っているので、サウンドがしっかりしていて、大人が聞いても共感できる内容となっています。歌詞にある「拳をかためて」のフレーズは、ナルトの映画にピッタリです。曲自体は男のロマンが詰まっています。

映画の興行収入は11.8億円で映画の人気の高さを表しています。ナルトに多大な人気があるのは漫画の売り上げだけでなく、映画の興行収入にも人気の高さが表れているからだと言えます。曲のオリコンの順位は13位です。

劇場版NARUTO-ナルト-大興奮!みかづき島のアニマル騒動だってばよの主題歌

NARUTO-ナルト-の映画の歴代主題歌一覧に採用されている曲を紹介③

ナルトの第三作目で流れていた曲はつぼみです。歌手はマリアです。実は歌手マリアはZONEのベースを担当していたMAIKOが舞衣子に改名してボーカルを担当しているガールズバンドです。曲はギターによる伴奏がロックテイストで、女性ならではのささやかな願いが込められた歌詞がロックテイストの曲調に非常に合っています。

忍者が抱える不安を優しく見守るような歌詞が繊細で、ナルトが必死で戦おうとする様子をうまく歌詞に表しています。くじけない事の大切さを自分に問いかけるような歌詞はメロディアスなリズムにマッチしています。歌詞の比喩的な表現も美しくて、映画のラストを飾ります。

三作目の映画では漫画にはないオリジナルの世界観があります。映画に出てくる島、みかづき島や島で活躍するサーカス団が出てきて、漫画やアニメナルトに出てこない斬新な展開を楽しむ事が出来ます。

ちなみに映画ではタレントのアニマル浜口やお笑い芸人のレギュラー、歌手のMARIAがゲスト声優として主演もしているので、ナルトをよく知らない映画ファンも要注目です。エンディングでキャスト一覧に名前が出てきています。オリコンの順位は30位です。

劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝の主題歌

NARUTO-ナルト-の映画の歴代主題歌一覧に採用されている曲を紹介④

アニメナルトはもちろん第二部である疾風伝に変わっても多数の映画が作られているんです。多数の主題歌が作られて一覧に載っているので紹介します。NARUTO-疾風伝-の第一作目の映画で流れていた曲はLie-Lie-Lieです。歌手はDJ OZUMAです。曲にノリがあり、躍動感があります。

アジアンテイストなメロディーに疾走感があり、映画に独特のムードを与えています。歌詞は一途な思いが込められていて、なおかつ男としての意地や繊細な心が歌われているので、とにかく真摯です。この曲が流れた当時、疾走感があるナルトの世界観を忠実に再現していて、フルで通して聞くとナルトファンの心に満足感が出てきます。

実はDJ OZUMAは氣志團のボーカルである綾小路翔と同じ人物であります。氣志團もナルトの主題歌を歌っているので、繋がっています。ちなみにこの第1作目のキャッチコピーは「ナルト、死す」です。

なので、公開当時かなり衝撃を受けたファンが多いです。映画の興行収入は12.1億円を突破していて、少年編と変わらぬ人気を見せつけました。この事実から少年編からナルトの人気が更に上がっている事が分かります。オリコンの順位は18位です。

劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝 絆の主題歌

NARUTO-ナルト-の映画の歴代主題歌一覧に採用されている曲を紹介⑤

NARUTO-疾風伝-の第二作目の映画で流れていた主題歌はNO RAIN NO RAINBOWという曲です。歌手はHOME MADE 家族です。この曲もラップのパートが入っていて、自分自身を奮い立たせるような歌詞にメロディアスな曲にのせて歌われています。

映画ではナルトとライバルうちはサスケと再会した時の場面に非常にマッチしていて、シリアスな展開を盛り上げています。ちなみにこの曲のタイトルであるNO RAIN NO RAIBOWの真の意味は努力しないと、いい結果が出てこないというフレーズです。

ナルトが連載されている雑誌週刊少年ジャンプでは友情・努力・勝利が三大原則で、もちろんナルトにも友情・努力・勝利の要素があります。歌詞を聞くだけだと少し気付きにくいですが、真の意味を知った後でNARUTO-疾風伝-の映画に流れる曲を聞くと、また違った気持ちが出てきます。ナルトは紛れもなく週刊少年ジャンプを代表する看板漫画と言えます。

なのでNO RAIN NO RAINBOEという曲は、実はジャンプアニメにおいて重要な要素と言えます。曲のオリコンの順位は20位で、映画の興行収入は11.6億円の売り上げを達成しています。

劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝 火の意志を継ぐ者の主題歌

NARUTO-ナルト-の映画の歴代主題歌一覧に採用されている曲を紹介⑥

NARUTO-疾風伝-の第3作目の映画で流れていた主題歌は誰かがです。歌手はPUFFYです。この曲はロック調がとにかく激しい曲ですが、二人の女性ボーカルが歌っているので、意外性があります。

とにかく疾走感があり、二人のハーモニーが見事にマッチしていて映画のシリアスな展開を一掃するような感じで、突き抜けるようなロック調の曲がとにかくナルトファンの心に響きます。仲間同士で協力する事の素晴らしさを歌詞で伝えています。ナルトの曲の中では一番ストレートで直球な友情ソングでもあります。

曲の途中で流れるギターの音やドラムの音に迫力があり、ファンの心に響きます。二人組ユニットPUFFYが歌う曲は豪華アーティストが手掛ける事が非常に多いです。誰かがという曲は、1990年代のロックシーンに影を与えたミュージシャンであるチバユウスケです。しかし、チバユウスケはナルトの漫画を見たと公言していないです。

しかしPUFFYに寄せた誰かがという曲は、珍しくストレートな友情ソングです。なので曲を製作したチバユウスケは映画か漫画のナルトを見ていた可能性があります。曲のオリコンでの週間順位は30位です。

劇場版NARUTO-ナルト- 疾風伝ザ・ロストタワーの主題歌

NARUTO-ナルト-の映画の歴代主題歌一覧に採用されている曲を紹介⑦

NARUTO-疾風伝-の第四作目の映画で流れていた主題歌はifです。ifの日本語の意味は、もしもという意味ですが、これから起こる幸福の様子を高らかに歌い上げており、映画のエンディングを盛り上げています。サビの高音が気持ち良いくらいに響くので、映画を大画面で見てみると、歌声が良い感じに響いてきてファンの心に響きます。

ちなみにこの曲の歌詞はストレートに相手を一途に思う恋愛ソングなので、ifという曲はNARUTO-疾風伝-の展開でうずまきナルトは日向家の女性、日向ヒナタと結婚しています。

なので、後の展開であるうずまきナルトと日向ヒナタの結婚のテーマソングという感じで解釈して聞く事が出来ます。この曲はオリコンで7位にランクインされています。また、2010年での着うたフル部門のランキング一覧では4位にランクインされているほどの大ヒットソングです。ちなみにこの曲は親友に向けて歌われた曲でもあります。

劇場版NARUTO-ナルト-ブラッド・プリズンの主題歌

NARUTO-ナルト-の映画の歴代主題歌一覧に採用されている曲を紹介⑧

NARUTO-疾風伝-の第五作目の映画で流れていた主題歌は雄叫びです。歌手名は遊助です。歌詞は忍者同士の戦闘やスピードを上げて走っている様子が想像出来るので、ナルトの映画に非常にマッチしているので、映画を見ているファンの心に響きます。もちろん心を奮い立たせるような歌詞も至る所にあります。

特に歌詞の中に出てくる電光石火や切磋琢磨という単語はアニメナルトに出てくる忍者の特徴をよく表しています。また、歌詞の中に出てくる「金色になびくたて髪」や「どんな扉もぶち破る」などのフレーズはうずまきナルトの外見や性格を表しています。歌手遊助の雄叫びは2011年に発売されています。

そして初回仕様限定版のCDに限り、アニメナルトの絵柄のワイドキャップが付いていて、ファンに向けてのサービス精神が満載です。オリコンのデイリーランキングは3位です。またオリコンのランキングにランクインしている回数は8回も記録しているのでヒット曲です。

ROAD TO NINJA-NARUTO THE MOVIE-の主題歌

NARUTO-ナルト-の映画の歴代主題歌一覧に採用されている曲を紹介⑨

NARUTO-疾風伝-の第六作目の映画で流れていた主題歌はそれでは、また明日です。歌手はアニメナルトの初期からオープニングを担当していた歌手はアジアンカンフージェネレーションです。この曲はナルトの作者である岸本斉史の推薦によりタイアップが実現した貴重な曲です。

作者が推薦したタイアップという事もあるので、ナルトを代表する曲となっています。なので、ファンの心に残っています。曲調はロックテイストで、忍者の疾走感がうまく表現されていて、かっこいい伴奏を奏でています。若手のバンドならではのギター、ドラムの音がかっこよく曲の完成度が高いです。

ちなみにASIAN-KUNG-FU GENERATIONの曲はNARUTOの曲を通して南米やアジア、ヨーロッパなど様々な国で認知度が高くなっているので、ナルトの人気はあらゆる国境を越えて世界中に音楽を届けています。オリコンでの最高順位は11位です

THE LAST -NARUTO THE MOVIE-の主題歌

NARUTO -ナルト-の映画の歴代主題歌一覧に採用されている曲を紹介⑩

NARUTO-疾風伝-の第7作目の映画で流れていた主題歌は星のうつわです。歌手はスキマスイッチです。ボーカルの穏やかな歌声が忍者同士の戦闘後の癒しを演出しているかのようで清浄感があります。ゆっくりとしたメロディーに切ない感情をさらりと歌われているので、感受性が豊かになります。

曲である星のうつわのプロモーションビデオはかなりCGを使っていて、独特の世界観を演出しています。歌詞に書かれている切ない思いは映画を見ている人の心を射止めます。ナルトの映画の世界観にマッチしています。この映画では、うずまきナルトの身長が180センチになっていて、髪の長さも短くなっています。

うずまきナルトがたくましくなった姿が映画の中で見る事が出来ます。そして長年仲間の元から離れていたうちはサスケも登場しているので、ファンにとって見逃せない映画となっています。星のうつわという曲は成長したアニメナルトのキャラクターが登場する映画の中で流れているので、ファンにとっても忘れる事が出来ない記念的な曲です。

BORUTO-NARUTO THE MOVIE-の主題歌

NARUTO-ナルト-の映画の歴代主題歌一覧に採用されている曲を紹介⑩

NARUTO-疾風伝-の第8作目で流れていた主題歌はダイバーです。歌手はKANA-BOONです。歌詞自体は自分の気持ちをありのままにさらけ出したかのような直球なロックソングで、忍者の苦悩も歌詞に書かれています。なので、素晴らしいと感想を言っているファンが多く反響がある曲です。サウンド自体はシンプルにかっこいいです。

2015年の時代以降に時代で活躍しようとする新たなキャラクターうずまきボルトの勢いをダイバーという曲を聞いて感じる事が出来ます。特に歌詞に出てくる「スパイラル」という単語は、うずまきボルトが使う螺旋丸を連想する事が出来ます。この映画では初めてうずまきナルトの子供であるうずまきボルトが出ている記念すべき映画です。

主人公だけでなく、初期のアニメから出ている馴染みのキャラクターも出てくるので豪華です。映画ではうずまきボルトやうずまきナルトの関係の様子を巧みに描いているので、アクション要素だけでなく、忍びの世界のほのぼのとした世界も映画を通して見る事が出来ます。映画の興行収入は日本で26億円、全体の国で46億円という大ヒット作品になりました。曲のオリコンの週間順位は11位です。

NARUTO-ナルト-少年編の再放送で流れていた歴代主題歌一覧を紹介

NARUTO-ナルト-少年編の再放送に流れる主題歌を歌う歴代歌手一覧にはSUPER VIBERが登場

NARUTO-少年編-は何回か再放送されていますが、その再放送の中には歴代のOP一覧が使われていたり、再放送の時だけOP映像として流れた曲がいくつかあるので、再放送に流れていた曲一覧を紹介します。道標という曲は歌手スーパービーバーが歌っています。この曲はNARUTO-少年編-の再放送の第2話から第24話まで流れていた曲です。

SUMMER FREAKはアニメナルトでお馴染みの歌手FLOWが歌っています。第25話から第45話まで流れていた曲です。さよなら世界はナルトでお馴染みの歌手氣志團が歌っています。第46話から第67話まで流れていました。

ただ弱いだけじゃなくて僕らはという曲はMass Alertが歌っています。第68話から第85話まで流れていました。コピペという曲は歌手serial TV dramaが歌っています。第86話から第96話まで流れていました。約束という曲は歌手DOMINOが歌っています。第100話から第112話まで流れています。

Full a Gainは歌手Aqua Timezが歌っています。第113話から第123話まで流れていました。プリミティブ・パワーは歌手7!(セブンウップス)が歌っています。第124話から第135話まで流れていました。

どの曲もナルトの世界観を表現した曲ばかりで、少年向けアニメソングの王道を行くようなアップテンポな曲が多いです。少しコアなファンはこれら一覧の曲も聞いてみる事をお勧めします。

NARUTO-ナルト-どっとこむ

これからアニメNARUTOを見る人は歴代主題歌一覧にある曲を聞いてみよう

いかがでしたか?この記事ではナルトの歴代主題歌一覧を紹介していきました。ナルトは漫画だけでなく、関連のアニメ、映画、ホビー商品などがヒットしていて、キャラクターにも非常に魅力がある漫画です。忍者漫画の一覧の中でも最大のヒットを記録していて、読んでいる人が多いです。

主題歌一覧についてですが、OP、EDとして使われていた曲一覧はCDアルバムに収録されて発売されています。ナルトの歴代の主題歌一覧が収録されているアルバムは全部で8枚もあり、聞きごたえがある曲ばかりです。CDアルバムの裏には、CDで流れる曲一覧が載っています。

これからナルトを見ようとする人はアニメや漫画だけでなく、記事で紹介した歴代の一覧曲を聞いてみるとより一層物語に没頭出来ます。OP、ED曲一覧をそれぞれ聞きながら、ナルトをぜひもう一度振り返ってみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ