【スポンジボブ】イカルドのキャラはタコ?イカ?声優や英語名など設定まとめ

アメリカで放送されていていたアニメ「スポンジボブ」は、アメリカだけではなく日本でも愛されているアニメ作品です。今回はそんな世界的アニメ作品に登場するキャラクターであるイカルドについて紹介をしていきます。イカルドは、スポンジボブの隣に住んでいるキャラクターとして登場しますが、その名前がイカっぽいのにもかかわらず見た目がタコのようなキャラクターとして有名です。イカルドの英語名や、担当声優なども画像と一緒に紹介していきます。

【スポンジボブ】イカルドのキャラはタコ?イカ?声優や英語名など設定まとめのイメージ

目次

  1. イカルドはどんなキャラ?
  2. イカルドのキャラはタコ?イカ?英語名も紹介
  3. イカルドの魅力と画像
  4. イカルドの声優
  5. イカルドのグッズ情報
  6. イカルドに関する感想や評価は?
  7. イカルドのキャラまとめ

イカルドはどんなキャラ?

アメリカで放送されていて、現在では日本でも愛されているアニメ「スポンジボブ」は海底都市であるビキニタウンを中心にストーリーが展開していくギャグアニメです。そんなアニメ「スポンジボム」に登場するキャラクターであるイカルドについてを中心に今回は紹介していきます。名前がイカっぽいにもかかわらずその見た目はタコであるというキャラクターイカルドの声優や英語名などの魅力について画像と一緒に紹介します。

スポンジボブの作品情報

タコとして登場するキャラクターであるイカルドの魅力について紹介をしていく前に、ここからはアニメ「スポンジボブ」の作品情報について詳しく紹介をしていきます。スポンジボブは、ギャグアニメとして海底都市を中心にストーリーが展開されていきます。放送が開始されてから子供だけではなく大人にも人気な作品となり、また日本では「スポンジボブ」のキャラクターグッズも大人気となっていました。

さらに、アニメだけではなく「スポンジボブ」のゲームもニンテンドーDSやWiiなどで発売されていました。そして劇場版として二作品がアメリカや日本で公開されていました。2020年には劇場版三作目が公開されるということがアメリカでは発表されていました。1995年からアメリカで放送が開始され、日本では2000年から放送されています。そのアニメーションを製作するためにおよそ50人が参加していると明かされています。

イカルドのプロフィール

タコとして「スポンジボブ」に登場するキャラクター、イカルドについてそのプロフィールを画像と一緒に紹介していきます。イカルドは、スポンジボブの隣に住んでいるキャラクターとして作中に登場します。そんなイカルドですが名前のせいでタコではなくイカだと勘違いをされることも多いようです。いつも不機嫌であることが特徴であり、毒舌であることでも有名でした。スポンジボブの事をうっとおしく扱うことが多いです。

普段の仕事は、カニカーニのレジ係やウエイターをしているようです。そのため、スポンジボブの仕事仲間というポジションでもあります。そんなイカルドが住んでいる家の外見はモアイ像のようなものでした。イカルドは日本版「スポンジボブ」では、自分のことをワシと呼んでいて年寄りであるという設定でした。うっとおしく思っているスポンジボブやパトリックよりも、自分の方が頭がいいと思っているようです。

スポンジボブたちのトラブルの一番の被害者でもあり、スポンジボブがいなくなった時には一人だけ喜んでいるシーンなども描かれていました。また、同じ職場で働いているために、スポンジボブをカニカーニからなんとかして追い出そうとしていたこともありました。スポンジボブだけではなく、他の登場キャラクターたちともあまり仲が良くないようです。将来のために働いていますが、仕事に熱意はなくサボることもあります。

カニカーニの仕事には仮病を使うことも多く、仕事をサボるたびにカーニからは給料を引かれていました。イカリムから、昔からずる賢かったと評価されているほどずる賢い性格をしていて、スポンジボブたちを騙すこともあります。そんな嫌な一面が目立つイカルドですが、演奏家を目指している一面や、優しい一面も多くあり、同じ職場で働いているスポンジボブの事を店長と認めているシーンなども描かれているようでした。

スポンジボブのプロフィール

イカルドの隣に住んでいるキャラクターであり、「スポンジボブ」の主人公であるスポンジボブについて詳しく紹介をしていきます。パイナップルの家に住んでいる海綿動物であるスポンジボブは、時々その外見からチーズだと勘違いされることが多いようでした。また記憶をなくすエピソードでは、自分のことをチーズヘッドだと思い込むシーンが描かれています。ギャグアニメである本作では、ボケ役になることが多いキャラでした。

そんなスポンジボブは、今回紹介しているイカルドとは反対で非常に明るい性格をしていて、かなり前向きなキャラクターでもあります。そのためにイカルドの話をすぐに信じてしまい、騙されることがよくありました。ハイテンションでもありますが、お調子者になりすぎている時もあります。隣に住んでいるイカルドからはうっとおしく思われているようですが、スポンジボブはそのことをあまり気にしていないようでした。

明るく前向きな性格をしているスポンジボブですが、そのためにトラブルメーカーとなることも多くありました。そしてその一番の被害者になってしまうのはイカルドです。また、スポンジボブはトラブルに巻き込まれやすいという評価されていました。カニカーニというハンバーガーショップで働いていて、カニカーニではフライ係を担当していました。店長であるカーニは、初めスポンジボブを雇う気がなく無理難題を押し付けます。

しかし、店の中で暴れて困っていたアンチョビにバーガーを作ったことがきっかけとなって、カーニに気に入られました。フライ係として働くだけではなく、ウェイターの仕事をすることもありました。そんなスポンジボブは小さい頃からハンバーガーを完璧に作れるという特技があり、なんと最初に話した言葉がご注文はなんですかだったようです。無遅刻無欠席というのがポリシーなようで、なんとしてでも職場にいくことがあります。

スポンジ・ボブ | NHKアニメワールド

イカルドのキャラはタコ?イカ?英語名も紹介

海底都市「ビキニタウン」中心に描かれているギャグアニメ「スポンジボブ」では、主人公スポンジボブだけではなく様々なキャラクターが登場します。そんな「スポンジボブ」に登場するキャラクターの一人であるイカルドについて画像と一緒にその魅力を紹介していきます。イカルドはタコとして作中に登場するキャラクターです。そんなイカルドの英語名や、その見た目についてここからは詳しく解説をしていきます。

イカルドの英語名はイカっぽい?

「スポンジボブ」に登場するキャラクターであるイカルドについて画像と一緒に紹介していきます。日本版ではイカルドと表記されていますが、英語名は「Squidward Q.Tentacles」という表記担っていました。そんなイカルドの英語名には守るという意味があり、さらにイカという単語も含まれているキャラクターでした。日本名でも英語名でもイカと言う単語があるということが、非常に話題となっていたようです。

イカルドの見た目はタコっぽい?

英語名でも日本語名でもイカという名前が含まれているイカルドの見た目について画像と一緒に紹介をしていきます。イカルドはその名前にイカが含まれているということから、イカと勘違いをされやすいキャラクターなようです。しかしその見た目はタコとして描かれていました。色合いがタコのように鮮やかではないのですが、その理由にはイカルドが年寄りであるという設定が活かされているのではないかという考察がありました。

イカルドの公式キャラ設定はタコだった

「スポンジボブ」に登場するキャラクターであるタコのキャラクター、イカルドについて画像と一緒に紹介をしていきます。イカルドの名前はイカっぽいのでイカだと思われがちですが、公式での設定はタコだということが判明していました。イカと勘違いをされやすいイカルドですが、作中ではタコのように墨を吐いているシーンなどもありました。また、イカルドの触手は8本ではなく6本であるということが明かされていました。

イカルドの魅力と画像

「スポンジボブ」では、スポンジボブを中心にビキニタウンで暮らしているキャラクターたちが描かれています。そんなビキニタウンの住人の一人であるタコのキャラクターイカルドについて今回は画像と一緒に紹介をしていきます。毒舌キャラクターとして登場し、スポンジボブたちをうっとおしく思っているイカルドですが、イカルドには気の毒な一面もあります。そんなイカルドの魅力についてここからは詳しく解説をしていきます。

イカルドの魅力①被害者

英語名にもイカという意味の単語が入っていることでも話題となった「スポンジボブ」のキャラクター、イカルドの魅力を紹介していきます。イカルドは毒舌なキャラクターであり、スポンジボブたちに対して嫌な態度をとることもありますが、被害者としても描かれていました。「スポンジボブ」で主人公として活躍をしているスポンジボブは、イカルドとは対照的に善意のあるキャラですが、トラブルメーカーという一面もありました。

さらに、スポンジボブと一緒にいるパトリックも、トラブルをよく引き起こすキャラクターです。スポンジボブの隣に住んでいるイカルドは、その二人の被害を一番よく受けているキャラクターとも言われていました。そんなイカルドが受けた被害の中には、なんと家を壊されたというものもあります。二人を嫌ってしまうのも仕方がありません。そんな被害者であるイカルドは、多くの視聴者に同情をされていました。

イカルドの魅力②芸術が趣味

英語名や声優も話題となった「スポンジボブ」のキャラクターであるイカルドの魅力について、画像と一緒に紹介をしていきます。イカルドの魅力の一つには、芸術が趣味であるということが挙げられていました。スポンジボブたちの被害者でもあるイカルドですが、そんなイカルドの趣味は絵画や音楽であるということが明かされていて、イカルドは芸術に対して強い関心があるということが作中で描かれていました。

さらに、イカルドは作中で趣味である絵画や音楽を活かして個展やコンサートを開いていることもありました。音楽では、クラリネットを得意としていていつかはプロのクラリネット奏者になるということがイカルドの夢でもありました。またカニカーニで働いているのも、夢を叶えるための資金を集めるためでした。しかし強い夢を持っているイカルドの演奏技術は高くはなく、ビキニタウンの住人からは才能があると思われていません。

イカルドの魅力③イケメンになった?

声優やその見た目、そして英語名などでも非常に話題となったイカルドについて、その魅力を画像と一緒に紹介をしていきます。イカルドの魅力の中には、イケメンになったということが挙げられていました。イカルドには、若い頃髪がロン毛でイケメンだったというエピソードがありました。しかし、それだけではなく「ハンサムなイカルド」というエピソードでも、イケメンになったイカルドの様子が描かれていました。

「ハンサムなイカルド」ですが、その作中でイカルドはドアに顔をぶつけてしまいました。そしてそのせいでイカルドはなんと手術をすることになってしまいました。そして手術をした後、イカルドはなぜか顔がイケメンになってしまいます。そしてイケメンになったイカルドは人気となり、職場であるカニカーニも繁盛していきます。そんな状況にイカルド本人が嫌になってしまい、イケメンから元の顔へと戻してしまいました。

イカルドの声優

「スポンジボブ」は映画やゲームになるほどの大人気アニメでした。ギャグアニメとしてビキニタウンの住人が様々なトラブルを起こしていくアニメですが、今回はそんな「スポンジボブ」に登場するキャラクターであるイカルドについて画像と一緒に紹介をしていきます。トラブルの一番の被害者と言われているイカルドですが、ここからはそんなイカルドを日本版のアニメで担当していた声優二人について詳しく解説をしていきます。

イカルドの声優①納谷六朗

アメリカで放送されていた大人気アニメ「スポンジボブ」ですが、そんなアニメ「スポンジボブ」の日本版吹き替え声優について詳しく紹介をしていきます。「スポンジボブ」に登場するイカルドの初代担当声優は納谷六朗でした。アニメではシーズン8まで、そして劇場版の一作目を担当していた声優です。2014年には第8回声優アワードで功労賞も受賞した声優納谷六朗についてここからは、画像と一緒に詳しく解説をしていきます。

声優として活躍をしていた納谷六朗ですが、立命館大学を卒業したあと劇団を経て、現在のマウスプロモーションの原型となった江崎プロダクションに所属をしていました。晩年まで声優として活躍をしていましたが、体調不良となった2014年に肺炎のため亡くなっていました。所属していたマウスプロモーションでは後進の育成に積極的な活動を見せていて、自主公演では納谷六朗が主役をするということもあったそうです。

イカルドの担当声優である納谷六朗の出演作品について詳しく解説をしていきます。アニメでは「おそ松くん」「パーマン」「妖怪人間ベム」「あしたのジョー」「クレヨンしんちゃん」「クッキングパパ」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」「名探偵コナン」「キャプテン翼」「ヒカルの碁」「ポケットモンスター」「ブラックジャック」「まじめにふまじめかいけつゾロリ」などの数々の有名作品に出演をしていました。

イカルドの声優②上田燿司

イカルドの声優は、初代声優であった納谷六朗が亡くなった後シーズン9以降は上田燿司に引き継がれていました。ここからはイカルドの二代目の声優である上田燿司について詳しく紹介をしていきます。声優上田燿司は、東京アナウンスアカデミーを卒業していました。そして卒業後はマウスプロモーションの前進である江崎プロダクションに所属をしています。声優として活躍をしていましたが2013年にはラジオ番組も開始しています。

声優として活躍をしている上田燿司ですが、その非常に高い演技力は周囲からの評価も高かったようです。また同じく声優として活躍をしている小野大輔とはマウスプロモーションの養成所の同期であるということが明かされていました。高い演技力を活かして一つの作品でいろいろな役柄を演じていることがありました。ジュエルペットシリーズでは何度もエンドロールに登場をし、視聴者の間ではそのことが話題となっていました。

そんなイカルド役の二代目の声優上田燿司について、出演作を紹介していきます。アニメでは「ヒカルの碁」「しあわせそソウのオコジョさん」「プリンセスチュチュ」「明日のナージャ」「銀河鉄道物語」「学園アリス」「ジュエルペット」「ジョジョの奇妙な冒険」「新テニスの王子様」「夏色キセキ」「テラフォーマーズ」「金田一少年の事件簿」「ワンパンマン」などの数々の作品に、声優として出演をしていました。

イカルドのグッズ情報

ビキニタウンを中心に、スポンジボブたちの日常が描かれている作品「スポンジボブ」はアメリカで放送されていた大人気ギャグアニメでした。そんな「スポンジボブ」に登場するキャラクターであるイカルドの魅力について画像と一緒に紹介をしています。英語名や、見た目、そして作中で一番の被害者であるということなどをここまでは解説してきました。ここからは、そんなイカルドのグッズについて詳しく解説をしていきます。

イカルドのグッズ①ぬいぐるみ

「スポンジボブ」に登場するキャラクターであるイカルドのグッズについて画像と一緒に紹介をしていきます。イカルドは、「スポンジボブ」の中でも大人気のキャラクターです。また、「スポンジボブ」の区やラクターグッズは日本では大人気でした。そんなイカルドのグッズの中には、ぬいぐるみがありました。アニメでの作中に登場するイカルドそのまんまの姿を商品化されたぬいぐるみはイカルドのグッズの中でも有名です。

イカルドのグッズ②パーカー

「スポンジボブ」に登場する大人気キャラクターのイカルドのグッズについて画像と一緒に紹介をしていきます。イカルドは、スポンジボブのキャラクターとして様々なグッズが展開されていました。そんなイカルドのグッズの中の一つが、パーカーです。背中に大きくイカルドノ特徴的な不機嫌そうな顔がプリントされているパーカーは、非常に大人気となっています。また前面にイカルドが印刷されているものもありました。

イカルドに関する感想や評価は?

ギャグアニメとして、アメリカで大ヒットをし日本でもそのキャラクターグッズが爆発的に売れるなどしたアニメ「スポンジボブ」には様々なキャラクターが登場します。そんな「スポンジボブ」のキャラクターの一人であるイカルドについて今回は詳しく紹介をしていきます。イカルドは、常に不機嫌であり毒舌でありながらいつかはプロの演奏家になることを夢見ているキャラクターです。そんなイカルドに関する感想を紹介します。

タコなんだ!

アメリカだけでなく日本でも放送されていたアニメ「スポンジボブ」に登場するキャラクターであるイカルドに関する感想や評価について詳しく紹介をしていきます。イカルドに関する感想や評価の中には、イカルドがタコであることに驚いている感想が非常に多く目立っていました。日本名だけではなく、英語名にもイカという単語が含まれているためにイカルドをイカのキャラクターだと勘違いをしている視聴者が多いようです。

イカルドのキャラまとめ

アニメ「スポンジボブ」は1995年からギャグアニメとしてアメリカで放送されていました。そんな「スポンジボブ」では、ビキニタウンの住人たちの日常がコミカルに描かれています。日本でもキャラクターグッズが人気になり、ゲーム化されていました。今回は「スポンジボブ」に登場するキャラクターであるイカルドについて紹介をしてきました。イカルドは、英語名でもイカと言う名前が含まれているキャラクターです。

タコであるにもかかわらず、日本名でも英語名でもイカと言う単語が含まれていることで話題となったイカルドには様々な魅力がありました。芸術に対して強い関心があり、夢のために資金を稼いでいるということや、イケメンになったことがあるなどその魅力は様々です。またイカルドの日本語吹き替えはベテラン声優が演じています。そんなイカルドが登場するアニメ「スポンジボブ」一度ご覧になってはいかがでしょうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ