【七つの大罪】デリエリ(十戒)が可愛い!強さ・能力や女神族との関係は?

鈴木央原作『七つの大罪』は、2011年から「週刊少年マガジン」に掲載され、累計発行部数は3000万部を突破するほどに人気が高い漫画です。その『七つの大罪』に登場する魔神族のデリエリ(十戒)が可愛いと読者の間では話題となっています。デリエリとは一体どんなキャラクターなのでしょうか?また、デリエリと因縁の関係という女神族のエリザベスについても気になるところです。デリエリ(十戒)の可愛さと強さ・能力や魔族のデリエリと女神族との関係についてご紹介していきます。

【七つの大罪】デリエリ(十戒)が可愛い!強さ・能力や女神族との関係は?のイメージ

目次

  1. デリエリ(十戒)はどんなキャラ?
  2. デリエリ(十戒)の可愛い魅力
  3. デリエリ(十戒)の強さ・能力
  4. デリエリ(十戒)と女神族の関係
  5. デリエリ(十戒)とメリオダスの関係
  6. デリエリ(十戒)の声優
  7. デリエリ(十戒)に関する感想や評価は?
  8. デリエリ(十戒)の可愛い魅力まとめ

デリエリ(十戒)はどんなキャラ?

「週刊少年マガジン」で大変人気を博している『七つの大罪』に登場するデリエリが可愛いと読者の間で話題になっています。デリエリとは一体どんなキャラクターなのでしょうか?強さや能力、デリエリと因縁の関係であるという女神族と女神族に属するエリザベスとの関係性について迫ります。

七つの大罪の作品情報

『七つの大罪』は、鈴木央原作による日本の漫画作品で「週刊少年マガジン」で連載しており、第39回講談社漫画賞・少年部門受賞した大人気漫画です。『七つの大罪』の舞台は、人間の世界とそうでない種族の世界が分裂していなかった太古のブリタニア(イギリス)の大地です。

何者かに王国転覆を図ったとして聖騎士長殺害容疑かけられた、7人の大罪人から組織された伝説の騎士団『七つの大罪』は、賞金首をかけられ、王国の聖戦士たちに追われていました。そんな『七つの大罪』の前にある一人少女が現れたことで、『七つの大罪』の壮大なファンタジー大冒険が幕を開けます!

デリエリは十戒の一人

『七つの大罪』の女性キャラクターの中でもっとも人気の高いキャラクターは、魔王直属の超精鋭部隊「十戒」のメンバーの1人のデリエリです。3000年前の聖戦に敗れ、封印されていましたが、魔神族の復活のために尽力した「十戒」の1人、フラウドリンによって復活を果たします。見た目は服を纏っておらず、引き締まったボディラインは艶っぽく、若々しさを感じさせますが、年齢は封印時で377歳とうかなりの年齢の女性です。

デリエリの性格

物語の会話ややり取りから、デリエリ(十戒)の基本の性格はあまり多くを語らない為に通訳が必要で、淡白で無駄があまり好きではなく、面倒くさがりの様です。話を端折る場面も見られることから短気とも言える様です。普段は無口ですが、恨みを持つ女神族を前にすると自制が効かなくなり、激昂する場面も見られます。

デリエリはモンスピートと行動

『七つの大罪』でモンスピートとは、十戒の1人でデリエリと共に封印されていた人物です。見た目は黒紫色の髪、ストレートパートの髭をしたマント姿の中年の男性です。「世話焼き」な性格で、デリエリとパートナーと言っていいほど行動を共にし、デリエリの通訳をしています。 どうやら、モンスピートはデリエリのことが好きなようですが、自らの戒禁が「沈黙」ということもあり、デリエリに思いを伝えることが出来ないようです。

デリエリはモンスピートの言うことは素直に聞くようです。まるで夫婦のような2人ですが、絶対に結ばれることはありません。それは、デリエリの戒禁が「純潔」で恋愛をしてはいけないというもののようだからです。物語ではデリエリの戒禁がどのようなものか明らかにされていないのではっきりとは言えませんが、「純潔」というところから推測されます。

デリエリは女神族に仲間や姉を殺されたことに怒りを覚えていましたが、人間や女神族に命を救われたこともあり、第2次聖戦のころから、十戒でいることに自信を無くしていました。戒禁を十戒に返しに行くとモンスピートに言います。モンスピートはデリエリがいつになく饒舌に話すのことに喜んでいました。

デリエリが無口だったのは、デリエリの姉がモンスピートのことがずっと好きで、姉に申し訳ないと思い、あまり話さないようにしていたのでした。そんなやり取りとしている2人に前に、デリエリたちの十戒を奪おうとする魔神族の王の息子・エスタロッサが現れます。

モンスピートがエスタロサを抑え込みますが、デリエリが油断した隙をついてエスタロッサがデリエリに攻撃します。デリエリを庇ったモンスピートはエスタロッサに胸を突かれて命を落とします。

デリエリはモンスピートの気持ちに気づいており、またデリエリもモンスピートのことを大切に思っていたのです。十戒を返せていれば、モンスピートはデリエリに思いを伝え、もしかしたら恋人同士になっていたか可能性のあった2人でしたが、それが叶うことはありませんでした。

TVアニメ「七つの大罪 戒めの復活」公式サイト

デリエリ(十戒)の可愛い魅力

『七つの大罪』の女性キャラクターの中で一番人気あるキャラクター、十戒のデリエリが可愛いと言われる魅力についてご紹介していきます。デリエリの可愛い魅力には大きく下記の3つが上げられるようです。詳しく見ていきましょう!

デリエリ可愛い魅力①全裸のような外見

『七つの大罪』の読者の間でデリエリが可愛いと言われる理由は、部分的には隠されていますが洋服を纏っておらず、全裸のような見た目がセクシーで惹かれる方が多ようです。デリエリは可愛い見かけに対して性格に気の強さが目立ち、そのギャップに惹かれる読者が多いようです。それに加え、可愛い喋り方やデリエリに当てられた声もデリエリのイメージにぴったりと人気に影響しているようです。

デリエリ可愛い魅力②髪の長さ

女性キャラクター人気№1のデリエリの可愛い魅力の一つには、髪の長さにもあるようです。デリエリのオレンジ髪は当初ロングヘアでしたが、モンスピートによって切られてしまい、ショートヘアになりました。ロングヘアが好みだったという読者もいましたが、ショートヘアになったことでデリエリが可愛いとさらにファンが増えたようです。

デリエリ可愛い魅力③独特な口癖

デリエリの可愛い魅力の口癖とは「ケツから言って」です。デリエリはまわりくどいのがあまり好きではないようで、結論を先に言いたがります。この独特な口癖が、デリエリの喋り方と耳に残る声優の声とが相俟って、読者にデリエリのキャラクターを色濃く印象付けたようです。七つの大罪には、口癖を持つキャラクターが他にいないということから、この口癖がデリエリのキャラクターを際立たせたと言っても間違いではなさそうです。

デリエリ(十戒)の強さ・能力

SNS上でデリエリ(十戒)の強さ・能力が物凄く高いと話題になっています。デリエリの闘級や必殺技、十戒に与えられた戒禁について気になるところです。デリエリの強さと能力についてまとめて詳細を見ていきます。

デリエリの闘級

『七つの大罪』のデリエリの強さ、能力の闘級は平常時は50500ですが、魔力が高まっている時は52000と高い強さを見せます。デリエリは『十戒』メンバーの中で、1番の強さを持つエスタロッサの53000に次いで2番目の強さを持っており、四大天使と戦って生き残っていることからも、その強さが伺えます。

中でもデリエリの能力の中で1番の強さは武力で48000です。遠距離戦よりも近距離戦を得意としているようです。他の力は、魔力1500、気力2500と武力の強さに比べて極端に低いです。

デリエリの必殺技は連撃星

デリエリ(十戒)の得意、必殺技は「連撃星(コンボスター)」 という連撃技です。超攻撃特化型の魔力で、途切れずに命中する度に一撃に20万ポンドの重さ、打撃が加せられていき、防御が役に立たなくなるほどの威力を発揮します。これまでにこの攻撃を50発以上耐える事ができたのは、七つの大罪の主人公メリオダスと四大天使であるタルミエルのみと言われてます。

デリエリのインデュラ

インデュラとは、闘級5万以上の7つの心臓を持つ上位魔神にのみに許された禁忌の術です。六つの心臓を贄に捧げる事で、闇と契約します。術者は元の姿と理性を失い、残りの心臓が燃え尽きるまで暴れ続けます。

3000年前の世界では、デリエリはインデュラ化します。禁忌の術によってインディラ化した際の強さは公開されていませんが、圧倒的な強さを見せた『四大天使・リュドシエル』でも、インデュラ化したデリエリにはまったく歯が立ちませんでした。

デリエリの戒禁『純潔』

『七つの大罪』で「十戒」メンバーにはがそれぞれに魔神王から与えられた『戒禁』というものがあります。デリエリは『純潔』の戒禁を持っていますが、その効果がどのようなものなのかは明らかにされていません。

ファンの間では『純潔』の意味からすると、汚れた心や身を持つ者に何かしらの制裁が加えるものだと推測されているようです。それは、デリエリを守るための盾なようなもので、邪な思いでデリエリに近づいたものを罰すると言った類のものと考えられているようです。

デリエリ(十戒)と女神族の関係

魔神族を捕虜として捉えていた女神族にデリエリは魔神族の仲間を引き連れて仲間を助け出そうと女神族の元を訪れます。女神族のエリザベスは、女神族が魔神族を捉えているということを知らず、もしそれが本当であるならば拉致された魔神族を解放するとデリエリと約束しますが、果たして魔神族・デリエリと女神族・エリザベスの関係性はどうなっていくのでしょうか?2人の関係性についてご紹介していきます。

デリエリと女神族の因縁の過去

『七つの大罪』の物語で女神族に数万以上の魔神族の同胞達が捕虜として拉致され、デリエリはその魔神族を助け出そうと仲間と共に救出作戦に臨みます。救出作戦の最中にデリエリは女神族のエリザベスに遭遇します。

エリザベスは魔神族を捕虜として捉えている事実を知らず、もしそれが本当ならば魔神族を解放すると約束し、デリエリに協力的な姿勢をみせていましたが、四大天使リュドシエルの策略でエリザベスは魔神族虐殺計画の片棒を担がされ、拉致してた魔神族はデリエリの目の前で皆殺しにされてしまいます。その中にはデリエリの姉も含まれていました。

デリエリは女神族のエリザベスに拉致した魔神族を解放するという約束を見事に裏切られる形となり、3000年前の四大天使との戦いの際にデリエリは、モンスピートと共に覚悟を決めて禁忌の術でインデュラ化し、女神族と戦います。魔物化していくデリエリを必死で説得したエリザベスの努力の甲斐あってデリエリの姿は元に戻ります。

デリエリは闇と契約してインディラ化した際に、7つのうち6つの心臓と左腕を失いましたが、その聖戦での影響を見せないほどに3000年後の時でもその強さは健在です。デリエリは女神族とエリザベスに対して怒りと憎しみで溢れて恨むようになり、その因縁は3000年後もなお続いています。

デリエリのエリザベスへの恨み

デリエリは女神族のエリザベスと拉致されている魔神族の解放を求めてエリザベスと交渉し、エリザベスから魔人族の解放を働きかけると約束されますが、その約束が果たされることはありませんでした。リュドシエルの策略によってデリエリの姉を含めた魔神族の見るも無残な大量虐殺をデリエリは目撃してしまいます。

女神族のエリザベスはデリエリを嵌めようとしたわけではなく、魔神族の解放を真剣に考えていたのですが、力が及ばず、約束が果た背ませんでした。デリエリは約束を破ったとしてエリザベスを心の底から恨みます。後になって、エリザベスの本心を知ることになるデリエリですが、後に引けなくなったデリエリは尚もエリザベスのことを恨み続けるのです。

デリエリは女神族ネロバスタを瞬殺

デリエリは人間族との戦いの際、人間族の長が自分の命を投げ出して体に女神・ネロバスタを降臨させます。その時にデリエリはネロバスタに再会します。デリエリを見たネロバスタは戦いを放棄し逃げ出しますが、女神族に強い恨みを持っているデリエリがネロバスタを逃すはずがありません。3000年前の魔神族、大量虐殺の際の言い訳をするネロバスタに対して問答無用で躊躇なく切りつけて瞬殺し、圧倒的な力を見せます。

これまでの十戒の戦い方を見ていくと、十戒たちは戦い事態を楽しんでいるところがあるようですが、ネロバスタや他の女神族との戦いを見てみるとその戦いぶりには容赦がなく、女神族に対して計り知れない恨みを持っていることが見て取れます。

デリエリ(十戒)とメリオダスの関係

十戒の統率者だったメリオダスとデリエリの関係に注目が注がれます。エリザベスの気を感じたデリエリとモンスピートはエリザベスの気を追ってエリザベスに詰め寄ります。目の前にいる人物がエリザベスだと確信したデリエリは、エリザベスを殺そうとしますが、その時にメダリオスが現れてエリザベスを助けます。メリオダスの出現に驚くデリエリです。デリエリとメダリオスの関係について迫ります。

デリエリはメリオダスに負けた?

大喧嘩祭りでデリエリは十戒の統率者のメリオダスを殺すことに成功し、ブリタニアを侵攻していきます。エリザベスの気を感じたデリエリはその気を追い、目の前にいるのがエリザベスだと確信するとエリザベスを殺そうとしますが、その時、死んだはずのメダリオスが現れてエリザベスを助けるのです。メリオダスは永遠の生という呪いをかけられていたため、復活して力を取り戻します。

復活して更に強い力を手に入れたメリオダスの繰り出した「全反撃『フルカウンター』」を、まともに食らったデリエリとモンスピートは吹き飛ばされます。そして、2人はそのまま姿をくらまし、吹っ飛ばされて付いた村で人間の援助を受けて洋服を着る生活を密かに送るのです。

お互いに殺されてはいませんが、結果として吹き飛ばされて姿をくらましたデリエリたちが負けたということになるのでしょう。読者の間ではデリエリが洋服を着て村でひっそりと暮らしているのが意外だったようです。

デリエリのメリオダスに対する疑問

「十戒」は魔神族で支配するために結成されたものですが、「十戒」は散り散りになりつつあります。「十戒」の統率者のメリオダスの「全反撃『フルカウンター』」で吹き飛ばされたデリエリとモンスピートは、メリオダスが自分たちを殺さなかったことに疑問を抱きます。

そのため招集命令があった際も応答しませんでした。デリエリは心境の変化で「十戒」を続けていく自信がなくなってしまったようでした。他の「十戒」のメンバーにもどうやら心境の変化があったようです。

デリエリ(十戒)の声優

『七つの大罪』のデリエリ(十戒)の声を担当している声優の声が特徴的で可愛いとSNS上で話題となっています。デリエリの声を担当している声優は誰なのでしょうか?プロフィールやその他の出演作品などを含めてご紹介していきます。

デリエリの声優は高垣彩陽

デリエリの声を担当している高垣彩陽(たかがきあやひ)さんは、桜蘭高校ホスト部の上賀茂椿で声優デビューし、その特徴的な声で様々なキャラクターを演じて高い人気を得ています。

声優業だけでなく、超人気声優ボーカルユニットである「スフィア」のメンバーでもあり、ミュージカル「きみはいい人、チャーリーブラウン」や、ドラマ「金田一少年の事件簿(堂本剛主演)」で監督デビューした堤幸彦監督が舞台演出の「KAKOCHI-YA」などにも出演し、自身のCDも出すなどの多ジャンルで活躍しています。

高垣彩陽のプロフィール

  • 氏名:高垣彩陽(たかがきあやひ)
  • 性別:女性
  • 出生地:東京都
  • 生年月日:1985年10月25日
  • 年齢:33歳
  • 血液型:A型
  • 身長:151.6 cm
  • 職業:声優、歌手、舞台女優
  • 事務所:ミュージックレイン
  • 趣味/特技:声楽、絵を描くこと、ダジャレ、ひとり旅、日舞、ミュージカル観賞、シュノーケリング、料理(妄想)

高垣彩陽の他の出演作

【高垣彩陽の他の声優出演作品】

  • 「宝石の国」(ジェード)
  • 「覆面系ノイズ」(珠久里深桜)
  • 「青の祓魔師 京都不浄王篇」(クロ)
  • 「ベイブレードバースト」(黒神ダイナ)
  • 「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズ(雪音クリス)
  • 「東京喰種」(イトリ)
  • 「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」(マライア)
  • 「デュラララ!!シリーズ」(狩沢絵理華)
  • 「ガンダムGのレコンギスタ」(マニィ・アンバサダ)
  • 「ソードアート・オンライン」シリーズ(リズベット) /その他多数

デリエリ(十戒)に関する感想や評価は?

デリエリの髪はショートの方が好きという声が多いようです。また、デリエリとモンスピートのコンビが大好きというファンが多いようです。モンスピートがデリエリのことを女の子扱いするところが微笑ましく好きという声が上がっているようです。

デリエリはモンスピートの気持ちに気づいていないと思われていましたが、モンスピートの気持ちに気づいていたデリエリが描かれていたの見て、良かったという読者からの声が上がっています。十戒の影響もあって自分たちの気持ちを伝えることが出来なかった2人ですが、共に行動するのが多いことから2人は両想いであることは分かっていたのかもしれません。

戒禁を手放すと言い出したデリエリは十戒でいることに自信が亡くなったと言いますが、心のどこかでモンスピートとのこともあったかもしれません。少なくともモンスピートはデリエリに気持ちを伝えたいと思っていたようです。それが出来なかったモンスピートとデリエリの二人の関係にはどこか切なさを感じさせます。

デリエリ(十戒)の可愛い魅力まとめ

『七つの大罪』のデリエリ(十戒)の可愛いさと強さ、デリエリの持つ能力や女神族との関係についてまとめてご紹介してきました。見た目は引き締まったセクシーなボディラインで若々しいですが、年齢は377歳で可愛いキャラクター、その見た目と性格のギャップから『七つの大罪』の中で人気の高いキャラクターのようです。

デリエリの声を担当の高垣彩陽さんが声を当てることで、さらにデリエリのキャラクターが際立ち、可愛いデリエリのキャラクター人気に拍車が掛かっているようです。デリエリは意外と魔神族にしては情深いところがあるようです。

命がけで自分を助けた女神族のエリザベス、吹き飛ばされた村で介抱してくれた人間に対して魔神族が世界を支配しようとしていた十戒の意思を保つ自信がなくなったデリエリは、とてもいい魔神族なのでないかと印象を持たれた読者も多かったのではないでしょうか?

どうやら、デリエリの魅力は見た目の可愛さや話し方だけではなく、そういった思いやる気持ちを持ち合わせているところも魅力となって高い人気を得ているのかもしれません。モンスピートを失ったデリエリは、その後、エリザベスの気を再び感じエリザベスの元を訪れます。果たして今後の2人の関係はどうなっていくのでしょうか?これからも『七つの大罪』のストーリー展開から目が離せません。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ