【ワンパンマン】無免ライダーがかっこよすぎる!名言・名シーンや魅力を紹介

2019年4月から2期のアニメ化が決定した、ONE先生による漫画『ワンパンマン』。今回はそのワンパンマンに登場する、C級1位のヒーロー“無免ライダー”についてご紹介。真のヒーローとも言われる無免ライダーはその名の通り自転車で日々移動をしているヒーローで、数々の名シーンを生み出したことによりかっこいいと人気のあるキャラクターです。無免ライダーの強さ、そして名前の由来とは?そしてアニメ『ワンパンマン』で感動して泣けると言われている回や、声優までじっくり無免ライダーについて迫っていきます!

【ワンパンマン】無免ライダーがかっこよすぎる!名言・名シーンや魅力を紹介のイメージ

目次

  1. 無免ライダーとは?
  2. 無免ライダーのかっこいい名言・名シーン集
  3. 無免ライダーの魅力や今後の活躍に迫る
  4. 無免ライダーの強さや能力について
  5. 無免ライダー参上!泣けるアニメ9話をネタバレ
  6. 無免ライダーに対する感想や評価は?
  7. 無免ライダーの自転車強さ泣けるまとめ!

無免ライダーとは?

無免ライダーは正義の自転車乗り

ボディースーツにゴーグル、そして競輪風ヘルメットを身に付けた“正義の自転車乗り”と呼ばれる無免ライダー。「ジャスティス号」という自転車に乗り、真面目で優しく正義の心をもつ25歳の青年です。ヒーローとしての強さが備わっているわけではありませんが、無免ライダーが持つ最大の武器は“正義の心”。勝ち目の無い強敵に正々堂々と挑むからこそ、かっこいいと言われています。

無免ライダーの名前の由来

“ライダーなのに無免…?”と思ってしまうような無免ライダーという名前。その名前の由来には、ある物語があります。元々は原付免許を持っていたという、無免ライダー。事件が発生すると猛スピードで現場へかけつけるあまり、スピード違反を繰り返したため免許失効してしまったそうです。名前の由来からも、無免ライダーの正義感が強さが伺えます。

無免ライダーの声優は中村悠一さん

2015年に放送していたアニメ『ワンパンマン』(1期)で、無免ライダーの声を演じたのは声優の中村悠一さんです。1980年2月20日生まれで、香川県木田郡庵治町出身。当時は映画の吹き替えを志望して、代々木アニメーション学院に入学したそうです。2001年に放送されたアニメ『電脳冒険記ウェブダイバー』のライガオン・グリフィオン役で声優デビューを果たしました。

【中村悠一さんの代表作】

  • 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ:ダイナソー竜崎役
  • おそ松さん:カラ松役
  • ポプテピピック(ポプ子役〈第5話Bパート〉)
  • Re:ゼロから始める異世界生活:ラインハルト・ヴァン・アストレア役
  • 響け!ユーフォニアム:橋本真博役

Thumbワンパンマンのアニメ声優一覧!豪華すぎると話題のキャストをまとめて紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

無免ライダーのかっこいい名言・名シーン集

名言・名シーン①移動方法

住民のピンチや事件が発生した際に、逸早く駆けつけようとスピード違反を繰り返したという無免ライダー。免許失効となった今、彼の移動手段こそが「ジャスティス号」という自転車です。事件が発生した際には、“立ちこぎモード”になり現場へ駆けつけようと奮闘します。正義感の強さが溢れる雄叫び「吼えろジャスティス号!うおおおおおお」は、無免ライダーの名言の1つと言われています。

名言・名シーン②無免ライダーVS深海王

S級サイボーグの青年・ジェノスが立ち向かっても敵わない、深海王との戦いに挑んだ無免ライダー。誰の目から見ても勝てるはずの無い、C級ヒーローの無免ライダー…もちろん深海王に敵うはずもなく惨敗する結果となりました。「俺が一番よくわかってるんだよぉ…」と俯く無免ライダー。自分の弱さを自分自身でも理解しながら、深海王に立ち向かう姿がかっこいいと評価されています。

名言・名シーン③無免ライダーVS深海王2

自分自身の弱さと向き合った無免ライダー…その後も正義のヒーローとして戦わなくてはいけないと、深海王に無謀な勝負を挑み続けます。頭や鼻から血を流しながらも、「ここで俺はお前に立ち向かわなくちゃいけないんだ!」という心と正義感の強さを見せたシーンは、主人公のようにかっこいいと言われています。立ち向かい続ける無免ライダーの姿を見た住民たちも、彼を応援して最後の希望を託しました。

名言・名シーン④サイタマへの手紙

シンプルに大きな文字で、「ありがとう」と書かれた手紙。この手紙は無免ライダーが、主人公で友人のサイタマへ送ったものです。深海王を一撃で倒してしまったサイタマは、“他のヒーローの存在意義”について疑問を投げ掛けてきた住民から悪口が書かれた手紙が届くようになります。その中1通だけ「ありがとう」と書かれた手紙が…無免ライダーの人柄が現れた名シーンと言われています。

名言・名シーン⑤感謝の気持ち

「今日はキミを探していた…手紙では伝えきれなくてね」と、友人のサイタマに伝えた無免ライダー。B級ヒーロー昇格となったサイタマが、ヒーロー協会へ行った帰りに無免ライダーと屋台で遭遇しました。とにかく感謝を伝える為に、自転車を走らせてサイタマを探していたという無免ライダー。友人を想う強さを感じさせるシーンで、さらに無免ライダーの人柄の良さが伝わるかっこいいシーンです。

名言・名シーン⑥ガロウVSタンクトップマスター

ヒーロー狩りをするガロウの、ターゲットとなってしまった無免ライダー。しかしそこにS級ヒーロータンクトップマスターと、タンクトップ集団が登場!圧倒的な強さを見せつけたタンクトップマスターは、ガロウにトドメを刺そうとします。その時「恥ずかしくないのか!」「チンピラ相手にトドメを刺そうなんて!」と、自分を襲おうとしていたガロウさえも庇ったかっこいい名シーンが生まれました。

名言・名シーン⑦怪人VSタンクトップマスター

病院に怪人が現れてしまうという、無免ライダーに訪れた危機。無免ライダー本人もその時、腕を折る大けがを負っていました。そんな無謀な状況にも関わらず「俺が退く訳にはいかない…」というかっこいい台詞と共に、怪人に立ち向う強さを見せました。S級ヒーロー・タンクトップマスターと連携を取ることになった無免ライダーは、怪人が動けないように足を掴む活躍をみせて見事勝利しました!

名言・名シーン⑧怪人VSタンクトップマスター2

タンクトップマスターとの連携により、見事怪人を撃破した無免ライダー。タンクトップマスターは、怪我を追ってボロボロな状態の無免ライダーを見て「ムチャをするな」と言います。続けて「立てるか?」と無免ライダーに聞くと、「立つさ…!」と笑顔で答えた無免ライダー。“立てる”ではなく“立つ”と言う点においても、無免ライダーらしい強さを感じさせるかっこいいシーンだと評価されています。

無免ライダーの魅力や今後の活躍に迫る

無免ライダーは子供に優しい

無免ライダーは誰にでも優しい心を持つ正義感溢れる青年ですが、子供にも優しく接しているシーンが描かれています。そのシーンとは、『ワンパンマン』5巻が元ネタになっている一場面。子供が持っていた風船が木の枝に引っかかってしまい、無免ライダーが一生懸命木にしがみ付いて取ろうとしています。アニメでは無事風船をとってもらった子供が、笑みを浮かべているシーンが描かれています。

無免ライダーのかわいい一面

自分の弱さをも受け止め、正義を貫くことから“かっこいい”と定評のある無免ライダーですが、『ワンパンマン』作中では可愛いしぐさを垣間見る事ができます。無免ライダーが入院しているシーンで、「誰かが止めなければ被害は拡大する」という言葉に対してコクコクと何度も頷く可愛らしい姿を見せています。他にもサイタマの発言に、脳内でツッコミを入れたりする一面もあります。

無免ライダーのボケた一面

無免ライダーには少しボケた一面も。ヒーロー狩りをするガロウと出会ったシーンで、少しボケた無免ライダーを垣間見る事が出来ます。自転車に跨り、ガロウに“狩る”意味について問いかけた無免ライダー。そこで真顔な無免ライダーが「君は僕のファンではなさそうだが…」という一言を残しました。無免ライダーにとって「ファン=狩ってくる存在」なのでしょうか…この様な少しボケた一面を見せました。

無免ライダーとサイタマの友情

どんな怪人でもワンパンで倒すサイタマには、能力では到底及ばない無免ライダー。しかし二人は互いを尊敬し、認め合っています。深海王VS無免ライダーで敗北した際、「ナイスファイト」と一言声をかけたサイタマ。助けられた感謝を手紙で書き、さらに屋台でご飯を奢った無免ライダー。無免ライダーが入院した際にはサイタマがお見舞いに来るなど…今後もじわっと泣ける二人の友情に注目です。

無免ライダーのグッズがかわいい

ファンにとっては残念がる声も上がっていますが、無免ライダーはサブキャラな為グッズは主要キャラに比べたら少なめです。しかしカバンや携帯電話に付けることができる「ラバーストラップ」や「フィギュアキーホルダー」で、無免ライダーも展開されています。気合が入ったかっこいい表情の無免ライダーと、二頭身で可愛らしい笑顔の無免ライダー…どちらも好評発売中のようです!

アニメ2期の活躍も見逃せない

2015年に放送されたアニメ『ワンパンマン』に続き、2019年4月に第2期の制作が決定しました!大盗賊団「ダークマター」の首領、ボロスとの大激戦で勝利をおさめた第1期。第2期では出番の少なかったS級ヒーローたちの活躍や、無免ライダーとガロウとの戦いが描かれると、ファンの間で予想されているようです。詳細は今後発表される予定なので、第1期を振り返ってみてはいかがでしょうか?

【ワンパンマン1期:アニメ情報】

  • 放送期間:2015年10月5日~12月21日  
  • 監督:夏目真悟 
  • キャラクターデザイン:久保田誓
  • 放送局:テレビ東京他
  • アニメーション制作:マッドハウス

【主要キャラクター/声優】

  • サイタマ / 声優:古川慎
  • ジェノス / 声優:石川界人
  • 音速のソニック / 声優:梶裕貴
  • 戦慄のタツマキ / 声優:悠木碧
  • 地獄のフブキ / 声優:早見沙織
  • キング / 声優:安元洋貴

Thumbワンパンマン2期の放送日はいつ?主題歌や内容・声優まで徹底考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

無免ライダーの強さや能力について

無免ライダーの装備

全ての装備に「ジャスティス」という名前がついている、無免ライダーの装備品。しかしどの装備品もスポーツショップや、ホームセンターで売られているものだそうです。さらにキャッチャーが付けるプロテクターの様にも見える、ジャスティススーツに関しては3日徹夜して作成したオンリーワンの防具です!自転車の“ジャスティス号”が一番高価なのでは…とも推測されているようです。

無免ライダーの強さと能力

S級、A級、B級、C級とランク分けされている『ワンパンマン』の世界で、無免ライダーは自分の弱さを認めている程決して強い訳では無くランクもC級です。しかし深海王との戦いでランクが上のヒーローたちが1撃で倒されている中、無免ライダーは数回攻撃を食らってもふんばって立ち上がりました。この持久力と諦めない信念こそが、無免ライダー最大の強さだと言えるのかもしれません。

無免ライダーの必殺技

いつも行動を共にする自転車、“ジャスティス号”を使った無免ライダーの必殺技…その名も『ジャスティスクラッシュ』。第30話に登場したジャスティスクラッシュは文字通り、自転車を相手にぶつけて攻撃する技です。さらにもう1つの必殺技、『ジャスティスタックル』。こちらの技は相手に飛びかかってタックルするというシンプルなものですが、どちらも正面から戦いに挑む無免ライダーらしい必殺技です。

無免ライダー参上!泣けるアニメ9話をネタバレ

アバン

「深海の王というのは…お前か」という、ジェノスのセリフで始まった番組冒頭。フルパワーで殴りかかったジェノス…そして吹き飛んだ深海王。一撃で深海王を撃破したと思われましたが、そう思ったのも束の間。ジェノスを殴り飛ばした深海王は「キレたわ、ぐちゃぐちゃにしてあげる」と一言。ピンチを迎えたジェノス…そして場面はかわり、立ちこぎモードで現場へ向う無免ライダーが登場しました。

本編前半

ジェノスがやられてしまい、絶望的な表情を浮かべる人々。傷を負いながらも戦い続けるジェノスでしたが、ダメージを受けてもすぐに回復する深海王相手に、なす術がない状況でした。とうとうジェノスも立ち上がれない状態になり、深海王に踏みつけられそうになった所…「ジャスティスクラーッシュ!」と深海王の背中に自転車がぶつけられました。

背中にぶつけられたのは勿論、無免ライダーのジャスティス号。「正義の自転車乗り、無免ライダー参上!」と華麗に登場した無免ライダーでしたが、ジェノスに戦うことを止められます。しかし敵わない相手であろうと、立ち向かう無免ライダーは深海王に攻撃。しかし深海王から全く相手にされず、「分かっているんだ…自分が弱いなんてことは分かっているんだ!」と自分の弱さとも闘うのでした。

「勝てる勝てないじゃなく、ここで俺は、お前に立ち向かわなくちゃいけないんだ!」と言いながら何度殴られても、頭から血を流しても立ち向かう無免ライダー。その姿をみた1人の男の子が、涙を流しながら応援をはじめました。すると市民たちも一緒に応援をはじめましたが、無免ライダーは深海王に殴り飛ばされてしまったのでした。しかしここでサイタマが登場し、深海王をワンパンで撃破したのでした。

本編後半

後半の舞台は、Z市でサイタマとジェノスが一緒に歩いているシーンからはじまります。ドローンで運ばれて来た、大量の手紙を受け取ったサイタマとジェノス…それはファンレターでした。さっそく部屋に持ち帰って手紙を開けた2人でしたが、その手紙の内容は「ヒキョウ者のインチキ野郎」「ハゲ」などサイタマを貶す内容だったのでした。

サイタマがワンパンで深海王を撃破したことにより、“深海王は実は弱かったのでは?”“ヒーローらしくして欲しい”という嫌味をいう市民たちが現れたのでした。さらにサイタマの元にはもう二通の手紙が。そこには「ありがとう」と感謝の言葉が書いてあったのでした。そしてもう片方の手紙には、サイタマがC級の一位に昇格したという内容だったのでした。

ヒーロー協会を訪れて、B級ヒーローになることを決断したサイタマ。そして協会からの帰り道、サイタマはおでん屋さんに入りました。そこには…無免ライダーの姿が!B級ヒーローになったお祝いと、直接あって「ありがとう」と伝えたかったという無免ライダー。あの感謝が綴られた手紙は、無免ライダーが書いたということをサイタマは気付き、嬉しそうな表情を浮かべたのでした。

Thumbワンパンマンの主人公・サイタマの強さはS級以上?その実力や画像を調査 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

無免ライダーに対する感想や評価は?

感想①名言がかっこよすぎて泣ける…

「無免ライダーVS深海王のシーン、何度見ても泣ける」「勝てる勝てないじゃなくて…という名言がかっこよすぎて泣ける」「諦めない姿に泣ける」「無免ライダーが立ち向かっていくシーン…毎回泣ける」など、深海王と戦うアニメ9話が泣けるという感想が多く上がっていました!また9話に登場した「ありがとう」と書いた手紙も泣けるという声が相次いでいました。

感想②名前とその由来がかっこいい!

「無免ライダー…まず名前からして良い」「無免ライダーの名前の由来が好き」という感想が多数上がっていました。また「無免?って思ったけど、由来を知ると納得」「名前の由来を知るとより好きになる」「名前の由来からも正義感の強さを感じる」「住民を助ける為にスピード違反して免許無いって由来…かっこよすぎ」など、名前の由来に関する感想も多く上がっていました。

感想③無免ライダー好きすぎる!

「無免ライダー、好きすぎる…かっこいい…憧れる」「一番ヒーローっぽいヒーローの無免ライダーが好きすぎる」「数多くの名言を残している無免ライダー、本当に好きなキャラクターだ」など、何者にも恐れず立ち向かう無免ライダーが「とにかく好き!」という感想が圧倒的に多く上がっていました!今後の活躍に期待をよせている、というファンからの声援が数多くありました。

無免ライダーの自転車強さ泣けるまとめ!

今回は自転車“ジャスティス号”で駆けまわり、困った人たちを救う正義のヒーロー・無免ライダーについてご紹介いたしました!「無免ライダー」と呼ばれる名前の由来やかっこいい名言・名シーン、そして泣けると言われる『ワンパンマン』アニメ9話をネタバレいたしました。

2019年4月からはアニメ第2期が放送決定されている『ワンパンマン』。ファン待望の第2期では、無免ライダーのさらなる活躍が期待されています。第2期の放送前に今一度『ワンパンマン』第1期の声優情報やアニメを振り返り、視聴してみるのもいいかもしれません!是非無免ライダーが気になった方は、ご覧になってみてはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ