パリストン=ヒルの強さと念能力を考察!ジンとの関係や声優も紹介【ハンターハンター】

集英社から出版されている大人気雑誌週刊少年ジャンプで1998念から連載されている大人気作品「ハンターハンター」について紹介しています。「ハンターハンター」に登場する元十二支んメンバーであるパリストンについて未だに明かされていないパリストンの能力や強さについての考察から因縁があると言われているジンとの関係、強制二択や魅力についても詳しく解説し、さらにはパリストンの声優である高橋広樹についても解説をしています。

パリストン=ヒルの強さと念能力を考察!ジンとの関係や声優も紹介【ハンターハンター】のイメージ

目次

  1. パリストン=ヒルが登場するハンターハンターとは?
  2. パリストン=ヒルの強さと念能力は?
  3. パリストン=ヒルの魅力
  4. パリストン=ヒルとジンの関係
  5. パリストン=ヒルの強制二択について
  6. パリストン=ヒルの声優
  7. パリストン=ヒルに関する感想や評価は?
  8. パリストン=ヒルの強さと念能力まとめ

パリストン=ヒルが登場するハンターハンターとは?

集英社の出版している週刊少年ジャンプに、1998年から掲載されている大人気漫画「ハンターハンター」について紹介していきます。今回は漫画「ハンターハンター」に登場するパリストンを中心に解説していきます。パリストンの強さや能力についての解説や、パリストンとジンの関係、そしてパリストンを担当している声優についても詳しく解説していきます。ここからは、気になる「ハンターハンター」の作品情報についての紹介です。

ハンターハンターの作品情報

漫画「ハンターハンター」の作品情報を紹介していきます。1998年から週刊少年ジャンプで連載が開始され現在ではワンピースに続き長期連載作品となっています。コミックスは現在36巻まで発売され、累計発行部数は7000万部を突破する大ヒット作品です。休載が非常に多い作品としても有名であり、1999年以降は毎年休載期間を設けています。2014年以降は、単行本一冊分を掲載後に休載期間に入るスタイルをとっています。

ハンターハンターの簡単なあらすじ

漫画「ハンターハンター」に登場するパリストンの強さや能力、紹介していく前にここでは「ハンターハンター」の簡単なあらすじを紹介していきます。漫画「ハンターハンター」の主人公ゴン=フリークスは、くじら島に住んでいました。ゴンはある日小さな頃森で獣に襲われましたが、ハンターである少年カイトに助けられた過去があります。この時ゴンは死んだと言われていた父ジンがハンターとして生きていることを知りました。

森で襲われていたところをハンターであるカイトに助けられたことや、死んだと思っていた父親が優秀なハンターであることからゴンはハンターになりたいと思うようになります。ハンターを目指すゴンは、ハンターになるためにハンター試験の受験を希望しました。しかしゴンを育てていたミトは、ゴンがハンター試験を受験するために様々な条件を言い渡します。ゴンは条件をクリアし、ハンターへの道を歩み始めます。

ゴンはクラピカとレオリオと行動を共にします。クラピカとレオリオもゴンと同じようにハンターを目指していました。またその二人だけではなくゴンはキルアとも試験直前に仲良くなります。ゴン、クラピカ、レオリオ、キルアの四人はそれから仲良くなっていき協力して試験を乗り越えようとします。ゴン、クラピカ、レオリオの三人は試験に合格しますがキルアはルール違反をし不合格となってしまいました。

キルアは試験の最中にルール違反を犯してしまい不合格となります。さらにゴンが因縁を残してしまった人物は殺人狂であるヒソカでした。キルアは、今まで暗殺一家の一員として育てられてきたため友達がいませんでしたが、ハンター試験の会場で出会ったゴンと友達になりたいと思うようになりました。しかしキルアの兄イルミはゴンと友だちになりたいキルアの思いを否定した上にキルアにはハンター試験を降りるようにいいました。

イルミに試験を妨害されたキルアは、ハンター試験を降りるしかないと悟りハンター試験を諦めます。キルアは、ゾルディック家へと帰還しましたがそれはハンター試験の合格を辞退するという形になってしまいました。しかしハンター試験を突破しハンターになったゴンたち三人はキルアを連れ戻そうとゾルディック家のあるククルーマウンテンに向かいます。三人はゾルディック家への難関を突破しキルアに会うことができました。

ゴンとキルアは、ヨークシンシティでの再会を約束してクラピカとレオリオと別れます。ゴンとキルアは修行だけではなく小遣い稼ぎのためにも天空競技場へと向かいます。ゴンとキルアはその天空競技場で少年闘士であるズシ、そして師匠のウイングと顔を合わせます。キルアはズシと対戦することになりました。しかしキルアはズシの強さに疑問を感じ、その原因がイルミではないかと考えゴンと一緒に最上階を目指して戦います。

ゴンとキルアは天空競技場で最上階を目指して戦います。二人は200階まで到達することができました。しかしそこでゴンはハンター試験で因縁の残った相手である殺人狂のヒソカと再会をしてしまいます。ヒソカ2より登録を阻止されてしまう二人ですがゴンが懇願しウイングはゴンとキルアに念能力というものを授けました。ゴンたちが励むこととなる修行は、「裏ハンター試験」と言われているのもでもありました。

Thumbハンターハンターのキャラ・登場人物一覧!最強の念能力と強さランキングも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

パリストン=ヒルの強さと念能力は?

1998年から週刊少年ジャンプで連載され、累計発行部数は7000万ぶを突破した大人気作品「ハンターハンター」について紹介をしています。ここまでは「ハンターハンター」の作品情報やあらすじについて紹介してきました。パリストンとジンとの関係やパリストンの魅力そしてパリストンの声優を解説していく前に、ここではパリストンの強さや能力について詳しく解説していきます。

パリストン=ヒルの強さと念能力は不明

漫画「ハンターハンター」に登場するパリストン=ヒルについて紹介していきます。パリストン=ヒルの能力は「ハンターハンター」の作中にはまだ登場していません。しかし他の元十二支んが、強い能力を持っていることからある程度の強さのある能力を持っていると考えられているようです。またトリプルハンターの称号を持っていることからもパリストンは相当の強さであることが予想されています。

パリストン=ヒルの念能力は操作系?

「ハンターハンター」に登場するパリストンの能力や強さについて紹介しています。パリストンの能力や強さは未だ作中で明らかにされてはいませんが、操作系の能力を所有していると考えられているようです。一部のハンターしか所有していないトリプルハンターの称号を持っていることからもかなりの強さの操作系の能力を所有していると考えている読者が多くいるようです。またジンとの因縁でその能力が判明すると考察されています。

念能力が操作系である根拠①5000体のキメラアント

「ハンターハンター」に登場するパリストンの能力や強さについてネタバレ考察しています。パリストンの能力について多くの読者が操作系の能力を所有していると考えているようです。さらにトリプルハンターの称号を所有していることからその能力自体かなの強さであることと考えられています。パリストンが持つ強さのある能力が操作系であると考えられている根拠の一つに5000体のキメラアントが挙げられています。

32巻での会長選挙編では、ジンによってパリストンの企みが説明されました。パリストンの企みとはキメラアント編で生み出されたキメラアント5000体を回収し、さらにはそれを自分のものにしようとしているというものでした。さらにジンはその5000体全員が能力を所有していると説明します。キメラアントの強さはパームの強さで照明されています。キルアが倒すのに苦労していたことから相当な強さであったと思われます。

パームのような強さのキメラアントが5000体も生まれてしまっていたのです。しかしこのキメラアントを生み出したネフェルピトーとシャウアプフは亡くなっています。王もいなくなった今、キメラアントたちは蟻の繁栄のために働く必要は無くなりました。そのためこの時点ですでにキメラアントは自由に行動できたと考えられています。しかし5000体すべてがパリストンの指示に従っていたことから操作系の能力だと言われています。

パームのようなレベルの強さの能力のキメラアントを5000体も操作しているパリストンの能力の強さは相当なものであることがわかります。暗黒大陸編では、パリストンはこの5000体のキメラアントをハンター試験の会場に送りこもうと企みますが、因縁のあるジンによってその計画は阻止されてしまいました。そのため、キメラアントを操作しているパリストンは描かれておらず、パリストンの能力の強さは未だ明らかになっていません。

念能力が操作系である根拠②オーラ系性格診断

漫画「ハンターハンター」に登場するパリストンの能力や強さについて解説しています。パリストンの能力や強さは未だ作中では明らかになっていませんが、かなりの強さの能力を所有していてさらにその能力は操作系であることが考えられています。パリストンが操作系の能力を所有している根拠として挙げられているものの一つにオーラ系性格診断が挙げられています。このオーラ系性格診断はヒソカが考えたものです。

ヒソカの考えたオーラ別の性格診断によると、操作系の能力者の特徴として理屈屋、マイペースが挙げられています。そのオーラ別性格診断の操作系能力者の診断結果とパリストンの性格が一致しているのではと言われています。作中に登場している操作系の能力者はかなり理屈屋でマイペースであることからもこの診断結果は重要であると考えられているようです。操作能力者であるキルヤの兄であるイルミやミルキも理屈屋です。

パリストン=ヒルの魅力

週刊少年ジャンプで連載されている大人気漫画「ハンターハンター」に登場するパリストンについて紹介しています。「ハンターハンター」の選挙編で登場した副会長であるパリストンについて、作中ではまだ明らかになっていない強さや能力についてネタバレ考察をしてきました。パリストンとジンの関係やパリストンの声優について紹介していく前にここからは、パリストン=ヒルの魅力について詳しく解説していきます。

パリストン=ヒルの魅力①元ハンター協会副会長

「ハンターハンター」の選挙編で登場したパリストン=ヒルの魅力について解説しています。パリストンの魅力として、パリストンが元ハンター教会の副会長であることが挙げられています。パリストンはもともとハンター教会の副会長をしていました。しかし、自ら立候補して副会長になったのではなく前の会長であるネテロが指名したことが原因でした。ネテロは自分と違う人間のが面白いという理由で副会長に指名したようです。

このネテロの考えは、パリストンと一致していたようです。パリストンはネテロを会長の座から引き摺り下ろそうと様々なことを画策します。しかしパリストンは会長ともっと遊びたかったと言っていたことからパリストンは野心だけではなくそうしてネテロとコミュニケーションをとることを楽しみにしていたようです。このように会長であるネテロと遊んでいた元副会長であるパリストンも魅力の一つだと言われています。

パリストン=ヒルの魅力②三つ星ハンター

「ハンターハンター」に登場するパリストン=ヒルの魅力について紹介しています。パリストンの魅力として、三つ星ハンターであることが挙げられています。この三つ星ハンターの称号は、ハンターハンターの中でも所有することが難しい称号です。この三つ星ハンターの称号をこの若さで所有しているパリストンは相当の実績があると考えられています。その実力は元副会長であったということだけではないとも考えられています。

パリストンは、ハンター教会の元副会長出会っただけでもなくパリストン派閥というものも存在しているほどのカリスマ性も持ち合わせています。しかし、パリストンが二番手としてビヨンドの仲間に入れられていたことに対してジンは強さ順じゃないわけだと言及していることから、パリストンの強さについて疑問視している声もありました。しかし三つ星ハンターは世界に10人しかおらずやはりその能力の強さは相当と考えられます。

パリストン=ヒルの魅力③元十二支んのメンバー

週刊少年ジャンプで連載されている大人気漫画「ハンターハンター」に登場するパリストンの魅力について紹介しています。パリストンの魅力として、元十二支んのメンバーであることが挙げられています。元十二支んのメンバーはそれぞれが干支のコードネームをもち、それぞれがかなりの強さの実力者であります。パリストンもその元十二支んのメンバー「子」であったことから、かなりの実力者であることが考えられています。

パリストンは元十二支んのメンバーでした。この元十二支んのメンバーはネテロ会長によって選ばれています。ネテロ会長が実力があると認めた12人だけがメンバーに選ばれているとされていますがこれはネテロ会長の暇つぶしでもあったと言われています。パリストンはそのカリスマ性からパリストン派閥という自分の派閥も所有していて、会長と度々ぶつかっていたことから元十二支んメンバーからは嫌われていたようです。

パリストン=ヒルの魅力④嫌われ者

週刊少年ジャンプに連載されている「ハンターハンター」に登場するキャラクター、パリストンの魅力について紹介していきます。パリストンの魅力の一つとして、嫌われ者だということが挙げられています。パリストンは、元副会長として会長であるネテロを引き摺り下ろそうとしていました。自分の派閥を持っていることからも元十二支んのメンバーからは嫌われていたようです。

また、パリストンは人に憎まれると幸せを感じ愛おしいものは傷つけたくなると発言したことがあります。このことからパリストンはサイコパスなのではないかということが考えられています。また元十二支んメンバーからは協会を私物化しているとも言われています。パリストンは裏で協会が新しく設立した積立金を使っていたり手数料を鳥獣するなどしていたことからピンハネ王子としてもきらわれていたようです。

パリストン=ヒルの魅力⑤野心家

週刊少年ジャンプで連載されている大人気漫画「ハンターハンター」に登場するパリストンの魅力について紹介しています。パリストンの魅力の一つとして野心家であることが挙げられています。パリストンは、狡猾なだけでなくとてつもない野心も持ち合わせています。持ち前の頭の良さを生かして自分の派閥を作るなど、計算高い人間であることが伺えます。しかしそんな野心を持ち合わせていながらも選挙では辞退をしていました。

パリストン=ヒルとジンの関係

1998年から週刊少年ジャンプで連載されている痔ヒット漫画「ハンターハンター」について紹介していきます。ここまではそんな「ハンターハンター」に登場するキャラクター、パリストンを中心に解説してきました。パリストンのまだ明かされていない能力や強さについての考察や、パリストンの魅力について紹介してきました。声優について紹介していく前に、ここではパリストンとジンの関係について解説していきます。

ジンはどんな人物?

漫画「ハンターハンター」に登場するパリストンと因縁のあるキャラクター、ジンについて解説していきまう。ジンは主人公ゴンの父親であり、二つ星ハンターを所有しています。さらには遺跡ハンターとしても活躍しています。元十二支んのメンバーでもあり十二支んに所属していた時のコードネームは亥でした。ゴンと同じようにくじら島出身で、年れは32歳だと言われています。カイトの師匠であり時強くはトップクラスです。

第267期ハンター試験での唯一の合格者でもあります。ハンターとして様々な分野で活動していてカイトからは最高のハンターとも言われています。三つ星ハンターでない理由はジン本人が申請をするのを面倒がっているということが挙げられています。十二支んをはじめとして他のハンターからは行方不明になったことや規約違反をすることなどからよく思われておらず、殴られた時には拍手喝采さえ起こりました。

パリストンとジンの関係①仲が悪い?

週刊少年ジャンプに連載されている漫画「ハンターハンター」に登場するキャラクター、パリストンについて紹介しています。パリストンは同じく「ハンターハンター」に登場するジンと仲が悪いと言われています。作中で、ジンはパリストンに対して複雑な因縁があると言及しています。さらにパリストンもジンがかまってくれるのを待っていたと発言するなど二人の間には長年の因縁が存在してることが判明しています。

しかし「ハンターハンター」の選挙編では、パリストンはゴンを命がけで助けようと必死になっている誰かをジンの一言で信じるのは当然とも発言するなど、ジンに対して信頼をしている一面もあります。このような信頼をしているのにもかかわらずジンはパリストンを非常に警戒しています。ジンはパリストンの企みを阻止するために探検隊に参加していますが、過去にどのような因縁があったのかは明らかになっていません。

パリストンとジンの関係②お互いの実力を認めている

漫画「ハンターハンター」に登場するパリストンとジンの関係について紹介しています。パリストンとジンは、仲が悪いと言われていますが、一方でお互いの実力は認めているのではないかと言われています。パリストンは、ジンに対して初めて人を嫌いになるかもしれないと発言しています。しかし、選択肢のシーンではやはり互いのことを信頼しているような行動も見せています。これに関して同族嫌悪なのではと言われています。

パリストンとジンは互いに因縁がある仲だと言及してはいるものの、信頼している点もあるようです。二人は性格こそ違いますがその思考パターンは非常によく似ていると「ハンターハンター」の読者に言われています。なので、パリストンがジンを嫌っている原因の一つとして、同族嫌悪ではないかという考察がされているようです。現在は互いに敵対していますが、今後の展開によっては共闘する可能性があるとも考えられています。

パリストン=ヒルの強制二択について

大人気漫画「ハンターハンター」は、1998年から週刊少年ジャンプで掲載され、現在では累計発行部数7000万部を超える大ヒット漫画です。そんな人気漫画「ハンターハンター」についてここまではパリストンを中心に、パリストンの能力や強さ、魅力、ジンとの関係について解説をしてきました。ここからは未だ作中では明らかとなってはいませんが相当な強さであることがうかがえるパリストンの強制二択について解説をしていきます。

強制二択はジンの言葉

「ハンターハンター」の作中で登場するこの強制二択という単語はジンの言葉です。ここではパリストンの強制二択について解説をしていきます。パリストンの強制二択とは、世界中もしくはハンター協会に5000体のキメラを送り込むというものでした。パリストンの判断基準は、自分が面白いと思えるかや楽しめるかどうかであり、強制二択とはどっちに転んでもパリストン地震が楽しめるように蟻を送るというものでした。

強制二択の意味①キメラを世界中に拡散

「ハンターハンター」に登場するパリストンの強制二択の意味について解説をしていきます。強制二択のうちの一つは、世界中にキメラを拡散するというものでした。ビヨンドの誘発にハンター協会が素直に従った場合パリストンにとってそれは退屈で楽しめるものではなくなります。そのため別の面白いものを探し出す必要があり、その別の面白いもの、標的を探すために世界中にキメラをばらまくというものでした。

パリストンの強制二択のうちの一つは、協会がビヨンドに従った場合、世界中にキメラをばらまくというものです。パリストンが世界中にばら蒔こうとしているキメラは、一体一体がとても強力な強さを持っていると考えられています。このキメラを倒すためには相当の実力が必要です。キメラをばらまくことによって、自然と実力のあるハンターをあぶり出すことができるというのがパリストンの考えでした。

強制二択の意味②協会内にキメラを送り込む

パリストンの強制二択について解説をしていきます。パリストンの強制二択のうちの一つは、世界中にキメラをばらまくというものでした。もう一つのパリストンの強制二択とは、協会がビヨンドに従わなかった場合に発生します。協会がV5に抵抗し、従わないのならパリストンいとって協会は自分が楽しいと思える存在ということになります。そのため、キメラは世界ではなく協会ばら撒かれることになります。

協会にキメラをばら撒き、もう一度協会を牛耳ることで何か面白いことをしようとしているのではないかというのがジンの推測でした。しかしジンでも、パリストンが協会を牛耳った後に何をしようとしているかは検討がつかないそうです。パリストンは選挙が終了し会長にチールドを指名したあと協会が退屈なものだったら本気でおちょくるという発言をしていますがその発言はこの二択のことだったと考えられています。

パリストン=ヒルの選択は?

「ハンターハンター」に登場するパリストンの強制二択について解説しています。ここまでは強制二択の内容について解説をしてきました。結果としてチールドが選んだのは一つ目の選択肢でした。チールドはハンター試験の会場で人材確保を始めたのです。しかしパリストンの強制二択が発動することはありませんでした。世界中にキメラがばら撒かれることはなかったのです。それはジンによって阻止されたからでした。

ジンはパリストンの計画について、その思惑を見破っていました。そのため先回りをして仲間に加わります。そのためパリストンは強制二択を発動させる必要がなくなったのです。パリストンにとって一番面白い存在がジンなので、パリストンは二択を発動させませんでした。その証拠にブラックホエールの出向までにキメラは登場しませんでした。しかし今後この二択が発動する可能性は十分に秘めていると考えられています。

パリストン=ヒルの声優

「ハンターハンター」は集英社から出版されている週刊少年ジャンプに1998年から連載され、ワンピースに続く長期連載作品となっています。ここまではそんな「ハンターハンター」の作品情報や「ハンターハンター」に登場するパリストンの能力の強さや魅力、ジンとの関係、強制二択について詳しく解説してきました。ここからは「ハンターハンター」に登場するパリストンの声優について詳しく解説していきます。

パリストン=ヒルの声優は高橋広樹

漫画「ハンターハンター」に登場するパリストンを演じる声優について紹介していきます。パリストンを演じている声優は高橋広樹です。高橋広樹は「ハンターハンター」の旧アニメ版ではヒソカの声優を担当していましたが、新たに制作されたアニメではパリストンの担当声優として「ハンターハンター」に登場することになり、高橋広樹はパリストンの声優としてやりがいのあるありがたい挑戦ですと意気込みを語っていました。

高橋広樹のプロフィール

ここではアニメ「ハンターハンター」でパリストンの声優を担当した高橋広樹のプロフィールを紹介していきます。現在では声優として活躍をしている高橋広樹ですが、小さい頃の夢はプロレスラーになることだったそうです。しかしその夢は実現不可能だと諦めたそうです。それでもショービジネスへの憧れは捨てきれず声優・タレント養成所へ申し込んだそうです。そこで高橋広樹は演技の面白さに気がつきます。

そのことがきっかけで、高橋広樹は高校を卒業した後に専門学校である東京アナウンス学院声優科へ進学をしました。その後様々な声優事務所を転々とした後にマックミックへ所属することになります。「マクロス7」で声優としてデビューしたあとは男性声優ユニット「謎の新ユニットSTAMEN」のメンバーにもなっています。アニメ声優としてだけではなく洋画や韓流の吹き替え声優としても活躍しているようです。

高橋広樹は劇団には所属していません。しかし芝居が好きという一面があり、そのことから舞台には積極的に立っているようです。特技の日本舞踊は、膝を怪我したことにより断念しています。声優デビュー15周年のパンフレットには初期の声優ユニットのメンバーや共演者の甲斐田などもコメントを寄せています。テニスの王子様のオーディションは手塚役と乾役を受けていたのに菊丸役として再オーディションを受けたようです。

高橋広樹は当初、菊丸役のオーディションに合格するはずがないと思っていたようです。しかし、高橋広樹は見事に菊丸役に合格をし、のちのインタビューで菊丸を演じたことで演技の幅が広がるきっかけになったと言及しています。また、文化放送のラジオ番組では単独のパーソナリティを四年三ヶ月も務めていました。さらにその番組のテーマソングには、高橋広樹自身の曲が使用されていました。

高橋広樹の他の出演作

アニメ「ハンターハンター」にパリストンの声優として参加している声優高橋広樹のプロフィールについて紹介をしてきました。ここからは声優高橋広樹の他の出演作について紹介していきます。アニメ声優として初めて出演した作品は「マクロス7」でした。その他にも「金田一少年の事件簿」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」「夢のクレヨン王国」「キャプテン翼」「テニスの王子様」などに出演しています。

パリストン=ヒルに関する感想や評価は?

集英社から出版されている大人気漫画「ハンターハンター」について紹介をしています。ここまでは「ハンターハンター」について、パリストンを中心にその能力の強さや魅力、ジンとの関係や強制二択について紹介をしていました。明らかになっていないパリストンの能力ですが操作系の能力であるという考察が大半を占めていました。ここからはそんなパリストンに対する感想や評価について紹介をしていきます。

パリストンは強い!

漫画「ハンターハンター」に登場するパリストンの感想について紹介していきます。パリストンに対する感想の中には、能力ではなくパリストン自身が勝とうとしないからパリストンは強いし深いというものがありました。パリストンは能力だけではなく頭の良さもずば抜けているので、そういったパリストンの思考が強さに結びついていると考えている読者が多いようです。

『HUNTER×HUNTER』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

パリストン=ヒルの強さと念能力まとめ

「ハンターハンター」は1998年から週刊少年ジャンプで連載されてきました。現在ではワンピースに次ぐ長期連載作品で累計発行部数は7000万部を超えています。そんな「ハンターハンター」について作中に登場するパリストンを中心に解説をしてきました。パリストンのまだ明らかになっていない能力は操作系のものだと考えられていていました。そんなパリストンが登場する「ハンターハンター」一度ご覧になってはいかがでしょうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ