【ハッピーシュガーライフ】松坂さとうは最後死亡した?しおはその後どうなった?

「ハッピーシュガーライフ」の松坂さとうは、ヤンデレな性格がかわいい主人公です。1人の少女を愛したことで狂い始めたさとうの人生。しかし、2人の異常な関係は衝撃的な形で終わりを告げました。以下では、「ハッピーシュガーライフ」の最終回で起きた松坂さとうの最後と死亡、しおのその後をネタバレ紹介します。その他、死亡したさとうと叔母やしょうことの関係などもまとめました。

【ハッピーシュガーライフ】松坂さとうは最後死亡した?しおはその後どうなった?のイメージ

目次

  1. ハッピーシュガーライフのさとうとは?
  2. ハッピーシュガーライフのさとうは最終回で死亡?しおのその後は?
  3. ハッピーシュガーライフのさとうの過去やしおとの関係
  4. ハッピーシュガーライフのさとうの叔母や家族
  5. ハッピーシュガーライフのさとうとしょうこの関係
  6. ハッピーシュガーライフのさとうの声優
  7. ハッピーシュガーライフのさとうに関する感想や評価
  8. ハッピーシュガーライフのさとうの死亡まとめ

ハッピーシュガーライフのさとうとは?

「ハッピーシュガーライフ」のさとうの紹介・イメージ画像

「ハッピーシュガーライフ」の主人公であり、しおへの究極の愛を胸に命を落としたさとう。しおを庇うように転落したさとうの行動には、どんな思いが込められていたでしょうか。以下では、衝撃的な最終回となった「ハッピーシュガーライフ」のさとうの最後や、しおのその後をまとめました。その他、「ハッピーシュガーライフ」のさとうの過去やしおとの関係、さとうの人間関係などもあわせて紹介します。

ハッピーシュガーライフの作品情報

「ハッピーシュガーライフ」は、2015年~2020年にかけて「月刊ガンガンJOKER」にて連載された、鍵空とみやき先生の漫画です。単行本は全11巻・全48話で構成されています。

ハッピーシュガーライフの概要

「戦慄の純愛サイコホラー」がキャッチフレーズの本作品。主人公と少女の同居の理由や、不思議な関係が興味をそそります。また、主人公に隠された秘密や彼女を取り巻く人々の異常性など、人間の心の闇を取り入れた作風も本作品の見どころです。

ハッピーシュガーライフのあらすじ

両親の死後、叔母に引き取られた松坂さとう。満たされない思いを男遊びに求める中、幼い少女・神戸しおと出会います。しおとの出会いで本当の愛を知ったさとうは、彼女と一緒に暮らし始めます。生活費を稼ぐため、アルバイトに励むさとう。一方、街ではしおの行方を探すビラが貼られ、さとうの周囲にも異変が生じます。しおとの2人きりの生活を守るべく、さとうはあらゆる手段を使って、自身の幸せを守ろうと奔走します。

松坂さとうのプロフィール

本作品の主人公で、ピンク色のロングヘアが特徴の高校1年生です。幼い頃に両親と死別し、以降は叔母の元で育てられました。現在はマンションの一室に部屋を借り、1人暮らしをしています。「愛」という感情を理解できず、空しい日々をおくってきたさとう。男遊びにそれらを求めていたものの、神戸しおとの出会いをきっかけに愛を知ります。そして、しおへの愛を貫くべく、さとうは冷酷な人間へと豹変しました。

松坂さとうの性格

表向きは人当たりの良く見えるも、実は八方美人のさとう。彼女にとって、しお以外の人間はその他大勢の存在しか見えません。そのため、他人には心を許さず、自身のテリトリーに踏み込ませないようにしています。また、自分たちの幸せを邪魔する者を徹底的に排除し、時には犯罪も厭いません。愛に偽りがなければ何をしても許される、というゆがんだ考えを軸に行動しています。

他人には冷酷さを見せるさとうですが、しおに対しては並みならぬ愛情を持っています。一方で、しおとの幸せな世界が奪われることを、何よりも恐れていました。そのため、しおに異変が生じると過保護なくらい心配します。反対に、しおに拒絶されると精神的に追い込まれたようなショックを受ける姿もみせています。

育った環境の影響もあり、他人に対して関心のないさとう。利益の追求のためなら、自分を取り巻く人々を利用するしたたかさも持ち合わせています。一方、自身の感情を味覚で表現する風変りな一面もありました。しおとの生活など、幸せの感情は「甘い」と表現しています。一方、嫌な感情を抱いた時は「苦い」「苦くて吐きそう」と称しています。

Thumb【ハッピーシュガーライフ】さとうの叔母は何者?人物像や名前・年齢を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハッピーシュガーライフのさとうは最終回で死亡?しおのその後は?

さとうの最後やしおのその後を紹介・イメージ画像

しおとこれからも一緒にいるべく、海外へ逃げる計画を立てたさとう。しかし、彼女の計画はしおの兄・神戸あさひに阻まれてしまいます。逃げ場を失い、窮地に追い込まれたさとうとしおは、ついに無理心中を決意します。以下では、「ハッピーシュガーライフ」の最終回からさとうの死亡についてネタバレ考察しました。その他、最終回で一命を取り留めた神戸しおのその後や結末もあわせて紹介します。

さとうは最終回の最後でしおを庇って死亡した?

「愛」という感情を理解できず、男遊びを繰り返しながら空しい日々を送ってきたさとう。ある日、母親に捨てられた8歳の少女・しおとの出会いが、さとうの愛を芽生えさせます。しおと一緒に過ごすことで心が満たされる感覚、これらはさとうが求めていた愛の感情でした。しおとの生活はさとうに光をもたらし、しおと一緒に居続けたい思いにかられます。そして、生活費を稼ぐため、さとうはアルバイトを始めました。

しおとこれからも一緒にいたいさとうでしたが、2人きりの生活は突然終わりを迎えました。それぞれの思惑から、2人に怪しい影が近づきます。しおの兄で、妹を探している神戸あさひ、ロリコン趣味からしおに興味を持つ三星太陽。バイトで知り合ったさとうの友人・飛騨しょうこ、さとうに執着する教師の北埋川大地。彼らの存在は、さとうにとっては目障りな存在であり、自分たちの邪魔をする者とみなします。

しおとの出会いから、偽りの愛でなければ何をしても許されるという考えに至ったさとう。しおとの幸せを守るためなら、他人を利用することも厭いません。また、邪魔者は徹底的に排除するべく、殺人にも手を染めてしまいます。しおへの異常な愛から狂気に走るさとうは、ついに海外への逃亡を計画します。目障りだったしょうこを殺害したさとう。部屋には、彼女の遺体が放置されており、それらが見つかる前に引っ越しを検討します。

部屋を出て行ったさとうは、自身の犯行を消すため、叔母に部屋を放火するように指示します。その後、叔母が警察に自首するシナリオで、さとうとしおの逃亡計画は成功するはずでした。しかし、しおとの大切な指輪を部屋に忘れていたことに気が付いたさとう。指輪を諦めきれず、マンションの部屋に戻ってきてしまいます。しかし、さとうが着いた時には、マンションは炎に包まれていました。

また、妹の居場所を聞きつけたあさひが2人の元へ駆けつけます。その後、しおを巡って取っ組み合いに発展したさとうとあさひ。そんな2人の様子を見ていたしおは、兄ではなく、さとうと一緒にいることを望みます。兄を拒絶するしおは、あさひの説得にも耳を貸そうとしません。一方、炎に包まれたマンションが崩壊し、さとうはしおをつれて屋上に向かいます。しかし、逃げ場を完全に失うことになり、あさひに追い詰められます。

観念したさとうは、しおへお城へ行けなくなったことを教えます。それでも、さとうと一緒にいることを望むしお。しおの気持ちを知ったさとうは、彼女を抱きかかえながら屋上から落下します。心中を決意したものの、さとうに芽生えたある感情が2人の生死を分けました。死を覚悟した際、さとうは人を愛する本当の気持ちに目覚めます。そして、愛するしおを守るべく、自分がクッション代わりになるように下敷きになりました。

しおの下敷きになって死亡したさとう・イメージ画像

数日後、さとうとしおが住んでいたマンションの放火事件がテレビのニュースで報じられます。さとうの死亡が確認された他、さとうの指示に従った叔母が放火の罪で逮捕されたことが明かされました。また、過去にさとうが殺害した画家の死体遺棄に加担した疑いで、教師も北埋川も逮捕されています。過去にさとうに利用された人々は、それぞれ悲惨な末路を迎えることになりました。

しおのその後

さとうを取り巻く人々が逮捕されていったその後、病院に運び込まれたしおが目を覚まします。やっと妹を取り戻せたことに安堵する兄のあさひ。家族と一緒に過ごせることに喜ぶあさひをよそに、しおは冷たい態度を取ります。その言葉は、かつてさとうが男遊びをやめた際に放った、しょうこへのセリフと似ていました。あさひは、妹にさとうが憑依したのではと恐怖を覚えます。

それから数年後。さとうと同じ年齢になったしおは、かつて2人が住んでいたマンションに向かいます。事件後も、さとうを忘れられずにいたしお。そこで、マンションの跡地に向かって、さとうに語り掛けるように会話をします。学校のことやもうすぐ17歳になること等、さとうがいれば何でもできると話します。本当の愛に目覚めて死んださとう。しかし、彼女はしおの心の中でこれからも生き続けるでしょう。

Thumbハッピーシュガーライフは怖いサイコホラー?有名なトラウマシーンは何話? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハッピーシュガーライフのさとうの過去やしおとの関係

さとうの過去やしおとの関係を紹介・イメージ画像

主人公の死という衝撃的な最終回と最後となった「ハッピーシュガーライフ」。この作品の魅力といえば、愛を理解できない主人公の狂気は外せません。しおとの生活を守るためなら、手を汚すことも厭わないさとう。その背景には、しおを失うことへの恐怖や寂しさを感じさせるでしょう。以下では、「ハッピーシュガーライフ」の最終回で死亡したさとうの過去をネタバレ紹介します。その他、しおとの関係もまとめました。

さとうの過去

画家として活動する1208号の住民・イメージ画像

さとうとしおが暮らすマンションの1208号室には、かつて画家の青年が住んでいました。ある日、雨に濡れたさとうを部屋に招き入れた画家。さとうは、親切にしてくれたお礼として、画家の絵のモデルになります。絵の製作中、お互いに質問を投げ合う2人。色彩の段階に入った頃、さとうは「愛」について話します。自分は愛を理解できないから満たされない、愛で満たされるという意味を知りたいと話すさとう。

さとうに「愛」という感情が欠けていることに気が付いた画家。絵を製作するうちに、さとうに対して特別な感情を芽生えさせていました。しかし、2人の関係はある人物の登場により、亀裂が走ってしまいます。その頃、神戸家では父親の家庭内暴力により、母と娘が家を出ていきました。一旦、父親から距離を置くことができた母子。しかし、母親は言いつけを守らない娘に対して辛く当たるようになります。

ついに、母親は娘を路上に捨ててしまうも、そんな少女に救いの手を差し伸べたのがさとうでした。気を失ったしおを抱え、画家の家に向かったさとう。しおとの出会いが、空白だった自分の心を埋めていることに気が付きます。一方、さとうの心情の変化は画家の目にもはっきり分かりました。愛を理解できず、満たされない思いを抱えるさとうに好意を持っていた画家。しかし、彼女への好意はやがて歪んだ愛情へと変化します。

画家は愛に飢えたさとうが欲しいから、彼女が連れてきたしおを邪魔に思います。そこで、これまで通りのさとうに戻ってもらうべく、しおの殺害を試みます。しおの首に手をかけた瞬間、背後からさとうに襲われます。画材をかけるイーゼルで殴られた画家は、頭から血を流して絶命しました。しおとの出会いを機に、人が変わってしまったさとう。画家の遺体をノコギリで切断して袋に詰めて、何事もなかったようにしおに接します。

画家の部屋に住み始めたさとうとしお・イメージ画像

画家の青年が殺害される事件が起きた1208号室。部屋は、さとうとしおの「愛のお城」に生まれ変わり、2人の生活が始まりました。愛を知り、愛のためなら殺人も平気で犯すさとう。彼女には、罪悪感という言葉すら存在しないでしょう。その後もしおとの幸せに執着し、時には周囲の人々を利用しながら、自分たちの生活を守っていきます。また、アルバイトで生計を立てるも、2人の生活は思わぬ形で終止符が打たれました。

さとうがしおと暮らしていた理由

さとうと同居生活をする神戸しお。父親の家庭内暴力や母親の育児放棄を受け、記憶喪失になりながら路上を彷徨っていたところをさとうに発見されました。当初は、しおに対して無関心だったさとうでしたが、しおのある言葉が彼女に衝撃を与えます。愛を理解できず、心が空白だったさとう。彼女の心の状態を、しおは「空っぽの瓶」に例えました。それは、さとうにとって自分に理解を示してくれた最初の言葉にも聞こえました。

しおの一言は、さとうの心の隙間を埋めていき、この感情こそが「愛」だと実感します。さとうにとってしおは、孤独だった自分に愛を与えくれた存在。やがて、彼女と一緒にいたいという願望が芽生え始めます。一方、しおもさとうのことを受け入れ、2人はお互いになくてはならない関係に発展しました。そして、2人だけの幸せな世界を築くため、さとうは邪魔者の排除に取り掛かります。

そこで、しおを殺そうとした画家を殺害し、彼の部屋を乗っ取る形で手に入れたさとう。もしかしたら、画家を殺害した動機も、彼の部屋を乗っ取るためだと考えられるでしょう。血なまぐさい事件が起きた部屋だと知りながら、2人はここで新たな生活を始めます。自分たちの幸せを脅かす者は徹底的に排除するさとう。同時に、しおを失うことへの恐怖にもさいなまれ、些細なことがきっかけでパニックを起こすこともありました。

一方、さとうとの同居で記憶を取り戻していったしお。しかし、しおのさとうへの愛は確信に変わっていき、彼女もさとうと一緒にいることを望みます。しおとのハッピーシュガーライフのために、凶行に手を染めるさとう。しかし、その事実はしおに知られてしまいます。それでも、しおはさとうと一緒に居ることを望みます。兄に追い詰められた際には、一緒に死ぬことも望むも、最後はさとうの究極の愛によって命が守られました。

さとうとしおが一緒に暮らしていた理由は、当初は、さとうがしおに執着していたためと考えられます。自分に愛を教えてくれたしおへの、歪んだ愛情とも捉えられるでしょう。しかし、しおが記憶を取り戻したことで2人の関係は変わっていきます。しお自身もさとうを愛し、幼いながら無理心中をさとうに持ち掛けています。最後は切ない別れをしてしまったものの、しおにとってもさとうはかけがえのない存在だったでしょう。

Thumb【ハッピーシュガーライフ】 神戸しおの魅力と声優は?過去や謎の少年との関係も考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハッピーシュガーライフのさとうの叔母や家族

さとうの叔母や家族を考察・イメージ画像

しおと同居する前は叔母と一緒に住んでいたさとう。歪んだ愛の価値観を持つ叔母の存在は、さとうの人格にに大きな影響を与えたでしょう。一方で、さとうが愛を理解できない原因もこの叔母にあると推測できます。最終回では姪の代わりに放火犯となった叔母。彼女のその後も気になるでしょう。以下では、「ハッピーシュガーライフ」のさとうの叔母についてネタバレ考察しました。その他、さとうの両親についてもまとめました。

さとうの叔母とは?

幼い頃に両親を亡くしたさとうを引き取った叔母。本名は不明で、無造作に束ねた髪を三つ編みにし、左肩に垂らしています。身体中に包帯を巻きつけ、ミステリアスな雰囲気を醸した女性です。愛について、叔母は「相手のすべての欲望を受け入れること」と考えています。そのため、男を自宅に連れ込み、彼らのどんな欲望を受け入れる日々を送る叔母。そんな状況に叔母自身は快楽を見いだしていたでしょう。

また、叔母が包帯を巻いている理由は、連れ込ん男性からの暴力と推測されます。しかし、叔母は暴力すら愛情表現と捉え、幸せすら感じていたでしょう。一方、姪との関係は一見すると放任主義ですが、さとうのためならどんなこともできる行動力があります。最終回では、さとうの指示で元画家の部屋を放火した叔母。その後、自首して警察に逮捕されるも、彼女の放火によって多くのものが失われました。

例え自分が傷つくと分かっていても、相手のすべてを受け入れることが愛だと語る叔母。彼女の狂った愛の価値観が、さとうを歪んだ性格にさせたと考えられます。一方、ゆがんだ愛情という点では、叔母とさとうは共通しています。叔母にとって、さとうの要求を受け入れることも、愛情表現だと考えていたでしょう。そのような思考から、さとうから放火の指示を受けても疑問を持たず、実行に移してしまったと推測されます。

さとうの他の家族は?

さとうの家族は、死別した両親の他、兄弟はいなかったと推測されます。叔母に引き取られてから2人暮らしを続けてきたさとう。叔母もさとうを可愛がり、愛情を注いでくれます。しかし、さとうの叔母は、誰でも愛することができる人。つまり、姪のさとうに対しても、他人と同じように愛情を注いでいたでしょう。叔母の愛は、相手の全てを受け入れることでしたが、身内であるさとうの心を満たすことはできませんでした。

まだ幼く、親の愛情を求めるさとうにとって、叔母の愛情は物足りなさを感じていたでしょう。また、叔母の価値観から、彼女も幼少期に寂しい思いをしていたと考えられます。愛を求めても与えてもらえない虚しさや孤独感が、彼女たちを歪んだ性格にさせたでしょう。

Thumbハッピーシュガーライフ 最終回(12話)の結末をネタバレ !感想や評価は? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハッピーシュガーライフのさとうとしょうこの関係

さとうとしょうこの関係を考察・イメージ画像

さとうのバイト仲間であり、お嬢様育ちのしょうこ。「ハッピーシュガーライフ」では、数少ない良識のあるキャラであり、さとうとしおの秘密を知る人物でもあります。また、さとうの異常な行動を危険視し、彼女を説得するべく立ち向かいました。以下では、「ハッピーシュガーライフ」のさとうとしょうこの関係をまとめました。その他、しょうこがさとうに殺された理由についてもネタバレ考察しました。

しょうこのプロフィール

さとうのバイト先の同僚で、本名は飛騨しょうこです。お嬢様学校に通っており、親の期待に応えるべく育てられたしっかりした性格の持ち主です。一方、王子様が迎えに来ることを信じるなど、夢見がちな一面もあります。また、さとうの異常性に気づいている数少ない人物であり、一旦はさとうと距離を置きました。しかし、このままではいけないと考え直し、さとうと向き合います。

さとうとしょうこの関係

男遊びがきっかけで知り合ったさとうとしょうこ。2人は学校こそ違うものの、お互い自分の生活に不満や虚しさを感じていました。良家に生まれたゆえに、窮屈さを感じていたしょうこ。そんな時に出会ったさとうは、様々なことを教えてくれる存在でもありました。さとうと一緒にいることで新しい経験ができる、それはしょうこにとって新鮮なことだったでしょう。

やがて、窮屈な生活に刺激を与えてくれたさとうに感謝をし、彼女の力になりたいと思い始めます。一方のさとうも、しおとの同居を大まかであるもののしょうこに教えています。さとうにとって、しょうこは気を許せる数少ない人物と考えられるでしょう。しかし、しお以外の他人に興味のないさとうが、しょうこを友人だと思っていたかは疑問が生じます。もしかしたら、さとうに利用されていた1人だったとも考察できます。

しょうこがさとうに殺された理由

このままではいけないと思い、さとうを説得するべく部屋を訪ねたしょうこ。さとうは、自分にとって大切な存在であり、彼女を救いたいという優しさが、しょうこの行動に現れたでしょう。一方、さとうも、しょうこに対しては気を許し、しおのことも打ち明けています。しかし、説得に訪れたしょうこを、さとうは殺害しています。その理由は、しおに対する並みならぬ愛情からでした。

しおとの出会いで愛で満たされる気持ちを知ったさとう。2人きりの生活を「ハッピーシュガーライフ」と称し、幸せを噛みしめていました。同時に、しおがいなくなることへの恐怖から、さとうはしおを部屋に閉じ込めてしまいます。2人にとっては幸せな生活であったものの、傍から見れば2人の行動は異常です。しょうこもさとうの行動が悪いことだと察し、意を決して彼女の説得に乗り出します。

しかし、警察に通報されてしまったら、さとうはしおと一緒に住めなります。目の前の幸せを失う恐怖にさいなまれるさとう。後戻りが出来ないことを覚悟で、しょうこを殺害しました。その後、国外逃亡を図るべく、叔母に部屋の放火を指示したさとう。しかし、生前のしょうこから連絡を受けたあさひが2人の元へ駆けつけ、事態は急変しました。そして、さとうの死によって、2人の生活は終わりを告げました。

Thumb松坂さとうのヤンデレ愛が切ない?サイコパスな名言も【ハッピーシュガーライフ】 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハッピーシュガーライフのさとうの声優

さとうのアニメ声優のイメージ画像

「ハッピーシュガーライフ」は、2018年7月にアニメ放送が開始されました。原作に劣らない過激な描写や、主人公の死という壮絶な最終回に、多くのファンが涙を流しました。また、アニメならではの表現や作画の美しさも、アニメ版のおすすめポイントです。以下では、「ハッピーシュガーライフ」のさとうの声優・花澤香菜さんのプロフィールや出演作品などを紹介します。

花澤香菜のプロフィール

松坂さとうのアニメ声優・花澤香菜さんは、1989年生まれ、東京都出身の声優・歌手です。1990年代から子役として芸能活動をはじめ、2003年にアニメ「EXITE」で声優デビューしました。2007年に大沢事務所への所属を機に本格的に声優業をはじめ、アニメやゲーム作品を中心に出演しています。また、人気アニメ「鬼滅の刃」の甘露寺蜜璃役を演じ、注目を集めています。

花澤香菜の主な出演作品や演じたキャラ

声優・花澤香菜さんの主な出演作品は、アニメ「青の祓魔師」杜山しえみ役、「メジャーセカンド」佐倉睦子役、「五等分の花嫁」中野一花役、「金装のヴェルメイユ」エレナ・キンバーライト役、「うる星やつら(2022年)」ラン役等です。ゲーム作品では、「ファイナルファンタジー零式」デュース役、「スクールガールストライカーズ」沙島悠水役、「プリンセス コネクト!」アオイ役等です。

Thumbハッピーシュガーライフをネタバレ解説!ヤバい登場人物と衝撃のあらすじ・魅力紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハッピーシュガーライフのさとうに関する感想や評価

ハッピーシュガーライフのさとうに関する感想や評価・イメージ画像

これからも一緒にいようと誓い合ったさとうとしお。2人の願いはかなわず、最終回の最後で別れることになりました。しかし、しおの中にさとうは生き続け、2人はその後も一緒にいることが示唆されています。また、さとうに翻弄された叔母や北埋川。警察に逮捕された2人のその後も気になるでしょう。以下では、「ハッピーシュガーライフ」のさとうに関する感想や評価を紹介します。

感想1:さとうがかわいい

「ハッピーシュガーライフ」では、自分たちの邪魔をする者に対する容赦のなかったさとう。彼女の歪んだ愛情は、見る者に恐怖を与え、最終回では壮絶な最後を迎えました。性格は異常とも捉えられるさとうですが、SNSではさとうがかわいいとの声も多数寄せられています。いわゆるヤンデレ女子でもあるさとう。ピンクのヘアカラーも、さとうのかわいい魅力として注目されています。

感想2:2人にとって幸せな最後だった

「ハッピーシュガーライフ」の最終回は、さとうとしおが無理心中というショッキングな展開となりました。最初こそ、さとうの一方的な愛情と思いきや、しお自身もさとうを愛していました。2人の最後は悲しいと感じるものの、2人にとっては幸せな終わり方だったとも解釈されています。また、しおのさとうへの思いは、彼女の死後も消えることなく、その後のしおが見せた表情が怖いとの感想も寄せられています。

感想3:さとうの感情表現に共感

自分の気持ちを味覚に例えるさとう。幸せな時は「甘い」と感じ、嫌な人に対しては「苦い」「吐き出したいほど苦い」と表現しています。感情を言葉で表すことが意外と難しく、さとうの独特の感情表現も、「ハッピーシュガーライフ」の特徴にあげられます。また、さとうの気持ちを味覚に例える表現はファンの共感を呼び、自分もさとうと同じ気持ちを感じたとの声も見られます。

感想4:理想の彼女との声も

「ハッピーシュガーライフ」の登場キャラの多くは、普通とは言い難い思考が多く、松坂さとうも例外ではありません。作中では、しおへの執着から恐ろしいイメージもあるさとう。しかし、しおへの愛情の深さやヤンデレな性格、かわいらしいキャラデザが人気を集めています。また、ファンの中には、理想の彼女として松坂さとうを挙げる声も見られ、魅力的な主人公の登場も「ハッピーシュガーライフ」の見どころとなっています。

感想5:最後まで筋が通っていた少女だった

最終回の最後までしおへの愛を貫いたさとう。彼女の行動の全てはしおとの幸せな生活のためであり、しおに拒絶されることを何よりも恐れていました。しおとの生活を邪魔する者には容赦なく、時には殺人まで犯します。一見すると、異常精神者にも捉えられるさとうですが、見方を変えると自分の意思を貫いた強い女性とも呼べます。さとうに関する感想の中には、最後まで筋が通っていたと、さとうを賞賛する声も見られます。

感想6:さとうの壮絶な最後に泣いた

しおとのハッピーシュガーライフを守るため、あらゆる手段を繰り出してきたさとう。しかし、彼女の思惑は最終回で失敗に終わりました。しおから心中を求められ、死を選んださとうでしたが、最後はしおを守るために自らの命を犠牲にしました。しおのその後のエピソードから、後味の悪い最終回とも言われる「ハッピーシュガーライフ」。一方で、さとうのしおへの愛も読み取ることができ、最後までみて号泣したとの声も見られます。

感想7:人生の最後に愛を確信する描写に感動

しおと出会うまで愛を理解できなかったさとう。しおとの出会いが、さとうの愛の感情を芽生えさせ、死の間際に究極の愛を噛みしめることができました。さとうの愛情は、時には狂気を感じさせるも、しおへの愛は本物だったでしょう。死が目前に迫った瞬間に本当の愛の知ったさとう。物語としてはバットエンドにも思える一方、愛を知らなかった主人公が、死と共に愛を確信する描写に感動したとの感想も見られます。

感想8:砂糖と塩の考察が好き

キャラの名前にしては違和感のある「さとう」と「しお」。実は、最終回の最後を示す伏線となっています。砂糖と塩に火をつけると、砂糖だけが燃えてなくなり、火事になったマンションから転落したさとうと重なります。最終回で主人公が死亡する「ハッピーシュガーライフ」は、誰も報われない結末で終わりを迎えています。しかし、その後味の悪さがクセになり、何度も読み返したくなるとの感想も寄せられています。

Thumbハッピーシュガーライフ7巻の感想ネタバレ!ゆうながしおを捨てた過去とは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ハッピーシュガーライフのさとうの死亡まとめ

ハッピーシュガーライフのさとうのまとめ・イメージ画像

「ハッピーシュガーライフ」の最終回でのさとうの死亡や、しおのその後などをネタバレ考察しました。愛に生き、愛に死んでいったさとう。彼女の死は、しおのその後の人生に大きな影響を与えました。最終回で無理心中を決意するも、自らを犠牲にしてしおを救ったさとうの最後は、悲しすぎるとも言われています。短い人生であったものの、しおを心から愛することができたことは、さとうにとって一番の幸せだったでしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ