進撃の巨人のマルセル・ガリアードは顎の巨人の継承者?経歴を調査

進撃の巨人に登場するマルセル・ガリアードについて、プロフィールや経歴をまとめてみました。マーレの戦士として、顎の巨人を継承していたマルセルはどういった人物なのか、『進撃の巨人』の少ない登場シーンから詳細を紐解いていきましょう。

進撃の巨人のマルセル・ガリアードは顎の巨人の継承者?経歴を調査のイメージ

目次

  1. マルセル・ガリアードとは?顎の巨人継承者の経歴やプロフィールを紹介!
  2. 【進撃の巨人】マルセル・ガリアードのプロフィール
  3. 【進撃の巨人】マルセル・ガリアードが持つ経歴とは?
  4. 【進撃の巨人】マルセルはどんなキャラクター?性格を調べてみた!
  5. 【進撃の巨人】歴代の顎の巨人の継承者
  6. 【進撃の巨人】マルセルの弟ポルコ・ガリアードとは?
  7. 【進撃の巨人】マルセルとライナーの関係は?
  8. 【進撃の巨人】マルセル・ガリアードのプロフィールや経歴のまとめ

マルセル・ガリアードとは?顎の巨人継承者の経歴やプロフィールを紹介!

『進撃の巨人』では九つの知性巨人の継承者がいますが、その中から顎の巨人の継承者だったマルセル・ガリアードについてまとめていきます。マルセルが登場したシーンは多くありませんが、ライナーたちマーレの戦士にとって重要な人物であることが『進撃の巨人』で描かれていました。マルセルはどのような人物なのか、プロフィールや経歴を紹介していきます。

Thumb進撃の巨人の声優一覧まとめ!アニメキャラクターとともに顔写真も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

【進撃の巨人】マルセル・ガリアードのプロフィール

『進撃の巨人』に登場する顎の巨人の継承者マルセル・ガリアードはどのような人物なのか、まずは簡単にプロフィールを見ていきましょう。マルセルが描かれているシーンは回想の身となっており、あまり多くが判明していないキャラクターとなっています。『進撃の巨人』作中の少ない情報を元に、マルセルのプロフィールから人物像について迫っていきます。

顎の巨人の継承者したマーレの戦士

マルセル・ガリアードは『進撃の巨人』に登場する九つの知性巨人の一つ「顎の巨人の継承者」でした。ライナーやベルトルトと同じくマーレの戦士であり、巨人部隊を率いるマガト隊長から体力面が認められて戦士候補生となります。顎の巨人を継承した後、マルセルはライナー、ベルトルト、アニの4人で、パラディ島に潜入して始祖の巨人を奪還するための任務を任されることになります。

弟にはポルコ・ガリアードがいる

マーレの戦士であるマルセルには、弟のポルコ・ガリアードがいます。ポルコ・ガリアードはユミルから顎の巨人の継承しており、マーレの戦士として戦場を戦っている様子が『進撃の巨人』作中で描かれています。しかし、戦士候補生時代は鎧の巨人の継承権を与えられる手前まで訓練を積んでいましたが、最終的にライナーに鎧の巨人が継承されています。

【進撃の巨人】マルセル・ガリアードが持つ経歴とは?

マルセル・ガリアードは『進撃の巨人』においてどのような行動や活躍を残していたのでしょうか?原作の『進撃の巨人』ではマルセルについて描かれているシーンは少なく、詳細に関して多くの情報がない状況となっています。『進撃の巨人』作中にある数少ない手掛かりから、マルセルのマーレの戦士としての経歴について紐解いていきましょう。

マーレの戦士として訓練を受ける

『進撃の巨人』に登場するマルセルはマーレの戦士として訓練を受けており、マガト隊長から体力面での評価を受けて戦士候補生に選出された経歴を持っています。同期にはライナーやベルトルト、アニ、ピークといった巨人の継承者がいて、弟のポルコ・ガリアードもいました。その中でマルセルは兄貴的な存在を放っており、『進撃の巨人』作中では皆から慕われていたことが明らかになっています。

パラディ島で巨人に捕食されてしまう(進撃の巨人第96話)

ライナー、ベルトルト、アニの4人でパラディ島へ始祖の巨人を奪還するために潜入することになったマルセル。『進撃の巨人』の物語が始まる以前から行動していましたが、三重の壁に到着する前に無知性巨人として彷徨っていたユミルに捕食されてしまいます。この時ライナーが窮地に立たされていましたが、マルセルがライナーを助けたことにより、代わりに捕食される様子が『進撃の巨人』第96話で明らかにされています。

【進撃の巨人】マルセルはどんなキャラクター?性格を調べてみた!

『進撃の巨人』では登場シーンが数少ないマルセルですが、無知性巨人のユミルに捕食され、その後弟のポルコに顎の巨人が継承されるなど、随所で名前が登場します。そんなマルセル・ガリアードの性格について調べてみましたので、『進撃の巨人』においてどのようなキャラクターとして描かれているのかをチェックしてみてください。

戦士候補生のリーダー格

マルセル・ガリアードは『進撃の巨人』において、ライナーたちマーレの戦士候補生の中ではリーダー格のキャラクターでした。戦士候補生の皆から慕われている兄貴的存在でもあり、始祖奪還計画においてもリーダーの役割を担っていたほど。マルセルが生き続けていたら、『進撃の巨人』の物語も大きく変わっていたのかもしれません。

弟であるポルコを大切に思うマルセル

マルセルは顎の巨人を継承して始祖奪還計画に参加しますが、弟のポルコも鎧の巨人の継承者として参加する可能性があったことが『進撃の巨人』作中で判明しています。しかしマルセルは軍に印象操作を行い、鎧の巨人の継承権をポルコではなく、ライナーへと移すことにします。弟であるポルコを大切に思っていたための行動で、パラディ島に潜入した初夜にはライナーに真実を打ち明けて謝罪をしました。

Thumb進撃の巨人の調査兵団で生き残っているのはだれ?メンバー9人を詳しく解説 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

【進撃の巨人】歴代の顎の巨人の継承者

『進撃の巨人』に登場する九つの知性巨人の一つ「顎の巨人」は、これまでに3人が継承していることが明らかになっています。そこで『進撃の巨人』作中で登場した継承者たちについてまとめていきますので、それぞれのプロフィールや経歴をぜひチェックしてみてください。

マルセル・ガリアード

『進撃の巨人』作中で最初に顎の巨人を継承したのがマルセル・ガリアードです。マーレの戦士として、ライナーやベルトルトから兄貴的存在として慕われていた様子が『進撃の巨人』の数少ないシーンで描かれています。始祖奪還計画のリーダーとして任務を遂行していましたが、道中で無知性巨人のユミルに捕食されそうになったライナーを庇い、命を落としてしまいます。

ユミル

マルセルを捕食したことにより顎の巨人を継承したユミルは、その後訓練兵団に入団します。その正体はマーレ出自のエルディア人であり、孤児の頃にとある男によって「ユミル教」の教祖に仕立て上げられた過去を持つことが『進撃の巨人』作中で明らかに。純粋に人々に希望を持たせようと振る舞いますが、マーレ治安局によって「楽園送り」にされてしまい、60年間無知性巨人として放浪することになります。

ポルコ・ガリアード

ライナーやベルトルトによって連れ帰られたユミルでしが、その後自身の希望でポルコに捕食させて顎の巨人を継承させています。名前で呼ばれるのが好きでないことから「ガリアード」と呼ばせていますが、ピークからはポッコと呼ばれているシーンが『進撃の巨人』作中にあります。顎の巨人の継承者として戦場に立っており、強力な顎や爪の一撃で敵の軍隊を壊滅させて活躍している様子が『進撃の巨人』で描かれています。

Thumb進撃の巨人の九つの巨人の能力まとめ!名前や正体・継承者など徹底調査 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

【進撃の巨人】マルセルの弟ポルコ・ガリアードとは?

マルセル・ガリアードの弟であるポルコ・ガリアードは、『進撃の巨人』マーレ編で顎の巨人の継承者として登場しています。兄からユミル、ユミルから自身へと継承された巨人の能力を駆使して、マーレの戦士として勇敢に戦っているシーンが『進撃の巨人』で描かれています。そこで、ポルコがどのような人物なのかを簡単に紹介していきましょう。

ユミルを捕食して顎の巨人の継承者に

兄マルセルの印象操作で鎧の巨人を継承できなかったポルコでしたが、その後ユミルの意志によって顎の巨人を継承することになります。『進撃の巨人』作中ではまだ描かれているシーンが少ないものの、顎の巨人の継承者として戦場に出向く様子やマーレの戦士として振る舞っている様子が多くなっています。

仲間を守る勇敢なキャラクター

ポルコが顎の巨人の継承者として戦っているシーンは多く、その中で敵国の銃撃をものともせずに攻撃する勇敢な姿が『進撃の巨人』で描かれています。また仲間を守るシーンもあり、塹壕に飛び込むガビとファルコの2人を身を挺して守っている様子が『進撃の巨人』マーレ編冒頭であり、兄マルセルと似た部分を感じさせます。

鎧の巨人継承者のライナーとは仲が悪い?

『進撃の巨人』に登場するポルコ・ガリアードですが、戦士候補生時代からライナーとの関係が悪い様子が描かれています。戦士として落ちこぼれだったライナーでしたが、始祖奪還計画で訓練兵団に入団した後、仲間に「頼られる男」を演じていたことを皮肉しており、何よりも鎧の巨人を継承されたことを快く思っていませんでした。

しかし、鎧の巨人をライナーが継承できたのはマルセルが軍に印象操作を行った結果だったことを、ユミルを捕食して知ることに。ライナーに対してあまりいい感情を持てずにいるものの、複雑な心境を抱いている様子が『進撃の巨人』初登場のシーンから窺えます。

【進撃の巨人】マルセルとライナーの関係は?

マルセルとライナーの関係は『進撃の巨人』において大きな影響はありませんが、ライナーの心理面でとても重要な部分を担っています。『進撃の巨人』において重要人物であるライナーにどのような影響を与えていたのか、『進撃の巨人』作中で描かれているマルセルとライナーの関係について触れていきましょう。

印象操作で鎧の巨人の継承者をライナーにさせた

『進撃の巨人』に登場する九つの知性巨人の一つ・鎧の巨人の能力は、本来であればマルセルの弟ポルコが継承するはずでした。戦士候補生時代は落ちこぼれだったライナーでいたが、マルセルは軍に印象操作を行ったことで、鎧の巨人の継承権をライナーへと移しています。マルセルの弟を思う気持ちがなければ、『進撃の巨人』でライナーは登場しなかった可能性があったと言えるでしょう。

マルセルの死後も作戦を続行するライナー

始祖奪還計画でパラディ島に潜入したマルセルとライナーでしたが、『進撃の巨人』の物語が始まる以前に、無知性巨人となったユミルに襲われてしまいます。しかしライナーの窮地をマルセルが身を挺して救い、代わりにユミルに捕食されてしまうのでした。計画実行のリーダーを失ってしまいますが、任務を強行しようとライナーがベルトルトとアニに働きかけ、何とか壁内に潜入することに成功します。

【進撃の巨人】マルセル・ガリアードのプロフィールや経歴のまとめ

『進撃の巨人』に登場するマルセル・ガリアードのプロフィールや経歴をまとめました。『進撃の巨人』では少ない登場となっていますが、物語に密接に関わっていたことが分かるでしょう。そして『進撃の巨人』マーレ編では弟のポルコが顎の巨人を継承しているため、彼がどのように活躍していくのか注目が集まっているため、今後の『進撃の巨人』からも目が離せません。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ