NARUTO(ナルト)のペイン六道の正体を考察!輪廻眼を持っている理由とは?

ナルトに登場するペイン六道の正体を徹底解明!アニメ・漫画で大人気のNARUTO作中で木の葉の里を襲撃したペイン六道について解説します。またペイン六道それぞれが持っている特殊な技やナルト・自来也と戦ったシーンも記載していきます。本記事を読めばナルトに登場したペイン六道の事が丸わかりです。番外編としてペイン六道が所属している暁の情報や声優についても記載していきます。

NARUTO(ナルト)のペイン六道の正体を考察!輪廻眼を持っている理由とは?のイメージ

目次

  1. アニメ・漫画で大人気のナルトとは?
  2. ナルトに登場するペイン六道とは?
  3. ナルトと戦ったペイン六道の正体とは?
  4. ペイン六道を操る長門とは?
  5. ペイン六道と長門の声優は誰?
  6. ペイン六道を操る長門が輪廻眼を開眼した理由は?
  7. ナルト・自来也と戦ったペイン六道を個別に紹介!
  8. ナルトに登場するペイン六道の正体:天道
  9. ナルトに登場するペイン六道の正体:地獄道
  10. ナルトに登場するペイン六道の正体:餓鬼道
  11. ナルトに登場するペイン六道の正体:畜生道
  12. ナルトに登場するペイン六道の正体:修羅道
  13. ナルトに登場するペイン六道の正体:人間道
  14. 長門がリーダーを務めている危険な集団の暁を紹介
  15. 危険人物ばかりの暁メンバーを紹介②
  16. ペイン六道を知ってもっとナルトを楽しもう!

アニメ・漫画で大人気のナルトとは?

NARUTOとは1999年から2014年まで週刊少年ジャンプで連載されていた少年漫画です。落ちこぼれ忍者のナルトが火影になるまでの物語が描かれておりペイン六道など様々な技や能力を持っているキャラクターが沢山登場します。また名言や名シーンがとても多く作品が終わった今でも多くのNARUTOファンに愛されている作品でもあります。

Thumbナルト(NARUTO)の名シーンランキング!泣ける感動の名場面・名言画像 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルトに登場するペイン六道とは?

NARUTOに登場するペイン六道とは輪廻眼を持った六人組の集団の事です。それぞれが違った技や能力を持っており連携しながら戦う事を得意としています。また作中では自来也や弟子のナルトと激闘を繰り広げておりとてつもない強さを見せています。本記事ではそんなペイン六道の正体や技・能力について徹底考察していきますので是非ご覧下さい!

テレビ東京・あにてれ NARUTO-ナルト- 疾風伝

ナルトと戦ったペイン六道の正体とは?

NARUTOに登場したペイン六道の正体は長門の外道の術で死体を操っている人間です。それぞれに意思などはなく長門が遠隔操作して戦闘を行う事ができます。また死体ですので倒されたとしても補充ができNARUTOの作中でもメンバーが変更されている描写がされています。ペイン六道は視野を共有しているので死角がなく全ての眼を避けながら戦う事が必須とされています。

画像はペイン六道が初めてNARUTOの作中に登場し自来也と戦闘を行ったシーンです。この時自来也は仙人モードを使って奮戦しましたがペイン六道の正体や技に気付けないまま命を落としています。また息を引き取る前には弟子のナルトがペイン六道を倒すと信じ意思を引き継ぎました。NARUTOの作中でも屈指の名シーンが多く登場する戦闘の一つです。

画像は木の葉の里をペイン六道が強襲した際にナルトが戦ったシーンです。NARUTO作中ではペイン六道の狙いがナルトの人柱力だったためナルトに対してはペイン六道が襲ってきた事を秘密にしていましたが、異変に気付いたナルトが駆けつけてペイン六道と戦いました。そしてペイン六道の技や正体を見極めて諦めないド根性で倒しています。

ペイン六道を操る長門とは?

NARUTO作中に登場するペイン六道を操っている長門とは暁を創設した人物で輪廻眼を開眼している忍者です。尾獣のチャクラを吸収できる「外道魔像」を口寄せして以来体が弱くなりそれからはペイン六道を使って戦うようになっています。また長門はかつて自来也の弟子だった人物でナルトにとっては兄弟子にあたる人物です。

画像は戦場孤児だった長門・小南・弥彦を自来也が引き取り弟子として育てていたシーンです。NARUTOの物語が進み自分なしでもやっていけると判断した自来也は彼らと別れましたが、その後弥彦が敵に殺された事がきっかけで長門に輪廻眼が開眼しています。またその頃から長門の思想が歪んでいきペイン六道や暁を使って世界を破壊しようと目論むようになりました。

NARUTO作中で発足当初の暁は弥彦がリーダーとして率いており雨隠れの半蔵の罠にかかって彼が殺された後に長門がリーダーを役目を引き継いでいます。また弥彦が殺された深い悲しみで長門の力が暴走し暁は世界を破壊する要注意人物たちの集まりへの道を進んでいきます。暁には正体不明の忍者が多数在籍しておりメンバー全てが指名手配されていました。

ペイン六道と長門の声優は誰?

ここからは長門と弥彦の声を担当した声優を紹介します。深い悲しみを持ちながら強い意志を示す特徴的な声の声優が二人の声を務めているので是非ご覧下さい!

長門の声を担当した声優は森田順平

長門の声優を担当した森田順平は声優だけでなく俳優・ナレーターとして活動している人物です。これまでに「名探偵コナン」「ルパン三世」「クレヨンしんちゃん」などの人気アニメ作品で声優を務めています。また俳優業として「三年B組金八先生」で先生役を約三十年務めるなどマルチな才能を持っている人物でもあります。NARUTO作中では長門の深い悲しみを上手く表現した声優として有名です。

少年時代の長門の声を担当した声優は前野智昭

少年時代の長門の声を担当した前野智昭はナルト以外に「イナズマイレブン」「刀剣乱舞」「図書館戦争」などの人気アニメに出演している人気の声優です。アニメナルトでは内気な少年だった長門の寂しそうな声を上手く表現しています。また本人は「ドラゴンボール」を見た事で声優の道を進むようになったと語っています。

弥彦の声を担当した声優は堀内賢雄

弥彦の声優を担当した堀内賢雄は自らが設立した会社の代表取締役を務めている人物です。これまでに「鬼灯の冷徹」「ワンピース」「弱虫ペダル」などの人気アニメにも出演しているキャリアの長い声優でもあります。また声優デビュー仕立ての頃はとても下手くそで多くの方たちに指導された事で今の自分がいると語っています。過去にはDJなども行っており声優以外にもマルチな才能を持っている人物です。

少年時代の弥彦の声を担当した声優は羽多野渉

少年時代の弥彦の声を担当した羽多野渉はナルト以外に「黒子のバスケ」「弱虫ペダル」「キャプテン翼」などの人気アニメに出演している声優です。ナルトの作中では活発な少年だった弥彦の声を上手く表現しています。また母親がアニメ好きだった事で自身も興味を持ち声優を目指す事になりました。

ペイン六道を操る長門が輪廻眼を開眼した理由は?

元々輪廻眼を持っていた六道仙人の眼はうずまき一族へと継承されており、うずまき一族の一人である長門は感情の高ぶりと共に輪廻眼が開眼しています。またナルトとは親族に当たり長門がペイン六道を使って木の葉を襲撃していますが、ナルトが平和をもたらす存在になると信じ意思を託しています。戦いの後に外道の術を使い木の葉の人間たちを生き返らせ自身は息を引き取りました。

輪廻眼の始祖である六道仙人とは?

六道仙人とはチャクラの真理と解き明かした忍の始祖にあたる人物で、正式名称は「大筒木ハゴロモ」という名前を持っています。柱間の「千手一族」やナルトの「うずまき一族」が六道仙人の子孫に当たり特殊な術を使用する事ができます。また物語の終盤では仮想世界でナルト・サスケと邂逅し仙人の力を目覚めさせました。物語の鍵を握る重要な人物で作中では伝説の存在とされていました。

ナルト・自来也と戦ったペイン六道を個別に紹介!

ここからはナルト・自来也と戦ったペイン六道の正体や技を個別に紹介していきます。ペイン六道は眼がリンクしているだけでなくそれぞれが違った能力を持っており連携して戦う事を得意としています。そんなペイン六道の情報をご覧下さい!

ナルトに登場するペイン六道の正体:天道

ナルトの作中に登場するペイン天道とはペインの中でも中心的な役割を持っている存在で弥彦の死体をもとに作られています。またペインの中でゆういつ替えのきかない存在とも言われており、天道だけに術を集中させれば長門がもっている能力を全て引き出す事もできます。作中では相手と対峙した際に話す役割ももっています。

ナルトのペイン六道:天道の技や能力

ペイン天道は斥力を操り相手を引き寄せたり吹き飛ばす「神羅天征」「万象天引」を使用する事ができます。また引力を持つ球体を生み出し周りにあるものを全て引き寄せ押し潰す「地爆天星」も使用していました。そしてこれらの術を使い木の葉の里を壊滅寸前にまで追い込んでいます。ペインの中でも最強の存在だと言えます。

ナルトに登場するペイン六道の正体:地獄道

地獄道はある村の村人の死体を外道の術で操っていると描写がされています。生前は中年の男性でペインになった後はセリフがありません。

ナルトのペイン六道:地獄道の技や能力

ペインの地獄道は掴んだ相手を尋問して質問する事によって魂を抜きだす事ができます。この時尋問に対して嘘を付かなければ魂を抜きとられる事はありません。また抜き出した魂は他のペインに移す事できるので地獄道がいる限りペインは何度でも復活する事ができます。ナルトがペインと戦った際にも地獄道を倒す事を優先していました。

ナルトに登場するペイン六道の正体:餓鬼道

ペインの餓鬼道は草隠れの里の忍者の死体を外道の術で操っている存在です。ナルトの作中では自来也が訪れた酒場で酔いつぶれている所が描写されています。

ナルトのペイン六道:餓鬼道の技や能力

ペイン餓鬼道の技は相手の術を吸収し無効化する事ができるものです。ですが体術などには対応できないためナルトの仙人モードによって倒されています。また吸収したチャクラは自身の回復にも使用する事が出来ます。

ナルトに登場するペイン六道の正体:畜生道

ペイン畜生道はナルト作中で自来也と戦った際に倒されナルトとの戦闘では人物が変わっています。ナルトと戦った畜生道はかつて暁にスパイとして使われていた下忍で死体となった際に外道の術で操られています。

ナルトのペイン六道:畜生道の技や能力

ペイン畜生道は口寄せの術を得意としており巨大な猛獣を何体も口寄せする事が可能です。またナルト作中では遠くにいるペインたちを一気に口寄せする描写がされています。

ナルトに登場するペイン六道の正体:修羅道

ナルトのペイン六道:修羅道の技や能力

ペイン修羅道はかつて傀儡師だった人間を死体となった時に外道の術で操っている存在です。変な顔が特徴的です。

ペイン修羅道は体をロボットのように改造されておりミサイルなどの遠距離武器を使用する事ができます。またナルト作中では固い体を生かした接近戦も得意としていましたがナルトの仙人モードで叩き潰されています。

ナルトに登場するペイン六道の正体:人間道

ペイン人間道はかつて滝隠れだった忍が死体となった際に長門の外道の術で操られていた存在です。また生前には自来也が酒場を訪れた際に描写されています。

ナルトのペイン六道:人間道の技や能力

ペイン人間道は手のひらを相手にかざす事で記憶を読む能力をもっています。また記憶を読み取った後は相手を即死させる事も可能です。ペイン六道の中では一番戦闘に向いていない存在でナルトの仙人モードによって倒されています。

長門がリーダーを務めている危険な集団の暁を紹介

暁とは「対話によって争いをなくす」という弥彦の信念から発足した集団で、弥彦が半蔵に殺された後は長門の暴走により犯罪者ばかりが集まった組織に変貌しています。作中ではほとんどのメンバーが指名手配されており上忍でも勝てないほどの実力者ばかりが在籍しているのも特徴的です。そんな暁のメンバーを一気に紹介していくのでご覧下さい!

危険人物ばかりの暁メンバー:小南

暁発足時のメンバーで弥彦や長門とは幼馴染です。平和を目指していた暁ですが弥彦が殺され長門が暴走する中長門を支えるために小南は暁に在籍していました。小南は紙にチャクラを練り込む忍術を得意としておりこれらの紙は炎や水も跳ね返すほどの強度を持っています。また紙による敵の偵察なども得意としています。

ペインが木の葉の里を襲撃した後はナルトとの戦いで命を落とした長門の輪廻眼を回収しに来たトビと戦闘を行っています。その際起爆札を仕込んだトラップにトビを誘い込み爆破しましたが写輪眼の能力で回避され刀で刺されて重傷を負っています。そしてトビの幻術で輪廻眼の居所を吐かされ小南は息を引き取りました。

危険人物ばかりの暁メンバー:うちはイタチ

うちはイタチはサスケの兄にあたる人物でうちは一族の天才と呼ばれて人物です。作中で木の葉の里の支持で危険因子であるうちは一族を暗殺した後に里を抜け暁に加入しています。また万華鏡写輪眼やスサノオを使用できるほどの強さを持っており様々なキャラクターと激闘を繰り広げています。特に幻術の扱いでは作中でナンバーワンといって過言ではありません。

里を裏切りうちは一族を殺した人物として指名手配されていたイタチですが真相は間違っており、それを知らないサスケから命を狙われていました。そして作中でサスケとイタチは激闘を繰り広げ敗れたイタチが命を落とす間際に勘違いだった事が判明しています。その後忍界大戦では穢土転生によって復活しサスケと共にカブトと戦っています。

危険人物ばかりの暁メンバー:干柿鬼鮫

干柿鬼鮫とは霧隠れの抜け忍で「霧隠れの怪人」と呼ばれている危険人物です。削り取る事で相手のチャクラを吸い取る事ができる「鮫肌」を愛用しており様々なキャラクターと激闘を繰り広げています。また鮫肌を敵の忍から奪った際にトビと出会い彼の語る理想の世界に興味を持ち暁に加入しています。主にイタチと組んで行動する事が多い人物です。

様々なキャラクターと戦ってきた干柿鬼鮫ですが四代目雷影との戦いで死んだと思わせておいて修行中のナルトの前に姿を現しました。その際同行していたガイと戦い敗れ捕縛されています。ですが凶暴な鮫を口寄せして自ら命を絶って暁の情報を守りました。その姿を見てガイは敵ながら潔く強い人物と認め「名前は憶えておく」と言っています。

危険人物ばかりの暁メンバー:デイダラ

デイダラは暁最年少のメンバーで元岩隠れの抜け忍です。粘土にチャクラを練り込み爆発させる忍術を得意としており我愛羅やサスケと激闘を繰り広げています。暁に入った経緯は描写されていませんが、同じメンバーのサソリとツーマンセルを組んで行動しています。また語尾に「うん」と付けるのが特徴的な人物でもあります。

作中でサスケと対戦し雷遁との相性が悪く敗れたデイダラですが捕まる気はなく起爆粘土を使い自爆しています。その後の忍界大戦では穢土転生で復活してカンクロウと対決し傀儡に封印されています。またその際には雷遁を刺されて爆発を起こす事ができなくなりイタチがカブトを倒した事で活動を停止しました。

危険人物ばかりの暁メンバー:サソリ

暁のメンバーのサソリとは一度に百体の傀儡を操れる天才的な傀儡使いです。普段は傀儡の中に潜み姿を消して行動していますがサクラとの対決で姿を現しています。幼少時に両親が命を落とし引き取ったチヨが育てていたという描写がされています。また同じ芸術家であるデイダラとツーマンセルを組み行動する事が多い人物でもあります。

サクラたちとの戦いで三代目風影などの強力な傀儡を使い圧倒していたサソリでしたがチヨが出したサソリの両親の傀儡によって敗れています。その後穢土転生によって蘇りましたが傀儡は転生されず生身であった事から真価を発揮です、同じ傀儡使いのカンクロウに諭されて自ら活動を停止しています。

危険人物ばかりの暁メンバーを紹介②

危険人物ばかりの暁メンバー:飛段

暁の飛段とは湯隠れの抜け忍で「ジャシン教」を信仰しているキャラクターです。大鎌のようなものを使用して戦う事を得意としており、どれだけ血を流しても心臓を刺されても死なない無敵の体を持っています。作中ではアスマと対決し彼の命を奪っています。同じ暁メンバーの角都とツーマンセルを組んで活動している人物です。

無敵の体で敵なしと思われていた飛段ですがアスマを殺され復讐を誓っていたシカマルと対決しました。その際に体を封印術と起爆札で覆われ地中深くに埋められる結果になりました。死ねない体なので永遠に生き続ける事になりますが奈良一族の土地に封印されたので常に監視されています。

危険人物ばかりの暁メンバー:角都

角都とは滝隠れの抜け忍で口元をマスクで覆っている人物です。「世の中は金」だと言っているほどの守銭奴で暁の活動資金を稼ぐ役割ももっています。作中では心臓が四つあり全ての性質変化を扱える強敵として描写されており、暁メンバーの飛段とツーマンセルを組み行動しています。

角都はチョウジやイノとの戦闘になり圧倒的な力を見せていましたが、そこに修行を終えたナルトが現れ螺旋手裏剣の一撃を受けて命を落としています。また忍界大戦では穢土転生により復活して忍連合の前に立ちふさがっていますがチョウジの攻撃を受け岩に押しつぶされています。その後イタチがカブトを倒した事で昇天しました。

危険人物ばかりの暁メンバー:トビ

トビとはサソリが死亡した際に補充された暁のメンバーで仮面を被っている男です。ツーマンセルを組んでいたデイダラの事をおちょくるなどお調子者の性格をしていましたが、正体はうちはオビトで暁を裏で操っていた黒幕という事が判明します。またうちは一族特有の写輪眼を極めている存在で、手で触れたものを別の空間に移動させたり相手の攻撃をすり抜けるなどの能力をもっています。

暁の黒幕として世界を壊すため忍界大戦を引き起こしたオビトはかつて友だったカカシと激闘を繰り広げています。その後六道仙人の力を手にして忍連合軍と戦いましたが尾獣のチャクラを抜かれて敗北しました。そして改心し写輪眼を潰そうとしていた時にマダラに写輪眼を奪われています。マダラが倒されカグヤとの戦いの最中にナルトを助けるために命を落としました。

危険人物ばかりの暁メンバー:ゼツ

暁の中でも異質なメンバーであるゼツは柱間細胞で作られた存在と言われていましたが、かつて起こった無限月読の餌食になった人間の慣れの果てという事が判明しています。ゼツは体を分裂させる能力をもっており忍界大戦では数万体に分裂して忍連合軍の前に立ちふさがっています。

白ゼツはかつて傷を負ったオビトの看病をしておりマダラの手下として活動していました。その後はサスケを監視するために体に取りついていましたが、永遠の万華鏡写輪眼という最強の写輪眼を会得したサスケに姿を見破られて始末されています。また続編のボルトでも生き残ったゼツが登場していますが再びサスケによって倒されています。

危険人物ばかりの暁メンバー:大蛇丸

大蛇丸は元暁のメンバーで伝説の三忍と呼ばれていた木の葉隠れの抜け忍です。穢土転生などの禁術に興味をもっている危険思想の持ち主で木の葉を転覆させるために作中では砂隠れの里を使い襲撃しています。また物語の終盤では木の葉を乗っ取る事を諦め傷ついた五影たちを回復するために戦場へ駆けつけました。そしてサスケの体を乗っ取る事を計画していましたがサスケが自分より強くなった事で断念しています。

Thumbナルトの仙人モードの能力とは?術・技や強さなどかっこいい画像で紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ペイン六道を知ってもっとナルトを楽しもう!

本記事ではNARUTO作中に登場するペイン六道の正体や技について解説していきましたがいかがだったでしょうか?今回登場しなかったナルトを初めとした他のキャラクターの中にも魅力的な人物が沢山存在しているので、これを機にナルトを読んで見て下さい!

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ