【青春ブタ野郎】思春期症候群の正体とは?アニメの魅力や謎を考察

鴨志田一によるライトノベル作品『青春ブタ野郎シリーズ』。通称「青ブタ」と呼ばれている大人気作品に登場する「思春期症候群」。この記事では、思春期症候群の正体とは一体何なのか?思春期症候群の発症例などから考察していきます。さらに、青ブタのアニメの魅力や謎とは何なのか、そのことについても紹介していきます。この記事を読めば思春期症候群の正体や謎についての理解が深まること間違いなしですので、ぜひ最後までご覧ください!

【青春ブタ野郎】思春期症候群の正体とは?アニメの魅力や謎を考察のイメージ

目次

  1. 青ブタとは?
  2. 青ブタの思春期症候群の正体・治療法とは?
  3. 青ブタの思春期症候群の正体・謎を発症例から考察
  4. 青ブタのアニメの魅力
  5. 青ブタの思春期症候群に関する感想や評価は?
  6. 青ブタの思春期症候群の正体や謎まとめ

青ブタとは?

青ブタの作品情報

この記事では、青ブタの思春期症候群の正体や謎について紹介していきます。そのため、まずは青ブタがどういった作品なのかを紹介していきます。青ブタは、「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」から始まる青春ブタ野郎シリーズの略称です。青ブタの原作者は鴨志田一であり、2019年3月現在までで9巻まで発売されています。

また、「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」というタイトルでアニメ化もされており、2019年には「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」というタイトルで劇場版として公開される予定です。次項からは、そんな青ブタの思春期症候群について紹介していきます。

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」 | 青春ブタ野郎シリーズ

青ブタの思春期症候群の正体・治療法とは?

ここでは、青ブタの「思春期症候群」の正体・治療法や謎について考察していきます。青ブタの登場人物たちが悩まされる「思春期症候群」とは一体どのようなものなのか?その正体や謎について迫っていきます!

思春期症候群の正体

ここでは、青ブタで登場する「思春期症候群」の正体について考察していきます。「思春期症候群」の正体については未だに謎が多いですが、「思春期症候群」は青ブタの作中では都市伝説のようなものとして扱われています。思春期特有の悩みが多い少年少女たちが「思春期症候群」を患い、不思議な現象に悩まされます。その思春期症候群に毎回巻き込まれる主人公・梓川咲太。

梓川咲太は様々な思春期症候群の謎に立ち向かい、思春期症候群に悩まされる少女たちを救いだします。思春期症候群の正体には謎が多いと前述しましたが、実は思春期症候群の正体とSNSには密接な関わりがあるといわれています。思春期症候群の発症例については後ほど紹介していきますが、発症例の多くがSNSと関連があるようです。

SNSでのいじめによって思春期症候群を発症したかえで。SNSが主となる女子高校生特有のコミュニティに息苦しさを感じる朋絵。現実での自分とSNS上の自分が分裂してしまうという思春期症候群を発症する理央。このように、現代の若者たちの悩みとSNSは密接に関係しているため、思春期症候群の症状となって現れるようです。

思春期症候群の治療法

では次に、思春期症候群の治療法とは何なのかについて考察していきます。思春期症候群の治療法といっても、その方法はその人物の思春期症候群によって変わります。人の悩みがそれぞれ違うように、思春期症候群の種類もまた様々だからです。しかしながら、思春期症候群の治療法は簡単にいえば発症した本人の悩みやコンプレックスが解消されることなのではないかといわれています。

次項からはそんな思春期症候群の発症例について紹介していきますので、発症例を見ていきながら思春期症候群の正体とは一体何なのか、そして治療法とは何なのかということについて考えていきましょう。

「青春ブタ野郎」シリーズ | 電撃文庫公式サイト

青ブタの思春期症候群の正体・謎を発症例から考察

思春期症候群の発症例①桜島麻衣

まずは、青ブタのヒロインである桜島麻衣の思春期症候群の発症例や謎について紹介していきます。桜島麻衣は幼少期から売れっ子として芸能界で活動していました。しかし、マネージャーを務めていた母親が本人の嫌がっていたグラビアの仕事を無断で契約してしまい、その仕事がきっかけで芸能活動を一時休止することになります。しばらくは普通に生活していましたが、ある時水族館で自分が周囲に注目されていないことに気づきます。

それから次第に、周囲の人間に認識されないようになっていき、存在自体も忘れられていくようになります。このように桜島麻衣は「誰からも認識されなくなる」という思春期症候群を発症することになりますが、その原因とは一体何だったのでしょうか?桜島麻衣が思春期症候群を発症した原因は、幼少期から芸能人として注目を浴び続けたことが原因の一つとして挙げられますが、原因は他にもあります。

芸能界での活動を休止した桜島麻衣は、普通に高校へ通うようになります。しかし、幼少期より売れっ子女優として活動してきた桜島麻衣は周囲からは近づき難い存在であり、本人もどう接していいかわからず周囲との間に見えない壁を作っていたようです。こうした「空気」が学校全体に広がり、さらに学校以外でも認識されなくなり、思春期症候群が発症したのではないかといわれています。

そして、そんな桜島麻衣を救ったのは梓川咲太でした。梓川咲太が桜島麻衣を認識できたのは、そういった「空気」を読まない性格だったからだといわれています。また梓川咲太も過去に思春期症候群で悩まされたことがあり、自ら協力を申し出ます。しかし梓川咲太の必死の抵抗にもかかわらず、梓川咲太も桜島麻衣の存在を忘れてしまいます。ですがすぐに桜島麻衣のことを思い出し、梓川咲太は学校全体の「空気」と戦う決意をします。

そのために、梓川咲太はテスト中に全校生徒の前で桜島麻衣に愛の告白をします。梓川咲太が周囲の「空気」を読まずに愛の告白をしたことで、桜島麻衣の存在を認識できるようになります。こうして、世界は桜島麻衣を取り戻したのでした。

思春期症候群の発症例②古賀朋絵

次に、梓川咲太の後輩である古賀朋絵の思春期症候群の発症例や謎についてを紹介していきます。古賀朋絵は、高校入学と同時に福岡から引っ越してきた少女です。高校ではクラスの中心となっている女子グループに属していた古賀朋絵でしたが、一人になりたくないという思いからいつも周囲と話を無理に合わせてきました。そんなある日、古賀朋絵はリーダーの玲奈が好意を寄せる前澤先輩から告白されてしまいます。

リーダーの玲奈が好意を寄せる前澤先輩から告白された時点で、告白を断ってもグループから除け者にされてしまうかもしれない、そんな思いから古賀朋絵の思春期症候群が発症します。古賀朋絵が発症した思春期症候群は、同じ日を何度も繰り返してしまうというものでした。さらに、この異変に梓川咲太も気づいていました。梓川咲太は古賀朋絵の思春期症候群を治すために、偽の恋人を演じるという協力をすることになります。

梓川咲太が偽の恋人を演じるのは1学期が終わるまでという約束でしたが、今度は1学期の終業式の日が何度も繰り返されるという現象が始まります。終わらない1学期の原因は、古賀朋絵が梓川咲太に恋をしてしまったからでした。偽の恋人関係が終わったら再び一人になってしまう、そんな恐怖が思春期症候群を発症していたのです。しかし咲太の言葉によって勇気を振り絞り、思春期症候群から解放されることとなります。

思春期症候群の発症例③双葉理央

次に、梓川咲太の数少ない友人である双葉理央の思春期症候群の発症例や謎について紹介していきます。双葉理央は梓川咲太のもう一人の国見佑真に好意を寄せていました。しかし、国見佑真は上里沙希と交際しており、双葉理央は自分の思いを胸にしまって友人として接していました。そんなある日、双葉理央の前にもう一人の自分「ドッペルゲンガー」が現れます。

双葉理央のドッペルゲンガーはいつもの双葉理央とは正反対で、眼鏡も白衣も身につけず、国見佑真の試合を見に行くような女の子でした。さらに、双葉理央のドッペルゲンガーはSNSの裏アカウントで少しエッチな自撮り写真をアップし続けていました。咲太はそんな双葉理央の状況を知り、自分の家に双葉理央の本物?の方を匿い、自分はドッペルゲンガーの双葉理央に接触します。

しかし実はニセモノの双葉理央だとされていた人物も、双葉理央の仮説によると同じ双葉理央という人物であることが判明します。わかりやすく言うと人格が2つあるようなもので、2つある人格がなんらかの理由で肉体まで2つになってしまった状態だといわれています。その理由は、双葉理央のコンプレックスが原因だといわれています。双葉理央は実は巨乳で、小学生の頃から周りと比べて体が成熟していることに悩んでいたようです。

男子の自分を見る視線が嫌で、双葉は白衣で自分の胸を隠しメガネで女性らしさを隠そうとします。しかし、一方で自分を見てもらいたい、国見に女性として意識してもらいたいという気持ちも芽生えます。こうして生み出されたのが、女性らしさを全面に押し出した双葉理央という人格だったのです。女性らしさを全面に出した双葉理央がSNSに自撮り写真をアップしていたのも、もっと自分を見てほしいという悲痛な叫びだったのです。

そんな双葉理央の思春期症候群は、花火大会に3人で一緒に行った際に国見に気持ちを伝えたことで解決します。「返事はいいよ」と清々しい表情で国見に伝える双葉理央。その後、花火大会に行かなかった方の双葉理央が花火大会で楽しそうにしている3人の写真を見て、もう一人の自分に電話をかけます。そして、「私も花火大会に一緒にいきたい」と正直に伝えたことで、二人に分かれていた双葉理央は無事に一人に戻ったのでした。

思春期症候群の発症例④豊浜のどか

次に、桜島麻衣の妹・豊浜のどかの思春期症候群の発症例や謎について紹介していきます。豊浜のどかは桜島麻衣の異母妹であり、彼女もまた芸能界で活躍していました。アイドルグループ「スイートバレット」のメンバーである豊浜のどかは自他ともに認めるシスコンであり、桜島麻衣に強い憧れとコンプレックスを抱いていました。そんなある日、桜島麻衣の住むマンションを訪ねてきた豊浜のどかと桜島麻衣の中身が入れ替わってしまいます。

豊浜のどかが発症した思春期症候群の原因は、桜島麻衣に対する憧れとコンプレックスでした。豊浜のどかと桜島麻衣の母親は別であり、二人の母親はお互いに芸能界で活躍する娘たちを代理戦争のようにして、いがみ合っています。豊浜のどかはそのような状況で、自分が桜島麻衣のようになれば母親に喜んでもらえると考えます。それが原因となり、豊浜のどかは桜島麻衣と入れ替わるという思春期症候群を発症したのでした。

桜島麻衣と入れ替わった後、二人はそれぞれの役割をこなしながら生活を続けることにします。桜島麻衣はやはり女優だけあってアイドルの豊浜のどかを上手く演じながら生活しますが、豊浜のどかは桜島麻衣の役割を上手くこなせずにいました。桜島麻衣に集められる期待の目と重圧に耐えられず、CM撮影の仕事の時には過呼吸を起こし倒れてしまいます。

このような体験により、豊浜のどかは自分が桜島麻衣になるということはできないことを理解します。また、それと同時に豊浜のどかは自分の母親が自分をアイドルの道へ行かせた理由を知ります。これにより、思春期症候群の改善の兆しが見え始めます。そして、豊浜のどかは「桜島麻衣になるのではなく、自分の道をしっかり歩んで成功を掴み取れば、母親も喜ぶ」ということを理解し、思春期症候群から解き放たれたのでした。

思春期症候群の発症例⑤梓川かえで

次に、梓川咲太の妹・梓川かえでの思春期症候群の発症例や謎について紹介していきます。梓川かえでは青ブタの主人公・梓川咲太の妹であり、二人だけで暮らしています。梓川かえでには学校でいじめを受けていた過去があり、SNSで自分への誹謗中傷を見ると自分の体に傷ができてしまうという思春期症候群になってしまいます。それから、かえでは不登校になり引きこもりになってしまいます。

しかしかえでの症状は医者には自傷行為だと診断され、咲太以外の家族も自傷行為だと決めつけます。しかし、咲太だけはかえでのことを理解していました。咲太が高校生になってもスマホを持っていない理由も、妹がスマホの通知音に怯えるためです。さらに、かえでは思春期症候群に加えて「解離性障害」という病気も併発してしまいます。「解離性障害」は、元々の人格が消えて別の人格が現れる病気です。

かえでの元々の人格が消えるだけでなく、いじめの記憶や家族に関する記憶、楽しい思い出さえもかえでの中から消えてしまいます。体は同じでも全くの別人であるかえでに対し、周囲の人間は戸惑います。母親はかえでに「早く治そう」と言い続けますが、過去の記憶が何ひとつないかえでには何もわかりません。そんな中で、かえでを救ったのは兄の咲太でした。実は、かえでの本当の名前は「花楓」です。

咲太は花楓に「かえで」として生きていくことを提案します。それは、元々の花楓とは別の人間として生きていくということでした。新しい人格として目覚めてからずっと「早く前の花楓に戻って」と言われ続けてきたかえでにとって、咲太のその言葉はまさに救いでした。こうしてかえでは救われましたが、母親はノイローゼになってしまい、父親は咲太にかえでを託し離れて暮らすことになったのでした。

それから、かえでは引きこもり生活を続けながらも兄と明るく暮らしていました。しかし、そんなある日かえではある目標を設定します。その目標の中の一つに「学校へ行く」というものがありました。かえでは兄に喜んでほしい一心で、一生懸命に家の外に出ようとします。こうしてかえでは半分だけ目標を達成し、かえでという人格は消えて元々の花楓が戻ったのでした。

花楓は戻ったものの、かえでだった頃の記憶はありませんでした。こうして花楓の解離性症候群という病気は治りますが、思春期症候群は治ったのでしょうか?かえでは思春期症候群を克服するために戦いましたが、花楓にはその記憶がありません。花楓の記憶はいじめられていた2年前のままです。そのため、花楓は過去と向き合う必要があるのかもしれません。

思春期症候群の発症例⑥牧之原翔子

次に、牧之原翔子の思春期症候群の発症例や謎について紹介していきます。牧之原翔子の思春期症候群については、アニメ青ブタではしっかりと描かれずに終わりました。実は牧之原翔子については、2019年6月公開の劇場版で描かれるようです。そこでここからは劇場版で描かれるかもしれないところをネタバレしていきますので、ネタバレを見たくない方はご注意ください。

牧之原翔子は梓川咲太の初恋の人でした。梓川咲太が峰ヶ原高校に入学したのは、そこに通っているはずの牧之原翔子に会うためでした。しかし、牧之原翔子は名簿に名前がなく在籍していた記録が全くありませんでした。不思議に思っていた咲太ですが、なんと咲太の前に年上であるはずの牧之原翔子が中学生の姿になって現れます。驚いた咲太でしたが、中学生の牧之原翔子は咲太のことを全く知らないようでした。

中学生の牧之原翔子と、年上の牧之原翔子。実は、この二人は同一人物であることが判明します。咲太が過去に出会った年上の牧之原翔子は、交通事故に遭った咲太の心臓を移植された牧之原翔子だったのです。咲太の胸の傷は、この世に2つ存在してはいけない咲太の心臓が2つある(現在の咲太の心臓と、牧之原翔子に移植された咲太の心臓)ことからからできたものだったのです。

咲太の心臓を移植されて助かった牧之原翔子は、咲太の命を救うためい咲太が事故に遭わないように仕向けようとします。しかし、咲太は牧之原翔子の嘘に気づき自分が事故に遭う現場に行ってしまいます。そんな咲太めがけてスリップしてくるミニバン。ぶつかると思った瞬間、飛び出してきた桜島麻衣が咲太を突き飛ばします。こうして咲太の代わりに桜島麻衣が死んでしまい、牧之原翔子の心臓のドナーになったのでした。

麻衣が死んで抜け殻のようになってしまった咲太。そんな咲太を見た牧之原翔子は、咲太の幸せを願い彼が過去に戻る手助けをします。そして、事故の日に戻った咲太は事故に遭いそうになっている自分を自分で突き飛ばします。こうして、咲太は自分の命とともに桜島麻衣の命も救ったのでした。しかし、結果として牧之原翔子に心臓を提供するドナーが現れなくなります。

この事態を受けて、咲太は麻衣に牧之原翔子も助けたいと口にします。咲太の願いを聞いた麻衣は、心臓移植をテーマとした映画の主演を務めます。その結果、心臓移植のドナーが増えた世界になり、牧之原翔子は第三者から心臓移植を受けることができるようになりました。こうして、牧之原翔子、咲太、桜島麻衣の3人が全員助かる世界へと変わったのでした。

青ブタのアニメの魅力

ここからは青ブタのアニメの魅力とは一体何なのか?青ブタのアニメの魅力について徹底調査していきます。青ブタは原作だけでなくアニメも魅力的だといわれていますので、ぜひアニメも視聴してみてください!

青ブタのアニメの魅力①キャラがかわいい

まず最初に紹介する青ブタのアニメの魅力は、「キャラがかわいい」ということです。青ブタは主人公の梓川咲太を中心として、彼の周囲の少女たちが思春期症候群に悩まされます。そんな思春期症候群に悩まされる少女たち一人一人が魅力的で、かわいいと話題になっています。また、そんな彼女たちのアニメでの声優を担当している方々も豪華で魅力的ですので、ぜひ注目してアニメを視聴してみてください。

青ブタのアニメの魅力②感動するストーリー

次に紹介する青ブタのアニメの魅力は、「感動するストーリー」です。思春期症候群を解決するために、梓川咲太やその周囲の登場人物たちが奮闘します。しかし、努力したからといって全てが上手くいくというわけでもなく、咲太の妹・かえでの件のようにどうにもならないこともあります。そういった苦悩や自分自身のコンプレックスなどを乗り越え、成長する登場人物たちの姿に感動するといった声も多くあります。

青ブタのアニメの魅力③伏線がすごい

次に紹介する青ブタのアニメの魅力は、「伏線」です。青ブタは序盤から多くの謎と伏線が散りばめられています。その一つが「咲太の胸の傷」。この傷はおそらく思春期症候群なのでしょうが、本人もなぜ胸に傷ができるのかわかっていないようでした。アニメ青ブタではこの伏線は回収されることなく、謎のまま終わりました。実は、この伏線は劇場版青ブタで牧之原翔子の謎とともに回収されるようです。

「咲太の胸の傷」の意味とは?牧之原翔子とは一体どういった人物なのか?この記事でも紹介しましたが、ぜひ劇場版でその謎の真相をお確かめください。

青ブタの思春期症候群に関する感想や評価は?

最後に、青ブタや思春期症候群に関するネット上での感想や評価を紹介していきます。青ブタに関する感想として特に多かったのは、「感動する」というものでした。どのエピソードも登場人物たちの苦悩が描かれており、それを乗り越える姿に感動したという人も多かったようです。

また、2019年6月に公開される青ブタの劇場版を期待する感想も多いようです。劇場版も絶対に感動する!という感想も多く、期待が高まっているようです。

青ブタの思春期症候群の正体や謎まとめ

この記事では、青ブタの思春期症候群の正体や謎について紹介してきました。思春期症候群の正体とは、思春期の少年少女が発症する都市伝説のような症状だといわれています。作中では、主人公をはじめとした周囲の人物が思春期症候群に悩まれてきました。そして、登場人物たちが思春期症候群を乗り越える姿が青ブタの見どころの一つとなっています。この記事を読み、興味が出てきた方はぜひ青ブタをご覧になってください!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ