天気の子に瀧くんと三葉が登場!登場シーンはどこ?その後結婚していた?

アニメーション映画・君の名は。などの作品でも大ヒットを記録した、注目の監督新海誠の作品で、天気の子も話題を集めました。天気の子の作中のシーンでは、前作・君の名は。の登場キャラクターで主人公である三葉と瀧が登場していると注目を集めていました。ここでは、天気の子作中の三葉と瀧の登場シーンや、二人が結婚していたとされる噂の真相、指輪のシーンなどについて詳しく紹介していきます。

天気の子に瀧くんと三葉が登場!登場シーンはどこ?その後結婚していた?のイメージ

目次

  1. 天気の子とは?
  2. 天気の子に君の名は。のキャラが登場!瀧や三葉の登場シーン
  3. 天気の子に登場した瀧と三葉はその後結婚?
  4. 天気の子でも継続?瀧と三葉の声優
  5. 天気の子に関する感想や評価
  6. 天気の子の瀧と三葉の登場シーンまとめ

天気の子とは?

天気の子の作品情報

天気の子作中の三葉と瀧の登場シーンについて詳しくまとめていく前に、新海誠監督作品・天気の子の作品情報を詳しく紹介していきます。天気の子は、2019年7月19日に公開されたアニメーション映画で、新海誠監督の君の名は。から3年ぶりの最新作です。新海誠監督作品としては、7作目の劇場長編アニメーション作品です。東京へやってきた家出少年と天気を晴れに出来る能力を持った少女の、生き方の選択をテーマとしています。

天気の子の英語での題名は「Weathering With You」です。「これは、僕と彼女だけが知っている、世界についての物語」というキャッチコピーで公開されました。前作君の名は。の大ヒットを受けて、公開前から非常に注目度の高い作品であった天気の子。東宝配給にて劇場公開されましたが、史上最大級の規模である359館・448スクリーンでの公開となりました。公開初日には、午前0時から最速での上映も行われていました。

天気の子のあらすじ

君の名は。の主人公・三葉と瀧も登場しているという天気の子。そんな天気の子のあらすじを紹介していきます。天気の子の主人公は、伊豆諸島の離島から家出をして上京してきた少年、帆高です。帆高は当てもなく上京してきており、ネットカフェで数日過ごすと所持金は底をついてしまいます。そこで帆高は上京するときに乗っていたフェリーで知り合った、ライターの須賀を頼ることにしました。

須賀は姪っ子の夏美と二人で雑誌記事を提供するプロダクションを経営しており、そこで働くこととなった帆高。住み込み、食事も付くという条件で働く帆高。2021年の関東地方では、ずっと雨が続くという異常な気候に悩まされていました。そんな時、「100%の晴れ女」という不思議な都市伝説が流れていたのでした。帆高はひょんなことから、陽菜という少女と出会う事になります。

陽菜こそ晴れ女であり、局地的に天気を晴れに出来るという能力を持っていたのでした。陽菜は小学生の弟と二人で生活をしており、経済的に困っている状態でした。そんな陽菜を見た帆高は、晴れ女の能力を使って商売することを提案します。晴れ女のサービスは評判を呼び仕事を増やしていきますが、帆高や陽菜の元には刑事や児童相談所などの大人が介入してしまい、帆高と陽菜は逃亡する事となってしまうのでした。

映画『天気の子』公式サイト

天気の子に君の名は。のキャラが登場!瀧や三葉の登場シーン

立花冨美は瀧の祖母

天気の子には、大ヒットを巻き起こした前作・君の名は。の三葉と瀧が登場するという事で、話題を集めました。天気の子の作中の、三葉と瀧の登場シーンについて紹介していきます。まず、天気の子には、瀧の祖母と思われる人物が登場しているのです。天気の子に登場した、立花冨美という名前の女性。この女性には、「タキ」という名前の孫がいるという事が明らかになっています。

君の名は。に登場する主人公、立花瀧と同じ苗字である事からも、立花冨美は瀧の祖母とされています。そんな立花冨美は天気の子に登場しており、天気の子の主人公で晴れ女の陽菜に依頼を持ちかけているのです。

登場シーン①冨美の依頼

天気の子作中では、「局地的に天気を晴れに出来る」という能力を持った陽菜が、帆高と一緒に晴れ女サービスという仕事を行っていました。評判を呼んで注目を集めていたこの晴れ女サービス。そんな陽菜と帆高に、立花冨美は依頼を持ち掛けます。

登場シーン②瀧の祖父の初盆

彼女依頼の内容とは、夫の初盆を晴れにしてほしいというものでした。君の名は。に登場する瀧の祖母である、立花冨美。彼女の夫の初盆だという事は、瀧にとっては祖父にあたる人という事になります。君の名は。の作中には瀧の家族は父親しか登場していませんでしたが、世界線を共有している天気の子に、祖母が登場する事となりました。

登場シーン③瀧が祖母を手伝う

依頼を受けに立花冨美の自宅を訪れていた帆高と陽菜。陽菜が初盆を晴れにするべく祈りを挙げる準備をしていると、そこに孫である瀧が登場しています。初盆の手伝いをする為に、祖母の元を訪れた瀧。登場シーンでは、瀧が発したセリフなどは挨拶や相槌のみとなっています。ごくわずかな時間の登場シーンでしたが、前作の主人公が天気の子にも登場したとあって、君の名は。ファンからは喜びの声が挙がっていました。

登場シーン④指輪を販売した三葉

天気の子作中での瀧の登場シーンに続いて、君の名は。のヒロイン三葉の登場したシーンについても紹介していきます。三葉が登場したのは、帆高が指輪を買おうとしたシーンでの事でした。ヒロイン陽菜の誕生日が近い事から、帆高は指輪を購入しに行きます。帆高が指輪を買いに行ったシーンで、彼を対応した店員として指輪を販売する三葉が登場しているのです。

ここで登場した指輪を買うお店ですが、新宿ルミネのアクセサリーショップである事が小説版では描かれていました。新海誠監督は、三葉は東京へ出て服飾関係の仕事をしているかも、と語っていた事もあります。その為、アクセサリーショップで指輪を販売している三葉の職業としてはしっくりくる設定となっています。

また、三葉が東京で指輪販売員として働いていることからも、時系列としては三葉が高校時代の事ではなく、君の名は。のラストシーンで瀧と再会する前後の事だと考察されています。

登場シーン⑤観覧車に乗るてっしー

君の名は。の三葉の同級生で友人のてっしーも、天気の子作中に登場しています。てっしーは観覧車に乗っているシーンが一瞬写っていました。三葉と同様に東京へと出てきていたてっしー。君の名は。の終盤のシーンで、瀧が出会ったてっしーと同じ様子で登場しています。

登場シーン⑥四葉は学校

君の名は。のヒロイン三葉の妹である、四葉も天気の子作中に登場しています。四葉の登場シーンは一瞬の事で、学校でのシーンが流れた時の事でした。天気の子作中にて流れた学校のシーンで、クラスメイトと一緒に窓の外を眺めている四葉が登場しています。大きくなっているので少し分かりにくいですが、とても可愛い学生に成長していることがわかります。

登場シーン⑦警察署から出た時に現れる早耶香

君の名は。の三葉の幼馴染の早耶香も、天気の子の作中にちらっと登場しています。早耶香の登場シーンは、帆高が警察署から出てきたシーンでした。帆高が警察署から逃走するシーンに少し写りますが、左目の下の黒子が彼女の特徴なので、間違いなく早耶香だと言われています。

Thumb【天気の子】帆高が家出した理由は?顔の怪我や空(あの世)行けたのはなぜ? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

天気の子に登場した瀧と三葉はその後結婚?

瀧は結婚相手は三葉?

天気の子に登場した、君の名は。の主人公の三葉と瀧。指輪の販売員として登場した三葉と、祖母の元を訪れていた瀧でしたが、その後結婚したのではないかと考察されています。天気の子の終盤のシーンでは、高校を卒業した帆高が再度立花冨美の元を訪れるシーンが描かれています。晴れ女のサービスを中止している事を伝えに行くのですが、天気の子の冒頭から3年経過している事になっています。

天気の子の小説版では、立花冨美の自宅を訪れた帆高が数枚の写真を見るシーンが描写されています。そこでは、「亡くなった旦那さんらしきお爺ちゃんの写真」、「賑やかな家族写真」、「お孫さんの結婚写真」が飾られている、と描かれているのです。この「お孫さんの結婚写真」は、瀧の結婚写真ではないかと言われています。勿論瀧以外の孫の結婚写真である可能性もありますし、相手が三葉だという確証は描かれていません。

新海誠監督の今までの作品の傾向から考えても、運命的に描かれた男女が必ず結ばれるとは限りません。しかし、君の名は。のファンの間では、瀧と三葉が結婚して幸せになっていて欲しいという声が挙がっています。

宮水家の組紐

天気の子の作中で、瀧と三葉が結婚したのではと考察される理由として、宮水家の組紐があります。三葉の家に古くから伝わる伝統の組紐。君の名は。でも登場し、三葉は髪を結ぶのに使用していました。そんな宮水家の組紐ですが、天気の子にも登場します。3年後立花冨美の元へ帆高が訪れるシーンで、立花冨美が手首に組紐をつけているのです。この事は、立花冨美と宮水家に関係がある事を示唆していると言われています。

瀧の結婚写真

天気の子の小説版で描写された瀧の結婚写真。映画版の天気の子にも少しだけ登場してはいるのですが、相手の顔までははっきり写っておらず分からない状態となっています。君の名は。のラストシーンで再開を果たした瀧と三葉。瀧の結婚写真に写っている相手が三葉だとは明確に描写されていませんが、君の名は。のファンからは瀧と三葉が結婚して幸せになっていて欲しいと注目を集める事となりました。

天気の子でも継続?瀧と三葉の声優

瀧の声優は神木隆之介

君の名は。の主人公、立花瀧の声を担当したのは、俳優の神木隆之介です。神木隆之介は、天気の子に登場する瀧のシーンでも彼の声を担当しています。天気の子の撮影現場には、前作の主人公の瀧役である神木隆之介も応援に訪れたとの事ですが、瀧の登場シーンの声も収録していたと言われています。瀧役の神木隆之介は、子役時代から数多くの人気作品に出演している、実力派の若手俳優です。

子役時代から活躍している神木隆之介は、母親が事務所に応募してそのキャリアをスタートさせています。1995年にはテレビコマーシャルに出演、1999年のテレビドラマ「グッドニュース」にてドラマデビューを果たしています。2005年には所属事務所をアミューズとしています。また、2005年に出演した「妖怪大戦争」では、日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞しています。

三葉の声優は上白石萌音

君の名は。のヒロイン三葉の声を担当したのは、女優の上白石萌音です。上白石萌音は、1998年生まれで鹿児島県出身の女優で、現在大学在学中です。女優としても歌手としても活動するマルチな人物であり、所属事務所は東宝芸能、所属レーベルはユニバーサルJです。幼少期から歌ったり踊ったりすることが大好きだった上白石萌音は、小学校一年生の頃から鹿児島のミュージカルスクールへ通っていました。

2011年に第7回「東宝『シンデレラ』オーディション」で審査員特別賞を受賞し、グランプリを受賞した2歳下の妹と一緒に、東宝芸能へと所属する事となります。2014年には「舞子はレディ」で800名を超える参加者の中からオーディションで選ばれ、舞子見習いのヒロインを演じ、高い評価を得ています。

天気の子に関する感想や評価

君の名は。から3年ぶりとなる新海誠監督作品として、注目を集めている天気の子。そんな天気の子の感想や評価をいくつか紹介していきます。天気の子は、とても感想する物語であるとして、何度もリピートして劇場へ足を運んでいるファンが多い作品です。新海誠監督作品・天気の子は、ストーリーだけではなく作中の繊細な描写や音楽とのマッチングなど、何度も見たくなる感動の要素に溢れていると評価されているのです。

天気の子の感想や評価では、ヒロインの陽菜がとても可愛いといった声も聞かれています。晴れ女の能力を持っている不思議な少女・陽菜。とても可愛いヒロインだと人気を集めています。作中では弟や帆高と引き離される危機にも見舞われてしまい、多くの観客が彼女を応援していました。ラストシーンで登場する陽菜はとても可愛いと特に評価を集めています。

天気の子に関しての感想では、壮大なおとぎ話のような子供の夢のようなストーリーだったという感想も聞かれています。陽菜の持つ晴れ女という不思議な力の設定はファンタジーのようでもありますが、ストーリーが展開するのは大都会でもあります。家出少年である帆高と、弟と二人で生活する陽菜。大人たちから離れて子供だけで生きていくといった、トム・ソーヤのような雰囲気も感じる作品だとも言われています。

天気の子の瀧と三葉の登場シーンまとめ

ここでは、天気の子の作中に、前作君の名は。の主人公・三葉と瀧が登場したというシーンについて紹介しました。三葉は東京で指輪の販売をしており、瀧は祖母立花冨美の元を手伝いに訪れていました。他にも、君の名は。に登場する、四葉やてっしーといったキャラクターも登場しており、話題となりました。また、君の名は。から数年経過し、指輪の販売をしていた三葉と再登場した瀧は、結婚したのではないかとも考察されていました。

天気の子には、立花冨美の孫の結婚写真が登場しており、この写真は瀧のものではないかと考えられているのです。立花冨美が宮水家の組紐を付けていた事からも、瀧の結婚相手は三葉ではないかと考察されていました。是非、天気の子をチェックして、君の名は。のキャラクターの登場シーンにも注目してみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ