鮫島、最後の十五日が未完のまま完結!最終回や漫画の感想をネタバレ

漫画家の佐藤タカヒロさんの最後の作品となってしまった「鮫島、最後の十五日」に関しての最終回や感想などをネタバレ紹介していきます。佐藤タカヒロさんは去年亡くなってしまい「鮫島、最後の十五日」は未完成のまま完結しました。このアニメは相撲漫画の一つとなっています。そして佐藤タカヒロさんは日本の伝統スポーツの漫画を築き上げた人物でもあるので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

鮫島、最後の十五日が未完のまま完結!最終回や漫画の感想をネタバレのイメージ

目次

  1. 鮫島、最後の十五日とは?
  2. 鮫島、最後の十五日が未完のまま完結!
  3. 鮫島、最後の十五日の最終巻・最終回ネタバレ
  4. 鮫島、最後の十五日の作者・佐藤タカヒロ
  5. 鮫島、最後の十五日の漫画に関する感想や評価は?
  6. 鮫島、最後の十五日の漫画まとめ

鮫島、最後の十五日とは?

それでは鮫島、最後の十五日が一体どのような漫画であるのかという事に関して紹介していきます。これは相撲漫画の一つとなっており、主人公鮫島の激動の相撲人生を描かれている作品となっています。鮫島、最後の十五日の最終回のあらすじを解説していく前に、作品情報や大まかな内容について紹介していきますので是非チェックしてみてください。

鮫島、最後の十五日の作品情報

鮫島、最後の十五日の作品情報に関して紹介していきます。これはバチバチという相撲漫画の続編の中の最終章となっていることが明らかとなっています。「バチバチ」の続編が「バチバチBURST」、そして最終章が「鮫島、最後の十五日」という事になります。鮫島、最後の十五日は単行本としては20巻も発刊されており、相撲漫画の中でも人気作の一つとなっていました。

鮫島、最後の十五日のあらすじ

鮫島、最後の十五日のあらすじに関してネタバレ解説していきます。この物語はバチバチから全てチェックしている人には入りやすい内容なのではないかと考えられます。あらすじとしては相撲の5月場所の十二日目が行われている場面に入ります。十二日目となると勝敗はある程度決まっており、優勝する人も絞られてきている状況です。西方には力士としてふさわしい体格をした人物たちが数多く集まってきていました。

鮫島は小柄な体格をしており全く強そうな雰囲気はありませんでした。しかし対戦相手となったり騎士は鮫島と勝負をしたことにより体格にはない強さを感じていたのです。それは相撲が重いということです。体格が小さいながらもしっかりと基礎ができており、正々堂々向かってくる姿で立ち向かってくるからでしょう。テーピングだらけながらな鮫島でしたが、相撲ファンの中では彼の対戦を見に来る人も大勢いました。

そして鮫島は毎回対戦相手に挑発をするような口調で喧嘩を売っていました。そして鮫島は明王山という力士に対しても喧嘩を吹っかけました。しかしこの明王山は大関という位にあり、昔は「牛鬼」とも称されると同時に恐れられていた存在だったのです。鮫島の実力は平幕で大関に喧嘩を売ることは、普通ではまずありえない状況でした。そして鮫島は明王山と相撲をやることになり、ファンの中で注目の取り組みとなりました。

相撲には向いていない体格をしている鮫島でしたが、怯える様子はなく正々堂々と向かい合おうとしていました。明王山は自分の持てる力を振り絞ろうという思いと同時に、鮫島には負けられないという事もあり威嚇をします。しかし鮫島も絶対に負けない気持ちと野獣のような目つきをして、明王山に引けを取らない威嚇を見せつけていたのでした。そして遂に明王山と鮫島の取り組みが幕を開けることとなります。

鮫島、最後の十五日が未完のまま完結!

鮫島、最後の十五日のあらすじを解説していきましたが佐藤タカヒロさんが2018年に亡くなってしまった事で、最終回を迎えることなく未完のまま完結せず終わってしまいました。最終回を気にしている方や無事完結してほしいという願いを持っていた人も多いのではないかと考えられますが、週刊少年チャンピオンが公に発表した情報に関しても紹介していきますので是非チェックしてみてください。

鮫島、最後の十五日が未完のままで完結

鮫島、最後の十五日が未完のままで完結してしまいました。佐藤タカヒロさんは41歳という若さで人生を終えたのです。悲しむファンは数多くいましたが、病気の中で誰にでも起こりうる症状「急性冠症候群」になってしまったと判明しています。佐藤タカヒロさんのご冥福をお祈りすると同時に、この漫画が完結されなかった事に関して週刊少年チャンピオンはどのような発表をしたのか続きにて細かく紹介していきます。

佐藤タカヒロ先生の訃報に関する週刊少年チャンピオンの発表

それでは佐藤タカヒロさんの訃報に関する週刊少年チャンピオン側の発表に関してネタバレ解説していきます。佐藤タカヒロさんのファンの中ではご存知の方も多いと考えられますが、どのような発表をしたのか気になる人も多いでしょう。週刊少年チャンピオン側の発表は、佐藤タカヒロさんのご冥福をお祈りしている文面であると同時に、今後の単行本やサイトに関しては決定次第お伝えしていく形になるという内容でした。

鮫島、最後の十五日の最終巻・最終回ネタバレ

鮫島、最後の十五日の最終巻の中の最終回のネタバレを解説していきます。先ほどは最終巻を迎えるまでの大まかなあらすじを解説していきましたが、最終回を場面ごとに分けて解説していきます。強豪の力士と壮絶な戦いを繰り広げられていく鮫島の姿があります。鮫島の努力や呼び戻しという技術的なものに関しても最終回で明らかになっていますので、是非チェックしてみてください。

ネタバレ:鮫島と猛虎の戦い

この漫画のシリーズの中でも一番見どころなのではないかと考えられています。それは鮫島と初期から切磋琢磨してきたライバル力士でもある猛虎です。猛虎の技術はこの漫画の相撲界の中でもトップレベルなものをもっています。本格的に力士を目指そうとする前の鮫島に猛虎はやられてしまった過去がありました。猛虎は技術面で努力を重ねて鮫島をフィジカル面で上回るほどの実力を発揮していました。

ネタバレ:努力と努力

この漫画の主人公でもある鮫島は力士になる前から強くなろうと必死に努力をしていました。しかしそれは猛虎も同じでした。上記でも紹介しましたが、猛虎は鮫島が力士になる以前に敗北をしてしまいます。最終回では鮫島の前に最後の敵のような形で登場していました。猛虎も彼なりに必死な努力を重ねていたのでした。色々な意味で猛虎も影の主人公ではないかと考えている人が多いでしょう。

ネタバレ:呼び戻し

最終回の中で「呼び戻し」という幻とも言われるほどの技があります。これを鮫島と猛虎の取り組みで決まり手となった技となりました。リアル相撲では全く決まらない技とされており、色々な意味で漫画特有の決まり手なのではないかとされています。呼び戻しという技は鮫島の師匠が使っていた代名詞の一つとなっており、それを教えられたという事になるでしょう。猛虎の師匠でもある横綱をぶん投げたことでも有名です。

猛虎の技術に関してあっとされそうな鮫島となっていましたが、ここで師匠でもある空流の顔を思い出します。そして空流の得意の投げ技でもある呼び戻しを使い、猛虎を放り投げたシーンはまさにこの漫画の醍醐味といえるでしょう。感動シーンの一つでこの場面だけでも様々な感想が寄せ集められていました。

ネタバレ:十四日目

千秋楽に行われる誰もが予想していた鮫島と泡影の取り組みがなんと十四日目にありました。完結シーンの千秋楽でこの取り組みは行われるのではないかと考えている人が多かったでしょう。実際の連載はここで終わってしまう事になります。真実を知っていたのは佐藤タカヒロさんだけであったといえるでしょう。ここだけを確認してもさらに続きが気になる人は多いでしょう。完結の十五日目は過去の展開で想像するしかありません。

鮫島、最後の十五日の作者・佐藤タカヒロ

鮫島、最後の十五日の作者でもある佐藤タカヒロさんに関して紹介していきます。この方は柔道や相撲といった日本の伝統的スポーツ漫画を確立させた人といっても良いでしょう。41歳という若さで亡くなってしまったのは非常に残念ですが、短い生涯の中でも漫画家として素晴らしい人生を歩んできた方です。佐藤タカヒロさんのプロフィールや、他の代表漫画作品に関しても紹介していきますので是非チェックしてみてください。

佐藤タカヒロのプロフィール

佐藤タカヒロさんのプロフィールを紹介していきます。佐藤タカヒロさんは1976年生まれで2018年7月に亡くなってしまいました。漫画家となる以前に小さい頃から画を描くことが好きであったことがわかっています。当初はとある漫画家のアシスタントとして活躍していましたが、サポートを担当しながら描いていた漫画がありました。それが週刊少年チャンピオンの新人漫画賞準入選を果たすこととなりました。

このころから既に漫画家としての才能が発揮されつつありました。佐藤タカヒロさんは学生時代に柔道をやっていたこともあり、その経験を生かした漫画の制作をすることとなります。佐藤タカヒロさんは幼いころからこのような漫画家になる道を歩んできていたという事がわかります。

佐藤タカヒロが手がけた他の漫画

漫画家でもある佐藤タカヒロさんが手がけたほかの漫画に関して紹介していきます。柔道や相撲といった日本の伝統的スポーツのアニメを担当していました。佐藤孝弘さんのデビュー作は「いっぽん!」という柔道漫画で過去自分が習っていたスポーツを題材としたものとなりました。そして続いてが相撲の代表作品の一つともなった「バチバチ」という漫画で続編もすべて佐藤孝弘さんが担当していました。

特に「バチバチ」という漫画に関しては相撲に関心のある方が少なかったことから、あまり人気が出ないのではないかということが予想されていました。しかし相撲ならではの特殊な技や迫力ある絵は読んでいる人を熱くさせるような内容となります。最後の作品となってしまった「鮫島、最後の十五日」では完結も目前となっていましたが、急病で人生を終えてしまうという名残惜しい幕切れとなってしまうのでした。

佐藤タカヒロの死因

佐藤タカヒロさんの死因に関して紹介していきます。佐藤タカヒロさんの死因は当初プライベートなやり取りでしか公開されていませんでした。しかし新聞などにより急病で亡くなってしまったことが明らかとなりました。佐藤タカヒロさんは急性冠症候群という病名であることが判明しました。病気の中でも煙草をよく吸う人が発症してしまうもので、誰にでも起こりうる病となっています。

この急性冠症候群の症状に関して具体的に説明していくと、心臓に送る血液が詰まってしまうというものです。高齢者の方だけでなく30代から40代といった働き盛りの時期でも起こってしまう病気となっています。この様な方で亡くなってしまっただけに、ファンの中では更に悲しむ声が集められていました。

鮫島、最後の十五日の漫画に関する感想や評価は?

鮫島、最後の十五日の漫画に関する感想や評価に関してネタバレ解説していきます。この漫画は相撲漫画の一つで主人公でもある鮫島が競合力士にたち向かっていく姿が描かれています。最終巻までいかずに完結しなかった漫画の一つでしたが、実際に読んでいる方はどのような感想を抱いていたのかということに関して紹介していきますので是非チェックしてみてください。

鮫島、最後の十五日に関しての感想としてはこの漫画でいわれた名言となっています。LINE漫画で読み返すことができるという事が判明しました。相撲漫画の中ではこのように責任感をあらわすような名言があります。これは自分たちの日常生活の中でも心の中に留めることができる言葉なのではないかと考えられます。相撲漫画の中では代表作品の一つで、まだ知られてない方には是非チェックして頂きたい作品となっています。

鮫島、最後の十五日の最終回を悲しむ感想であることが分かります。完結が近いという漫画あると同時に、次が漫画の中の醍醐味であるといわれるシーンであった可能性が高いと考えられています。相撲の一番最初に出来上がった漫画の一つとなっている「バチバチ」から読んでいるファンです。佐藤タカヒロさんが亡くなってしまった事は、悔やまれますが漫画の中でも素晴らしい作品に出合えたという感想を述べています。

鮫島、最後の十五日の読んでいた際の感想であるということが分かります。感想の中では日本の漫画でも素晴らしい作品として語り継がれるという考えをしています。鮫島も小柄ながらこの漫画の相撲界に名を轟かせた人物となっています。そしてそれは「鮫島、最後の十五日」を描いていた漫画家ともなっている佐藤タカヒロさんと照らし合わせています。

鮫島、最後の十五日の漫画まとめ

鮫島、最後の十五日の漫画に関して紹介していきました。鮫島、最後の十五日の漫画の最終巻のあらすじや結末に関してをネタバレ解説していくと同時に、未完のまま終わってしまったことに対してどう思っているのかという感想に関してもまとめていきました。佐藤タカヒロさんが亡くなってしまった今では、この漫画の最終的な結末をどのようにしたいかわかる人はいないでしょう。

しかし鮫島、最後の十五日の完結部分はどのような内容だったのかという見解に関しては様々な方が予想しています。その中にこの漫画の最終巻の結末がある可能性も十分に考えられます。この漫画の記事を読んでみて気になった方は、単行本を手に取ったり週刊少年チャンピオンのシーンを確認してみてください。佐藤タカヒロさんが死亡してしまう直前まで担当していた相撲の人気漫画作品シリーズです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ