シューダンが4巻で打ち切りになった理由は?漫画の感想・考察まとめ【横山卓馬】

アニメの中でシューダンという漫画がありますが、この漫画はサッカーのアニメとして連載が始まっていたサッカー漫画の一つでした。しかしシューダンは4巻で打ち切りとなってしまいました。その打ち切りとなってしまった理由は何だったのか、そしてその最終回のネタバレは一体どのような内容であったのかをまとめて紹介していきます。シューダンが好きな人でも楽しめるサッカー漫画やシューダンをみた人の感想なども紹介していきます!

シューダンが4巻で打ち切りになった理由は?漫画の感想・考察まとめ【横山卓馬】のイメージ

目次

  1. シューダンとは?
  2. シューダンが4巻で打ち切りになった理由
  3. シューダンの漫画最終回をネタバレ
  4. シューダンが好きな人におすすめの漫画
  5. シューダンに関する感想や評価は?
  6. シューダンが4巻で打ち切りになった理由まとめ

シューダンとは?

まず初めにシューダンとはどのような漫画なのかを紹介していきます。4巻で終わってしまったという事でつまらなかったのではないかという理由を挙げる人も少なくはありませんが、必ずしもそのようなことではないという理由もあがってきているようです。シューダンを詳しく知ってみると本当は面白い漫画であったのではないかと気付く人がいる可能性もあるようです。

シューダンの漫画基本情報

シューダンの漫画基本情報を紹介していきます。ジャンプの中でも一番連載が難しい漫画とも言われているのがサッカーのようです。シューダンも連載が始まりましたが4巻で打ち切られてしまうという悔しい結果となってしまいました。

シューダンの連載期間は2017年の28号から開始しており28年の6号までとなっていました。シューダンはコミックでも4巻出版されていました。やはりサッカーの代表作は「キャプテン翼」というアニメが代表的なサッカーアニメですが、毎回のように連載が上手くいくことはありませんでした。

シューダンの原作者

シューダンの原作者を紹介していきます。シューダンの原作者は横田卓馬という人物が原作者です。横田卓馬(よこた たくま)さんは1986年4月17日生まれで日本の静岡県出身の漫画家です。主な連載作品の一つとして「背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜」というのが代表的なアニメの一つとなっています。

ヤングマガジンでは現在も連載が続いている「ダンゲロス1969」というアニメもあります。ヤングマガジンから週刊少年ジャンプへ再び復帰してくるという異例な移動もしている漫画家の一人にもなっているようです。

シューダンの簡単なあらすじ

ここでシューダンの簡単なあらすじを紹介していきます。主人公は創始という人物ですが、少し観点が違った内容から入っています。サッカーやスポーツ系のアニメなどはやはり主人公が強くなって成長を続けながらストーリーが展開されているのが一般的な意見なようです。

しかしのシューダンは「チームの話」であるということがわかっています。このアニメの一つとしてキャラクター一人一人のイラストが本当に上手に描かれているのが特徴的です。キャラクター個人が行動でその才能を示していくような形のアニメとなっています。ソウシ、ナナセ、ロクという3人の選手が主な登場人物となるようです。

才能を示していくと上記で紹介しましたが、シューダンは「浜西FC」というサッカークラブに所属していました。しかし実力的には才能があると断言できる選手はおらず平凡な選手ばかりであるという話になっています。簡単にまとめると普通の小学生が習い事としてサッカーをやっている日常という変わった観点から入っています。

そんなある日このサッカークラブを変化するほどの実力を持った選手の七瀬晶(ななせ・あきら)という人物がこの浜西FCに所属することになります。男子ではなく女子ですが半端ないほどサッカーが上手な女性選手が加入したというとこからこのシューダンという物語が始まっていきます。

シューダンが4巻で打ち切りになった理由

シューダンが4巻で打ち切られることとなってしまった理由を紹介していきます。元々サッカーアニメは継続が困難であり、連載が続くことはほとんどなく2話や3話で終わってしまうサッカー漫画も数多く歴史ではあります。この打ち切りをみると漫画家は本当に大変であるというのがとてもわかるという人が多いと予想されます。

打ち切りになった理由①連載会議の通り方

シューダンが打ち切りとなってしまった理由のひとつ目は、連載会議の通り方です。横田先生はこの連載をスタートさせる2か月前はサッカーという方向性は全くなく、能力を使ったバトルのようなアニメを構想中となっていたようです。しかし急にそれをなくしサッカー漫画という方向性に切り替わりますが、シューダンの一話の部分を既に横田先生は書き終えてしまうという異例なスピードを見せつけました。

ここまでは横田先生が素晴らしすぎて打ち切る意味がないんじゃないかと思われがちですが、今回の連載の話し合いをスルーしようとしたが3話分を描き終えてしまったため、スピードで連載を勝ち取ることができました。しかしそのスピードもむなしく終わってしまう事となりました。

打ち切りになった理由②設定の練り込み不足

上記でのスピード連載はお見事で連載がスタートして3話分は上手く描き上げており、読者にもシューダンという漫画は大ヒットの予感という思わせるような感想が多く上がっていたようです。しかし今後の連載を続けていくまでの設定が練りこまれていなかったというのが2つ目の理由となっています。

横田先生は「背筋でピン!とね」という前作のアニメからシューダンまで4カ月という劇的なスピードで連載を続けていました。横田先生はサッカーを経験していることからサッカーの基本的ルールや内容などはすべて把握しておりそれを漫画ですぐ描き上げることができるのは本当に色々な意味で魅力的な漫画家ということになります。

打ち切りになった理由③コンセプトは集団

打ち切りとなってしまった理由の3つ目はコンセプトが集団であったという事です。成功を収めてきた漫画は集団がしっかりとしていましたが、そこを外して主要メンバー3人で構成されていました。そこが打ち切りになってしまった一つの原因となっており、コンセプトで目標がなく才能があっても強いチームに行かないというインパクトに欠けていることがわかっています。

「ダイヤのエース」や「ハイキュー」といった大人気スポーツアニメはインターハイや甲子園と言った絶対的スポーツの頂点を決める場所へ出場するという目標を掲げながら物語が展開されていきますが、シューダンに関してはそのような目標が定まらないまま最終回を迎えてしまう事になってしまいました。

打ち切りになった理由④サッカー漫画は難しい

打ち切りの理由はやはりサッカー漫画を連載し続けるのは非常に至難の技であったという事になります。キャプテン翼などは大ヒットサッカーアニメとして今もなおファンが多いですが、次のサッカーアニメを作るとなると大人気作品と比較をされるというのが一般的な意見とされているようです。クオリティや登場人物の質なども様々で難しいとされています。

シューダンの漫画最終回をネタバレ

シューダンの漫画最終回のネタバレを紹介していきます。シューダンはコミックでは4巻で終わってしまいましたが、その4巻の最終回のネタバレをまとめて公開していきますが、色々な意味で週刊少年ジャンプらしいアニメの最終回の終わり方であったという感想を言う人が数多くいたようです。

最終回①最強チーム

この最強チームというのは自分たちのチームが最強チームになったという内容となっています。実際にシューダンの最終回は中学生編からスタートしていくと感じている人が多くいましたが、高校2年生からスタートするという異例な展開から始まっていました。これは打ち切りだと思わせられる展開となっています。

小学校から苦しい練習や下積み生活を送っていた仲間や、中学生の頃から同級生として頑張ってきた仲間たちや後輩、高校生の時の仲間たちといった思い出を語っているこのシーンは打ち切りと言うのが寂しくなってしまうようなシーンだったと思われます。そしてなんとなくやってきたサッカーで、仲間も最初は好きではなかったが最強のチームだといえるこのシーンは感動を呼びました。

最終回②小学生の頃

小学生の頃も切なく漂うな感じでのんびり綴られています。「小学校の時に雑誌でこいつらと同じチームでサッカーをやっていた自分。今思えば連絡は全く取らなくなってしまったけれど本当に仲が良かった時は、ロクやソウシって呼び合う程の仲良しさであったんだぜ。」というようなフレーズがありました。昔は昔、今は今というような形で過ぎ去っていく過去がアニメなのに哀愁漂う雰囲気になっているとされています。

最終回③ベスト4入り

全国高校サッカー選手権大会が開催されて、静岡県の予選会が始まっていました。普通だったら勝ち上がることは難しいとされていた北浜と、いつも勝ち上がっているベスト4常連高校でもある富士学というチームでベスト4決めが行われることになりました。富士学が圧勝でベスト4にコマを進むのではないかという予想から勝負は拮抗することになりました。

弱小の北浜がここまで勝ち残れている一つの要因としては、かつてライバルと同時に敵チームになっていた創始と誠士郎が北浜高校として同じチームメイト同士で活動を共にしていたというのが大きいとされています。そして最終的には創始がゴールを決めるが、物語はまだまだ続いていくというような終わり方で打ち切られることとなりました。

シューダンが好きな人におすすめの漫画

シューダンが好きな人におすすめの漫画を紹介していきます。サッカー漫画などではなくても色々な面白い漫画はたくさん存在しているようです。その中でも特に選び抜かれたおすすめ漫画を詳しく紹介していきます。是非気になった漫画があった人は読んでみてください。

おすすめ漫画①アオアシ

まず一つ目の漫画はアオアシという漫画です。アオアシはサッカー漫画の大人気作品なのではないかと予感されている漫画で、アニメ化がするのではないかという今注目の漫画となっています。サッカーの中でも頭脳戦や心理戦といった駆け引きというユニークな観点から内容が展開されているところが一番の注目とされています。

そのようなユニークな展開が持ち味のアオアシとなっていますが、サッカーとしての基本事項や王道もしっかりふまえておりサッカーアニメ好きの人はもちろん、サッカーに興味がない方でも楽しんで観ることができる漫画なのではないかと予想されています。

おすすめ漫画②DAYS

次のおすすめ漫画はDAYSという漫画です。主人公はつくしという人物なのですが初めは出会いから始まり、中学校の時にいじめられていた子に絡まれてしまったり運動音痴でもありました。サッカーの天才でもある風間という人物に出会ってからサッカーというものに真剣に向き合うようになり、人生が劇的に変化していくこととなります。

つくしは人の心を思いやることができるという性格からチームワークもしっかりと確立していくことができるようになります。笑いもあり仲間という大切な存在や絆というのを改めて確かめることができる漫画でもあり、感動もできる漫画の一つです。名言も数々残されているためどのシーンも読み入ってしまうDAYSは見どころ満載となっているようです。

おすすめ漫画③背すじをピン!と

最後におすすめする漫画はサッカーとは異なっていますがダンスというあまりないものをテーマとした漫画でもある「背すじをピン!と」という漫画です。これは少し面白い設定になっており主人公は才能がないキャラクターで設定されており、逆に登場する先輩方が天才的なキャラクターであるということです。

集団というものからは少し離れてしまいますが、個人個人のキャラクターに焦点を当てており楽しみ方にも種類があるというのが魅力となっています。なぜかハマってしまうという人も少なくない漫画の一つとなっています。ダンスという観点が珍しい漫画でもあり少しワクワク感が出てくるということもハマる理由の一つとなっています。

そしてダンスは自分との戦いということもあり、自分が結果を出さなければ輝くことができないという事から必至となってダンスをしているというのも魅力の一つとなっています。パートナーシップや信頼、そして努力の結晶なども沢山描かれているため泣ける場面も多くあるようです。

シューダンに関する感想や評価は?

シューダンに関する感想や評価を紹介していきます。シューダンの感想は4巻だけでも非常に多くの感想が発現されているという事が明らかとなっているようです。短編で終わってしまったシューダンですが感想をみてどのような漫画だったのか改めて確認することができると予想しています。

感想の中で打ち切り漫画の中でシューダンが一番好きだという感想の人もいました。実際に楽しみにしていた人もこのように数多くいたという事が事実として発見されています。シューダンがいつか復活をしますようにと願っている人も少なくないことがわかっています。

この感想もサッカー漫画という題材の人気作がほしいという感想もありました。シューダンがそのような人気作品に入るのではないかと予想している人もいましたが、今後サッカー漫画はどのようになっていくのか見守っていくことが必要になってきそうです。

シューダンが4巻で打ち切りになった理由まとめ

シューダンが4巻で打ち切りになってしまった理由のまとめを紹介していきました。最終回は4巻で終わってしまいましたが、最終回が終わってもシューダンが好きだったという感想やほかにもおすすめの漫画などもまとめて公開していきました。もし気になった人はシューダンやその他のこの記事で紹介した漫画も読んでみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ