プロミス・シンデレラをネタバレ紹介!アラサーもハマる漫画のあらすじや感想は?

WEB発人気漫画「プロミス・シンデレラ」のネタバレ、感想を紹介します。夫の不倫から人生が転落したバツイチアラサー女子がお金持ち男子高校生とリアル人生ゲームをすることになる漫画「プロミス・シンデレラ」。正義感の強いアラサー女子とひねくれてしまった男子高校生の織りなす不器用な年の差ラブストーリーが人気を集めます。アラサー女子に支持される理由と、気になる内容のネタバレを紹介します。

プロミス・シンデレラをネタバレ紹介!アラサーもハマる漫画のあらすじや感想は?のイメージ

目次

  1. プロミス・シンデレラのネタバレが知りたい!
  2. プロミス・シンデレラの漫画作品紹介
  3. プロミス・シンデレラの漫画登場人物
  4. プロミス・シンデレラの漫画あらすじネタバレ
  5. プロミス・シンデレラがアラサーに人気の理由は?
  6. プロミス・シンデレラを読んだ感想は?
  7. プロミス・シンデレラのネタバレまとめ

プロミス・シンデレラのネタバレが知りたい!

WEB発の人気漫画「プロミス・シンデレラ」はバツイチアラサー女子とお金持ち高校生の年の差ラブストーリーで、どんどん引き込まれるその内容にネタバレが気になる読者も多いようです。魅力的なキャラクターたちが登場する漫画「プロミス・シンデレラ」のネタバレを紹介します。

裏サンデー | プロミス・シンデレラ

プロミス・シンデレラの漫画作品紹介

Twitterのフォロワー数20万人以上の橘オレコさんがマンガワンにて連載する漫画「プロミス・シンデレラ」。アラサー専業主婦で正義感の強い早梅と、性格が悪くてお金持ち男子高校生の壱成が、お金をかけてゲームをする年の差ラブストーリー漫画です。スピンオフで「#バツイチアラサー女子と男子高校生」がpixivコミックで連載中です。

プロミス・シンデレラの漫画登場人物

桂木早梅(かつらぎはやめ)

正義心の強いアラサー専業主婦です。夫の正弘に不倫されてから人生が一気に転落します。性根がまっすぐで曲がった事が嫌いなため、「生きづらそうな性格」と評されます。

片岡壱成(かたおかいっせい)

お金持ちの男子高校生です。複雑な家庭環境から性格は素直でなくひねまがっており、満たされない心をいじめなどの屈折した方法で発散していました。

プロミス・シンデレラの漫画あらすじネタバレ

漫画「プロミス・シンデレラ」の1~2巻までのネタバレを紹介します。漫画「プロミス・シンデレラ」第1巻のネタバレを紹介します。

プロミス・シンデレラ第1巻ネタバレ

アラサーで専業主婦の早梅は、電車のなかで同級生にかばん持ちをさせている高校生グループに遭遇します。正義感が強い早梅は高校生たちのリーダー壱成につっかかり、じゃんけんで負けた方がかばんを持つという勝負に勝って壱成に目をつけられます。

家に帰った早梅は夫に昨晩見つけた不倫の証拠を突きつけます。夫の不倫を明らかにしても、別れる気まではなかった早梅ですが、夫は「他に幸せにしたい人がいる」といって離婚を申し出ます。家を飛び出した早梅はすぐに全財産を盗まれ、否応無く公園でのホームレス生活を始めます。

ホームレス生活を始めた早梅の目の前に壱成が現れます。お金をちらつかせ早梅を屈服させようとする壱成ですが、早梅は撥ね付けます。しかしその後ホームレス生活も1週間になり、心身ともに貧しさで限界に追い詰められた早梅の目の前に再び壱成が現れます。

早梅の目の前に現れた壱成は寝床を提供するからついてこいと言います。警戒する早梅ですが、極限状態であったため付いていきました。壱成の家に到着するとそこは豪邸でした。壱成はゲームをしようと提案します。住まいを提供する代わりに、壱成が決めたいくつかのお題を鉛筆転がしで決定し、早梅が実行するというリアル人生ゲームでした。

ゲームのお題は非常識なもので、壱成の早梅を人と思わないような言動に不快感を覚えた早梅は一度断ります。しかし、それならば食べているカレーを返せと言われ、抵抗する早梅と壱成がもみあっているうちに300万円の掛け軸を汚してしまいます。借金ができゲームに乗るべきか心が揺れる早梅は、壱成が信用できる人間か知ろうと打算的にへつらいます。

しかしそれを見抜いて興ざめした壱成は「信頼できないとなにもできないのか」と問いかけ、さらに信頼の基準はなにかと聞きます。「例えば契約書とか」と答える早梅に、婚姻届という契約書を交わしておいて裏切られた事実を突きつけます。人間裏切る時は一瞬で信用や契約なんてなんの意味もないと言って去る壱成の後ろ姿に早梅の気持ちは吹っ切れ、ゲームをすることを宣言します。

早梅が最初に引いたお題は、「高級クラブで主役に恥をかかせて20万円獲得」というものでした。高いドレスに着替えさせられ高級クラブに連れてこられた早梅は、壱成に好意を寄せるモデルの恵に会います。今日は恵の誕生日パーティーで、主役とは恵のことでした。恵は壱成にすり寄り、告白の返事が欲しいと言います。

壱成に連れられてきた女ということで早梅はあからさまに敵意を向けられ、マウンティングされます。大人の態度で受け流してた早梅ですが、ついに「ババア」と暴言をはかれて言い返します。やつれた顔をする早梅に、壱成はいいことを思いついたと言います。

壱成は、恵に壱成からの伝言を伝えればお題はクリアにすると言います。そしてもうひとつ、5つの暴言の中からサイコロを振って出た目の言葉を恵に言えば借金を20万消すと言います。暴言は保留し伝言のほうは遂行することに決めた早梅は、恵に「お前みたいなビッチと付き合えるかバーカ」という壱成からの伝言を伝えます。

伝言を聞いてキレた恵は早梅に水を掛け、なぜ自分ではいけないのかと壱成に問い詰めます。壱成は冷めた態度で自分のどこがいいのか聞きます。恵の答えは、壱成自身ではなく金のある壱成しか見ていないような内容でした。壱成はもう話したくないと恵を追い出そうとしますが、それでも食い下がられ、暴言をはきます。その言葉に逆上した恵が本当の目的は壱成の兄だったと言い捨てると、壱成は恵の頭に酒を掛けました。

すると早梅は壱成の頭をケーキに沈め、やりすぎだと諭しました。説教される壱成を見ていい気味だと恵は笑い、壱成と兄を比較して蔑みます。すると早梅は恵の顔面にケーキを投げつけ、「うるっさいブス」と言い放ちます。そして人と比べるな、壱成は壱成だと言い、その場を去ります。帰りの車の中で疲れながらもスッキリとした満足感を感じる早梅の隣では、壱成が先ほどの早梅の言葉を思い出し物思いにふけっていました。

早梅が壱成宅へ来てから3日目、次のミッションが与えられます。それらのミッションは全てどこどこで写真を撮ってくるというものでした。ミッション遂行のため連れてこられた場所は有名な心霊スポットの廃墟でした。ガチな心霊写真を撮ってこいと言ってビビらせようとする壱成でしたが、早梅は見えないものは信じないタイプで全く臆せず廃墟に入っていきます。

廃墟

女性1人で古い廃墟には入らせられないと、壱成の付き人の吉寅も早梅に付いて行こうとしたため、1人で残されることにビビった壱成は結局一緒に行くことになります。建物に入ってから早梅は体調が悪くなります。そんななか吉寅がカメラを忘れたことに気づき車に戻ります。残された2人が吉寅を待つ間、早梅の様子がおかしくなりぐったりします。壱成は部屋の外に出ようとしますがドアノブが壊れて閉じ込められます。

取り憑かれたのではないかと怖がる壱成を横目に、早梅はフラフラしながらも心霊写真の撮影スポットを探します。そしてお風呂場を開けて覗き込んでいると立ちくらみに襲われ、浴槽の中に倒れこみました。

具合が悪いと訴える早梅に、壱成は心配そうな顔をします。そして壱成はお札が貼ってある浴槽に早梅と一緒に座ります。早梅は幽霊に取り憑かれたふりをし、壱成のビビる様子をみて笑います。壱成は早梅の笑顔に一瞬見とれ、こういうところは怖くないのかと聞きます。早梅はもっと怖いものをいっぱいみてきた、たまたま見つけた口紅とか、と答えます。

夫の不倫を引きずる早梅はいつになく神妙な態度で、相手も自分に不満があったのだろうと認めます。殴っておけばよかった、私らしくないやと呟く早梅を壱成は見つめます。すると早梅が壱成のほうに倒れこみました。動揺する壱成ですが、早梅は寝てしまったようでした。壱成にもたれる早梅はうわごとで前夫の名前をつぶやきます。「バカな女」と言って早梅の手に自分の手を重ねた壱成は、早梅の手が異常に熱いことに気がつきました。

高熱に気がついた壱成が早梅をおぶって連れ出そうとしたとき、吉寅が到着して2人は部屋から救出されます。壱成は吉寅に「写真を撮り忘れるな、こんな目に遭って何の成果もなしとか不憫すぎんだろ、俺がな」と言いますが、それは早梅のためのように聞こえました。目を覚ました早梅は壱成のパーカーを着ていることに気がつき、壱成にありがとうと伝えます。壱成は照れたようにうぜぇと返しました。

漫画「プロミス・シンデレラ」第1巻のネタバレはここまでです。早梅と壱成の出会い、夫の裏切りから始まる早梅の人生の転落、リアル人生ゲームのはじまり、そして2人の距離が縮まる展開のネタバレでした。

プロミス・シンデレラ第2巻ネタバレ

電話

漫画「プロミス・シンデレラ」第2巻のネタバレを紹介します。早梅は風邪も治り、手持ちの荷物が足りないことを思案していました。壱成は家に取りに帰れば?と言いますが、早梅は大丈夫だとごまかします。そんな様子をみて壱成は「さっきお前の旦那から電話あったよ」と告げます。

さらに電話で離婚届を出していないことを知った壱成は夫に会う日を約束しといたと言います。早梅は勝手にそんなことをしないでと怒りますが、壱成は早梅に夫への未練が残っていることを鋭く追求します。

未練なんて残ってないと言い張る早梅を壱成は挑発し、ついに離婚届を出すと言わせます。すると壱成はミッションを書かれた紙を差し出します。その内容は慰謝料を取ってくるというものでした。ごねる早梅を壱成はまた挑発し、サイコロを振らせました。300万の慰謝料を取ってくるミッションが決まり、壱成は証拠がいるから明日から旦那を尾行して証拠写真を3日後までに取ってこいと言いました。

早梅は夫の尾行を始めました。1日目はまっすぐ帰宅した夫に安堵しますが、2日目、夫の帰り道が違うことに気づき緊張が高まります。しかし行き先はラーメン屋でした。店内の様子を見ながら早梅は夫・正弘との出会いを思い出していました。

ビール

居酒屋でバイトしていた早梅は、ビールを運んでいる時客のおじさんたちに捕まっていました。困っていると、「正弘」と呼ばれる部下の男性が間に入って助けてくれました。違う日、いらっしゃいませと振り返るとその先にはその人がいました。話をしながら「ここに来るために仕事を頑張っているようなものだから」という正弘に、よく分からずありがとうございますと返す早梅でしたが、今度一緒に食事でも、と誘われます。

その時は気の迷いだろうと早梅は聞き流しますが、その後断っても断っても男が引くことはありませんでした。ある時、正弘は早梅の料理の腕を褒めながら両親のどちら似なのかと聞くと、早梅は表情を固くして母似だと答えました。そしてどうして私なのかと問いました。そのまま畳み掛けるように正弘の目的を追求し、「迷惑です」と言い放ちます。早梅は人と深く関わることを怖がっていました。

居酒屋通り

後日、早梅が仕事を終えると店の前には正弘が待っていました。正弘は不器用ながらも嫌な思いをさせたことを詫びます。もっと人の気持ちを考えて行動すべきだった、と言う正弘の誠意に早梅は態度を和らげました。そんな2人の馴れ初めを思い出していた早梅は、学生時代に正弘をいじめっこから助けたことがあることや、付き合っていた頃の2人の幸せな思い出を振り返りました。

マンション

効率悪くてバカっぽくてお人好しな正弘が本当に不倫をしたのか、もしかして何か理由があったのでは、と早梅は考えます。しかし次の日に正弘が自宅のマンションに帰宅するのを確認したとき、早梅の隣を女性が電話をして通り過ぎました。「もしもし正弘?着いたわよ、今マンションの下」そして正弘がドアを開け2人が抱き合う瞬間を目の当たりにした早梅は涙が止まりませんでした。いつのまにか隣には壱成がいて写真を撮りました。

次の日、正弘と離婚の話し合いをするために会う約束をしていた早梅は正弘のマンションを訪れました。正弘は別れたのに早梅の心配をし、100万を用意したから受け取ってほしいと言います。それを手切れ金と解釈した早梅は怒り、不倫の証拠の写真を突きつけて100万では足りない、慰謝料300万払ってと言います。わかったと言って金を工面しようとする正弘を引きとめようとした早梅は正弘の用意した離婚届を見つけてしまいます。

早梅はついに離婚届に記入します。帰り際に100万を渡された早梅は1人になると、正弘に本音を言えなかったことを後悔して座り込みます。そしてふと顔を上げるとそこには壱成がいました。慰謝料を確認し気は済んだかと尋ねる壱成に早梅はもちろんと答えますが、壱成は早梅の顔を見て300万じゃないと認めないと言い出します。そして早梅の手を引いてマンションの部屋まで行き、正弘に300万の借金を代わりに払えと告げます。

止めようとした早梅が壱成に怒るのを見て正弘はあっけにとられます。「君がこんなに感情的になってるところ最近見てなかったからつい」と言って謝る正弘に早梅は謝れば済むと思ってるんじゃないのか、と問い詰めます。どんどん本音が溢れ、今までの正弘に対する不満が口を突いて出ます。すると正弘も早梅の料理に対して思っていた不満をさらけ出します。

味噌汁とご飯

正弘の不満はとても些細なものでしたが、そんなことも言いにくい関係で我慢が重なって不倫したのか、と早梅は思います。同時に、壱成が不倫相手のどこが良かったのかと正弘に問いかけます。そして挑発するように不倫相手を貶す発言をすると、正弘が強く反発します。正弘がそんな風にするなんてよっぽど相手のことを想っているのだ、と感じた早梅はショックを受けます。

土下座してすまないと言う正弘に、早梅は相手はどんな人か尋ねます。もなんとも想ってないから最後に教えてくれと言う早梅に、正弘は小学校からの同級生で半年前に偶然再会した初恋の人だと言います。彼女をほうっておけない、と言う言葉に早梅は涙を堪えますが、正弘は追い討ちをかけるように100万円を渡そうとします。悔しくて耐えきれず涙が溢れそうになった瞬間、壱成が正弘を殴り飛ばします。

「てめーがほうっておいちゃいけねぇのはどっちだよ」と正弘の胸ぐらを掴む壱成の後ろで、早梅は涙を流し、お金はいらないと言いました。「あんたみたいなクソ野郎たとえお金を通してでも繋がっていたくないって言ってんの」「二度とその顔私に見せないで」そう言って別れを告げ、2人はマンションを出ました。

また涙が出てきた早梅に、壱成は自分なりに気を使います。気がすむまで泣いて帰ってくれば、と去る壱成の後ろ姿に早梅はありがとうと言います。そのころマンションの部屋で正弘は不倫相手と電話していました。君と一緒になるための離婚届の記入が終わったと言う正弘に、不倫相手はあなたと一緒になるつもりはないと返します。そして電話を切った不倫相手のとなりには壱成の兄がいました。

場面は変わり、時は夜。壱成は夢を見ていました。兄の成吾と言い争う夢です。無視する成吾の肩に手をかけた壱成ですが、成吾はその手を振り払い「触るな、成長しないな、お前」と冷たく言い放ちました。そこで壱成は目を覚ましました。

早梅の悲鳴が聞こえ駆けつけると、そこには壱成の祖母の悦子がいました。早梅は悦子の破天荒ぶりにあっけにとられていましたが、何者か訝られ、賭けのゲームのことを吐かされます。事情を理解した悦子は壱成の金遣いの荒さを叱ります。壱成の家は高級旅館であるため周囲からは金持ち扱いされますが、実際は火の車でお金に余裕はないこと、お金が欲しければ旅館で兄の成吾のもとで働けと言います。

旅館

それに対して壱成は「誰が働くかよあんな旅館で、あんな奴の下で」と鼻にもかけません。悦子は掛け軸のことは気にしなくていいから好きに出て行ってくれと告げます。すると壱成は猛烈に反対し、その執着する様子を見て悦子は何かを考えます。そして早梅に出て行くあてがないなら好きなだけここにいればいい、その代わり条件があると言いました。その条件とは旅館で働くことで、早梅はその条件を快諾します。

しかしそのあと悦子が、早梅と兄の成吾の仲を取り持つような発言をしたため壱成は不機嫌になります。初出勤の日、早梅は緊張しながら旅館の戸をくぐりました。早梅はなぜか周囲から痛いほどの視線を感じます。早梅が壱成と同居していることや大女将のコネで入ってきたということが噂になっていたためでした。制服の着物を渡され待っていてと言われた早梅の背後で、男性スタッフが荷物を取り落としました。

着物の女性

荷物を一緒に拾い集めると、軽薄そうなその男性は早梅の顔をみて「きみ、さっきの新人さんじゃん」と言います。1人で何しているのかと聞かれ、着付けをしてくれる人を待っていると答えると、美人だから着物が似合いそうだね、と褒められます。控えめにお礼を言う早梅を見て男性はなにやら舌なめずりをし、「俺に任せなさい!」と言います。

男性は着付けの手伝いを申し出ました。部屋に着くと、笑顔で「じゃ服ぬごっか」と言います。困惑しながらもシャツを脱ぎタンクトップになると、冗談めかして下も脱がせようとします。そのまま補正のタオルを胴体に巻きつけて押さえているように言うと、背後に回り込み密着しました。

着付け

胸元がおぼつかなく気になる早梅は手で押さえようとしますが、男性はその手を掴み、手をどけようと言います。「初めてなんでしょ?着物着るの」「俺がぜーんぶ教えてあげるから、ね?」そう言って早梅との距離を縮める男性の表情は不穏な空気を放っていました。

漫画「プロミス・シンデレラ」の第2巻のネタバレはここまでです。早梅の離婚届の決着、壱成の兄の成吾の存在、早梅の旅館での仕事の始まり、怪しい男性との出会いのネタバレでした。

プロミス・シンデレラがアラサーに人気の理由は?

漫画「プロミス・シンデレラ」はアラサーの読者から人気を集めています。その人気の理由を紹介します。

不器用な年の差恋愛にきゅん

漫画「プロミス・シンデレラ」がアラサーに人気な理由の1つ目は、ツンデレ男子高校生壱成との不器用な恋愛です。お金持ちの家で関心をあまり向けられずに育った壱成は人を信用せず、いじめのようなことをしながら日々の孤独と暇を発散していました。

しかし早梅と出会いゲームをしていくなかで、早梅のアラサー女性ならではの包容力と、生来の優しさ・まっすぐさに惹かれ恋に落ちます。夫に裏切られたばかりで壱成のことも子供だと思っている早梅はなかなか気づきませんが、壱成はひねくれながらも一途な想いを向け続けます。漫画「プロミス・シンデレラ」の不器用な2人の年の差ラブストーリーにきゅんとしてハマるアラサー読者が多いようです。

結婚に関するエピソード

漫画「プロミス・シンデレラ」がアラサーに人気な理由の2つ目は、主人公の早梅がアラサーであり、同じ年代のアラサー女子が共感するエピソードが多いことです。早梅は書類上の契約である結婚を信用していましたが、夫にあっさり裏切られ、それまでの平穏な暮らしは突如崩れ去ります。既婚だったり結婚を意識する人も多いアラサー世代は、早梅に感情移入しながら漫画「プロミス・シンデレラ」を読む人が多いようです。

主人公の性格がかっこいい

漫画「プロミス・シンデレラ」がアラサーに人気な理由の3つ目は、主人公の早梅の性格がまっすぐでかっこいいことです。早梅はその不器用なほど実直な性格から、様々な困難に見舞われてきました。しかし毎回その困難に立ち向かい、決して強いわけではなくとも踏ん張って生きていこうとする姿勢にアラサーの読者は好感を持って読むようです。

プロミス・シンデレラを読んだ感想は?

漫画「プロミス・シンデレラ」を読むとスッキリするという感想がみられました。早梅が様々な障害や悪意を持って立ちふさがってくる人間に立ち向かい打ち勝っていく姿が爽快で、見ていて気分が良くなる感想を持つようです。

漫画「プロミス・シンデレラ」はアラサー女子と男子高校生の年の差ラブストーリーです。高校生の壱成がアラサーの早梅に相手にされていないながらも不器用にアピールする様子が年上女子の心をくすぐり、年下男子の良さを再認識する感想を持つ人も多いようです。

早梅のことが気になる壱成ですが、そのひねくれた性格から素直に好意を示すことができずにいつもツンデレ発言をします。照れ隠しでツンツンしつつも実は早梅のことを大事に思う壱成の姿はとても可愛く映り、壱成が最高だという感想を持つようです。

漫画「プロミス・シンデレラ」は物語の展開スピードもちょうどよく、ストレスなく読めるという感想がありました。設定も面白くそこが漫画「プロミス・シンデレラ」の魅力だという感想を持つようです。

漫画「プロミス・シンデレラ」を読んで主人公の早梅に惚れるという感想がみられました。早梅のかっこいい性格とまっすぐな生き方に憧れるようです。対照的な壱成もかわいいという感想を持つようです。

漫画「プロミス・シンデレラ」は年の差ラブストーリーとしてきゅんとするだけでなく、それぞれの登場人物が抱える問題や悩みにもフォーカスを当てているため、キャラクターに人間味を感じる感想を持つようです。それぞれのキャラクターの人間性を深掘ることで、より登場人物に共感し好きになる漫画だと言えます。

漫画「プロミス・シンデレラ」がどんどん面白くなっているという感想がありました。早梅の相手として兄派と壱成派に分かれるようですが、一生懸命の壱成に感情移入して応援してしてしまうという感想を持つようです。

プロミス・シンデレラのネタバレまとめ

漫画「プロミス・シンデレラ」のネタバレはいかがでしたか。ネタバレによると、主人公2人のバックストーリーも明らかになりつつあり、漫画「プロミス・シンデレラ」はこれからさらに面白さを増していきそうです。今後の展開やネタバレに注目です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ