がっこうぐらし2期の放送日はいつ?製作の可能性や内容をネタバレ考察

がっこうぐらし!のアニメ二期製作は絶望的といわれています。2015年夏アニメで大反響を呼びこんだがっこうぐらし!。可愛らしいキャラクター達が学校で暮らしながらほのぼのとした日常をおくると同時に、過酷なゾンビ達とのサバイバルを描いた衝撃的な作品ですが、大ヒットを記録したにも関わらず2期は作られないのではと話題に。アニメ第2期の製作の可能性とその内容をネタバレ紹介していきます。

がっこうぐらし2期の放送日はいつ?製作の可能性や内容をネタバレ考察のイメージ

目次

  1. がっこうぐらし2期の放送日が決定?放送される可能性についてネタバレ
  2. がっこうぐらしとは?
  3. がっこうぐらしのあらすじを紹介!
  4. がっこうぐらし2期の放送日はいつなのか考察!
  5. がっこうぐらし2期の放送日はいつ?製作の可能性をネタバレまとめ!

がっこうぐらし2期の放送日が決定?放送される可能性についてネタバレ

がっこうぐらし!の2期アニメ化はあるの?

2015年にアニメ化をして以来数年が経過したがっこうぐらし!さまざまな考察が飛び交う中一貫してアニメ第2期製作には否定的な意見が多くあります。アニメ化を希望する声ももちろんありますが、やはり1期と違う作中になる可能性が高いため望まぬ声の方が多く上がっているため現段階では製作決定は難しいのではないでしょうか?

TVアニメ「がっこうぐらし!」公式サイト

がっこうぐらしとは?

学校で生活をする学校生活部の面々がほのぼのとした日常を送ると同時にパンデミックを起こした世界でゾンビたちとのサバイバルを描いた異色の物語。過酷な状況下で生き抜く主人公たちとその間に描かれる穏やかな日常のギャップが人気を博した作品です。一部過激描写があるため、深夜時間にて放送されていました。

がっこうぐらしのあらすじを紹介!

がっこうぐらし!主人公である丈槍由紀(たけやゆき)は家に帰らず学校で暮らす学校生活部に所属し、日々学校にて部員達と平和な学校生活を送っています。第1話では由紀が、逃げた部員のペットである犬の太郎丸を追いかけて教室や理科室などを駆け回るほのぼのとした日常が描かれています。

がっこうぐらし!の幸せな日常は実は偽者だった

しかし第一話終盤ではそれは由紀の妄想であり、本当はゾンビの徘徊する世界で学校という最後の砦に籠城しながら懸命に生きるというゾンビサバイバルを描いた衝撃的な内容です。第一話ではほのぼのとした日常が一転して殺伐としたゾンビサバイバルへと変わったどんでん返しの演出などがありこの作品の醍醐味と言えるでしょう。

特に第1話終盤にて楽しそうに友達と会話をする由紀の姿が、誰もいない血塗れの教室で友人の身に付けていたチョーカーと話すという本来の姿に変わった瞬間は度肝を抜かれ驚愕した視聴者も多いはずです。荒れ果てた誰もいない教室なのにも関わらず楽しそうに一人話をする由紀の姿は戦慄するほど強烈な印象を視聴者に植え付けたでしょう。

ニトロプラスだからこその演出

がっこうぐらし!を手掛けたニトロプラスは視聴者をあっと驚かせる演出が多く、細かな伏線や描写を丁寧に作っていることから最後まで目の離せない作品です。その一つが顧問のめぐねぇが実は死んでおり、作品で登場するめぐねぇのほとんどが由紀の妄想であった、という演出。

この演出の伏せんはなんと第1話から貼られており、原作を知らずに見ていた視聴者に鳥肌をたたせました。1期終盤にて由紀自身が妄想であることを認めめぐねぇは見えなくなりましたが、その後は学校生活部の部員達と卒業式をあげ、学校を去ります。第一期ではこの卒業式までを描いた作品となります。

がっこうぐらし2期の放送日はいつなのか考察!

今もなお原作が続いているがっこうぐらし!もしもアニメ化が決定したとして放送日はいつになるのか、どんな内容なのか?第2期アニメがっこうぐらし!の放送日と内容を最終回やネットでの反応など様々な側面から考察していきます。

まずは最終回を考察してみる

がっこうぐらし!は2015年にアニメ化をしましたが、原作はまだ続いています。ゾンビだらけの終焉を迎えた世界で困難に立ち向かいながら一生懸命生きていく題材の作品ですが、仲間である学校生活部部員のくるみのゾンビ化など救いの持てない展開がとても多いです。そのため原作最終回は全滅ENDという所謂主人公達が全員死んでしまう救われないエンディングを迎える可能性が非常に高いといわれています。

しかし作中ではゾンビ化を押さえる薬なども出ており、決して希望の持てない訳ではありません。国家が動いてある程度人の住める区域が確保されるかもしれませんし、ワクチンができて全員ゾンビにならずにすむかもしれません。ほんわか日常を描いた後にゾンビサバイバルを描く作中の見せ方を見る限り、最終回もキャラクター含めて一度希望を持たせてから絶望に叩き落とすという描き方になるのではないでしょうか?

作中で強く印象に残る由紀の妄想が鍵となるか

作中の序盤から一種の大きな話題として取り上げられていた主人公由紀の妄想。最終回ではこの由紀の妄想が鍵を握るのではないでしょうか?実は全て由紀の妄想や悪い夢で幸せなハッピーエンドを迎えるという可能性もなくはありません。

しかしその逆に、最後は由紀以外のメンバー全員が死んでしまいひとりぼっちになった由紀が妄想で友人達に囲まれながら最期を迎える等という全く救いのない終わり方もあるでしょう。この由紀の妄想が最終回でも取り上げられるのではないかと考察しています。

がっこうぐらし!の第2期アニメ化は絶望的?ネットでの反応まとめ

このような魅力的なキャラクターと演出から、原作の知名度が低いにも関わらず第一期から反響を呼んだがっこうぐらし!しかしネットでは「第2期製作はありえない」「2期を作っても絶対に失敗してしまう」「作らないでほしい」などという意見が多数上がっています。原作の長さからアニメ二期を製作することは可能ではあるが、なぜここまで否定的な意見が多いのでしょうか?

2期ではがっこうぐらし!の面白さが半減?

要因としてあげられるのは第一期で原作であるがっこうぐらし!の醍醐味を全て出しきってしまったからではないでしょうか?上記でも取り上げた通り、この作品はどんでん返しのようなあっと驚くフラグ回収や演出が人気でありまた魅力でもあります。可愛らしいキャラクターが学校で暮らしていると騙された視聴者も多く、特に第一話の衝撃は視聴者を震撼させました。

しかしがっこうぐらし!アニメ一期ですでに原作でも話題となった「日常生活はほとんどが妄想」「顧問であるめぐねぇの死」といったどんでん返しの要素がすでに出てしまっています。

もちろんそれ以外の要素も原作では多くありますが、観客の度肝を抜くネタとしては先に上げた二点よりインパクトは薄くなってしまいます。故にがっこうぐらし!のアニメ2期を製作しても、1期を見たあとでは物足りなくなってしまうため成功しない、作品が失敗してしまう、という意見が多く上がっています。

さらに、がっこうぐらし!第1期では「卒業」というキリの良い終わりかたでしたので、無理にこのまま2期アニメを製作するくらいならこのまま終わっても良いのではという見解もあります。

第2期ではゾンビサバイバルは描かれない?第2期アニメ内容考察

がっこうぐらし!のもう一つの醍醐味と言えば、日常的なものを使ってゾンビと戦うサバイバルシーンです。作中ではシャベルを使ってゾンビを倒したり、机と針金でバリケードを作ったり、乾パンと缶詰で食事をしたりと身の回りにあるものを使いながら暮らしている描写がとても多く描かれています。

学校でのほのぼの系の日常とゾンビとのサバイバルを交互に描いた作品ですが、がっこうぐらし!アニメ1期では最終回では学校生活部がその舞台となる学校を卒業します。

しかし原作ではもちろん、そのあとの話も続いています。卒業旅行と称して大学を目指す学校生活部はようやく大学にたどり着き、大学で生き残った人間との話となります。
2期は恐らく、この大学編が描かれるでしょう。しかしながら、この大学では過激派と穏便派に派閥が別れており、大学という狭い空間内でゾンビよりも人と人との対立が描かれいます。

第2期ではゾンビよりも人間にフォーカスが当てられるのではないか

第1期から反響があり、醍醐味のひとつであるゾンビとのサバイバルよりも、大学での人間関係に重きを置くため以前よりも2期ではゾンビサバイバルの描写は少なくなりがちとなります。人VSゾンビというを展開を気に入ってい視聴者の中では少し物足りなくなってしまうかもしれません。

また原作では大学編はサバイバル環境ということもありかなりぴりぴりした展開が予想されるため、ほのぼのとした日常を求める視聴者にとってはマイナスイメージとなりやすいため、作らないでほしいという意見に繋がるのではないでしょうか?

果たして製作されても話は完結するの?

こうした不安要素はあるなか、もしも第2期アニメ化が決定したとして内容は完結するのかどうか。おそらく、アニメオリジナルのシナリオで完結を迎えると考察しています。がっこうぐらし!第1期では第1話からペットである太郎丸が登場したりと原作と違う点が多々あります。

もちろんこれは原作を読んでいる視聴者を飽きさせない工夫のひとつでもありますが、終わりの見えないパンデミックを起こした世界で生き続けるという、作品の終息点が見えないためアニメで完結、という可能性も大いにあります。

がっこうぐらし!のアニメ製作は決定しているの?

人気と注目どの高い作品ではありますが、公式からはアニメ製作に関する発表はありません。製作が決定したとして放送日はいつになるのか。放送日を公開された原作量を元に計算してみました。

アニメ1期が放送された際には、がっこうぐらし!の原作は単行本5冊がすでに発売されていました。つまり簡単に計算しますと第1期アニメと同じボリュームでアニメを製作するためには最低でも単行本5冊の原稿が必要となります。

2018年現在でがっこうぐらし!の単行本は10冊を超えているためアニメ製作は原稿料だけ見れば可能となります。しかし上記にもいったとおり公式からの発表はまだ何もありません。いつごろ製作決定の知らせが出るかによっても放送日は変わってくるでしょう。

結局がっこうぐらし!の放送日はいつになるの?

仮にもし2018年冬ごろにアニメ製作決定が決定したとして放送日はいつになるのか?アニメ製作自体1年近くの製作時間がかかってしまいます。今年中に製作が決まったとしても、放送日は2019年冬頃、もしくは2020年を迎えてのことになるでしょう。もちろんいつ頃公式の見解が出るかによってはそれ以上の時間はかかるでしょう。

がっこうぐらし2期の放送日はいつ?製作の可能性をネタバレまとめ!

アニメ化から数年たちましたが公式から何の返答もなく、また原作者の原作休載中や製作会社の多忙、ネットでの否定的な意見など不安要素は多く、現段階でのがっこうぐらし!第2期アニメ化は厳しい状況と言わざる終えません。しかしドラマ化もされている作品ですので、全く第2期アニメ化に希望が持てないわけでもありません。

原作者のこれからの活動や製作会社の状況次第ではがっこうぐらし!第2期製作も全くないとは言い切れませんが、第2期アニメ化はこれからの展開次第ではないでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ