かつて神だった獣たちへの原作漫画をネタバレ!最終回のラスト・完結はどうなる?

『かつて神だった獣たちへ』は、めいびいによる日本の漫画となっており「別冊少年マガジン」にて連載されています。連載後は「獣狩り」としてかつて一緒に戦った擬神兵を討伐する使命を負うハンクの心情描写や、兵士として改造された「擬神兵」との激しいバトルシーンなどが人気を博し、ついに2019年7月1日にテレビアニメ化が決定。そこで原作漫画『かつて神だった獣たちへ』のあらすじをネタバレします。最終回のラスト・完結が気になるとの声が挙がっているので、ネタバレとともに最終回のラスト・完結の考察も要チェックです。

かつて神だった獣たちへの原作漫画をネタバレ!最終回のラスト・完結はどうなる?のイメージ

目次

  1. かつて神だった獣たちへとは?
  2. かつて神だった獣たちへの原作漫画ネタバレ
  3. かつて神だった獣たちへの原作最終回・完結ネタバレ予想
  4. かつて神だった獣たちへの主な登場人物
  5. かつて神だった獣たちへの魅力
  6. かつて神だった獣たちへに関する感想や評価
  7. かつて神だった獣たちへの原作漫画の完結ネタバレまとめ

かつて神だった獣たちへとは?

かつて神だった獣たちへの原作情報

『かつて神だった獣たちへ』は、めいびいによる日本の漫画となっています。『別冊少年マガジン』にて2014年7月号から連載されており、略称は『かつ神』。無料スマホアプリでも好評配信中です。あらすじでは、兵士として改造された戦士「擬神兵」との戦いでリアリティと激しいバトル繰り広げられており、それに伴う心情描写が人気を集めています。

かつて神だった獣たちへのアニメ情報

『かつて神だった獣たちへ』は2019年7月1日からテレビアニメの放送が決定しました。声優は、中村悠一、小西克幸、加隈亜衣が起用されています。アニメではダークファンタジーの世界観がどのような映像で表現されるのかが楽しみだといえるでしょう。

『かつて神だった獣たちへ』アニメ公式サイト

かつて神だった獣たちへの原作漫画ネタバレ

原作漫画1巻あらすじネタバレ

禁断の技術によって圧倒的な力を得た「擬神兵」。彼らはパトリアの内戦を長い月日を経て終結に導いたことで「神」と称される存在となっていました。ところが、平和な世に伴い、彼らの持つ圧倒的な力と姿は人々の恐れの対象となりました。そして、神と称えられた擬神兵は次第に「獣」と呼ばれるようになったのです。そんな擬神兵を殺し続ける1人の男。名はハンクと言い、彼もまた擬神兵でした。

原作漫画2巻あらすじネタバレ

擬神兵は戦争終結と同時に殺されるはずでした。が、擬神兵は何者かによって解き放たれます。解き放った人物は内戦時に擬神兵部隊の副隊長を務めたケインでした。こうしてハンクは彼を追うこととなり、彼が蒸気街ホワイトチャーチにいるとの情報を得て早速向かいました。街へ着いたころ、貧民街の住人を狙った連続殺人事件がおきていました。ケインの仕業かと思われましたが、街の中にはもう一人の擬神兵が潜り込んでいたのです…

原作漫画3巻あらすじネタバレ

ホワイトチャーチでの惨劇から早一年が経過。ケインはハンクの追ってを逃れながらも、擬神兵とともに戦後の世の中に不満を持つ人々を集め、自由国家・新パトリアを創り上げていました。一方、ハンクと旅を共にしていたシャール(父親の死の真相を探る少女)はハンクと離れ離れになっていました。そこで、彼女はパトリア政府によって新設された「クーデグラース(擬神兵討伐部隊)」とともに故郷の村を訪ねています。

村の周辺に擬神兵が出現したとの情報を得たからです。ところが、その擬神兵はハンクが殺したはずのシャールの父親・ウィルだったのです…ウィルは「ニーズヘッグ(不死の竜)」の力の持ち主であったため、驚異的な生命力によって生きながらえていました、が、そんなウィルは理性を失い完全に「獣」になり果てていました。そんな父を止めるため、ハンクの使っていた「神殺しの弾丸」を銃に込め、立ち向かっていきます。

原作漫画4巻あらすじネタバレ

一方、ハンクは地獄の番犬ガルムの力を持つ擬神兵・ロイと戦っています。劣勢となっているハンクは、ウェアウルフ(人狼の変身)の力をもってしても戦況を覆すことができません。窮地に陥ったハンクでしたが、彼の前にクーデラースとともにハンクを追っていたシャールが現れました。

原作漫画5巻あらすじネタバレ

新パトリアによって作られた要塞都市・ボルドクリークの攻略に協力することとなったハンクたち。そんなハンクたちの前に立ちはだかったのは「ケンタウルス」の擬神兵・マイルズでした。マイルズの機動力と正確な弓矢によって要塞に近づくこともままなりません。そこで夜襲を仕掛け、ケンタウルスに深手を追わせることに成功。が、驚異の再生力で回復され、逃げられてしまいます。

不死身ともいえるケンタウルスでしたが、大統領から与えられた兵器「アルファルド」によってようやくケンタウルスを仕留めることができました。アルファルドは、猛毒の擬神兵・ヒドラの死骸を研究した末に発明された兵器だったのです。ケンタウルスとハンクが戦っていたころ、ケインは後方に単独で攻め込み、あっという間に兵たちをなぎ倒し、兵を指揮していたマーティン・ウォール大佐を殺してしまいます。そこでハンクが到着しました。

原作漫画6巻あらすじネタバレ

ハンクは圧倒的な力を持つケインを足止めしている中、砦では大量の死体が動いていました。そんな死体をクロードは全ての死体と戦うことになります。ようやく死体を全て沈めることができましたが、クロードは死体を操っていた少女を目撃します。ケインは少女にミリエリアと呼び掛けています。ハンクたちが要塞で戦っている間に、ケインはすでに南部の首都を他の擬神兵たちに攻め落とさせていたのです。

さらに、パトリアが住民たちを全員殺したことも砦で宣伝します。これによって大統領へ直接和平交渉をもちかけ、新パトリアを認めさせます。一方、ハンクとシャールは人が誰もいなくなったといわれる街にやってきます。街にいたのはドッペルゲンガーの擬神兵・ロビンでした。ロビンはケインのやり方には賛同できず故郷に帰ったのですが、故郷に誰もおらず戸惑っている様子。

その日の夜、ケインたちに触手をはやした化け物が襲い掛かります。そんな化け物を生み出したのは暴走したロビンでした。住民たちを全て喰らって化け物に変えていたのです。しかしロビンは自分がやったことを知り、絶望して自殺します。本体のロビンはハンクに言葉を残します。「エコールへ、僕らの作られた場所へ行ってください」と。こうしてハンクたちはエコールへと向かいことになりました。

原作漫画7巻あらすじネタバレ

ロビンから受け取った情報により擬神兵が生み出された研究所エコールを訪れたハンクたち。ハンクたちは擬神兵の研究に関する情報をケインが入手したはずだと推測し、今や廃墟となった施設内を調べることになりました。すると、突然幽霊のような人影が現れます。ケインの姿でした。エレインが死んだことで擬神兵の生み出し方を知りえなかったケインでしたが、エレインは擬神兵の子を宿していたのです。その時産まれたのがミリエリアです。

ハンクたちにこのような幻を見せていたのが、失敗作として残されていたスペクターの擬神兵・トワイライトでした。トワイライトはハンクに自分を殺すように頼みました。ハンクはそれを引き受けます。その後、シャールが神の化石ソムニウムから声が聞こえるといいます。どうやら、エレインが神様の声に従って擬神兵を生み出していたとのことなので、シャールにも同じことが起きたようです。

「神の声」ということを聞いたと同時に、ハンクはエレインと共に育った教会のことを思い出していました…

原作漫画8巻あらすじネタバレ

激しい内戦によって少年時代のハンクは、家族、財産、そして記憶さえも失い、1人で街をさまよっていました。そんな彼の前に現れたのが同じく孤児だったエレインでした。ハンクという名はエレインがつけたものです。エレインは孤児たちを指揮しており、その巧みな指揮の噂を聞きつけてやってきた教会。教会は子供たちを孤児院に入れ、エレインとハンクを教会学校で学ばせることにしました。

そこでエレインとハンクが出会ったのがケインでした。三人は親友と呼べる仲になります。ケインは大統領候補として名高い議員の息子だったのですが、戦地で母を亡くし悲観に暮れていました。そんなケインの傍ら、父親は政治家としてのし上がるためにすぐに再婚。一方、エレインは教会で類まれな才能を発揮したことで、「異端として旧大陸を去らざるを得なかった我らの悲願」という怪しい文句が飛び出しています。

そして、エレインは主席で卒業しますが、エレインを待っていたのは十字架の元になった巨大な鉱石ソムニウムでした。十字架が音を立てて輝きます。このような状況で「頭のいい子の中に神の声を聞いている子がいる、それを探しだすことこそ学舎の目的」と言われました。すると、その神の声が聞こえ、神の声に圧倒されたエレインは気を失います。

原作漫画9巻あらすじネタバレ

ケインは父親が大統領選で勝つために、母が死んですぐに再婚していたことを知りました。そして、戦いに勝つために要所以外の街が陥落するのもいとわない大統領に対し、反感を抱きます。それからは教会での生活は終わりを迎え、それぞれの道を歩み始めたハンクたち。研究者として一人前に成長したエレインは順調に進んでいると思われたのですが、苦しい毎日を耐え忍んでいました。

そんな中でソムニウムに触れて天啓を得たエレイン。それによって擬神兵の技術を完成することができ、最後の実験として強靭な精神力と体力を持ち合わせた人物を探します。と、そこに瀕死状態のハンクが研究所に運ばれてきました。長らく生活を共にしていたハンクを実験体とするのに躊躇していたエレインでしたが、ようやくハンクを実験体にすることにし、擬神兵を作ることに成功しました。

この成功によって研究は一気に加速、擬神兵部隊が戦争の切り札として結成されることになります。

原作漫画10巻あらすじネタバレ

ハンクとシャールは小さな鉱山街に訪れていました。そこは擬神兵のグリフォンとそれを操る強欲な鉱山主によって支配された街だったのです。彼は鉱山を守るために労働者と争うこともあり、守銭奴や強欲者などと罵声を浴びせられながらも山を守っていました。しかしある日、男は街を去り、娘にその場を託したのです。

それから時が経ち、鉱山町の仕組みを変えるためにグリフォンを殺そうと動いていたのが、ファーンという女性でした。実は、彼女がかつての鉱山主の娘だったのです。つまり擬神兵グリフォンとなった父親を殺すということです。もはや人ではなくなった父でしたが、それでもグリフォンを殺せないファーン。そこで、ハンクがグリフォンを仕留めると提案しました。こうして原作漫画10巻までのあらすじは幕を閉じます。

かつて神だった獣たちへの原作最終回・完結ネタバレ予想

完結ネタバレ予想①ハンクの生死

ハンクは物語の当初から最終回・完結への伏線のようなものが張られています。やはり、最終回・完結を語る上で一番気になるのは「ハンクの生死」でしょう。例えば、エレインから銃を突き付けられた時のことです。というのも、擬神兵はこの世から出してはいけないといわれたから。またシャールとの約束も考えられます。これらは、最終回までにハンクが暴走する未来を暗示している可能性があります。

そして、ハンクはウェアウルフに変身するたびに自分を制御できなくなっており、登場している擬神兵も同様に精神が崩壊しているからこそおかしな行動を起こしていました。ただ、ハンクは変身しなければ暴走しなくて済みます。が、今後において変身せずに勝てるか?というとその可能性はかなり低いといえるでしょう。

そのため、最終回ではケインから攻撃で致命傷を負う、あるいは暴走してシャールに撃たれるのか、あまり楽観的にみることはできないかもしれません。

完結ネタバレ予想②シャールがハンクを倒す?

『かつて神だった獣たちへ』の最終回・完結では、ハンクがシャールに撃たれる可能性を考察しました。なぜなら、今やシャールはハンクと共に旅をしていますが、もともとシャールが父親の仇であるハンクに復讐するために行動していたからです。ただ、ハンクと共にするうちに考え方を変え、結果的に「ハンクが暴走したら自分の手で倒す」と約束するに至ったのです。

ということは、シャールがハンクを倒す展開として、ハンクが「ケインとの戦いで暴走」「擬神兵との戦いで暴走」「最後の擬神兵になりハンクが懇願」の3つが可能性として浮上してきます。

完結ネタバレ予想③擬神兵は全滅する?

さて、『かつて神だった獣たちへ』の本筋、最終回・完結までに擬神兵は全滅するのか?ということを考察します。ハンクは国を混乱におとしめているケインを追っていますが、たとえケインを倒したとしても擬神兵はいなくなりません。やはり、擬神兵を倒すことが本筋となっているので、最終回・完結ではパトリア国にいる擬神兵を全滅させて終わる可能性があります。ただ、擬神兵が全滅するということは、ハンクも死んでしまうということです。

完結ネタバレ予想④ハンクが人間に戻る?

最終回・完結の予想でハンクが死んでしまう場合を考察しましたが、さすがに『かつては神だった獣たちへ』のファンにとって後味が悪いです。そこで、一つ忘れてはならないことが、ハンクの体の中に「擬神兵核」というものが埋め込まれていることです。もしかすると、この核さえ取り出すことができれば、ハンクは人間に戻れるのではないのでしょうか?この時に必要なのが神の声が聞こえるエレインですが、本編での彼女は生死不明。

しかし現在はシャールが神の声を聞くことができます。シャールが神の声を聞き、人間に戻る糸口を見つけることができたあかつきにはハンクが人間に戻れるかもしれません。それだけではなく、擬神兵も人間に戻れるということなので、最終回・完結は納得のいくものとなるでしょう。

完結ネタバレ予想⑤ハンクとケインが相打ちに?

完結・最終回までにハンクとケインの戦闘は避けれません。あらすじではハンクが隊長、ケインが副部長という立場だったので、双方の実力から激戦となることを予想できます。そんな二人が全力で戦った場合、相打ちになる可能性が考えられます。

完結ネタバレ予想⑥シャールとハンクの旅は続く?

ともかく、最終回・完結までにハンクがケインを倒してしまえばひとまず危機を脱することができます。しかし擬神兵を全滅させるか、あるいはハンクが死んでしまうかのどちらかになってしまうのは後味が悪いので、一番すっきりする展開が残った擬神兵を倒すためにハンクとシャールがそのまま旅を続けるという展開です。

ただ、やはり『かつて神だった獣たちへ』は擬神兵を倒すと同時に真実や現実と向き合う物語なので、最終回・完結はきっちり終わるかもしれません。

かつて神だった獣たちへの主な登場人物

登場人物①ハンク・ヘンリエット

『かつて神だった獣たちへ』の主人公はハンク・ヘンリエットです。ハンクはもともと擬神兵部隊の隊長を務めていました。内戦後は特技曹長となり、暴走する擬神兵を狩る「獣狩り」として旅をしながらケインの行方を追っています。擬神兵部隊用の白いフードとコート姿が特徴で、日中は黒髪の姿、夜間になると髪が白く変わります。また、夜間においては人狼の姿にも変身でき、変身とともに腕力と俊敏性も向上します。

登場人物②ナンシー・シャール・バンクロフト

『かつて神だった獣たちへ』のヒロインは、ナンシー・シャール・バンクロフトです。ハンクが擬神兵だったナンシーの父親を亡き者にしたため、ハンクを父の仇として追っている少女です。戦闘時には父の形見である「象撃ち銃」を躊躇なく打ち、強気な一面がみられます。ハンクを見つけて本懐を成し遂げようとしましたが、父の真相やハンクたちが擬神兵が断罪される存在なのかを見極めるべく旅に付き添うこととなりました。

登場人物③エレイン・ブルーレーク

『かつて神だった獣たちへ』のキーパーソンであるエレイン・ブルーレークは、擬神兵の技術を作り出し、ハンクと深い中にあった女性です。ブルーレイクタウンを開拓した家の令嬢ですが、町が戦火で焼失してしまいます。その時助けだした少年に「ハンク」と名前を付け、共同生活を営むようになりました。人体実験ののち、ハンクを擬神兵に改造しており、さらに彼の適正を解明し擬神兵部隊を結成させることに成功しました。

登場人物④ライザ・ルネキャッスル

『かつて神だった獣たちへ』の軍情報局戦後処理部所属の少佐はライザ・ルネキャッスルです。本編開始の2年前からハンクをサポートする任を与えられています。クロードやシャールと面識をもってからは、ハンクのように無茶をしがちな彼らを気にかけ面倒を見るようになります。ハンクの退役後には、情報局にも残されていない擬神兵の秘密に迫ります。

登場人物⑤クロード・ウィザース

『かつて神だった獣たちへ』のパトリアユニオン軍の少佐を務めるのは、クロード・ウィザースです。またクーデグラースの隊長でもあります。ケインの異母弟にあたる人物で、レイチャードと開拓時代から続く名門ローズ家出身の後妻との間に産まれました。このような生い立ちから獣と化した擬神兵に対し、人一倍の使命感をもって討伐しています。

かつて神だった獣たちへの魅力

魅力①激しいバトルシーン

『かつて神だった獣たちへ』の魅力の一つが激しいバトルシーンです。例えば、ケンタウロスの力を持つマイルズとのバトルシーン。ケンタウロスは擬神兵としての能力も向上し、しかもダメージを受けても自己再生という状態で、これに対してハンクは巧みに地形と天候を利用した作戦を試みていました。敵の能力もさることながら対するハンクも巧な戦闘であり、時間とともに激しさを増すバトルが繰り広げられていました。

魅力②心情描写

『かつて神だった獣たちへ』の魅力の一つが心情描写です。ネタバレあらすじでは、戦争のために人間の姿と引き換えに強い力を得た擬神兵を中心に展開していました。しかし、平和になったことで、心を失った獣になっています。タイトルから察すると、まさにかつて仲間だった擬神兵たちをハンクは殺さなければならない、という悲しみの心情を表したものであることが分かります。

魅力③テレビアニメも人気

『かつて神だった獣たちへ』の原作は「別冊少年マガジン」で連載中の人気漫画となっています。アニメも配信され、戦争が生み出す数々の非日常、犠牲。そして異形の兵器「擬神兵」と「獣狩り」との激しい戦いが圧倒的なリアリティかつクオリティで人気を博しています。

かつて神だった獣たちへに関する感想や評価

『かつて神だった獣たちへ』の10話を見ての感想です。あらすじでは、ハンクに復讐するためだけに行動していたシャールでしたが、今やハンクの心の支えとなっていました。感想では、その心の支えであるシャールとの約束から彼女自身の心情を読み取ったようで、何か切なさを感じます。

『かつて神だった獣たちへ』の1話を視聴しての感想です。あらすじでは、ハンクが仲間である擬神兵を討伐する使命を負いながら、物語は展開していました。やはり、ハンクの気持ちを考えると感情と理性のはざまにいるような複雑な立場で切なさを感じているようです。

『かつて神だった獣たちへ』の心情や置かれている状況に焦点を当てた感想です。現実の帰還兵の状況に即したアニメで、その帰還兵が社会に与える被害も大規模なものとして脚色しているのにやるせない気持ちを抱いているようです。獣化によって説得力を持たせる作者がすごいといわれています。

かつて神だった獣たちへの原作漫画の完結ネタバレまとめ

『かつて神だった獣たちへ』の原作漫画をあらすじをネタバレしましたが、いいかがでしたか?「獣狩り」としてかつて仲間だった擬神兵を討伐するハンク。激しいバトルシーンや心情描写などさまざまな魅力のあるストーリー展開となっていました。最終回・完結の考察までしましたが、その中でもハッピーエンドを期待しています。この機会にぜひ最終回の考察を参考にしていただき、続きを楽しみにしてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ