SAO3期アリシゼーション編のストーリーネタバレ!あらすじや結末はどうなる?

長年続編のアニメ化を望まれてついにアニメ化したのがSAOのアリシゼーション編です。注目されたアニメだけにそのあらすじのネタバレが気になるという人も多くなっています。主人公であるキリトはもちろんアリシゼーション編で登場したユージオやアリス、ロニエとアリシゼーション編で登場して人気をあ詰めたキャラクターも多くいます。今回はSAOアニメ3期アリシゼーション編のあらすじをネタバレありで紹介していきます。

SAO3期アリシゼーション編のストーリーネタバレ!あらすじや結末はどうなる?のイメージ

目次

  1. SAOとは?
  2. SAOのアリシゼーション編あらすじネタバレ~Part1~
  3. SAOのアリシゼーション編あらすじネタバレ~Part2~
  4. SAOのアリシゼーション編あらすじネタバレ~Part3~
  5. SAOのアリシゼーション編あらすじネタバレ~Part4~
  6. SAO3期の主要キャラ&声優
  7. SAOに関する感想や評価
  8. SAOのアリシゼーション編のあらすじネタバレまとめ

SAOとは?

SAOの作品情報

SAOのアリシゼーション編について紹介する前にまずはSAO全体についても簡単に紹介しておきます。SAO(ソードアート・オンライン)は2009年より現在まで敢行されているVRMMORPGを題材としたライトノベルです。ライトノベルの中では破格といえる人気を誇り、あくまでもゲームであるという通常のファンタジー世界とは違った物語性を持っています。

SAOのアニメ情報

SAOが初めてアニメ化されたのは2012年の事です。原作で時系列がバラバラになっていた部分を時系列順に放送し、アインクラッド編とフェアリィ・ダンス編をアニメ化、2014年には続くファントム・バレット編とキャリバー編、マザーズ・ロザリオ編と原作と照らし合わせるとアリシゼーション編の手前までが既にアニメ化されていました。そして2017年にアリシゼーション編がアニメ化される事が発表されます。

アリシゼーション編の概要

上記2度のアニメ化に続いてSAO3期でアニメ化されたのが今回紹介するSAOアリシゼーション編です。基本的な構成は独立しながらも全ての編が繋がっている一本の物語になっているSAOですが、SAOアリシゼーション編では主人公のキリト以外はSAOアリシゼーション編がアリスやユージオなどの主要キャラも含めて初登場というキャラクターが非常に多くなっています。

SAOアリシゼーション編の舞台となるのはこれまでキリト達をサポートする側だった菊岡の所属する組織ラースが管理する仮想世界、アンダーワールドです。キリトは菊岡からの依頼でアルバイトという形でこのアンダーワールドに飛び込みます。ちなみにアリシゼーション編というタイトルですがこのアリシゼーションとはラースが主導する計画のプロジェクト名から取られています。

川原礫&ソードアート・オンライン 10周年公式サイト

SAOのアリシゼーション編あらすじネタバレ~Part1~

あらすじネタバレ①ルーリッド村に住む子供達

SAOアリシゼーション編プロローグではキリトがアンダーワールドで過ごす一幕が描かれます。この時点でのキリトはアンダーワールドでは11歳という年齢になり幼なじみであるユージオとアリスと3人でよく遊んでいました。ある時キリトとユージオ、アリスの3人は子供だけでは行ってはならないという村の掟を破って北の山脈に出かけてしまいます。さらにこの冒険の最中、アリスが公理教会が定めた掟を破ってしまうのです。

危険な目にもあって逃げだすなんとか村に帰還する3人ですが翌日には公理教会の整合騎士デュソルバートが村を訪れます。アリスが掟を破った事を知り、罪人として捕獲しにきたのです。キリトは抵抗しようとしますがアリスは連れて行かれてしまうのでした。ここでキリトは現実世界で目を覚まします。ラースの機密保持によってキリトの記憶は仮想世界とは分離されておりこの世界の事を現実世界のキリトは覚えていない状態です。

あらすじネタバレ②アンダーワールドへようこそ

ここからは現実世界での現在のキリトの状態が描かれる事になります。キリトはアスナとお馴染みとなったダイシーカフェで待ち合わせをします。以前に同じく菊岡からの依頼でデスガン事件の調査をした事があるキリトに同じ菊岡からの依頼であるという理由でアスナは心配。二人のノロケ満載のやり取りをエギルと居合わせたシノンが半ば呆れながら聞いている状態でした。

あらすじネタバレ③アリシゼーションプロジェクト

ここでキリトがアスナに納得してもらう為に今回アルバイトしている内容を話します。今回のアルバイトは「アンダーワールドで長時間過ごす事」であって危険はないと説明するのです。このアンダーワールドはアリシゼーションプロジェクトと言われるプロジェクトでアンダーワールドに搭載された人工高適応型知的自立存在を作る事が目的の日本政府発行のプロジェクトだそうです。

アリシゼーションプロジェクトの1つの特徴が現実世界の数倍の時間を仮想世界で体験出来るというFLA(フラクトライト・アクセラレーション)と言われるシステムです。現在のアンダーワールドは現実世界とは3倍の時間差がある状態なのでした。

あらすじネタバレ④デス・ガン(死銃)の亡霊

キリトはシノンと別れアスナと二人のダイシーカフェからの帰り道で将来アメリカへの留学を考えている事、そこにアスナも一緒に付いてきてほしいというほとんどプロポーズと言われる告白をします。アスナは喜んでOKしますが事態は思うようには進みませんでした。二人の前にデスガン事件の容疑者の1人で唯一逃げ出していたジョニー・ブラックこと金本が姿を見せるのです。

金本はデスガン事件はもちろん、共に囚われていたSAO内でもキリトやアスナと因縁があります。キリトはアスナを守りながら襲いかかる金本と戦いますが金本の毒物によって意識不明の状態に陥ってしまいます。次にキリトが目を覚ました時、キリトは何故かアンダーワールドにいました。しかも本来は切り離されているはずの現実世界での記憶を持ったままの状態である事に気が付くのです。

あらすじネタバレ⑤セルカ&樵のユージオ

繰り返しになりますがこの時のキリトは現実世界の記憶を持ち込んでいる代わりにアルバイトとしてアンダーワールドで過ごした時の記憶がありません。しかし偶然にもユージオと出会います。もちろんユージオもキリトの事は覚えていませんがキリトが実情を伝えるとユージオは伝承ベクタの迷子に当てはめて記憶が戻るまでキリトをルーリッド村で保護する事を提案してくれます。

キリトはムラで同情されながらアリスの妹であるセルカなどとも出会います。キリトは人工知能である彼らのこの高い知能と知性を持つ存在に驚愕を覚えながらもこの村で過ごす事になるのです。

あらすじネタバレ⑥神器「青薔薇の剣」

アンダーワールドにはゲームらしい側面もあり、「ステイシアの窓」と呼ばれるステータスウィンドウの存在やその中で自身のパラメータを知る事が出来るようになっています。アンダーワールドにはすべてのオブジェクトにこれらのパラメータが設定されており、中でも重要なのがオブジェクトコントロール権限です。この権限を超えるものは扱う事ができず、この時点でのキリトとユージオの権限は38でした。

一方でユージオが北の洞窟から持ち出したと言われるのが神器「青薔薇の剣」でした。この剣のコントロールには45の権限が必要でキリトはこの剣をまともに持つことさえできなかったのです。

あらすじネタバレ⑦北の洞窟での攻防

キリトがいたという記憶こそ改竄されているアンダーワールドですが、キリトがいた時に起きた出来事はそのまま継続されて起きているので当然アリスは連れ去られたままです。そしてそのアリスの消失によって大きく影響を受けたのがアリスの妹であるセルカでした。セルカは将来を有望視された姉に変わってシスター見習いとして日々神聖術の勉強と鍛錬に明け暮れる日々を送ります。

そんなセルカがキリトが戻ってきた事でなぜ姉であるアリスが連れされれる事になったのかを知る事になります。そしてその事実を確かめるべく1人北の洞窟に出向いてしまうのです。キリトとユージオはそんなセルカの後を追って北の洞窟に向かいます。そこでユージオは神聖術の際も見せますがキリトが驚いたのはそこではありません。

セルカを襲っていたゴブリンの一団の元に辿り着いたキリトとユージオ。そこでキリトはゴブリンにも人工知能が使われている事に気づきます。高い知性を与えられつつ、強烈な憎しみと悪意を持って行動するようになっているのです。なんとか頭目であるウガチを倒した2人でしたがユージオが瀕死の重傷を負ってしまいます。

あらすじネタバレ⑧遠い日の約束

瀕死の重傷の中ユージオは子供の頃の記憶を語り、キリトにも消えていたルーリッド村でアリスとユージオと共に過ごした日々の記憶が蘇ります。キリトとセルカは高位の神聖術でユージオを蘇らせる事に成功。その過程で一度死の淵にたったキリトはアリスとの「セントラル・カセドラルでまっている」という約束を思い出すのでした。

あらすじネタバレ⑨学校生活の再開

二人は北の洞窟での攻防によって大きくステータスを上昇。扱えなかった青薔薇の剣を扱えるようにもなります。さらにキリトはSAOで身につけたソードスキルをユージオに見せ、それを見たユージオは衛兵になりたいという夢をキリトに語るのでした。キリトはSAOのソードスキルをアインクラッド流剣術としてユージオに教え剣士となる事が許されたユージオはその才覚も見せつけるのです。

あらすじネタバレ⑩キリトの奪還作戦

一方で現実世界では行方がわからなくなってしまったキリトを探すべくアスナ、シノン、リーファ、AIであるユイが行動を起こしていました。キリトは防衛医大病院に搬送されたはずなのに姿はなく足取りが掴めなくなってしまうのです。ユイの能力をフル活用して4人はアリシゼーションプロジェクトに辿り着きその本拠地オーシャン・タートルにも辿り着きます。

アスナは変装してこのオーシャン・タートルに乗り込みそこで菊岡と研究員の比嘉からプロジェクト・アリシゼーションについて、そして現在のキリトの状態を聞かされる事になります。キリトは現在STLを使って1千倍の時間経過速度でアンダーワールドに強制的にダイブさせており、目覚めるのを待つしか無い状態だと分かるのでした。

あらすじネタバレ⑪帝立修剣学園所属の剣士達

話はアンダーワールドに戻ります。剣士として村を出たキリトとユージオは剣術大会で勝ち抜き、北セントリア帝立修剣学院に入学していました。この間現実世界では18時間、アンダーワールドでは2年の時が流れています。貴族出身の学生が多い中、キリトとユージオは平民出身ながら上位から7,8番目の腕前を持っているという状態です。2人が目指すのは優秀者に与えられる上級修剣士という肩書でした。

あらすじネタバレ⑫ソルティリーナ先輩

この北セントリア帝立修剣学院では上級修剣士は初等修剣士の上位12名の中から身の回りの世話をする「傍付き練士」と言われる生徒を選ぶ事ができます。この初等修剣士の上位12名に含まれているキリトは上級修剣士の中でも次席のソルティリーナ・セルルトに選ばれて1年間みっちりと扱かれています。さらにキリトはこの段階で青薔薇の剣を超えるギガシスダーの剣を入手する事も出来るのでした。

あらすじネタバレ⑬アインクラッド流剣術

キリトは手に入れた剣を手にソルティリーナとしたアインクラッド流剣術を見せるという約束を守るべく森の中で試し斬りをしていました。しかしそこで運悪く主席のウォロに泥をかけてしまいます。怒ったウォロはキリトに懲罰として立ち合いを命じます。ここでキリトはなんとウォロと引き分けてしまいます。さらにこのキリトの奮戦に押されるようにソルティリーナも卒業前最後の試合でウォロを倒し主席として卒業していきました。

余談ですがソルティリーナやウォロなどはその各貴族に伝わる剣術の必殺技としてSAOのソードスキルの1つを持ち合わせています。

あらすじネタバレ⑭ティーゼ&ロニエ

学年が上がり、序列でキリト6位ユージオ5位となった事で2人は上級修剣士となる事ができます。当然2人にも傍付き練士を選ぶ権利が与えられます。そこで選ばれたのがティーゼとロニエです。2人は貴族の出身であり、さらには16歳の女の子という事もあってキリトもユージオも弱ってしまうのでした。

あらすじネタバレ⑮上級修剣士&貴族の少女

本来は身分差で馴れ合いがありえない組み合わせである上に平民が貴族を教えるという状態なので最初はお互いに距離を測る日々が続いてしまいます。しかしそれも1ヶ月をすぎる頃にはすっかり慣れ親しむのでした。

Thumb【SAO】アスナとキリトの関係を考察!結婚や子供は?原作とアニメに違いはある? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

SAOのアリシゼーション編あらすじネタバレ~Part2~

あらすじネタバレ①学園からの追放

すっかり仲を深めた4人でしたがそこでロニエとティーゼから相談を受けます。それは同じく傍付きをしている同室のフレーニカが付き従う上級修剣士ウンベールに明らかに不当と言えるような扱いを受けているというものでした。キリトとユージオは平民の出である2人を区別する事なく受け入れてくれたソルティリーナやゴルゴロッソへの恩に報いるためにもとこの問題を解決しようと行動を開始します。

あらすじネタバレ②アンダーワールドと歪みきった貴族制度

余談ですがアンダーワールドには厳格な爵位制がしかれており、その爵位持ちの貴族の中でも一等から六等までの階級があります。ロニエやティーゼはその中の最下位である六等貴族の出身です。四等爵位以上の貴族が上級貴族と言われてアンダーワールドの大原則である禁書目録や帝国基本法に触れない範囲で貴族裁決権を持っています。そして問題になっているウンベールは四等爵士です。

あらすじネタバレ③ウンベール&ライオス

そしてこのウンベールは次席で主席にはライオスがいます。この2人はキリトとユージオとも因縁のある相手でした。平民出身の2人を嘲笑い、規則に接触しない範囲での嫌がらせを繰り返していたのです。ある時ウンベールの挑発に乗ってユージオが立ち合いをする事になります。この立ち合いの結果は引き分けですがウンベールとして見れば貴族のプライドを傷つけられた形となってしまいました。

その結果が傍付きであるフレーニカへの八つ当たりという形になっていたこともユージオは知る事となります。

あらすじネタバレ④勇気と涙

フレーニカに対しての行動を抗議にいったユージオでしたがライオスとウンベールには改める気は全くありません。2人の様子を後ろで見ていたティーゼは将来ウンベールのような人が夫になるかもしれないという不安をユージオにぶつけ、ユージオが卒業後の統一大会で上位になったら一代爵士として夫になってほしいと告白します。ユージオは整合騎士になるという決意を伏せつつこれを了承するのでした。

あらすじネタバレ⑤堕ちた右目

ある日キリトとユージオは雑談をしながらロニエとティーゼが来るのを待っていました。しかしいつもの時間になっても現れない2人にキリトが1人探しに出ます。入れ違いで入ってきた少女フレーニカから、ウンベールから性的奉仕を命じられそれをロニエとティーゼに打ち明けたら2人が嘆願しにいったというのでした。ユージオは事態を重く見てウンベールの部屋に向かいます。

ユージオは招き入れられた部屋の奥で縛られているロニエとティーゼを発見します。これに抗議するユージオでしたが2人は貴族裁決権を施行していると言われてしまいます。身動きが取れないユージオを前にしながらウンベールはライオスと共に少女達を陵辱行為を行うのでした。

あらすじネタバレ⑥右目に浮かんだ文字

余りの光景に剣を引き抜こうとするユージオ。右目を襲う激痛にも負けずに剣を引き抜きライオスに剣を振るいます。咄嗟にそれを避けたライオスの代わりにウンベールの左腕を切断、これを見たライオスは禁書目録違反としてユージオを処刑するというのでした。一方のユージオは禁書目録を破ってしまった事に衝撃を隠せません。ライオスが掲げる剣を間一髪間に合ったキリトが弾きライオスの両腕を斬り飛ばしてしまうのでした。

あらすじネタバレ⑦不明瞭な窓と不審な死

ライオスはウンベールに自らを止血するようにいいますが止血している縄の数が足りません。自らが助かる為にウンベールの縄を奪えばそれはユージオと同じく大罪人になってしまうのです。キリトは殺すまでするつもりはなかったので治療しようとしますがライオスは天命を残しながらも死亡してしまう不審な死を遂げます。

自分達の為に罪を犯したと泣きじゃくるロニエとティーゼの頭越しにキリトとユージオは不明瞭な窓が表示されているのをみました。ステイシアの窓のようなそれには人の顔が映し出されており何か呪文を唱えて消えてしまうのでした。大罪人となってしまった自責をするユージオをキリトが支えるのでした。

あらすじネタバレ⑧アリス・シンセス・サーティー

罪を犯した2人はユージオの右目の治療こそしてもらったものの懲罰房に入れられてしまいます。そして翌日、罪人となってしまった2人を迎えに整合騎士が現れます。なんとその整合騎士はアリス・シンセス・サーティと名乗ります。思わぬ再会にアリスに手をのばすユージオでしたがアリスは剣の鞘で容赦なくユージオの頬を打ち飛ばしてしまうのでした。

あらすじネタバレ⑨ルーリッド村に住むアリス

その姿形は紛れもなく成長したアリスそのものであるにも関わらす立ち振舞はまったく別人です。しかしそこでユージオは元々の目的であったアリスを助ける為にセントラル・カセドラルを目指していた事を思い出します。目指していた整合騎士としてではないとはいえ2人はセントラル・カセドラルに入る事が出来た事に気づきユージオはなんとかその心を落ち着けアリスを元に戻す方法を探す決意をするのでした。

2人はアリスに連れられる形でセントラル・カセドラルに向かいます。ロニエとティーゼはアリスに2人の剣を託し、整合騎士になって2人を助けに行く事を誓うのでした。余談ですがロニエとティーゼはアリシゼーション編で人気を集めた事から続くアンダーワールド大戦編で再登場し、最終的にはロニエもティーゼも整合騎士になるなどしています。

あらすじネタバレ⑩歩くイチエモン

ここで話は一旦アスナ視点に移ります。アスナは以前キリトがそうしてくれたように自分もアンダーワールドに入ってキリトを助ける事は出来ないかと考えていました。そんな状態のアスナはラースの廊下でイチエモンと出会います。それはアリシゼーションプロジェクトの完成の先に人工知能が現実世界で動くための身体となるロボットの試作機イチエモンでした。

ThumbSAOの年表を時系列で紹介!見る順番のおすすめは?アニメシリーズや映画版を解説 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

SAOのアリシゼーション編あらすじネタバレ~Part3~

あらすじネタバレ①囚人扱い

キリトとユージオは元々アリスを探す、そしてキリトはアンダーワールドからの脱出も模索してセントラル・カセドラルを目指していました。そしてセントラル・カセドラルに入る為の手段として考えたのが整合騎士になる事です。しかし2人は禁書目録を破った囚人としてセントラル・カセドラルに投獄される事になります。

あらすじネタバレ②語るキリト

キリトは牢の中でユージオと語ります。アンダーワールドでの二年間を思い出しながらユージオがラースがアリシゼーションプロジェクトの目的である高性能なAIに昇華した事も勘づいていました。当然キリトにもライオスなどを殺した罪の意識がありだからこそこんな所で立ち止まってはいられないと腹をくくるのでした。

あらすじネタバレ③牢を脱獄

牢獄からの脱出を考える2人でしたが手元にあるものは2人を壁につなぐ鎖付きの手枷とベッド、そして水袋だけでしかありません。しかし2人は協力してまずは壁から手枷を外すと残った鎖をムチ代わりにして牢屋を破り脱獄する事に成功します。

あらすじネタバレ④エルドリエ・シンセシス・サーティーワン

脱獄した2人は牢屋の場所がセントラル・カセドラルの裏手にある事を知ります。さらに神聖力の高い2人の愛剣がカセドラル塔内部にある事を感じ取るとまずはそこを目指す事に決めます。しかしその前に立ちはだかったのが整合騎士エルドリエ・シンセシス・サーティーワンでした。武器を持たない2人は手に巻いたままの鎖を使って戦うしかありませんでした。

あらすじネタバレ⑤整合騎士&封印される記憶

整合騎士エルドリエは武装完全支配術と記憶開放術の2つを使い戦いを挑んできます。対するキリトとユージオはなんとか連携で戦況を五分に持ち込むのが精一杯です。しかしユージオはエルドリエの名前から人界最強の剣士として知られたエルドリエ・ウールスブルーグではないかという事、そして記憶を塗り替えられているのではないかという事実に辿りつきます。しかし2人は遥か上空から狙撃され逃げだす事しか出来ませんでした。

あらすじネタバレ⑥カーディナルという少女

迷路に逃げ込んだ2人に対して狙撃された矢は追いかけてきます。2人は前髪を引っ張られる感覚を覚えそれに従って走っていった先で謎の少女に出逢います。少女は謎の通路に2人を導くと自らをカーディナルと名乗りました。

あらすじネタバレ⑦地の底で開催するお茶会

カーディナルに導かれて2人は大図書館に辿り着きます。この大図書館には全てのシステムコマンドが収められているというカーディナルに驚きを隠せないキリト達。カーディナルはユージオを一旦引き離し、キリトと2人きりになるとアンダーワールドが仮想世界である事、そして自分がカーディナルシステムである事を知っていると口にするのでした。そしてカーディナルは昔話を初めます。

あらすじネタバレ⑧遥か遠くの昔話

このアンダーワールドが450年前にまだ小さな村しかなかった頃アンダーワールドには4人の現実世界人がいました。この4人はラースのスタッフで16人の子供を育て、読み書きや農業など生活に最低限必要な知識や倫理観を教えたのですがその中に1人利己的な欲望を持った人がいました。アンダーワールドでは子供に性格も遺伝する傾向があり、今の貴族達はこの利己的な人物の子孫だというのです。

あらすじネタバレ⑨誕生したクィネラ

そこから100年が達現在からみて350年前の頃になると人界は数名の領主が誕生して支配されていました。その領主の政略結婚で生まれたクィネラという女の子が初めてシステムコマンドを解析し、アンダーワールドで初めて攻撃術を生み出し生物を倒す事で経験値を得られて自身の権限レベルが上がる事に気づいたというのです。

あらすじネタバレ⑩封建社会&公理教会

この気付きにより権限を高め続けたクィネラはやがて天候操作や天命回復など神の御業ともいえる神聖術さえも使えるようになり、クィネラは神の巫女を語って公理教会を設立、領主達に爵位を与えて封剣制を誕生させるのです。

あらすじネタバレ⑪禁じられた神聖術

クィネラは80歳を超え寿命を迎えようとしている頃、アンダーワールド内の全てのシステムコマンドの一覧を呼び出せるという術式に辿り着きます。権限を最大まで高めたクィネラはカーディナル・システムから全権を自分に付与させ自身の天命を凍結させシステム管理者になろうとしますがここで大きく失敗してしまいます。

あらすじネタバレ⑫最高司祭の誕生

元々システムコマンドはラースの技術者用のものです。当然科学文明に縁のないクィネラは理解する事が出来ません。自分なりの解釈で利用しようとした為にクィネラはカーディナル・システムそのものと融合してしまのです。カーディナル・システムに焼き付けられた人界の秩序の維持を至上命題とする事となったクィネラは公理教会最高司祭アドミニストレータとなり名実ともに人界の支配者となるのでした。

あらすじネタバレ⑬アドミニストレータ&カーディナル

しかしアドミニストレータにも想定外の事が起こります。寿命を超越した彼女ですが、それ以外に記憶容量の限界があることに気づいたのです。そこでアドミニストレータは自らの記憶を他の者に上書きコピーしてしまおうと考えました。そうして誕生したのがカーディナルです。

あらすじネタバレ⑭決別する魂

しかし2人が相容れるはずはありません。一瞬とはいえ最高権限を持つ者が2人になってしまった事でそれまでの流れが崩壊。2人は両者を屠る激戦を繰り広げる事になります。この勝負はドミニストレータの作戦勝ちで、カーディナルは大図書館に逃げ込む事でなんとか生き残っている状態でした。

あらすじネタバレ⑮二百年に及ぶ孤独

カーディナルはその後200年もの間クィネラとアドミニストレータとしての記憶を削除しながら1人で過ごしてきました。観察と思考のみを繰り返しそして200年後、現実世界からやってきたキリトを見つけ、アドミニストレータを破る楔として招き入れたのです。

あらすじネタバレ⑯人間の温かさ

カーディナルはキリトにアドミニストレータを破る事と同時にもう1つのお願いをします。それが人間のぬくもりを知りたいという事でした。カーディナルは生まれてからずっと孤独だった為です。キリトに抱きしめられた事で自分の200年が報われたのだというのでした。

あらすじネタバレ⑰大虐殺が起きる予兆

さらにカーディナルはキリトにこのアンダーワールドで起こる最終的な末路も話します。それは最終負荷実験と言われるもので異形の姿のダークテリトリー人が人界に攻め入ってくるというものでした。当然これはアドミニストレータも把握しており整合騎士とともに迎え撃つつもりでいました。カーディナルはこの最終戦争で人間が負けて残虐される前にアンダーワールドを無に還す事を目的としていたのです。

あらすじネタバレ⑱神器が持つ性質

余談ですがこの先の物語に重要になってくるのが整合騎士やキリト達が持つ神器です。これらの神器は元になったオブジェクトの性質を色濃く引き継いでいます。青薔薇の剣には「永久氷塊」と「薔薇」という性質が、キリトの剣には「ギガスシダー」の性質が残っています。

あらすじネタバレ⑲オブジェクトが所有する記憶

神器と呼ばれる程にオブジェクトがなるには長い年月が必要です。その長い時間をかけて記憶と共に多くの神聖力を持つ事で初めて神器となる事が出来るのです。

あらすじネタバレ⑳武装完全支配術

そしてこの神器の能力を引き出す技が武装完全支配術です。この術を使うと武器になる高い攻撃力を持つようになります。整合騎士はこの武装完全支配術を習得しており、キリトとユージオもカーディナルに手ほどきを受けてこの術を習得する事が出来るのでした。

あらすじネタバレ㉑世界の理&根源

そして武装完全支配術の土台となっている世界の理が心意です。これはより強いイメージで上書きする現象で武装完全支配術はこの心意によって成立しています。ただし代償ももちろんあり、武装完全支配術を1度使うと武器の天命を大きく損耗してしまうのでした。

あらすじネタバレ㉒25の英単語

キリト達はカーディナルにこの術を引き出す25の英単語を作り上げてもらいます。部分的に開放するエンハンス・アーマメント、完全に開放してしまうリリース・リコレクション等を教わりますがキリト達はリリース・リコレクションを使ってはいけないと厳命されるのでした。

あらすじネタバレ㉓セントラル・カセドラルを攻略

そうして武装完全支配術を身に着けたキリトとユージオはついにセントラル・カセドラルを攻略するべく行動を開始します。カーディナルからはさらに2人は刺した対象の傍にカーディナルを召喚出来るという短剣を託されて送り出されます。カーディナルはアドミニストレータとアリスにこの短剣を使うように言うのです。

あらすじネタバレ㉔語るユージオ

ユージオはその胸中に複雑な想いを抱いていました。家族を裏切り学院に入り、反逆者として公理教会に立ち向かっている自分自身の境遇に対しこの戦いが終わったらどこに行くのだろうという想いを抱いていたのです。

あらすじネタバレ㉕デュソルバート・シンセシス・セブン

2人はなんとか愛剣を取り返す事に成功しますがその前にデュソルバート・シンセシス・セブンが立ちはだかります。その騎士は過去にアリスを連行した騎士で同時にカーディナルに導かれる前にキリト達を狙撃した整合騎士でもありました。ユージオはデュソルバートの完全支配術をくぐり抜けて切り倒す子男tに成功します。そしてデュソルバートにも奪われた記憶がある事を伝えて先を急ぐのでした。

あらすじネタバレ㉖リネル&フィゼル

先を急ぐ2人の前に現れたのが整合騎士見習いのリネルとフィゼルでした。2人はキリト達が侵入者だと知ると牙を向きます。さらに自分たちの立場を高める為整合騎士の前で2人を倒そうと2人を50階まで引き上げます。しかしキリトにその裏をかかれて50階に運んだ後に倒されてしまうのでした。

あらすじネタバレ㉗四旋剣&ファナティオ

続けて戦う事になるのがファナティオ・シンセシス・ツーとその配下四旋剣です。しかしユージオはリネルとフィゼルの攻撃によってまだ動けない状態です。そこでキリトはユージオに動けるようになった武装完全支配術を唱えるように言って立ち向かいます。キリトは苦戦しながらもこれまでの経験でファナティオの仮面を破り、ユージオの武装完全支配術もあって勝利を勝ち取ります。

あらすじネタバレ㉘命の選択

ユージオから天命を分け与えられる事でなんとか生き残ったキリトはファナティオを助けようとします。ユージオは戸惑いますが最後には説得されて手助け。しかし出血が多すぎる故にキリトは短剣を使ってカーディナルに助命してほしいと求めるのでした。カーディナルから不思議な味の液体を受け取った事で天命を回復した2人ですが短剣は1本になってしまうのでした。

Thumb【SAO】ユージオは死亡した?生き返る可能性とヒロインと呼ばれる理由を紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

SAOのアリシゼーション編あらすじネタバレ~Part4~

あらすじネタバレ①アリス・シンセシス・サーティ

80階の雲上庭園に辿り着いたキリトとユージオ。待ち構えていたのは2人を連行したアリス・シンセシス・サーティです。アリスを救い出したいユージオにキリトは短剣を刺す事だけを考えるようにいって剣を抜かずにアリスの元に向かいます。

あらすじネタバレ②永劫不朽の属性・金木犀の剣

アリスの持つ金木犀の剣はキリトの破壊不能オブジェクトの上位種と言える属性を持っており相性が悪い相手です。実際に斬り合いになるとキリトは押されていしまいます。キリトは武装完全支配術で金木犀の剣を狙いますが両者の完全支配術のぶつかりでうまれた激流が壁を砕きキリトとアリスは外に放り出されてしまいます。

あらすじネタバレ③壁の外の二人

剣を突き刺してなんとら落下を防ぐ事には成功しますがいつ落ちても不思議ではない状態に内部に戻るまで一時休戦する事を決めます。キリトに助けられる形で壁を登るアリス。85階では協力してミニオンと戦闘し月が出るまでそこで休む事になります。

あらすじネタバレ④ベルクーリ・シンセシス・ワン

一方のユージオは2人は自分より強いから大丈夫だろうと考えて1人で先を目指していました。90階でユージオは整合騎士長のベルクーリと出会います。アリスが騎士になった経緯などを聞きながら2人は戦う事になるのです。

あらすじネタバレ⑤時穿剣

ベルクーリが持つ時穿剣は未来を斬る剣でユージオは大いに苦しめられる事になります。剣を振るい終わった後もその軌跡に威力が残るというその能力によって満足に動くことも出来ないユージオは武装完全支配術も使いますがそれでも太刀打ち出来ません。そこでユージオはカーディナルに禁止された記憶開放を行ってしまいます。

あらすじネタバレ⑥薔薇の歌&永久凍土

ユージオの青薔薇の剣は永久氷塊と青薔薇を起源としています。ユージオはこの青薔薇の記憶を開放する事で2人の天命を吸わせます。何もかも自分に勝るベルクーリですがユージオは唯一若さからくる天命の総量で勝っていたのです。

あらすじネタバレ⑦騎士長・ベルクーリ

ベルクーリはその昔ルーリッド村を開拓し初代衛士長となったルーリッド村の人々にとって伝説の人物です。そんなベルクーリの末路を見つめながら自らも天命を残り僅かとする時に元老長チュデルキンが姿を見せます。ベルクーリはチュデルキンによって凍結刑になってしまいユージオも意識を失ってしまいます。

あらすじネタバレ⑧記憶のある場所

親友の危機を知らないキリトは外壁で目を覚まします。最後の食料だった肉まんをアリスにも分け与えますがキリトはそこで口を滑らせて料理上手のセルカのお姉さんと言ってしまいます。キリトはアリスに迫られ全てを話す事にします。

あらすじネタバレ⑨妹・セルカ

キリトはシンセサイズの儀式の事や整合騎士の半分は公理教会に連行された犯罪者でアリスもそうである事、ルーリッド村の出身でセルカという妹がいる事、ダークテリトリー侵入の罪でセントラル・カセドラルに連行された事を告げます。そしてアリスはセルカの名に違和感がない事を感じ取りこの話を信じました。

あらすじネタバレ⑩SYSTEM:ALEATの文字

全てを捨てて戦う決意をするアリスを右目の激痛が襲います。ユージオからその経緯を聞いていたキリトはアリスを落ち着けようとしますがアリスは自分の記憶や行動を制限するものに怒りを顕にし、自ら右目を破裂させてしまいます。

あらすじネタバレ⑪魅惑的な少女

その頃ユージオはカセドラルの最上階で目を覚まします。そこで巨大なベッド眠る少女を見つけて目を奪われてしまいます。その少女こそがアドミニストレータです。謎の声に一度は正気に戻ったユージオでしたが目を覚ましたアドミニストレータによって魅了されてしまいます。

あらすじネタバレ⑫可哀相なユージオ

アドミニストレータはユージオを可哀想な子と言います。様々な誘惑でユージオの思考を誘導しさらにはユージオの封印されていた幼い頃のキリトとの記憶さえも掘り出してアリスさえもキリトのものだとしてユージオの心を絡め取ってしまいます。

あらすじネタバレ⑬流れた涙&強制シンセサイズ

アドミニストレータによってユージオは愛されていないという強烈な渇きを植え付けられて飲み込まれてしまいます。そしてアドミニストレータはユージオを愛してあげると嘯くのです。

あらすじネタバレ⑭ユージオ・シンセシス・サーティツー

その頃、キリトは右目を吹き飛ばした事で気を失ったアリスを鎖で自身に縛り付けてカセドラルの外壁を95階まで登りきります。そしてユージオとの戦闘で氷漬けにされたベルクーリと邂逅。ベルクーリはその精神力で僅かにその氷から開放されるとユージオがアドミニストレータの元に連れ去られた事を伝えました。

あらすじネタバレ⑮ありえない光景

96階から上の元老院に差し掛かった2人はそこでありえない光景を目にします。壁に備え付けられた箱から頭だけをだし神聖術を唱えさせられ続けている人々です。せめて楽にしてやろうと考えるアリスでしたその奥からの声に呼ばれるように2人は奥に進みます。

あらすじネタバレ⑯チュデルキンの登場

チュデルキンはアリスの裏切りに気づくと激昂しつつも真実を語ります。チュデルキンこそがアリスの記憶を奪いシンセサイズの儀式を行った張本人だったのです。アリスはチュデルキンを殺そうとしますが、結果としてチュデルキンに逃げられてしまいます。

あらすじネタバレ⑰ユージオが整合騎士に

そして99階でキリトとアリスを待ち構えていたの整合騎士となったユージオです。キリトの事をすっかり忘れてしまったユージオはそれでもアインクラッド流剣術は覚えており、キリトと互角に剣戟をぶつけ合います。キリトはその技の数々に感動を覚えながらもそれに応戦します。剣戟の中で記憶を取り戻したユージオでしたが、埋め込まれた命令に逆らう事が出来ずにキリトとアリスを氷漬けにして戦いを停止させました。

あらすじネタバレ⑱黒の剣士・キリト

ユージオはアドミニストレータを奇襲しますがこれに失敗します。そこにチュデルキンと氷漬けになったはずのキリトとアリスが登ってきました。チュデルキンは超高位の神聖術師で実に22個もの素因を使う事が出来ます。キリトはここで心意を使ってSAO時代の黒の剣士キリトを呼び起こすとSAO時代の必殺技ヴォーパル・ストライクを構えます。心意によって衣装や髪も当時のものに変化しながらチュデルキンを貫くのでした。

あらすじネタバレ⑲立ちはだかる最高司祭

アドミニストレータはキリトが外の世界から来た事を知っています。そしてその事を語る事でユージオ達も理解してしまうのでした。キリトがアドミニストレータに最終負荷実験について問うとアドミニストレータはその対策として意思を持たない巨大人形ソードゴーレムを製造している事を教えます。

あらすじネタバレ⑳ソードゴーレム

ソードゴーレムの猛攻はキリトとアリスに僅か2秒で瀕死の重傷を与える程に強力な力を有していました。残されたユージオはカーディナルの使い魔でずっとキリトの髪に潜んでいたという小さなクモ、シャーロットの助言を受けて短剣を使うように言います。シャーロットの命がけの時間稼ぎによってユージオはカーディナルを成功する事に成功します。

あらすじネタバレ㉑クィネラ&リセリス

召喚されたカーディナルはキリトとアリスを回復させるとアドミニストレータと対峙します。そしてソードゴーレムの正体が整合騎士が人間だった頃に愛した者が剣に変化させられたものである事、そして動力源が天井に埋め込まれた整合騎士の記憶だと知らされます。ソードゴーレムと戦えない事を悟ったカーディナルは自らの命を差し出す代わりに3人を助命してほしいと願い出ます。アドミニストレータはその条件を飲みました。

あらすじネタバレ㉒白の大剣

ユージオは自らの身体を剣に変えてくれるようにカーディナルに頼みます。最後の力でそれを成したカーディナルが息を引き取るとユージオは青薔薇の剣と融合して白の大剣となります。ソードゴーレムを打ち負かす程の威力を持った白の大剣はアドミニストレータに挑みます。この戦いによってアドミニストレータは右腕を失う事になりますが、白の大剣も真っ二つに折れてしまうのでした。

あらすじネタバレ㉓再び決戦

融合が解かれたユージオは身体を真っ二つに切断された状態でした。その姿にキリトは絶望します。トドメを刺そうとするアドミニストレータとの間に割って入ったのがアリスでした。その姿にSAOでアスナが同じように生命を守ってくれた事を思い出します。キリトは再び心意の力で黒の剣士キリトになります。さらにユージオは青薔薇の剣と自分の血を剣にこめた赤薔薇の剣をキリトに託します。二刀流キリトの復活です。

キリトはアドミニストレータとSAO時代の必殺技であるヴォーパル・ストライクを打ち合い右腕を失いますがあくまでもソードスキルであるSAOではありえない二刀流ヴォーパル・ストライク2撃目でアドミニストレータの胸を貫きます。アドミニストレータは現実世界に逃げ出そうとしますがチュデルキンが邪魔をしたことで失敗し2人の魂は消滅してしまうのでした。

あらすじネタバレ㉔ユージオの死

2人の消滅を見届けたキリトはユージオをなんとか治療しようと試みます。しかしユージオの傷は深くキリトでは治すことが出来ません。そしてユージオは既に死を受け入れていました。そしてキリトは失われた幼少期の記憶を思い出します。ユージオは最後にキリトの黒い剣に「夜空の剣」と名前を付けて息を引き取るのでした。

あらすじネタバレ㉕エクスターナル・オブザーバー・コール

キリトはアドミニストレータが出現させたまま残っていた外部管理者呼び出しボタンを使い外部に連絡を試みます。菊岡からは「アリスを連れてワールド・エンド・オールターを目指せ」と教えられますがそれ以上の事は分からないままでさらにキリトの身体があるオーシャン・タートルの主電源が落とされた事でキリトは思考能力を奪われてしまうのでした。

あらすじネタバレ㉖人界大戦の幕開け

アリシゼーションはここで終わりますが物語はまだアンダーワールドの物語が続きます。人界大戦が迫っているのです。以降のあらすじはSAOアンダーワールド大戦編として物語が続いています。

Thumb【SAO】ソードアートオンラインのアリスがかわいい!アリシゼーション編ヒロイン | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

SAO3期の主要キャラ&声優

キリト/松岡禎丞

一部の外伝を除くSAOシリーズを通しての主人公であるのがキリトです。アンダーワールドでのキリトは現実世界そのままの容姿となっているのが特徴で上記のあらすじのように心意によって一時的にSAO時代の黒の剣士になる事があります。SAOのソードスキルをアインクラッド流剣術としてユージオに伝えています。声優の松岡禎丞さんは2009年にデビューした声優さんでキリト役で知名度を高めた声優さんです。

ユージオ/島崎信長

SAOシリーズでは初めてキリトの親友で共に旅をするのがユージオです。SAOアリシゼーション編で壮絶な最後を迎えてしまいキリトの心のキズを残す事になってしまいますがキリトの心神喪失状態から復活するきっかけになるなどその後のキリトに多大なる影響を与えています。声優を務めた島﨑信長さんは2009年にデビューし声優アワード新人男優賞を受賞した経歴も持つ声優さんです。

アリス/茅野愛衣

SAOアリシゼーション編のヒロインと言えるのがアリスです。その美貌はアスナが圧倒される程です。声優を務めた茅野愛衣さんは2010年にデビューした声優さんで「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」でヒロイン本間芽衣子役を務めて知名度を上げた声優さんです。キリト役の松岡禎丞さんとはノーゲーム・ノーライフにて兄妹役を演じた仲です。

ロニエ/近藤玲奈

アリスが登場しないと言えるSAOアリシゼーション編の中の学院編でのヒロインの1人と言えるのがロニエです。アリシゼーション編での活躍は学院編だけですが、アンダーワールド大戦で再登場しキリトを支える1人となります。キリトに恋をするヒロインの1人でもあります。ロニエの声優を務めた近藤玲奈は2015年にデビューした声優さんで、今後の活躍が期待される声優さんです。

ThumbSAOのキャラクター一覧まとめ!キリトなど登場人物の強さランキングも紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

SAOに関する感想や評価

ここからは既にSAOアリシゼーション編を見た人の感想を紹介していきます。元々人気の高いSAOシリーズでアニメ化されていなかったSAOアリシゼーション編だけに感想の総数もかなり多いです。

SAOアリシゼーション編の感想として多いのがやはりメインヒロインであるアリスの不在期間の長さです。かわいいヒロインだけにもっと見ていたかったとする声が多く、同時にアリスに関わる部分がアリシゼーション編の中でも難解になっている事からもう少し分かりやすくしてほしかったという声が多くなっています。

ただSAOアリシゼーション編はアリスの不在期間があるからこそロニエやティーゼのようなサブヒロインポジションの子が個性を放てたという声も多いです。特にキリトの傍付きであるロニエはキリトとの絡みも多い事から人気が高くアリスが不在になるからこそロニエやティーゼのようなキャラクターが生まれたという声も多くなっています。

アリス不在が謳われるSAOアリシゼーション編ですがそのヒロイン枠不在の穴を大きく埋めたのがユージオの存在です。親友として常に横に立ってくれる存在というのはこれまでキリトにはいなかった存在なのでその友情が見れてよかったとする声は多く同時にユージオが死んでしまう結末には涙を流したという声が多くなっています。

Thumb【SAO】朝田詩乃はボーイッシュな黒髪メガネっ子!暗い過去や担当声優も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

SAOのアリシゼーション編のあらすじネタバレまとめ

SAOアリシゼーション編はアンダーワールドを舞台にしたSAOでは2度目のログアウト不可状態で挑むキリトの物語です。ユージオやアリス、ロニエやティーゼなどアリシゼーション編が初登場ながらも人気が高いキャラも多くなっています。

SAOはシリーズ全体の繋がりが強めですがSAOアリシゼーション編はキリトを除けば登場している多くのキャラは新キャラなので他のシリーズを見ていなくても十分に楽しめる内容になっています。アリスやロニエのように可愛いキャラクターも多いのでまだSAOアリシゼーション編を視聴した事がないという人はぜひ1度視聴してみてはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ