アニメ視聴サイトのおすすめ比較!Anitube閉鎖の理由は?【料金・無料期間】

日本が誇るコンテンツ「アニメ」は、毎年たくさんの作品が生み出されており、見逃してしまうこともあります。閉鎖されたAnitube以外のサイトでも、アニメを視聴できる方法があることをご存知でしょうか?各サイトで無料期間があるので、これを機に見逃してしまったアニメをチェックしてみましょう。今回はAnitube以外のおすすめ視聴サイト(VOD)の比較、利用料金、無料期間をご紹介いたします。

アニメ視聴サイトのおすすめ比較!Anitube閉鎖の理由は?【料金・無料期間】のイメージ

目次

  1. アニメ視聴サイト(VOD)とは?
  2. アニメ視聴サイト(有料)のおすすめは?料金・無料期間も比較
  3. アニメ視聴サイトの魅力
  4. アニメ視聴サイトのAnitube閉鎖の理由
  5. アニメ視聴サイトのAnitubeに代わる無料サイトは?
  6. アニメ視聴サイトで見るおすすめのアニメ
  7. アニメ視聴サイトのおすすめ比較まとめ

アニメ視聴サイト(VOD)とは?

VODはどんなサービス?

スマホを見る人

「見たいアニメをテレビで見逃してしまった」「もう一度見たいアニメがある」「レンタルショップでDVDをレンタルしたいけど在庫がなかった」なんて話をよく聞きます。少し前であればAnitubeで無料で見るという選択肢もありましたが、Anitubeは閉鎖されてしまいました。他のネットの無料サービスでも見られますが、無料である以上のリスクを伴います。

Anitube以外のサービスで、海外の無料サイトで配布されるいわゆる海賊版と呼ばれるものは、短期間で削除されてしまったり、音声が早く再生される、画像が小さいなどの処理がされていることが多く、安定して見ることができません。また、海外の無料違法サイトではウイルスが仕込まれていることもあり、お使いのPCやスマホから個人情報が漏れてしまうなどの大きなリスクを伴います。

スマホを見るシルエット

そんなときに安全とおすすめとされるのがVODというサービスです。最近よく見かけるこの「VOD」というサービスについてご紹介いたします。VODとは、「ビデオ・オン・デマンド (Video On Demand) 」の略称です。ビデオ・オン・デマンドとは、ネットでの動画配信サービスのことで、アニメだけでなく映画やドラマなどの映像コンテンツを、視聴者が見たいタイミングでいつでも視聴することができるのです。

また、ネット配信のためパソコンだけでなくスマホやタブレットで見られるというのもポイントです。スマホやタブレットであれば移動中でも見ることができるため、旅行や出張先、電車通勤の移動時間中など、自分の都合のみたい時にどこでも見ることができます。比較するとたくさんのVODサービスの会社があり、利用は有料で基本料金はバラバラです。

パソコンを利用している手

しかしどこのサービスにも無料期間というものが設けられています。VODサイトには、大きく分けて2種類のサイトがあり、①毎月定額料金を支払い見放題となるサイトか②映像コンテンツ・作品ごとに料金を支払うポイント制の2つがあります。多くのVODはこの①②の両方の利用方法で展開しています。

というのも、過去にテレビで放送されたドラマや過去の映画、OVAは①の料金定額で見放題にして、話題の最新映画・ドラマや最新のおすすめ映像コンテンツに当たるものが、②のその都度料金を支払う形になっているものが多いようです。

お金の写真

サイトによっては、すべてのコンテンツをその都度ポイント支払いにしているところもあるようですが、大手サイトになると①の定額が多くなってきました。アニメが趣味で、とにかくたくさん見たいと考えている人であれば、①の毎月定額で見放題コースになるVODがおすすめです。

現在はVODのサイトがとにかくたくさんあるので、どこを選んだらいいのかわからないという方も多いと思われます。どこも利用して比較してみればいいのですが、有料なのでそうもいきません。ここでおすすめなのが、各VODサイトに用意されている「無料期間」です。文字通り、無料期間中はお試しで利用でき、動画も見放題のものが多いです。比較するとVODサイトによって無料期間や動画配信数が違います。

VODの追加料金とは?

お金の画像

VODのサービスは比較するとかなりの数があるのですが、VODのコマーシャルで最近よく見るのが「追加料金0円」や「追加料金なし」という謳い文句です。料金定額か、作品ごとの料金支払いというパターンが多いとお話したのですが、この「追加料金」とはなんでしょうか。追加料金とは、「作品ごとに料金を支払って視聴する」「作品ごとに課金して支払う」というものです。

追加料金がないと聞くと、他よりもお得な印象になりますが、注意が必要なのは、他のVODサービスで有料となっている動画を無料で見ることができるわけではないのです。追加料金が発生しないVODは、もともとの視聴できる動画の数が限られていることが多いようです。

VODに登録するタイミング

ノートパソコンを見る女性

一度VOD=動画配信サービスの無料期間でお試しをおすすめしたいのですが、登録前に注意したいのが無料期間による登録のタイミングです。無料期間が終了した後、その後の利用料金はどのような形で計算されるかご存知でしょうか?無料期間が終わった翌日から有料期間がスタートすると考えられる方も多いのではと思われます。

月の中頃などの中途半端な時期に登録した場合は、月末で一度締めて、残りの期間は日割り計算ではと考える方もいらっしゃるのですが、残念ながら違うようです。ほとんどの動画配信サービスでは、どのタイミングで無料期間が終わっても、入会日に関わらず、1か月=「毎月1日からその月の末日まで」として扱うそうで、料金の日割り計算もありません。

予定表の写真

1か月が31日ある3月を例にしてご説明いたしますと、3月30日に無料期間が終了した場合、3月31日から有料期間が始まります。たとえ1日しか利用していなくても、月額料金が発生し、1か月分の料金を請求されるということになるのです。1日たりとも損をしたくないと拘る人は、無料期間が終わって有料になる期間も計算しての登録をおすすめしますが、なかなか面倒です。

それよりは無料期間の終了のタイミングで、そのサービスを解約して、人によっては翌月に再度登録する人もいるようです。無料のAnitubeはなくなってしまいましたが、無料期間で動画が見られる動画配信サービスのサイトはたくさんあります。無料期間の解約と翌月の再登録を繰り返すもよし、各動画配信サービスを無料期間で乗り換え続けて比較していくもよし、利用者合った手段をおすすめします。

手帳に書き込む姿

動画配信サービスによっても、アニメが豊富なサイトや、アニメよりも映画・ドラマの本数が充実しているサイト、新作料金が安いサイトや、無料期間が長いサイトなど、いろいろなサイトを比較してみるとよさそうです。ただし、登録して無料期間を楽しむ前に、必ず各動画配信サービスの解約方法について確認しておくことをおすすめします。

パソコンの前でクレジットカードを持つ手

例外を1つご紹介いたしますと、「アニメ放題」という動画配信サービスだけは、料金の課金方法が異なります。他のサイトと異なり、「登録した日から起算して1か月」で料金が発生するサイトが「アニメ放題」です。「アニメ放題」だけは、いつ有料期間が始まっても損をせず利用することができます。

Anitubeが閉鎖されても、見たいアニメが見れないと嘆くことはありません。無料期間を使って安全に安定したクオリティのアニメを見ることができるのです。このあとはAnitube以外の人気動画配信サービスの無料期間と動画配信数等の比較をご紹介いたします。

アニメ視聴サイト(有料)のおすすめは?料金・無料期間も比較

アニメ視聴サイト①U-NEXT

Anitubeより安全・安心して使える視聴サイトの比較①は、U-NEXTです。月額料金は1,990円(税抜)で、無料期間は31日間です。月額料金が他の動画配信サービスよりお高いのですが、国内最大級の動画配信サービスとして名高く、配信作品数は数ある動画配信サービスの中でもトップクラスです。最新アニメから、過去の人気作まで数多く揃っています。

無料期間も動画配信サービスに比べると31日間とかなり長いので、解約するまでの無料期間を楽しみたいと割り切って登録するにはおすすめです。料金だけを比較して、有料になってからはアニメだけを楽しみたいという方には、コストパフォーマンスの高い他のサイトをおすすめします。U-NEXTをおすすめしたい理由は、月額料金が他社に比較して高い分、動画以外に漫画にも使うことができるのです。

映画フィルムと劇場の画像

月額料金は1,990円(税抜)ですが、そのうち毎月1,200円分は動画以外にも漫画にも利用することができます。1,200円分を漫画のポイントとして利用するのであれば、見放題の動画に対しての月額料金は実質790円です。動画配信数も他のサービスに比較してかなり充実しているので、「見たい作品がかなりの確率で見られる」「動画以外に漫画にも使える」というメリットがあります。

この他にも「ダウンロード視聴ができる」ため、Wi-Fi環境でダウンロードして通勤時間に見て通信費を節約するということもできます。他の動画配信サイトや電子書籍サービスでは、自分のスマホは古くて対応していなかったというトラブルもよく聞きますが、U-NEXTはかなりの端末をカバーしているようです。端末も最大4台まで同時視聴でき、家族で利用もできそうです。複合型サービスのため、動画以外にも雑誌も読み放題です。

机の上にあるパソコン

また、アダルト動画も豊富です。1,200円分のポイントは新作アニメ・新作漫画に利用できるため、書籍を買いに行かなくても欲しいときに最新の漫画を読むことができます。U-NEXTの強みは、他のサイトに比較して新作アニメ・映画を豊富にみられるのが特徴です。新作映画に関しては作品ごとに課金されるポイント制の作品もあるので、この点だけご注意ください。無料期間にも1,200円分のポイントがもらえます。

この1,200円分のポイントをすべて使っても無料期間内に解約すれば、料金は発生しないので安心して無料期間を楽しめるおすすめサイトです。アニメだけに限定するのであればdアニメストアがおすすめかもしれません。

アニメ視聴サイト②Netflix

Anitubeが閉鎖した後、安全・安心して使えるおすすめサイトの比較②はNetflixです。月額料金は契約によってプランがあり、最安800円~1800円(税抜)のプランに別れます。無料期間は1カ月間です。国内だけでなく国外でも最大手と呼ばれるサイトで、日本でも人気のアニメやドラマが配信されています。Netflixはアニメよりも映画・ドラマに主力を置くサイトのため、アニメの総保有数で比較すると、他のサイトより少なめです。

しかし、Netflixでしか見られない独占配信やオリジナル番組もあります。例として、「デビルマン」や「B:the Beginning」、「A.I.C.O. -Incarnation-」「BLAME!」など、他の動画配信サービスでは見ることができない作品もあり、今後は人気作品の「バキ」や「聖闘士星矢」なども配信予定とのことです。大人向けのちょっとカルトな作品を好む人にはおすすめしたいサイトです。

動画配信サービスとしての質も高く、アプリが途中でフリーズを起こすなどのトラブルも少なく、ダウンロードをして安定して視聴することができます。高画質で、4Kテレビで視聴するのであれば、他のサイトに比較してかなりのクオリティで楽しむことができます。

アニメ視聴サイト③Amazonプライムビデオ

Anitubeが閉鎖し、安全・安心して使えるおすすめサイトの比較③は、Amazonプライム会員にはおすすめのAmazonプライムビデオです。コストパフォーマンスは他のサイトに比較して最強の部類です。月会費ではなく「年会費」で3,900円(税込)です。月額換算して325円という最安料金です。AmazonプライムビデオはAmazonプライムの会員になった際の特典の1つで、Amazonをよく利用する人にとってはおすすめのサービスです。

アニメの見放題の配信数は他社に比較すると約400作品と少な目ですが、Amazonの送料無料という特典も大きく、プライムミュージックで音楽を楽しんだり、Amazonプライムビデオのオリジナル作品も人気です。配信アニメは最新のものよりも「ドラえもん」「ポケットモンスター」「クレヨンしんちゃん」「妖怪ウォッチ」など、子ども向けのアニメが多いようです。

Amazonオリジナルアニメでは、「クレヨンしんちゃん外伝」を見ることができます。しかし、大人向けの最新深夜アニメを見たいという方には、少し物足りないかもしれません。Amazonプライムビデオの無料期間は30日間です。

アニメ視聴サイト④Hulu

Anitubeより安全・安心して使える視聴サイトの比較④は、Hulu(フールー)です。月額料金は933円(税抜)で、無料期間は14日間と、他のサイトに比較して無料期間が少しだけ短くなっています。しかし、最新アニメから過去のアニメまで、アニメ以外にも映画・ドラマまで幅広いジャンルでたくさんの作品を扱っているのが特徴です。

他のサイトでは、新作だけその都度課金というところもありますが、Huluは全ての作品が見放題になっています。無料期間が2週間と短いので、無料で楽しみたい方は2週間以内の解約をおすすめします。アニメ以外にも多ジャンルを扱っているので、アニメ以外の映画やドラマも幅広く見たい方はHuluをおすすめします。解約はサイトで即時解約が可能です。

日本テレビ系のアニメやドラマは独占配信されることもあります。50,000作品以上の作品を扱っているので、「お金を払ってもいいからたくさんの動画を見たい」という方にはHuluがおすすめです。

アニメ視聴サイト⑤dアニメストア

Anitubeが閉鎖した後、安全・安心して使えるおすすめサイトの比較⑤が、dアニメストアです。dアニメストアは、アニメ専門の動画配信サイトのため、アニメしか見ないという方には一番おすすめしたいサイトです。月額料金は400円(税抜)という安さで、無料期間も31日間と長いです。ダウンロードしてオフライン再生も可能なので、驚きのコストパフォーマンスとなります。

一部別課金の作品がありますが、主に劇場版アニメで、その数もたったの42作品です(2018年)。この他のアニメ動画に関してはすべて400円(税抜)で見放題となっています。docomo系列なので、docomoユーザーでないと使えないのではと思われるかたもいるかもしれませんが、ご安心ください。最新作アニメから過去の作品まで、埋もれた名作に出会えるかもしれません。

他のサイトに比較して劣る点と言えば、対応端末が限られてくることです。スマホ、タブレット、PCでは視聴可能ですが、自宅の大きな画面のテレビで見たい場合には要確認となります。

アニメ視聴サイト⑥dTV

Anitubeが閉鎖した後、安全・安心して使えるおすすめサイトの比較⑥は、dTV(ディーティービー)です。扱う動画配信数は12万本という、日本では最大級の配信数になります。月額料金は500円(税抜)で、無料期間は31日間です。ただし注意的は、「見放題」の作品には最新アニメがあまり含まれない点です。他サイトに比べて最新アニメが少ないかわりに、ドラマや映画に関しては料金も安くかなり充実しています。

アニメ視聴サイト⑦dTVチャンネル

Anitubeのかわりに、安全・安心して使えるおすすめサイトの比較⑦は、dTVチャンネルです。dTVチャンネルは2018年1月からスタートした専門チャンネルが見放題になるサービスです。専門チャンネル30種類以上が、月額1,280円で見放題となります。docomoのユーザーであれば、月額780円です。

「ANIMAX」以外にも、キッズ向けのアニメチャンネルが見放題で、「プリプリ☆キッズステーション」や、ディズニー番組専門の「ディズニージュニア ライト」、英語のアニメ「ニコロデオン」が視聴できます。

アニメ視聴サイト⑧アニメ放題

Anitubeの閉鎖後、安全・安心して使えるおすすめサイトの比較⑧は、アニメ放題です。このサービスはソフトバンクが運営しているアニメ専門の動画配信サービスとなっています。月額料金は400円(税抜)で、無料期間は1か月です。docomo提供のdアニメストアに対抗し、比較してもアニメ配信数はかなり充実しています。

アニソンやライブ映像まで見たいという方には、dアニメストアをおすすめします。docomoのdアニメストア同様、ソフトバンクユーザー以外も利用可能です。dアニメストアで無料期間を解約した後、こちらの無料期間を利用するという方法もおすすめです。最新アニメも毎週大量に扱っており、1600作品以上のアニメを楽しめます。

アニメ視聴サイト⑨ビデオパス

Anitubeがなくなった代わりとして、安心して使えるおすすめサイトの比較⑨が、auが提供しているビデオパスです。月額562円で、無料期間は30日間ですが、docomo提供のdアニメストア、ソフトバンク提供のアニメ放題と同じく、auユーザー以外でも利用できるサービスです。

他サイトと比較するとアニメの配信数はあまり多くないので、アニメを見たい方にはおすすめはあまりできません。しかし毎月もらえる540コインによって、毎月新作映画を1本無料で見ることが可能です。

アニメ視聴サイト⑩バンダイチャンネル

Anitubeの代替として安全安心で利用できるおすすめサイトの比較⑩が、元祖アニメ配信サイトのバンダイチャンネルです。月額料金は1080円です。docomo提供のdアニメストアと同じく、アニメの視聴に特化しているため、アニメしかみないというユーザーにはおすすめのサービスです。約3500作品ほどある作品中、見放題として視聴できるのは約1000作品と、数でいえば少なめです。

ただ、バンダイ配信のサービスのため、ガンダムシリーズなど、ロボットアニメ中心としたサンライズ作品のファンにとっては他社と比べるまでもないサイトかもしれません。他サイトに比べると数は少ないものの、「進撃の巨人」や「ソード・アート・オンライン」などの人気作も配信されています。

アニメ視聴サイト⑪ビデオマーケット

次にご紹介するのが日本の動画配信サービスの大手の1つであるビデオマーケットです。コースによって料金が変わり、月額500円(税別)の単品レンタルのコースでは、毎月支給される540ポイントでアニメが月1~2本無料でレンタルできます。

動画見放題の900円(税別)のコースでは、見放題の作品25000本から好きなだけお楽しみいただけます。しかし見放題のアニメの作品数はわずか500本弱と少なくマイナーな作品が多いようです。最近のアニメをたくさんみたいという方にはあまりおすすめできません。

アニメ視聴サイト⑫TSUTAYA TV

レンタルDVDでおなじみのTSUTAYAが提供するサービスです。月額933円(税抜)で見放題で、無料期間は30日間です。しかし、見放題のアニメは300作品以下なので、宅配レンタル専門サービスである「TSUTAYA DISCAS」の利用をおすすめします。

アニメ視聴サイト⑬Rakuten TV

楽天グループが提供するRakuten TVは、月額料金2,149円(税込)で約40000本の作品が見放題となります。基本的にU-NEXTと同じプランとなっているため、U-NEXTをおすすめします。

アニメ視聴サイト⑭Paravi(パラビ)

2018年の4月に誕生したサービスParavi(パラビ)は、月額料金925円(税抜)で、一部を作品を除き見放題となっています。ただしアニメの本数が100作足らずととても少ないので、アニメを見たい方には別のサービスをおすすめします。

アニメ視聴サイト⑮FODプレミアム

フジテレビオンデマンド(FOD)の提供するFODプレミアムは、月額料金888円(税抜)です。ただし、フジテレビで配信するサービスのため、フジテレビ以外のコンテンツが非常に少ないのが難点です。

アニメ視聴サイト⑯ニコニコ動画

動画投稿サイトとして有名なニコニコ動画ですが、ニコニコ動画プレミアム会員になるとコメントつきでアニメ視聴に参加できるのが楽しいサービスです。しかし、他のサービスに比べると画質が悪く、ダウンロード視聴もできないため、安定してたくさんのアニメを見たい方にはdアニメストアをおすすめしたいです。

アニメ視聴サイトの魅力

魅力①安心安全に視聴できる

並ぶデスクトップパソコン

違法サイトAniTubeと違い、合法の視聴です。また違法サイトでは、サイト内にウィルスが仕込まれていることが多く、リスクも高いです。安全かつ安心で楽しむことができます。

魅力②アニメの制作会社の利益になる

現金の入った財布

AniTubeのような違法サイトによる配信では、制作会社に入るはずの料金が全く入らず、アニメ業界の人員削減や質の低下につながっています。ユーザーの月額料金によって、より質の高いアニメの制作に貢献ができるのです。

魅力③安価で多くのアニメが視聴できる

ノートパソコンを触る手

アニメ見放題のサービスを利用した場合、レンタルに行かなくても手軽にたくさんの作品を楽しむことができます。これまで手を出さなかったような作品にも食指を広げるチャンスです。

魅力④返却などの手間がない

笑顔でパソコンモニターを見る2人

レンタルでDVDの返却を忘れて延滞料金を支払ったという話はよく聞きますが、動画配信の場合は返却の必要がないので、延滞料金を気にせず楽しめます。

アニメ視聴サイトのAnitube閉鎖の理由

Anitube閉鎖の理由①違法サイトだったから

かつては無料でアニメを視聴できるAnitubeを利用していた方も多いかもしれません。しかし現在、漫画村に続いて、Anitubeにもアクセス規制され、利用ができなくなりました。違法アップロードされた作品によって、日本のアニメ制作会社に還元されず、また、ウイルス感染のリスクも高いとされていました。

Anitube閉鎖の理由②政府の方針

手をバツにする男性

Anitubeの閉鎖に嘆くユーザーも多かったようですが、Anitube閉鎖の理由はなんだったのでしょうか。ウイルス問題ももちろんですが、日本政府の方針によるものが大きいとのことです。政府の方針により厳しいアクセス規制をなされ、現在では利用できなくなっています。

アニメ視聴サイトのAnitubeに代わる無料サイトは?

無料アニメサイト①Youtube

動画サイトの雄であるYoutubeは、大手のため、新作アニメはすぐに削除されてしまいます。かなり昔の作品であれば、加工処理がされて残っている場合もありますが、あまり画質はよくありません。有料の動画サイトの無料期間を楽しまれることをおすすめします。アニメのMAD系や主題歌のフルバージョン動画は数が多いので、アニメソングを楽しみたいという方にはおすすめできます。

無料アニメサイト②ひまわり動画

ひまわり動画は、無料のアニメ配信サイトの中では、利用しやすいと言われています。アニメのテレビ放送が終わってから10~15分後にはひまわり動画にアップされており、ニコニコ動画のようにコメントをつけて楽しめるのも特徴です。ただ、ひまわり動画にアップされてから、わずか1日足らずで視聴できなくなることが多いので、見逃した場合にすぐに見るというユーザーでなければ難しそうです。

無料アニメサイト③B9DM

中華系の無料動画サイトです。日本語にも対応しているので使いやすくはあるのですが、反応がとても重いのが難点です。画質も悪くないので、時間があり安定したネット環境にある人には使いやすいかもしれません。

無料アニメサイト④Dailymotion

アニメも多くアップされていますが、バラエティやドラマもかなりの数が無料で視聴できます。時間によっては回線が重く、なかなか再生されないときがあります。

無料アニメサイト⑤Say Move!

無料でアニメを視聴できるSay Move!は、ひまわり動画・ニコニコ動画と同じく、動画と一緒にコメントを楽しむことができます。アニメもアップされますが、ひまわり動画の方が使いやすいという声もあります。

無料アニメサイト⑥KissAnime

日本ではあまり知られていない無料サイトがKissAnimeです。アニメ配信数はそれほど多くありませんが、日本語に対応しています。

アニメ視聴サイトで見るおすすめのアニメ

おすすめアニメ①ブギーポップは笑わない

上遠野浩平の「ブギーポップは笑わない」は1998年から現在も続く伝説的ライトノベルズです。ブギーポップ20周年を記念して、18年ぶりに再びアニメ化された期待作です。世界の危機に至ったとき、女子高生宮下藤花の身体を借りてブギーポップという存在が浮かび上がり、新しい都市伝説を刻むストーリーです。

おすすめアニメ②約束のネバーランド

週刊少年ジャンプにて連載中の人気作品のアニメ化です。様々な英才教育をする孤児院で、主人公の少女エマは、里親の元に送り出される孤児たちが、実は食肉として出荷されていることを知り、仲間たちと共に孤児院からの脱出を謀るスリリングなストーリーとなっています。

おすすめアニメ③はたらく細胞

月刊少年シリウスで連載中の擬人化漫画の人気作品をアニメ化したものです。体内の細胞が擬人化し、体内でどのように働いているかを親しみやすいキャラクターで説明しています。学校や医学会でも認められるクオリティと話題になりました。

おすすめアニメ④夏目友人帳

LaLaで連載中の人気少女漫画です。第6期までアニメ化されており、2018年には映画化もされました。あやかしの見える男子高校生の、その周囲のあやかしと人間たちとの間で起こる日常が綴られています。優しい気持ちになれるという評判の作品です。

おすすめアニメ⑤ゾンビランドサガ

原作なしのオリジナルアニメで、新感覚ゾンビ系アニメと言われる本作は、海外メディアからも評価されました。少女たちがゾンビとして生き返り、佐賀県のご当地アイドルとして町おこしに奮闘するストーリーです。

アニメ視聴サイトのおすすめ比較まとめ

テレビを見る男女

アニメ動画を視聴できるサイト=「ビデオ・オン・デマンド (Video On Demand) 」について、各無料サイトと、有料サイトの比較やおすすめサイトをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?有料の動画視聴サイトであっても、無料期間中の解約であれば無料のままたくさんのアニメをお楽しみいただけます。無料期間を上手に使って、いろんな動画配信サイトを試してみることをおすすめします。

また、有料の動画配信サイトは、アニメ以外にもドラマや映画など、それぞれ特化したジャンルがあります。アニメ以外にも映画を楽しみたい、旧作よりも新作を楽しみたいなど、目的によって視聴サイトを選ぶのもよいかもしれません。アニメの動画だけを安く楽しみたいという方であれば、docomoが配信しているdアニメストアをおすすめします。

スマホを持つ手

docomoが配信と言っても、dアニメストアはdocomoユーザー以外のユーザーでも利用でき、月額400円(税抜)でアニメが見放題という驚きのコストパフォーマンスは、ぜひ一度試してみる価値があると評価が高いです。また、通勤先や外出先でも安く楽しみたいという方は、ダウンロードして後から好きな端末で再生できるサービスであるかと、自分の所有する端末が対応しているかが見極めのポイントです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ