咲-Saki-のアニメ4期(全国大会編続編)の放送日はいつ?原作のストックは?

アニメ咲-Saki-をご存じですか?アニメでは3期まで制作されているので、ご存知の方も多いかもしれません。今回はそんな人気アニメ咲の4期の可能性について考察していきます。また、アニメ咲4期が放送されるのであれば、その放送日がいつになるのか、原作のストック状況や円盤の売上を元にして推測していきます。今回の記事を参考にして咲の円盤の売上や原作のストックを知りながら、アニメ咲4期の放送日がいつになるのか一緒に予測してみましょう。

咲-Saki-のアニメ4期(全国大会編続編)の放送日はいつ?原作のストックは?のイメージ

目次

  1. 咲-Saki-とは?
  2. 咲-Saki-のアニメ4期の放送日はいつ?
  3. 咲-Saki-のアニメ4期制作の可能性や原作ストック
  4. 咲-Saki-のアニメ4期の内容を予想
  5. 咲-Saki-に関する感想や評価
  6. 咲-Saki-のアニメ4期についてまとめ

咲-Saki-とは?

咲-Saki-の原作情報

咲-Saki-とは、小林立原作の麻雀漫画です。大きなポイントとして、女子高生が部活で麻雀をするという点です。全国大会や世界大会まである麻雀大会で5人1チームの団体戦が繰り広げられます。普通の麻雀と違い、特殊な能力を持っている人もいます。様々な能力や情報を駆使しながら麻雀を戦い抜く女子高生を描きます。

咲-Saki-1期から3期までの放送時期と内容

アニメ咲の放送日は2009年4月から9月までの全25話です。アニメ放送の1期でいきなり2クールの放送をするというだけで、原作の人気や売上が好調であることを示唆しています。そんなアニメ咲1期のあらすじを紹介していきます。高校に入学したばかりの咲は幼馴染の言われるがままに麻雀部へと足を運ぶことになります。そこにいたのは、小川で出会った和でした。

和に言われて1局打つことになった咲でしたが結果は和の勝利に終わります。しかし和は、咲の打ち方が気になりもう一局対局を頼みます。すると、普通に勝つよりも難しい打ち方を咲はしていることに部長の久が気が付きます。今度は久が対局を申し込みます。なんと咲はプラスマイナスゼロになるような打ち方をしていたのでした。

咲がこの様な打ち方をするようになったのは、家庭環境が原因でした。当初は麻雀が嫌いで入部する気はありませんでしたが、周りに流されるように咲はいつの間にか麻雀部へと入部することになりました。咲が入学した清澄高校麻雀部はまだまだ無名の学校ですが、咲を含め部員5人で日々練習をして長野県大会に出場することになったのでした。

しかし、長野県大会に出場している学校はどこも強豪校揃いでした。中でも優勝候補と言われている龍門渕高校と風越女子高校が2強であると言われていました。咲たちの清澄高校は無名ながらも快調に勝ち進み、見事決勝戦まで行くことができました。決勝戦では、優勝候補の2校と、清澄高校と同じく無名の鶴賀学園の4校で行われます。

団体戦のため、先鋒、次鋒、中堅、副将、大将が得点を継続する特殊ルールで行われる麻雀です。咲たちは、何度ものピンチに陥りながらも何とか決勝戦を勝利して全国大会へ向かうのでした。全国大会には咲の姉である照も出場するはずです。咲は姉との戦いを決意するのでした。

咲の2期は2012年4月から7月まで放送され、3期は2014年1月から4月まで放送されました。アニメ2期は正式な続編ではなく、外伝のようなストーリーとなっており、3期の全国編を正式な2期とする人も多くいます。2期には主人公である咲は全く登場せず、地方も別の地方で過去の話となっています。この2期の話が1期や3期の伏線に繋がっていたりします。

咲の3期は全国大会編と副題がついており、再び咲が主人公の物語となります。全国より集まった強豪校と清澄高校との戦いが描かれています。主人公の咲と同じくらい存在感があるキャラがたくさん登場していきます。また、様々な特殊能力を使って勝負を勝ちに持っていくチームばかりで、正に化け物揃いの戦いと言えます。

あまりにも実力者が多いので、清澄高校の実力は下に感じることもありますが、清澄高校は順調に勝ちを進めます。全国大会のトーナメント予選を勝ち進み4ブロックの勝者である4チームが決勝戦で戦うことになります。咲たち清澄高校の初戦の相手は、能古見、千代水、甲ヶ崎商業の3校と戦い、苦戦しながらも何とか勝ち進みました。

続く2回戦では、シード校が参戦してきます。咲の姉がいる白糸台高校は咲たちのブロックとは正反対のシード校です。つまり、決勝戦まで姉との勝負はお預けということになります。そんな2回戦は永水女子高校と姫松高校という強豪校が登場します。そして無名校ながらもその2校から警戒されている宮守女子高校が相手です。

咲たち清澄高校は苦戦しながらもなんとか勝利することができました。こうして清澄高校は準決勝へとコマを進めたのでした。一方、2期でメインの高校となった阿知賀女子も2回戦へとコマを進めました。そして、和たちに阿知賀女子のメンバーたちが、決勝で会おうとエールを送るのでした。いよいよ各ブロックの準決勝が始まるのでした。

咲-Saki-3期の最終回ネタバレ

アニメ咲の3期最終話は、激闘の2回戦を終えた次の日から始まります。和と優希が中学時代の先輩を応援しようとテレビで観戦していると、和の幼馴染の松実玄が映るのでした。更に阿知賀女子も出場していることを知った和たちは、咲を誘って会場へ向かおうとします。しかし咲は、会場に姉が居ることを考えるだけで足がすくみ、なかなか会場へ向かう気力が起きないのでした。

和と優希は咲を置いて咲に会場へ入りますが、会場の中は人だらけでとても試合を観れる状況ではありませんでした。困り果てていた和と優希でしたが、和の姿を見つけた雑誌記者に誘われるがままに『プレスルーム』へ向かうことにしました。その途中でテレビで見かけた幼馴染と偶然遭遇します。

幼馴染チームに、自分たちは絶対に決勝まで勝ち上がるから和たちも決勝まで勝ち上がってねと激励されます。そんな和たちとはぐれた咲は、やはり会場へは行けないでいました。会場に姉の照がいると思った咲は過去のことがフラッシュバックするのでした。咲が思い出したフラッシュバックには、点滴が映り点滴を打たれている誰がストレッチャーで運ばれる様子が映されます。

その様子を咲と照ともう一人の女の子が見守っています。その後、火事のシーンに移り車椅子が燃えている描写が描かれています。咲と照の確執に関係しているものであると推測できます。会場へ行けない咲はもう一度寝ることにします。寝ている咲は昔の頃の夢を見たのでした。そしていよいよ準決勝戦が始まるのでした。

TVアニメ「咲-Saki-」シリーズスペシャルサイト

咲-Saki-のアニメ4期の放送日はいつ?

咲-Saki-のアニメ4期の放送日は数年後?

アニメ咲4期の放送日は数年後になる可能性が高いです。その大きな理由が、咲の原作で主人公の咲がしばらく登場しない点が挙げられます。アニメ咲3期は全国大会準決勝戦の手前までで終了しています。その後、咲の原作では決勝戦が描かれるまでほとんど咲が登場しません。アニメにおいて主人公が登場しないシーンばかりを描くのは難しいと予測されます。

また、原作の進むスピードが遅いので、主人公の咲が登場するまでにも時間がかかります。ストックのことも考えると、原作で決勝戦が終了するのが2020年あたりです。それからアニメ化されると考えると早くても2021年が4期放送日という可能性が高いです。しかし、早ければということなので、放送日はもっと遅くなる可能性の方が高いので数年後であると予測されます。

咲-Saki-の準決勝編が先にアニメ化される?

アニメ咲では、4期の前にまずは準決勝戦編が放送される可能性があります。原作のストックを考えて3期から次回作までのインターバルを考えると、4期の放送日が数年後であれば視聴者は内容を忘れてしまったり離れていく可能性があります。それを阻止するためにも、すでに原作のストックがある準決勝戦編を放送する可能性もあります。

また、準決勝戦編を放送してその円盤の売上を見ることができれば、4期のアニメ化の指針をさらに立てやすくなるというメリットもあります。もしも準決勝戦編を放送するのであれば、その放送日がいつになるのか2020年の初旬に公式発表があると推測できます。

Thumb【咲-saki-】有珠山高校のキャラクター一覧!メンバーのプロフィールまとめ | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

咲-Saki-のアニメ4期制作の可能性や原作ストック

4期制作の可能性①円盤売り上げ

アニメ咲の4期制作の可能性の1つ目は、円盤の売上です。一般的に円盤の売上が5000枚を超えるとアニメの続編の可能性が出てくると言われています。『アニメ咲全国大会編』の円盤は全部で7種類あります。1巻の円盤売上は6000枚を超えています。他の6作品に関しても4000枚を超える売上を計上しているので、円盤の売上だけを見ると、4期制作の可能性は十分にあります。

4期制作の可能性②原作ストック

漫画や小説が原作の物語がアニメ化され、大ヒットすると続編を期待する声が高まります。しかしそこで1つ懸念が生じます。それは原作のストックです。アニメ咲にも同様の原作ストックの懸念があります。言い方を変えれば、原作のストックさえあれば、4期制作の可能性が高まるということです。

アニメ咲3期の最終話は前述したように、全国大会の準決勝が始まるところで終わっています。そして原作の咲の11巻の最後がこのシーンにあたります。2019年2月で咲の原作は18巻まで出ています。7巻分のストックがあるので十分だと言えます。つまりアニメ咲4期の放送の可能性は高いと予想できます。

4期制作の可能性③パチンコ機「CR咲-Saki-」

アニメ咲の4期が制作される可能性としては、パチンコ機「CR咲-Saki-」からも考察することができます。他のアニメにおいても、パチンコ機になることで続編の制作が決定したものが数多く存在します。咲の場合、1期と2期の放送終了後、パチンコとして登場しています。

3期のパチンコ機が登場したり、パチンコ機の売上や円盤の売上が好調であれば、4期の放送の可能性が高まります。いつ頃放送の可能性があるのかは、前述した通り2020年から数年後になる可能性がありますが、円盤やパチンコ機の売上の判断に関しては、初動の売上が基準となります。つまり、2020年内にいつごろ放送か告知が無ければ4期放送の可能性は無くなる場合もあります。

Thumb【咲-saki-】白糸台高校の登場人物・キャラまとめ!チーム虎姫の実力とは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

咲-Saki-のアニメ4期の内容を予想

咲-Saki-のアニメ4期の内容は全国大会編の続編?

咲-Saki-のアニメ4期の内容は全国大会編の続編である可能性が高いです。アニメの3期は全国大会の準決勝が始まるところで終了しています。メンバーが卓について終わったので、この続きからスタートする可能性が高いです。しかし、このまま放送すると、前述したように主人公の咲が登場しない回が多くなります。

そこで、多少のオリジナルストーリーになったり、準決勝戦編を外伝として放送し、その後のストーリーを4期として放送する可能性があります。つまり、決勝戦からスタートする可能性もあるということです。

咲-Saki-のアニメ3期の続きは原作12巻から?

アニメ咲3期の続きは、原作で見ると12巻からとなります。ちょうどアニメ咲3期の終わりが原作咲の11巻の終わりと同じです。つまり、咲の4期もしくは外伝が続編としてアニメ化されるならば、12巻からスタートする可能性が一番高いです。

Thumbシノハユをネタバレ解説!咲-Saki-のスピンオフ作品!主人公シノがかわいい | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

咲-Saki-に関する感想や評価

アニメ咲-Saki-に関する感想や評価の1つ目は、咲のアニメ続編に期待する声です。咲のアニメ4期の放送を期待している声がネット上では多く上がっています。いつ頃アニメが放送されるのかを予測している人が多くいます。人によっては2018年内に放送されてもおかしくなかったと主張している人もいれば、2025年くらいまで放送はされないという人まで様々です。

共通していることは、アニメ4期を期待していることと、その放送日がいつになるのかが気になっているということです。公式サイトでも2019年現在いつアニメ化されるのか発表はないので、気長に待つという人が大半ですが、待てないという意見も多く、ネットでは咲への熱が冷める前に続編がスタートしてほしいという声が大半です。

アニメ咲-Saki-に関する感想や評価の2つ目は、咲がかわいいという感想です。咲にはかわいい女の子がたくさん登場しますが、やはり主人公の咲が一番人気です。ダントツにかわいいという声や、クラスにこんな子が欲しかったという感想が多いです。

アニメ咲-Saki-に関する感想や評価の3つ目は、咲が面白いという評価です。咲を読んだりアニメを見て麻雀に興味を持ったという人も多く存在するようです。ストーリーがなかなか進まないという点や原作がよく休載することがありますが、内容が面白いからついつい見てしまうという感想が多く、早く続きが見たいという声も多いです。

Thumb【咲-Saki-】薄墨初美は永水のかわいいロリ巫女!声優や能力・強さは? | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

咲-Saki-のアニメ4期についてまとめ

いかがでしたか?咲-Saki-のアニメ4期についてまとめました。今回の記事を参考にしてアニメ咲の4期の放送日の予測やその可能性に期待しながら、もう一度、アニメ咲を見直してみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ